【ポケモンGO】ミュウツー対策ポケモンまとめ!レイドボスのミュウツーを攻略しよう

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー
EXレイドのフィールドテストでミュウツーが登場!
次回「第10回EXレイドフィールドテスト」は2017年11月18日に開催される模様です。

ミュウツー対策

8月14日に横浜スタジアムで開かれた「ポケモンGOスタジアム」にて、イベント参加者限定でミュウツーが配布されました!

ポケマピ調査班も参加し、無事ミュウツーをゲットできました。

そしてミュウツーは一般向けにも、EXレイドバトルで登場しています!

【ポケモンGO】EXレイドとは!? 数週間内にミュウツーとバトルしてゲットするチャンス!
EXレイドとは!? ついに登場した伝説ポケモン・ミュウツーが全世界に登場する方式として「EXレイド」という新しいレイドバトルの仕組みが発表されました。

「過去数週間に該当のジムでレイドバトルに勝利」することが「EXレイド招待状」をゲットする条件ということなので、少し条件は厳しいですが、最強のポケモンミュウツーを捕獲できるチャンスが与えられます。

今回はミュウツーのEXレイドに備え、ミュウツーの対策ポケモンについて考えてみました!

ミュウツー対策方法について

ミュウツーの能力を知ろう

対ミュウツーを相手にする上で重要なのは、ミュウツーの怖さを知っておくことです。

ミュウツーは全ポケモンでもぶっちぎりの攻撃力を持ち、生半可なポケモンでは場に留まることすら困難でしょう。

ミュウツーの種族値

最大CP 3982
HP
193
攻撃
300
防御
182
平均 / 合計
225 / 675

こちらのポケモンのHPがゴリゴリ削られることが想定されるため、ポケモンの耐久力とタイプ相性を駆使した対策ポケモンを考えていきましょう。

ミュウツーの弱点タイプを知ろう

こちらはミュウツー(エスパータイプ)の弱点タイプになります。

あく
x1.4
むし
x1.4
ゴースト
x1.4

基本的に上記の3タイプで攻めるのがオススメですが、あくタイプ、ゴーストタイプはミュウツーのゲージ技で返り討ちに遭う可能性があり、むしタイプは耐久力の低さから選出がためらわれます。

すべてのパターンを想定しての対策は困難なポケモンと言えますね…。

ミュウツーの技を知ろう

ミュウツーの技の多くは、自身と同じエスパータイプの技ですが、それ以外でも豊富なゲージ技も取り揃えています。

ミュウツーの通常技

名前 タイプ 威力 CD DPS EPS
サイコカッター エスパー 5 0.6 8.34 13.34
ねんりき エスパー 20 1.6 12.5 9.38

通常技は「ねんりき」と「サイコカッター」。

「ねんりき」の場合は、最大強化ゲンガーでも僅か4発で沈みかねないほどの火力を持ち、非常に受けづらい技です。

逆に「サイコカッター」は技の威力が低いため、「サイコカッター」の場合はラッキーなパターンと言えます。

ミュウツーのゲージ技

名前 タイプ 威力 CD DPS
シャドーボール ゴースト 100 3 33.34
サイコキネシス エスパー 100 2.8 35.72
きあいだま かくとう 140 3.5 40
はかいこうせん ノーマル 150 3.8 39.48

ゲージ技の種類が4種類と多く、そのどれもが高い威力を持つ技です。

特に「きあいだま」は、ミュウツーの弱点となる悪タイプのポケモンに対して致命的なダメージを与えるため、「きあいだま」のミュウツーはより厄介な存在となります。

ミュウツー級のゲージ技は、平均的な耐久力を持つポケモンでも、まともに被弾すると60%~100%のダメージを受けてしまいます。

レイドバトルは回避しても当たった扱いになる「回避バグ」が横行しているため、回避によるダメージ軽減は期待しないほうが良いです。

そのため、通常技の「ねんりき」や「サイコカッター」と併せて、ゲージ技の火力にも1度は耐えられる能力を持ったポケモンが欲しいところです。

ミュウツーのゲージ技が判明した場合、タイプ相性を活かして上手く攻撃力を下げることを意識してみましょう。

そのため、多様なゲージ技を持つミュウツーは、ゲージ技毎に対策ポケモンが変わると言っても良いです。

スポンサーリンク
レクタングル大

対策ポケモン個別解説

ミュウツー対策ポケモンを1匹ずつ解説していきます。

また、ミュウツーの技に対する抵抗力を示すため、各ゲージ技の被ダメージについてまとめてみました。
(個体値100%、レベル39調べ)

バンギラス

バンギラス

バンギラス

おすすめ技構成 攻撃評価
かみつく/かみくだく 81.08%
ミュウツーの技 被ダメージ
サイコキネシス
43
きあいだま
192
はかいこうせん
75
シャドーボール
50

バンギラスはミュウツー対策ポケモンの最右翼と言っても良いポケモンです。

ミュウツーの弱点である悪タイプ技を持ち、さらにバンギラス自身の攻撃力が優秀なため、効率よくダメージを与えることが可能です。

さらにミュウツーの放つ「きあいだま」以外のすべての技を「効果は今ひとつだ…」に出来るため、耐性面でも文句なしです。

唯一、「きあいだま」を食らったら即死となってしまうため、ミュウツーの技が判明したら選出を控えたほうが良いかもしれません。

ヘルガー

ヘルガー

ヘルガー

おすすめ技構成 攻撃評価
バークアウト/イカサマ 79.44%
ミュウツーの技 被ダメージ
サイコキネシス
56
きあいだま
179
はかいこうせん
137
シャドーボール
66

ヘルガーもバンギラスと同じく、悪タイプを持つためエスパータイプのミュウツーとは有利な相性になります。

しかし耐久面はバンギラスと比較するとやや難ありなポケモンです。

岩タイプを持っていないため、「はかいこうせん」も即死ラインに入ってしまうのも悲しいところ。

バンギラス同様「きあいだま」は受けられないので、あくまでバンギラスが尽きた時の候補として考えたほうが良いでしょう。

カビゴン

カビゴン

カビゴン

おすすめ技構成 攻撃評価
したでなめる/はかいこうせん 58.15%
ミュウツーの技 被ダメージ
サイコキネシス
93
きあいだま
152
はかいこうせん
117
シャドーボール
40

カビゴンはゴースト技の「したでなめる」でミュウツーの弱点を突けるため、比較的相性の良い組み合わせです。

攻撃効率が他のポケモンより劣りますが、初期からいるポケモンということで、レベルの高いカビゴンを持っている方も多いのではないでしょうか。

中でもどんなゲージ技を受けても致命傷にならないタフさは、他のポケモンにはないメリットがあります。

「きあいだま」以外の技だった場合、2回以上受けることも可能かもしれません。

カイリュー

カイリュー

カイリュー

おすすめ技構成 攻撃評価
ドラゴンテール/げきりん 69.76%
ミュウツーの技 被ダメージ
サイコキネシス
89
きあいだま
74
はかいこうせん
111
シャドーボール
74

カイリューはタイプ相性に捕らわれず、ミュウツーがどの技だったとしても安定した攻撃と場持ちを発揮してくれるポケモンです。

「きあいだま」だった場合は、カイリューの持つ飛行タイプで「効果はいまひとつだ…」となるため、より有利な対面となります。

「きあいだま」ミュウツーだった場合は、バンギラスの代わりに選出してみるのが良さそうです。

ギャラドス

ギャラドス

ギャラドス

おすすめ技構成 攻撃評価
かみつく/ハイドロポンプ 67.54%
ミュウツーの技 被ダメージ
サイコキネシス
90
きあいだま
75
はかいこうせん
113
シャドーボール
75

ギャラドスもカイリューと同様、高い能力から安定した活躍が望めるポケモンです。

「かみつく」は悪タイプの技なので、ミュウツーに弱点を突ける点もグッド。

カイリュー同様、「きあいだま」に耐性があるので、バンギラスの代わりに選出してみるのが良いでしょう。

ルギア

ルギア

ルギア

おすすめ技構成 攻撃評価
ドラゴンテール/ゴッドバード 47.97%
ミュウツーの技 被ダメージ
サイコキネシス
41
きあいだま
34
はかいこうせん
71
シャドーボール
66

ルギアは攻撃評価が低く、時間効率はイマイチですが、耐久力は他のポケモンを圧倒しています。

どのゲージ技でも致命傷には至らず、「サイコキネシス」「きあいだま」の場合は20~25%程度のダメージに抑えることが出来るポケモンです。

「生存時間中に与えられるダメージ量」という意味では評価が高くなるポケモンなので、「ドラゴンテール/ゴッドバード」なら選出も十分選択肢です。

ハッサム

ハッサム

ハッサム

おすすめ技構成 攻撃評価
れんぞくぎり/シザークロス 78.09%
ミュウツーの技 被ダメージ
サイコキネシス
66
きあいだま
108
はかいこうせん
83
シャドーボール
78

ハッサムはミュウツーの弱点である虫タイプの技を放つことができます。

そして鋼タイプを持っているため、ミュウツーの「サイコキネシス」「はかいこうせん」に耐性を持っていることも◎。

・・・と言いたいところですが、肝心なハッサムのHPが低く、どのゲージ技を受けても半分以上のダメージとなり、ミュウツー相手ではかなり脆いポケモンと言えるでしょう。

最高レベル、最高個体値で計算して上記の結果なので、レベルがこれより低いとさらに苦戦を強いられます。

このようにハッサムは耐久面で不安を抱えているため、世間で言われているほど、ハッサムはミュウツー対策に適していると言えないのが実情です。

「きあいだま」は回避なしではとても受け切れられないので、ヘルガー同様、バンギラスが尽きた時の候補と考えるのが良いと思われます。


いかがでしたか?

ミュウツーは高い能力を持つ故、対策には骨が折れますね。

その分、味方でも頼もしい力を発揮してくれると思うので、是非ミュウツーを倒しゲットしてみてください!

ミュウツーのオススメ技は、こちらの記事でまとめてあります。

【ポケモンGO】ミュウツーのおすすめ技構成!伝説級の活躍が期待できる最適わざまとめ
ついに伝説ポケモン・ミュウツーが登場! ミュウツーのおすすめ技構成をご紹介します。

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    特定の人しか入手は不可能な、不公平で矛盾。伝説ポケモンもゲット3%の難儀、ミユツーなんか夢の又夢。横浜の方、労せずレア物獲得。最終日☔のなか必死で歩き続け伝説ポケモンゼロ、情けないトレーナーレベル39、500万xpに向け150万強後350万、砂不足でモジュール2個卵にお香、しかし、defばかり、この地区で私だけかな、課金し、モジュールを投じているのは、だが皆レベル高い、七不思議、何処でポケモン獲得、マンション前のジムポケモン涌き出ている労せず毎日ポケモン獲得、赤はジム入れず、更地しても直ぐ様、色変えられる。情けないトレーナーと打ち砕かれて、さて、先はどうするの疑問符!
    Exバトルには選ばれないか?⤵

  2. Keep3939 より:

    バトルに当確するように願うばかり、労せず方を打ち勝つために、今は、夏休み子供たちの夢を崩さずジムバトルを自粛。

  3. ポケモン探求 より:

    カウンターリストでは気合玉対策二位がルギアだったのにこの記事では5位という事ですか?

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      あれはあくまで総合力の話で制限時間のあるレイドバトルにおいて一番重要な火力では劣っているから、
      勿論あまりに耐久力が無さすぎるのも使えない原因になるけど基本的な価値は火力>>耐久力。

  4. 名無しのポケモントレーナー より:

    ナッシーもエスパー格闘に耐性があるから気合い玉対策に使えそう

  5. 名無しのポケモントレーナー より:

    対策は、参加人数のみ!平日、時間、場所で大きく変わる。地方はまた不敏だ、、、

  6. 774 より:

    本日ミュウツーをゲットできました。参加者が多かったのでネタ確認のためメタモンを使ってみました。他のレイドバトル同様、コラッタに変身しました。

  7. もか より:

    昨日ようやくレイドに参加できましたが、なかなか招待されないとなると、バトルの感覚がなかなか掴めない気がしました。
    ゲージ技1発でパンギラス立て続けに3体即死だったので、何もできない感じでしたが、唯一ハッサムが軽やかに逃げ回ってくれ何とか戦えました。しかし、何と言っても一番手馴れたカイリューが活躍しました。

    ダメージ量リセットされるため、バトルから1度抜けたくないと考えると、ミュウツー技を考えて、3体ずつ2パターン構成などで選出して、出たとこ勝負なのかなと思いました。

    それにしても何度かバトルしないと感覚つかめないですよね…。

  8. 名無しのポケモントレーナー より:

    「きあいだま」ミュウツー対策としてギャラドスが上がっていますが、おすすめ技は「たきのぼり」獲得によって何か変わりましたか。
    弱点をつける「かみつく」なのか、タイプ一致の「たきのぼり」なのか。

    EXレイドに招待される気がしませんが、参考までに教えてください。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      ポケマピの「ダメージ計算機」(https://pokemongo-get.com/damagecal/)で調べてみると、

      PL40(個体値100%)同士の攻撃ギャラドスvs防衛ミュウツーの時、

      まず、ギャラドスは「きあいだまミュウツー」のきあいだまを「いまひとつ(0.714倍)」にできる点で有利です。

      その上で、

      かみつくは「0.5秒ごとに6ダメージ。ゲージ増量は+4」
      たきのぼりは「1.2秒ごとに13ダメージ。ゲージ増量は+8」

      という性能差となります。

      ※タイプ一致ボーナス、タイプ相性ボーナス加算済みです。

      1秒単位にならすと、

      かみつくは「1秒ごとに12ダメージを与え、ゲージを+8増量させる」
      たきのぼりは「1秒ごとに10.8ダメージを与え、ゲージを+6.7増量させる」

      ※今回は比較のため、「小数点第2位四捨五入」で計算しました。

      という性能差になるため、「かみつく」のほうが高性能だと思われます。

      参考になりましたら幸いです。

      EXレイドに当選されますように。

トップへ