【ポケモンGO】エクセレントスローを狙え!カーブ+エクセレント投法を説明するよ!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

エクセレントスローを狙え!カーブ+エクセレント投法を説明するよ!

カーブ+エクセレント投法

2017年6月14日~2017年6月21日で開催中の「熱闘!冷闘!エクセレントスローを狙え!」。

ボールのスローボーナス経験値が通常の3倍に跳ね上がっています。

普段、ナイス、グレート、エクセレントのスローボーナスには特にこだわっていなかったけれど、今回のイベントを機にエクセレントをとれる投げ方を研究中! という方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、「カーブ+エクセレント投法」についてご説明します。

まずは、「カーブ+エクセレント投法」の動画をご覧ください

まずは、「カーブ+エクセレント投法」の動画をご覧ください。

通常速度の40%の再生スピードに落とした、スロー再生でお届けします。

【再生時間41秒です】


手順を詳しく説明します

「カーブ+エクセレント投法」の手順を詳しく説明します。

まず最初に注意点ですが、本記事でご紹介している「カーブ+エクセレント投法」は、多少の慣れが必要です。

ボールを構える位置、投げる軌道、放る位置、などを標準化していますが、実際はポケモンごとに微調整が必要です。

ただ、感覚をつかめば、ターゲットリングが縮んだところに、ピンポイントでカーブボールを投げれるようになりますので、ぜひお試しください。

図解の画像と説明文をご確認ください

カーブ+エクセレント投法説明文

「カーブ+エクセレント投法」を、1枚の画像にまとめました。

以下、さらに詳細をお伝えします。

① ボールを構える位置

「カーブ+エクセレント投法」は、ポケモンと同じ位置(基準線)にボールを構えるところからスタートします。

指を離さなければ、ボールを構えたまま、ポケモンの動きやターゲットリングの動きをじっくり見定めることができます。

※後述しますが、ポッポやコラッタなど、手前にいて近いポケモンに対しては、基準線をボール1個以上、下にずらす必要があります。

ボールを構えていて、いったん休憩したいときやボールを投げるのをキャンセルしたいときは、

「ボールを真下に投げることで、投げるのをキャンセル」

することができます。

詳しいやり方はこちらの記事にまとめてありますので、ご確認ください。

【ポケモンGO】ボールを投げるのをキャンセルする方法【もう転がらない】
ポケモンにボールを投げるのをやっぱりやめたい!というときには、キャンセルすることができます。ボールの数を無駄にしないように、やめたいときはこの方法を使って、ボールを投げるのをキャンセルしましょう!

② ターゲットリングの見定め方

ボールを構えたまま、ターゲットリングの伸び縮みを見定めます。

あくまでも目安ですが、「ポケモンの目よりも縮んだくらい」に投げ始めるとちょうど「エクセレントスロー」が成立するくらいにまでターゲットリングが縮みます。

今回はエクセレントスローを狙っているのでギリギリまで引き寄せますが、ターゲットリングを広めに捉えて「グレートスロー」を狙いつつ、運がよければ「エクセレントスロー」になる、という戦術も有効です。

③ カーブボール判定のための「1回転」

ポケモンGOリリース当初は、相当ぐるぐるとボールを回さなければボールがキラキラ光らなかったものですが、現在はカーブボール判定が相当甘くなっています。

以前にこちらの記事でご紹介したとおり、下側に半円を描くように投げさえすればカーブボール判定が付くレベルです。

【ポケモンGO】カーブが届かない?カーブ判定がもらえるカーブスローと遠投の方法を教えるよ!
ポケモンが遠くてボールが届かない!経験値を稼ぎたいのにカーブボールにならない!そんなお悩みをお持ちの方に、簡単にカーブボールや遠くのポケモンにボールを当てるコツをご紹介!ぜひ参考にしてみてくださいね。

「カーブ+エクセレント投法」では、カーブ判定をさらに確実なものにするために、画像の「③」のポイントで「1回転」を加えます。

この1回転の工程をはさむことで、投げるボールは「カーブボール」としてさらに判定されやすくなります。

④ 基準線の下位置から、斜めに放る

ボールから指を離すタイミングは、「基準線の下位置」です。

そして、そのあと、画像の破線矢印のように「斜めに放る」ことが重要です。

ボールにはカーブ回転がかかっていますので、斜めに放ることでポケモンのど真ん中にボールが当たっていくのです。

気持ち、ポケモンのど真ん中よりやや左側を狙って投げ込むくらいで、ちょうど真ん中にボールが集まります。

ポッポやコラッタなど、手前にいて近いポケモンのときは「基準線」をボール1個以上下げてください

ボールの構える位置の説明の際に、「ポケモンと同じ位置を基準線とする」とご紹介しましたが、ポッポやコラッタなど、手前にいて近いポケモンのときは「基準線」をボール1個以上下げる必要があります。

そのあとの手順は、画像の②③④と同じです。

  • 遠いポケモン=ポケモンのターゲットリングと同位置に基準線を引いて、同位置にボールを構えて、「カーブ+エクセレント投法」で投げる
  • 近いポケモン=ポケモンのターゲットリングと同位置に基準線を引いて、基準線よりもボール1個以上下位置にボールを構えて、「カーブ+エクセレント投法」で投げる

という感じです。

あとは慣れと微調整です

いかがでしょうか。

あとは慣れと微調整です。

一度でもうまく「エクセレントスロー」が出ると、微調整の感覚が一気につかめます。

カーブボールとエクセレントスローは、それぞれ、「ズリのみ」と同等の捕獲率アップの効果があります。

【ポケモンGO】「ズリのみ」を使うとポケモンの捕獲率がx1.5上がる!トレーナーレベルごとのズリのみ効果と捕獲率まとめ
トレーナーレベルが上がるとポケモンの捕獲率が下がりますが、「ズリのみ」の効果は上がっていくと判明!ズリのみで捕まえやすさを15%アップして、カーブボールも合わせて使えば、捕獲率が抜群に上がります!
【ポケモンGO】ポケモンの捕まえやすさはターゲットリングの色、ボールの種類と投げ方で変わる!ポケモンの基礎捕獲率その計算方法まとめ
ポケモンの捕まえやすさは、ポケモンの種類以外にも、ターゲットリングの色や、モンスターボールの種類と投げ方、どうぐによって変化します。こちらでは、ポケモンの基礎捕獲率や捕獲率の計算方法を紹介します!

「カーブ+エクセレントスロー」なら、捕獲率を高めつつ、三段階進化の最終進化形ポケモンに「パイルのみ」を使って、ポケモンのアメ20個を狙っていけます!

ぜひお試しください。

【参考データ】ポケモンの捕獲率(捕まえやすさ)の変化

ポケマピの過去記事から、「ポケモンの捕獲率(捕まえやすさ)の変化」のデータをご紹介します。

ポケモンGOでポケモンを捕まえる時の捕まえやすさは、モンスターボールの種類を変えたり、ズリのみを与えたり、上手な投げ方をすることで変化します!

ボールやズリのみ、投げ方の判定によって捕まえやすさは次のように変化します。

名称 捕獲倍率
モンスターボール x1.0(捕獲倍率変化無し)
スーパーボール x1.5
ハイパーボール x2.0
ズリのみ x1.5
カーブボール判定 x1.7
ナイススロー判定 x1.1
グレートスロー判定 x1.3
エクセレントスロー判定 x1.5
ブロンズメダル x1.1
シルバーメダル x1.2
ゴールドメダル判定 x1.3

この捕獲倍率はかけあわせができるので、

「ハイパーボールを使って、ズリのみを与えて、カーブボールでエクセレントスローの判定をゲットする」

と一番高い捕獲倍率を獲得できます!

捕獲難易度は、モンスターボールを長押ししたときに出るターゲットリングの色で判断できます。

捕獲難易度(高)←赤色>オレンジ色>黄色>緑色→捕獲難易度(低)

ですので、まず何もせずにモンスターボールを長押しして捕獲難易度を確認してから、ボールの種類を変えて、ズリのみを与えて、もう一度ボールを長押ししてみてください。

ターゲットリングの色は変化したでしょうか?

より緑色に近づいていれば、捕獲難易度は下がっています!


ターゲットリングの色

ポケモンを捕まえるときに出てくるターゲットリングは、ポケモンの捕獲率を確認する最も早く的確な目安です。

ターゲットリングの色は緑から赤へ変化します。

ターゲットリングの色 捕獲率
66~100%
黄色 36~65%
オレンジ 26~35%
0~25%

捕獲率に影響を与える要素

  • ポケモンの分類
  • ポケモンのレベル
  • モンスターボールの種類
  • ズリの実を与えたかどうか
  • カーブボール判定がされたかどうか
  • Nice、Great、Excellentが出たかどうか

捕獲率に影響を与えない要素

  • トレーナーレベル
  • 捕まえたポケモンの数
  • ポケモンのタイプ
  • ポケモンの個体値
  • ポケモンの機嫌
  • モンスターボールがターゲットリングから外れた場合
  • モンスターボールを投げた回数
  • 捕まえる時間
  • 移動速度
  • 日時
  • 天気

引用元:【ポケモンGO】ポケモンの捕まえやすさはターゲットリングの色、ボールの種類と投げ方で変わる!ポケモンの基礎捕獲率その計算方法まとめ

コメント

  1. あ子 より:

    Android 限定の方法ですが、
    スローイングの際の指の軌跡を表示させて、
    いいときの指の動きをつかむのに便利な方法を紹介しています。
    参考になれば幸いです。

    https://plus.google.com/+amanojako/posts/FV5dpRop535

トップへ