【ポケモンGO】ポケモンの英語名&由来一覧!~初代ポケモン版~

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

英語名

ポケモンの英語名&由来一覧!~初代ポケモン版~

Ekans、Slowpoke、Ditto…

どのポケモンかわかりますか?

ポケモンの英語名は、日本語名と違うものがたくさんあります。

今回は、ポケモンの英語名とその由来をご紹介します!

初代ポケモン(No.1~No.151)

※由来は諸説あります。

No. ポケモン 英語名 由来・意味
001 フシギダネ

フシギダネ

Bulbasaur bulb(球根)+ dinosaur(恐竜)
002 フシギソウ

フシギソウ

Ivysaur ivy(ツタ)+ dinosaur(恐竜)
003 フシギバナ

フシギバナ

Venusaur Venus Flytrap(ハエトリグサ)+ dinosaur(恐竜)

フシギダネ、フシギソウ、フシギバナはすべて恐竜がモチーフのポケモン。

それぞれに植物の成長過程(球根→草→花)が組み合わせられていて、進化のイメージがしやすいですね。

004 ヒトカゲ

ヒトカゲ

Charmander char(炭にする)+ salamander(サラマンダー)
005 リザード

リザード

Charmeleon char(炭にする)+ cameleon(カメレオン)
006 リザードン

リザードン

Charizard char(炭にする)+ lizard(トカゲ)

「Char」で「ほのおタイプ」ということがすぐにわかりますね。

また、サラマンダー→カメレオン→トカゲと、爬虫類で統一されています。

007 ゼニガメ

ゼニガメ

Squirtle squirt(水鉄砲)+ turtle(ウミガメ)
008 カメール

カメール

Wartortle warrior(戦士)+ tortoise(リクガメ)+ turtle(ウミガメ)
009 カメックス

カメックス

Blastoise blaster(ブラスター)+ tortoise(リクガメ)

ゼニガメには「turtle(ウミガメ)」、カメックスには「tortoise(リクガメ)」が使われていますが、その中間のカメールには両方が半分ずつ使われています。

徐々に進化している様子が上手く表現されています!

010 キャタピー

キャタピー

Caterpie caterpillar(イモムシ)
011 トランセル

トランセル

Metapod metamorphosis(変態)+ pod(繭)
012 バタフリー

バタフリー

butterfree butterfly(蝶)+ free(自由な)

これはわかりやすい!

イモムシ→繭→蝶への成長が、進化そのものですね。

013 ビードル

ビードル

Weedle worm(イモムシ)+ needle(針)
014 コクーン

コクーン

Kakuna cocoon(繭)
015 スピアー

スピアー

Beedrill bee(蜂)+ drill(ドリル)

キャタピー→トランセル→バタフリーと同じで、イモムシ→繭→蜂というシンプルな成長過程。

016 ポッポ

ポッポ

Pidgey pigeon(鳩)+ budgie(セキセイインコ)
017 ピジョン

ピジョン

Pidgeotto pigeon(鳩)+ Otto(オットー・リリエンタール)
018 ピジョット

ピジョット

Pidgeot pigeon(鳩)+ jet(素早く動く)

ピジョンが「Pidgeotto」!?

これは紛らわしいですね…

ピジョンは、グライダーを発明したオットー・リリエンタールにちなんで語尾にottoが付けられたではないかと言われています。

ピジョットにその名前を付ければよかったのでは?と思うのは私だけでしょうか。

019 コラッタ

コラッタ

Rattata rat(ドブネズミ)+ attack(攻撃)
020 ラッタ

ラッタ

Raticate rat(ドブネズミ)+ masticate(噛む)

ネズミの特徴をシンプルでわかりやすく表現した英語名ですね。

021 オニスズメ

オニスズメ

Spearow spear(槍)+ sparrow(スズメ)
022 オニドリル

オニドリル

Fearow fear(恐怖)+ sparrow(スズメ)

語尾は「スズメ」で統一して、spearとfearは響きを合わせたと思われます。

023 アーボ

アーボ

Ekans snake(ヘビ)の逆読み
024 アーボック

アーボック

Arbok cobra(コブラ)の逆読み

逆読み!

これは新しい発想!

他のポケモンとは一味違った名付け方ですね。

025 ピカチュウ

ピカチュウ

Pikachu Pikachu
026 ライチュウ

ライチュウ

Raichu Raichu

ピカチュウ「Pikachu」のように、日本語名と英語名が同じポケモンもいます。

ちなみに日本語名ピカチュウの由来は「ぴかぴか(光る)、pika(ナキウサギ)+ちゅう(鳴き声)」です。

027 サンド

サンド

Sandshrew sand(砂)+ shrew(トガリネズミ)
028 サンドパン

サンドパン

Sandslash sand(砂)+ slash(切りつける)

「sand(砂)」という言葉から、「じめんタイプ」を想像することができます。

日本語名はサンドですが、英語名は少しアレンジされていますね。

029 ニドラン♀

ニドラン♀

Nidoran♀ needle(針)+ (メス)
030 ニドリーナ

ニドリーナ

Nidorina needle(針)+ a(イタリア語:女性名詞の語尾)
031 ニドクイン

ニドクイン

Nidoqueen needle(針)+ queen(女王)
032 ニドラン♂

ニドラン♂

Nidoran♂ needle(針)+(オス)
033 ニドリーノ

ニドリーノ

Nidorino needle(針)+ o(イタリア語:男性名詞の語尾)
034 ニドキング

ニドキング

Nidoking needle(針)+ king(王)

名前に記号を使うのはなかなか斬新ですよね!

また、♂と♀、kingとqueenなど、オスとメスで対になっています。

035 ピッピ

ピッピ

Clefairy clef(フランス語:音符)+ fairy(妖精)
036 ピクシー

ピクシー

Clefable clef(フランス語:音符)+ fable(作り話)

fairyとfableは一見関係がなさそうですが、fableの類語に「fairy tale(おとぎ話)」があります。

037 ロコン

ロコン

Vulpix vulpes(ラテン語:キツネ)+ six
038 キュウコン

キュウコン

Ninetales Nine tails(九尾)+ tale(物語)

ロコン、キュウコンはそれぞれ6本、9本の尻尾を持っています。

その数字をうまく組み合わせていますね!

キュウコンは、Ninetailsのままだと単純すぎるのでtailと同じ発音のtaleに変えているのでしょうか。

039 プリン

プリン

Jigglypuff jiggly(楽しい)+ puff(膨れたもの)
040 プクリン

プクリン

Wigglytuff wiggly(揺れ動く)+ tough(丈夫な)

JiggyとWiggly、puffとtough。

意味というよりは、発音重視のネーミングですね。

041 ズバット

ズバット

Zubat Zu(日本語の音写)+ bat(コウモリ)
042 ゴルバット

ゴルバット

Golbat ghoul(おぞましい)+ bat(コウモリ)

ズバットの由来は擬音語の「ずばっと」とbatの組み合わせ?

043 ナゾノクサ

ナゾノクサ

Oddish odd(奇妙な)+ radish(大根)
044 クサイハナ

クサイハナ

Gloom gloom(憂鬱)+ bloom(花)
045 ラフレシア

ラフレシア

Vileplume vile(汚い)+ plume(羽)

ナゾノクサとクサイハナは納得できますが、ラフレシアは「汚い羽」と、なんともいえないネーミング。

plumeには「汚染物質」の意味もあるので、もしかしたらそっちの意味かも?

046 パラス

パラス

Paras parasite(寄生)
047 パラセクト

パラセクト

Parasect parasite(寄生)+ insect(昆虫)

parasite(寄生)が由来といわれているパラスとパラセクト。

その由来から、実はきのこが本体なのではないかという都市伝説もあります。

パラセクトは白目しかないため、きのこにからだを乗っ取られ、操られている…?

048 コンパン

コンパン

Venonat venom(毒)+ gnat(ハエ)
049 モルフォン

モルフォン

Venomoth venom(毒)+ moth(蛾)

ハエと蛾。

あまり関連性はなさそうですが、大きくまとめて害虫というところでしょうか。

050 ディグダ

ディグダ

Diglet dig(掘る)+ let(接尾辞:小さい)
051 ダグトリオ

ダグトリオ

Dugtrio dug(掘る)+ trio(三人組)

シンプルなネーミングでわかりやすいですね。

052 ニャース

ニャース

Meowth meow(ニャー)+ th(日本語の音写)
053 ペルシアン

ペルシアン

Persian persian(ペルシャネコ)

日本語の「にゃー」を英語の「meow」に置き換えたシンプルなネーミング。

ただ、ペルシアンに関しては何のひねりもないのが少し残念ですね。

054 コダック

コダック

Psyduck psychic(超能力のある)+ duck(あひる)
055 ゴルダック

ゴルダック

Golduck gold(金の)+ duck(あひる)

ゴルダックはGolduckなのに、なぜコダックは日本語名と違うのか気になりますよね。

諸説ありますが、アメリカにコダックという写真用品メーカーが既に存在していたことが理由ではないかと言われています。

ただ、コダックはエスパータイプの技も覚えるので「Phyduck(超能力のあるあひる)」も合っていますね。

056 マンキー

マンキー

Mankey monkey(サル)
057 オコリザル

オコリザル

Primeape prime(真っ盛り)+ ape(サル)

マンキーに関しては単純にMonkeyをもじってMankeyなのでしょう。

Primeapeは日本語名に忠実なネーミングですね。

058 ガーディ

ガーディ

Growlithe growl(動物が唸る)+ lithe(しなやかな)
059 ウインディ

ウインディ

Arcanine ardent(燃えている)+ canine(イヌ科)

日本語名のウインディ(windy(風の強い)が由来)より、英語名のArcanineのほうが、ほのおタイプを表現していてしっくりきませんか?

060 ニョロモ

ニョロモ

Poliwag polliwog(おたまじゃくし)+ wag(揺れ動く)
061 ニョロゾ

ニョロゾ

Poliwhirl polliwog(おたまじゃくし)+ whirl(渦巻き)
062 ニョロボン

ニョロボン

Poliwrath polliwog(おたまじゃくし)+ wrath(激怒)

三段階すべておたまじゃくしを表現したネーミングになっていますね。

ニョロゾとニョロボンは一見カエルに見えますが、実はおたまじゃくしということに驚きですね。

063 ケーシィ

ケーシィ

Abra Abrakadabra(アブラカダブラ)
064 ユンゲラー

ユンゲラー

Kadabra Abrakadabra(アブラカダブラ)
065 フーディン

フーディン

Alakazam Alakazam(チチンイプイプイ)

シンプルに呪文の名前

066 ワンリキー

ワンリキー

Machop Macho(マッチョ)+ chop(チョップ)
067 ゴーリキー

ゴーリキー

Machoke Macho(マッチョ)+ choke(窒息させる)
068 カイリキー

カイリキー

Machamp Macho(マッチョ)+ champ(チャンピオン)

見た目から伝わるムキムキ感。

マッチョで統一しており、chop→choke→champと徐々に強くなっている様子が上手く表現されていますね!

069 マダツボミ

マダツボミ

Bellsprout bell(鐘)+ sprout(芽)
070 ウツドン

ウツドン

Weepinbell weeping(しだれる)+ bell(鐘)
071 ウツボット

ウツボット

Victreebel victory(勝利)+tree(木)+ bell(鐘)

おそらく顔の部分がベルの形に似ていることが由来ですね。

ただ、ウツボットだけbellではなくbelなのが気になります…

ちなみにウツボットのモチーフとなったウツボカズラは虫を食べる食虫植物(肉食植物)です。

072 メノクラゲ

メノクラゲ

Tentacool tentacl(触手)+ cool(冷たい)
073 ドククラゲ

ドククラゲ

Tentacruel tentacle(触手)+cruel(残酷な)

クラゲといえば触手ですよね。

進化することで触手の数が増えます。

074 イシツブテ

イシツブテ

Geodude geo(土地の)+dude(野郎)
075 ゴローン

ゴローン

Graveler gravel(小石)
076 ゴローニャ

ゴローニャ

Golem golem(ゴーレム)

ゴローニャがgolem…

golemを使うにしても、もう少しひねりのある名前をつけてほしかったですね。

これではゴローニャのイメージが全く表現できていないので少し残念です。

077 ポニータ

ポニータ

Ponyta pony(ポニー)+ ta(日本語の音写)
078 ギャロップ

ギャロップ

Rapidash rapid(速い)+ dash(ダッシュ)

Rapidashで「速い」イメージは伝わってきますが、馬の要素がなくなってしまいましたね。

ポニータと同様、ギャロップも日本語の音写で良かったかも?

079 ヤドン

ヤドン

Slowpoke slowpoke(のろま)+ poke(ポケモン)
080 ヤドラン

ヤドラン

Slowbro slow(遅い)+ bro(兄弟)

鈍感でのんびりしているヤドンにぴったりの名前ですね!

進化形のヤドランに、「bro(兄弟)」を使ったのもいいと思います。

081 コイル

コイル

Magnemite magnet(磁石)+ mite(小さい)
082 レアコイル

レアコイル

Magneton magnet(磁石)+ ton(単位:トン)

どちらも磁石を表しており、シンプルなネーミング。

083 カモネギ

カモネギ

Farfetch’d farfetched(ありそうもない・遠くから取ってきた)

カモネギの由来は、を背負ってくる」ということわざです。

意味は、偶然が重なり、好都合なことが起こること。

由来であることわざを英語でうまく表現できていて素晴らしいです!

084 ドードー

ドードー

Doduo dodo(ドードー)+ duo(2人組)
085 ドードリオ

ドードリオ

Dodrio Dodrio = dodo(ドードー)+ trio(3人組)

このネーミングも素晴らしいです。

ドードーを「dodo」とせず、「doduo」に変えたところが細かいテクニックですね。

duoを使うことで、ドードーとドードリオの統一感が出ました。

086 パウワウ

パウワウ

Seel seal(アシカ)+ seel(のように見える)
087 ジュゴン

ジュゴン

Dewgong dew(雫)+ dugong(ジュゴン)

それぞれアシカとジュゴンを意識したシンプルなネーミング。

088 ベトベター

ベトベター

Grimer grime(汚れ)
089 ベトベトン

ベトベトン

Muk muck(汚れ・泥)

汚くてべとべとしているベトベターとベトベトン。

GrimerもMukもビジュアルにぴったりな名前だと思います。

090 シェルダー

シェルダー

Shellder shell(貝)+ defender(守備の人)
091 パルシェン

パルシェン

Cloyster cloister(閉じこもる)+ oyster(二枚貝)

貝であることと、貝殻に守られていることを上手く表現したネーミングですね!

092 ゴース

ゴース

Gastly gas(ガス)+ ghastly(ぞっとする)
093 ゴースト

ゴースト

Haunter haunt(幽霊が出没する)
094 ゲンガー

ゲンガー

Gengar doppelganger(怪奇現象)

三段階とも、ゴースト感が出ていていいと思います。

そして気付いた方もいるかもしれませんが、doppelgangerが由来であるGengar、よく見てみるとeとaが逆ですね。

095 イワーク

イワーク

Onix onyx(オニキス・シマメノウ))

onyx(オニキス・シマメノウ)は鉱物のことです。

「いわ・じめんタイプ」なのでマッチしていますね!

096 スリープ

スリープ

Drowzee drowse(うとうとする)+ zee(いびきの音)
097 スリーパー

スリーパー

Hypno hypnosis(さいみんじゅつ)

日本語名も英語名もポケモンのイメージに合っていて、「エスパータイプ」であることもしっかり表現できています。

098 クラブ

クラブ

Krabby kingcrab(タラバガニ)+ baby(赤ちゃん)
099 キングラー

キングラー

Kingler king(王)+ fiddler crab(シオマネキ(カニ))

ご覧のとおり、カニがモチーフのポケモン。

上手く単語を組み合わせてカニを表現していますね。

100 ビリリダマ

ビリリダマ

Voltorb volt(ボルト)+ orb(球)
101 マルマイン

マルマイン

Electrode electrode(電極)

ビリリダマはとてもわかりやすい!

マルマインも「丸い感じ」を表現してほしかったですね。

102 タマタマ

タマタマ

Exeggcute execute(実行する)+ egg(卵)
103 ナッシー

ナッシー

Exeggutor executor(実行者)+ egg(卵)

そもそもタマタマがナッシー(タマゴ→ヤシの木)に進化するのって不思議ですよね。

そして英語名を見てみると、ナッシー「Exeggutor」にもeggが…

ということはナッシーの顔はヤシの実ではなくタマゴなのでしょうか?

ちなみに、原作の図鑑説明には「ナッシーの頭が地面に落ちるとタマタマになる」といった内容が書かれています。

謎が深まるばかりですね…

104 カラカラ

カラカラ

Cubone cub(子)+ bone(骨)
105 ガラガラ

ガラガラ

Marowak marrow(骨髄)+ whack(強打する)

日本語のように発音重視ではなく、意味重視のネーミング。

106 サワムラー

サワムラー

Hitmonlee hit(打撃)+ monster(モンスター)+ Bruce Lee(ブルース・リー)
107 エビワラー

エビワラー

Hitmonchan hit(打撃)+ monster(モンスター)+ Jackie Chan(ジャッキー・チェン)

ブルース・リージャッキー・チェン

「かくとうタイプ」のこの2匹にぴったりなセンスの良い名前ですね!

また、日本語名のサワムラーはキックボクサーの沢村忠さん、エビワラーはプロボクサーの海老原博幸さんに由来しています。

108 ベロリンガ

ベロリンガ

Lickitung lick(なめる)+ tongue(舌)+ tung(油桐)

ベロリンガもなかなか良いネーミングですよ。

tougueの代わりにあえてtungを使うことで、ベロリンガの性質が上手く表現されています。

109 ドガース

ドガース

Koffing coughing(咳払い)
110 マタドガス

マタドガス

Weezing wheezing(喘息)

どくガスを噴き出すことから、息ぐるしさを表す「咳払い」や「喘息」といった単語を元につけられていますね。

111 サイホーン

サイホーン

Rhyhorn rhinoceros(サイ)+ horn(角)
112 サイドン

サイドン

Rhydon rhinoceros(サイ)+ don(ボス)

日本語名の前半部分(サイ)だけを英語に置き換えて、最小限の変更で意味が伝わるように工夫しています。

113 ラッキー

ラッキー

Chansey chancy(不確かな)

「ラッキー」なのに、なぜ「不確かな」!?

その理由は、ラッキーが捕まえにくいポケモンで、ゲットできるか不確かだからです。

捕まえれたらラッキー(幸運)ということですね。

114 モンジャラ

モンジャラ

Tangela tangle(もつれさせる)

全身を覆うつるが絡み合っている様子から「tangle(もつれさせる)」という英単語がつけられたのでしょう。

115 ガルーラ

ガルーラ

Kangaskhan kangaroo(カンガルー)+ Genghis Khan(チンギス・ハン)

ガルーラをそのまま英語にしてもイメージは伝わりそうですよね。

もともとガルーラは「カンガルー」+「ルーラー(支配者)」が由来なので、英語名でもその構成が受け継がれました。

そこで「支配者」をモンゴル帝国の初代皇帝である「チンギス・ハン」に変えたようです。

116 タッツー

タッツー

Horsea seahorse(タツノオトシゴ)の並び替え
117 シードラ

シードラ

Seadra sea(海)+ dragon(ドラゴン)

シンプルでわかりやすいネーミング。

タッツーの英語名はHorseaですが、たしかにSeahorよりも響きがいいですね。

118 トサキント

トサキント

Goldeen goldfish(金魚)+ qween(女王)
119 アズマオウ

アズマオウ

Seaking sea(海)+ king(王)

queenとkingで統一感があります。

120 ヒトデマン

ヒトデマン

Staryu starfish(ヒトデ)+ you(あなた)
121 スターミー

スターミー

Starmie starfish(ヒトデ)+ me(わたし)

これは面白いネーミング!

スターミーが「Starme」なら、ヒトデマンは「Staryu」。

meとyouを対応させているのが面白いですね。

122 バリヤード

バリヤード

Mr. Mime Mr.(男性)+ mime(パントマイム)

ミスター・マイム。

斬新なネーミングですが、「バリヤード」よりもポケモンのイメージがしやすいのでは?

123 ストライク

ストライク

Scyther scythe(鎌)

ストライクは鎌のような手をしていていることからその名がつきました。

日本語名のストライク(打つ、くらわす)よりも、英語名のほうがカマキリっぽさが伝わりますよね。

124 ルージュラ

ルージュラ

Jynx jinx(ジンクス、不運)

雪女の逸話が由来なのではないかという説があります。

ルージュラ(雪女)に遭遇=不運(死)、というところでしょうか。

ただ、シンプルにルージュラのほうがわかりやすいですね。

125 エレブー

エレブー

Electabuzz electro(電気の)+ buzz(うなり)

エレ→erecta、ブー→buzzと、日本語名に忠実なネーミングといえるでしょう。

日本語には擬音語がたくさんあり、それを英語に変換するのは難しいですが、エレブーは上手く変換していますね。

126 ブーバー

ブーバー

Magmar magma(マグマ)

「ほのおタイプ」をシンプルに表した名前の付け方ですね。

ただ、マグマと聞くと一瞬マグマッグやマグカルゴをイメージしてしまいます。

127 カイロス

カイロス

Pinsir pincer(ハサミ)

カイロスの特徴である大きなツノ

ポケモン図鑑の説明文にも、「ツノ」と明記されています。

にもかかわらず、英語名は「ハサミ」なんです。

128 ケンタロス

ケンタロス

Tauros Kentauros(ケンタウロス)

単に「taurus(牡牛座)」が由来とする説もあります。

129 コイキング

コイキング

Magikarp magic(魔法の)+ carp(コイ)
130 ギャラドス

ギャラドス

Gyarados Gyaos(架空の怪獣ギャオス)+ ladon(百頭竜)

コイキングはCPが最も低いポケモンです。

そんな弱いコイキングがジムでよく見るギャラドスに進化するのは、もはや魔法(magic)ですよね。

131 ラプラス

ラプラス

Lapras la place(フランス語:席)

「la place」ではなく、「lap(水の跳ねる音)+ plash(ザブザブ、バシャバシャ)」という説もあるようです。

水に関係しているので、後者のほうがラプラスのイメージに合っていると思いませんか?

132 メタモン

メタモン

Ditto ditto mark(〃)

日本語で「同じ」の意味をもつ「〃」この記号。

英語ではditto markと呼ばれています。

相手ポケモンと同じ姿に変身する特徴をうまく表現したネーミングですね!

133 イーブイ

イーブイ

Eevee evolution(進化)
134 シャワーズ

シャワーズ

Vaporeon vapor(水蒸気)+eon(永遠)
135 サンダース

サンダース

Jolteon jolt(ショック)+ eon(永遠)
136 ブースター

ブースター

Flareon flare(炎)+ eon(永遠)

イーブイは、evolutionの最初の2文字「EV(イーブイ)」を由来としています。

そして発音をなるべく変えずに「Eevee」という英語名がつけられました。

進化形のシャワーズ、サンダー、ブースターは、それぞれの性質+eonで表現され、統一感があります。

137 ポリゴン

ポリゴン

Porygon poly(多い) + gon(角・~角形)

polygonという単語は「多角形」を意味しています。

カクカクしたビジュアルにぴったりなネーミングですね!

138 オムナイト

オムナイト

Omanyte オウムガイ(日本語の音写)+ ammonite(アンモナイト)
139 オムスター

オムスター

Omastar オウムガイ+ oyster(牡蠣)

見た目からオウムガイやアンモナイトがモチーフということがわかります。

「オム」の部分を「Ominous(不吉)」とする説も。

140 カブト

カブト

Kabuto Kabuto(カブトガニ(日本語の音写))
141 カブトプス

カブトプス

Kabutops Kabuto(カブトガニ)+ triops(カブトエビ)

英語名の由来を見てみると、カブトガニからカブトエビに進化したことになりますね。

エビの要素は見当たりませんが…

142 プテラ

プテラ

Aerodactyl aero(空気)+ pterodactyl(翼竜)

プテラノドンが由来のプテラですが、英語名は2つの英単語が組み合わされています。

「エアロダクティル」…響きはかっこいいですね!

ただ、シンプルにプテラでも伝わりそう。

143 カビゴン

カビゴン

Snorlax snore(いびき)+ lax(だらしのない)

まさにカビゴン!

これはカビゴンにぴったりなネーミングではないでしょうか。

144 フリーザー

フリーザー

Articuno arctic(北極の)+ uno(スペイン語:one)
145 サンダー

サンダー

Zapdos zap(電撃)+ dos(スペイン語:two)
147 ファイヤー

ファイヤー

Moltres molten(熱で溶けた)+ tres(スペイン:three)

それぞれの属性に数字を合わせたネーミングになっています。

イーブイの進化形たちのように、語尾を「-eon」でそろえて統一感を出すこともありますが、伝説三鳥は数字で統一感を出していますね。

148 ミニリュウ

ミニリュウ

Dratini dragon(ドラゴン)+ tiny(小さい)
149 ハクリュー

ハクリュー

Dragonair dragon(ドラゴン)+ air(空気)
149 カイリュー

カイリュー

Dragonite dragon(ドラゴン)+ knight(騎士)

「ドラゴンタイプ」のポケモンなので、三段階とも「Dra-」で始まっています。

あとはそれぞれの性質や特徴を表現していますね。

150 ミュウツー

ミュウツー

Mewtwo mutant(突然変異)+ new(新種)+ two
151 ミュウ

ミュウ

Mew mutant(突然変異)+ new(新種)

ミュウツーはミュウの遺伝子を改造して誕生した人造ポケモンです。

ポリゴン→ポリゴン2のように、ミュウ2にしなかったのは、ミュウの進化形ではないからでしょうか。


いかがでしたか?

日本語名からは想像できないような名前やシンプルでわかりやすい名前、少しこじつけのような名前まで様々でしたね。

豆知識として覚えておくと話のネタにもなるかもしれないですよ。

トップへ