【ポケモンGO】イワークのソロレイド対策!最硬レイドボスを攻略しよう

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

イワークソロレイド

カントーイベントで登場した☆3レイドボス、イワーク。

【ポケモンGO】カントーウィークイベント内容まとめ!色違いポケモンも新たに登場?
2018年4月11日(水)から、カントー地方ポケモンのイベントが開催!イベントの内容をお伝えしていきます! 

イワークの進化形のハガネールはちょこちょこジムで見かけるものの、進化前のイワークと戦う機会はあまりありません。

「ジムに置かれていないなら大したことないんじゃ?」と思いがちですが、なんとこのイワークは、高難易度レイドボスとして多くのプレイヤーを返り討ちにしています。

今回はそんなイワークの攻略法についてまとめてみました。

レイドボスイワーク情報

イワーク

イワーク

まずはイワークの能力(種族値)を確認してみましょう。

イワークの種族値

最大CP 1002283位
HP
70
352位
攻撃
85
341位
防御
288
8位

防御だけはトップレベルに高いものの、HPと攻撃力はポッポレベル。

防御力の高さをHPの低さが台無しにしているため、バトルでその防御力が活かされることはほとんどありません。

しかし☆3レイドボスのHPは固定で3000まで上昇するため、HP、防御に優れた硬いレイドボスへと変化します。

イワークの種族値(☆3レイドボス)

HP
3000
攻撃
85
341位
防御
288
8位

元々持っていた高すぎる防御力に加え、3000ものHPを手にした☆3イワークは、高難易度レイドボスへと変貌を遂げたのです。

次にイワークの弱点タイプについて調べてみましょう。

イワークの弱点

×1.96
×1.96
×1.4
×1.4
×1.4

イワークは、水、草タイプに二重の弱点を持っています。

高すぎる防御力を持つイワークの付け入る隙と言えるでしょう。

むしろ水、草タイプ以外でレイドボスイワークに勝つのは不可能なので、どちらかのタイプを持った高い攻撃力を持つポケモンが、イワークソロレイドに適したポケモンとなります。

スポンサーリンク
レクタングル大

レイドボスイワーク対策ポケモン

では次に、イワーク対策に適したポケモンをピックアップしていきましょう。

ポケマピのツール「カウンターリスト」は、対策ポケモンを自動で抽出しグラフ化する機能があるので、グラフを見て確認してみます。

【ポケモンGO】カウンターリスト
対策したいポケモンを入力することで、全ポケモンの中からダメージ値を統計的に算出し、有利に戦えるポケモンを「ダメージ効率」「総ダメージ量」2つの観点から抽出するツールです。

イワーク対策グラフ

イワーク対策グラフ

噛み砕いて説明すると、右のポケモンほど攻撃面に優れており、上のポケモンほど耐久面に優れています。

つまり右上に位置するほど優秀なポケモンということです。

そしてダントツで優秀と評価されたのは、伝説のポケモンカイオーガ。

カイオーガ

ポケモン対策技構成攻撃力持久力
カイオーガ

カイオーガ

S
S
【カイオーガの被ダメージ】

攻撃面でトップ、耐久面でもダメージ量を見て分かる通り、ほとんど受け付けません。

レベル30程度のカイオーガでも、2~3匹もいれば安定して倒せる計算になります。

また、カイオーガより戦績で劣るものの、カイオーガと同じ技構成が出来るギャラドスもソロレイド圏内のポケモンとなります。

ギャラドス

ポケモン対策技構成攻撃力持久力
ギャラドス

ギャラドス

A
A
【ギャラドスの被ダメージ】

同じく「たきのぼり/ハイドロポンプ」の技構成が可能で、高い攻撃力を持つサメハダーもソロレイド圏内のポケモンです。

サメハダー

ポケモン対策技構成攻撃力持久力
サメハダー

サメハダー

A+
C
【サメハダーの被ダメージ】

しかしサメハダーは耐久力が低く、攻撃力の弱いイワークのゲージ技すらも手痛いダメージになります。

あえて強化をするならカイオーガかギャラドスをオススメします。

草タイプからは、「ハードプラント」を覚えたフシギバナ、ナッシーがソロレイド圏内のポケモンとなります。

フシギバナ

ポケモン対策技構成攻撃力持久力
フシギバナ

フシギバナ

A+
B+
【フシギバナの被ダメージ】

ナッシー

ポケモン対策技構成攻撃力持久力
ナッシー

ナッシー

A
B+
【ナッシーの被ダメージ】

天候が晴天の場合は草タイプ技にブーストがかかるため、カイオーガと同等のレベルでダメージを与えることが出来ます。

晴天の場合は積極的に選出してみましょう。

また、草タイプポケモンではないものの、「マッドショット/ソーラービーム」でイワークの弱点を突けるグラードンも、ソロレイド圏内のポケモンとなります。

グラードン

ポケモン対策技構成攻撃力持久力
グラードン

グラードン

A
A
【グラードンの被ダメージ】


いかがでしたか?

主にカイオーガ、ギャラドス、フシギバナ(ハードプラント持ち)、ナッシー、グラードンをソロレイドオススメポケモンとして紹介させて頂きました。

是非イワークソロレイドに挑戦し、プレミアボール入りイワークをゲットしてみましょう!

コメント

  1. 7743 より:

    ついに私のサメハダー100カンストの出番か。

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    ☆は笑うわ。サイドンの顔だろエアプ。

  3. 〆張鶴 より:

    レイドボスとしていくらパワーアップしてても、ゲットするとただのイワーク…。

  4. KONUSM より:

    対策グラフがわかりやすいです!今後の伝説レイドなどでもこのグラフを入れた解説をぜひしてほしいです。

  5. 名無しのポケモントレーナー より:

    二重弱点持ちなのに晴れブーストがあっても結構シビアなんだよな…雨でやっと行けるくらい

  6. Cheyenne Mountain より:

    私は、TL40で、攻略ポケモンはPL31~37を主に使っていますが、イワークレイドは、その防御力の高さからかなりの難関です。

    たきのぼり・ハイドロポンプギャラドスなら3~4匹でぎりぎりソロで倒せますが、アクアテールシャワーズやグラードンでは火力不足で時間切れになります。

    イワークの攻撃力はかなり見劣りがする為に、攻撃側のポケモンの受けるダメージはかなり小さく、打たれ弱いギャラドスでさえ岩技を喰らってもかなり持ちこたえますから、季節柄もあってたきのぼり・ハイドロポンプ ギャラドスを並べて、予備にハイドロポンプ シャワーズをそろえれば良いです。ただ、とにかく時間はぎりぎり間に合う程度です。

    晴れの日ならばタネ・ソーラー ナッシーで攻略できそうですがまだやっていません。

    • Cheyenne Mountain より:

      記事中のイワーク対策グラフをみる限り、ナッシーでは晴天ブーストがなければソロはかなり難しそうです。

      シミュレータで計算していませんが、鞭、ハードプラント フシギバナ4匹でソロが成功しそうに感じます。

      グラードンでは無理っぽいです。私はグラードン2匹とサイドンで挑んで全く駄目で、残り80秒で諦めて逃げました。その後ギャラドス4匹で仕留めています。

トップへ