スポンサーリンク

ゴルバットの色違いと進化・評価

ゴルバット
ゴルバット
ゴルバット
色違いゴルバット
色違いゴルバット

No.0042

ゴルバット

英語名:Golbat

こうもりポケモン

種族値

最大CP2234732位
攻撃
161
760位
防御
150
643位
HP
181
464位

弱点タイプ

耐性タイプ

×0.625
×0.625
×0.391
×0.391

進化の流れ

色違いのゴルバット(実装・公式発表済み)

ゴルバット
オス
通常のゴルバットオス
メス
通常のゴルバットメス
オス
色違いのゴルバットオス
メス
色違いのゴルバットメス

入手方法

タマゴからの入手現在未登場
レイドバトルからの入手現在未登場

即戦力CP帯

下記のCP範囲内のゴルバットを進化させると、進化形ポケモンが各リーグの制限に近いCPになる可能性が高いです。

進化形スーパーハイパー
1072~11191656~1864

サードアタック解放コスト

ほしのすな10000
アメ25

リトレーンコスト

ほしのすな1000
アメ1

がんばリボンの位置

⇒がんばリボン図鑑

その他のデータ

相棒距離1km
捕獲率20%
逃走率7%

その他のコンテンツ

ゴルバットの覚える技

ジム・レイドトレーナーバトル

わざ1(通常技)

わざ威力時間発生EPSDPS
60.50.3812
9.60.80.5511.2512

わざ2(ゲージ技)

わざ威力時間発生DPS
10215
421.70.924.71
350.70.150
722.71.826.67
10032.433.34
502.31.8521.74

おすすめ最適わざ(コンボDPS)

わざ1わざ2DPS
21.48
20.61
20.38
19.44
18.47
17.94
17.67
17.3
17.18
16.93
11.23
10.11
コンボDPSとは、わざ1とわざ2の組み合わせをひとまとめにした時のダメージ効率の考え方です。
詳しくは「コンボDPS」のページで解説されております。

ゴルバットの評価

データ・集計評価

ジム攻撃-
ジム防衛-
ランク3レイド対策-
ランク4レイド対策-
伝説レイド対策-
スーパーリーグ人気-
ハイパーリーグ人気-
マスターリーグ人気-
計算方法や順位の基準などは、各種リンクをご確認ください。

みんなの評価

PvP適性★★★★★ 5
名無しのポケモントレーナーさん
GBLに挑む初心者にお勧めしたいポケモンTOP5には入るポケモン
その理由としてはコスパが超優秀な点にある 
初心者ならスーパーリーグからだろうが ゴルバットはその辺に野生で出る上 ズバットからの進化アメは25個 CP1500にするのもレベル30程度で済むため育成は極めて容易

ロケット団からもゲットできるのでリトレーンして育成をさらに低コストにしてもいい
しかもリトレーンは砂1000で出来る
そしてサードアタックも最も安い砂10000、アメ25で可能
これ程育成コストに優れている上、強さもそこそこ優秀である

まず通常技はつばさでうつ一択、ゲージ技は毒々の牙&シャドボがおすすめ
この構成なら幅広いポケモンを見れる 
タイプ上格闘、虫、草にはめっぽう強く 相手が交代してきても回転の速い毒毒の牙で防御デバフをかけ、後続に交代することもできる点が優秀である

さらにこのタイプのおかげで多くのリーグに参戦可能なのも嬉しい点
CP1500以下のカントー、ハロウィン、ひこう、ホリデー、レトロ等に参戦できる
一匹育てればかなり対応範囲が広がるのもコスパに優れた点である

強さ的には☆4だが、コスパを考えると☆5が妥当だろう
初心者から上級者まで使いやすい良いポケモンである 
2022年04月24日 18時56分
0
14
ジム攻撃 1
ジム防衛 1
レイド適性 1
PvP適性★★★★ 4
名無しのポケモントレーナーさん
どくどくのキバの強化でゴルバットはスーパーリーグ、クロバットはハイパープレミアの環境に入ってくる。
1段階防御力ダウンのデバフは1段階攻撃力アップのバフとほぼ同義。つまりグロウパンチやニトロチャージとほぼ一緒である。しかもグロウパンチより威力は上。相手にデバフなので交代で解除するので交代を強要できたりとバフとは違った駆け引きができる。

今回の毒技強化によるマリルリ包囲網は結構と強力。マリルリの弱点である草は冷凍ビームで、電気タイプは持ち前の耐久力と電気タイプは耐久力の低いポケモンが多い点を利用して、ゴリ押しやゴリ押しできなくても深傷を負わせたりできた。しかし毒タイプには対抗手段がなく、耐久力のあるポケモンもそこそこいるため今までのようにゴリ押しや負けても深傷を負わせるという戦法は難しくなる。
ゴルバットは冷凍ビームに気を付ける必要があるが、どくどくのキバ連打でもマリルリには相当なプレッシャーを与えられるし、逃げられても交代に出てきた相手にどくどくのキバを1発デバフを与える置き土産ができる。
後ゴルバットは高威力1技のゴリ押しポケモンに強いのも魅力。
毒タイプ強化でエスパータイプや鋼タイプは増えそうなので対策もしっかりさせる必要がある。
2021年06月01日 08時52分
0
9
PvP適性★★★ 3
名無しのポケモントレーナーさん
Rロケット団でウザいと感じたシャドウゴルバット。そのウザさはPVPでも健在。
とはいえ現在の対戦環境ではエアームドや岩タイプの多さで動きにくい。
しかし鋼や岩タイプが激減するルールでは意外と厄介なポケモンになる。特に現在行われているハロウィンカップでは得意なポケモンが多くて「ゴルバットかよwww」って油断していると「ゑー、マジかよ」ってなるので注意。
このゴルバット、意外にもシャドウ補正込みでも耐久力がある方で弱点のゲージ技でない限り一撃では倒せないし、甘えるとかもそこまでダメージを受けない。
攻撃面はシャドウ補正が加わった噛みつくは速度も相まって耐性ない相手にはどんどん削れるが貯めが悪い。翼で打つは攻撃とゲージ貯めのバランスが良くハロウィンカップに出場できるポケモンに弱点をつきやすい。
ゲージ技は連射とブラフしやすいどくどくの牙と高威力で攻撃範囲が優秀なシャドーボールがオススメ。
技の構成上アローラベトベトンやブラッキーなど悪タイプにはどうしようもないため上手く残りのポケモンでフォローしたい。
2020年10月29日 18時19分
0
7
PvP適性★★★★★ 5
名無しのポケモントレーナーさん
ニドクインの暴れっぷりに流石にマズイと判断されたのかどくどくのキバの消費量増加の弱体化を受ける。が、翼で打つは貯め量が上がる。貯め量は威力が5なので7から8だと思われる。どくどくのキバの消費量が40ならサイクルは5回と変わらないため弱体化にならない。むしろシャドーボールを撃つまでの翼で打つを使う回数が1回分減るので強化になる。
ゴルバットがニドクインに代わって毒枠になるかもしれない。
2022年11月29日 20時47分
0
5
PvP適性★★★★★ 5
名無しのポケモントレーナーさん
CPもっと足りてるなら、ハイパーもゴルバット使いたいレベル
翼でうつの方が一回り回転が速い
2022年03月10日 13時26分
0
1
名前(任意)
ゴルバットの評価を、下記の四項目から選択してください。(任意)
ジム攻撃ジムバトルで、素早く防衛ポケモンを倒せるポケモンか
または、多くの防衛ポケモンに対応できるか
ジム防衛防衛ポケモンとして置かれていたらプレイヤーが面倒に感じるポケモンか
レイド適性特定のレイドボスに対してオンリーワンの性能を発揮できるポケモンか
または、汎用的に選出されるポケモンか
PvP適性トレーナーバトルでオンリーワンの性能を発揮できるポケモンか
ジム攻撃
ジム防衛
レイド適性
PvP適性
コメント(必須)
その他のポケモン評価をもっと見る

ゴルバットの対策ポケモン10選

読み込み中です…
「攻撃力」とは、効率よくダメージを与えられるポケモンと技構成の評価になります。
「持久力」とは、場に居られる時間で多くのダメージを与えられるポケモンの評価になります。
こちらの対策ポケモンは、ポケマピのツール「カウンターリスト」から出力しています。
スポンサーリンク
レクタングル大

ゴルバットの動画

ゴルバットの動画をもっと見る
スポンサーリンク

フォローする