【ポケモンGO】天気ブーストにより様々な影響が!メリットやデメリットをまとめたよ

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

第三世代ポケモンの登場とともに実装された「天気連動機能」

この機能の中には、「天気ブースト(天候ブースト)」と呼ばれる効果があり、ポケモンに様々な影響を与えます。

今回は、天気ブーストによって、どのようなメリットやデメリットがあるのかをまとめました!

天気ブーストによる良い影響・メリット

天気ブーストで高レベルの野生ポケモンが出現するようになった!

天気ブーストにより、高レベルの野生ポケモンが出現するようになりました。

みなさんも実感しているのではないでしょうか?

天候別の対象ポケモンタイプは、こちらの記事でご確認いただけます!

【ポケモンGO】天候ブーストを徹底解説!天気の種類、タイプ、効果まとめ
「天気連動機能」によって天候ブーストが実装!天気の種類とタイプへの影響、天候によって上がるポケモンの出現率、個体値、CP、技の威力について徹底解説します。

ただ、こちらの記事でもご紹介しているように、天気が変わると出現中のポケモンの個体値やCPが変わってしまうことがあるため、少し注意が必要です。

【ポケモンGO】天候ブーストの対象ポケモンは出現中に天気が変わると個体値も変わる!
天候ブーストがかかると特定タイプのポケモンの高個体値やCPがアップしますが、出現中に天気が変わると個体値とCPも変化してしまうことが判明しました!

ほしのすな8000はPL35!

天気ブーストによって出現したポケモンを捕まえ、強化に必要なほしのすなの数が「8000」だった場合、そのポケモンはポケモンレベル35で確定です!

天気ブーストで出現したポケモンを捕獲した時には、是非「強化に必要なほしのすなの数」をチェックしてみてくださいね。

詳しくは、こちらの記事でご紹介しています。

【ポケモンGO】天候ブースト時の最大PL35は強化のためのほしのすなが8000!
強化に必要なほしのすなが8000であれば、PL35!野生ポケモンをゲットしたら、「強化に必要なほしのすなの数」をチェックしてみましょう!
スポンサーリンク
レクタングル大

天気ブーストによる影響・デメリット

天気ブーストの出現率アップにより、ポケモンの巣がわからなくなる

天気ブースト対象のポケモンが湧きすぎて、ポケモンの巣がわかりにくい状況になっています。

巣かどうか確認したい場合、たしかに困りますね・・・

もはや巣のような湧き具合

天気ブーストにより同じポケモンが大量出現し、もはや巣のようになることもしばしば。

天気ブーストでポケモンが捕まりにくくなった

天気ブーストの影響でポケモンの出現率がアップしたり、高レベルのポケモンが出現するのは嬉しいことですが、その一方で「ポケモンが捕まりにくくなった!」と嘆く声も多く挙がっています。

通常の野生ポケモンの最大ポケモンレベルは30なのに対し、天気ブーストにより出現するポケモンの最大ポケモンレベルは35

高レベルのポケモンが出現するようになったことで、ポケモンレベルが高いほど捕獲率が低くなってしまうのです。

詳しくは、こちらの記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

【ポケモンGO】天候ブーストでポケモンGOプラスでの捕獲が難しくなった?逃げられた報告多数
天候ブーストがかかったポケモンは、ポケモンGOプラスで捕獲するのが難しい…。ポケモンレベルが上がっていることで、逃げられることが多くなっているようです。


いかがでしたか?

天気ブーストにより様々な影響が出ているようですね。

天気連動機能のまとめや、天候ブーストについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

是非ご覧ください。

天気連動機能まとめ強風の基準風速対策ポケモン調べ方
天気連動機能タイトル
トップへ