【ポケモンGO】ファイヤーのおすすめ技構成!伝説の炎タイプポケモンの最適わざまとめ

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー
【2018年4月13日】

ファイヤー実装に伴い、改めて記事をご紹介します!

フィールドリサーチによる大発見で、2017年夏ぶりにゲットできるようになったファイヤー。

【ポケモンGO】フィールドリサーチのスタンプ7個目の大発見リワード(報酬)まとめ
フィールドリサーチでもらえるスタンプを7個集めると、大発見が発生!獲得できるアイテムや出現ポケモンについてご紹介します!

今回はそんなファイヤーのおすすめ技についてまとめてみました。

ファイヤーのオススメ技構成について

まずはファイヤーの能力について確認してみましょう。

ファイヤーの種族値

最大CP 3272 20位
HP
180
52位
攻撃
251
15位
防御
184
92位

第三世代までの全ポケモンの中で、炎タイプとして最強の攻撃力を持ち、文字通り火力抜群のポケモンです。

炎タイプ攻撃力トップ5

ポケモン ステータス

攻撃

251

防御

184

HP

180

CP

3272


攻撃

246

防御

204

HP

130

CP

2904


攻撃

240

防御

141

HP

160

CP

2631


攻撃

239

防御

274

HP

193

CP

3889


攻撃

235

防御

176

HP

230

CP

3377


参考 カスタム検索ツール

後述の炎タイプ技もあわせて、ファイヤーは極めて攻撃性能が良く、炎タイプが苦手なポケモンに対して大きな力を発揮できます。

ファイヤーの覚える技構成

わざ1(通常技)

わざ 威力 時間 発生 EPS DPS
16.8 1.1 0.85 9.1 15.28

わざ2(ゲージ技)

わざ 威力 時間 発生 DPS
114 3 1.7 38
168 4.2 3.1 40
192 4 2.6 48
赤字はタイプ一致ボーナス(×1.2)が適用された威力、DPSです。

フリーザーと同じく、覚える通常技は一種類で「ほのおのうず」のみ。

「ほのおのうず」は炎技最強の通常技なので、これを確定で覚えられるのはありがたい仕様と言えますね。

ファイヤーのゲージ技は3種類なので、実質覚える技構成は3パターンになります。

このゲージ技の中で最も強い技はズバリ「オーバーヒート」。

まず、「だいもんじ」は「オーバーヒート」に対して、威力、発動時間などすべてにおいて劣っている完全下位互換技です。

「ねっぷう」は「オーバーヒート」よりも発動が早い技ですが、一本ゲージ技ということを考えると威力が低すぎます。

そのためファイヤーの最適技は、

「ほのおのうず/オーバーヒート」

です。

この2つの技はダメージ効率に優れているため、攻撃力の高いファイヤーと相性抜群です。

是非ファイヤーの火力を体感してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

ファイヤーのオススメ運用方法

高い攻撃性能を持つファイヤーは、ジムバトル、レイドバトルにおいても力を発揮します。

そんなファイヤーのオススメ運用方法についてまとめてみました。

対鋼(ハッサム、メタグロス)対策

ジムに偶に置かれているハッサム、メタグロス、ハガネールなどは、多くの技を「効果は今ひとつだ…」にするため、防衛として置かれると厄介な存在です。

ハガネール

ハガネール

ハッサム

ハッサム

メタグロス

メタグロス

特にメタグロスは高い能力を持つ上にエスパータイプの技を覚えるため、ジムバトルでよく選出するカイリキーの苦手なポケモンです。

カイリキーやカイリューでこのような鋼タイプポケモンを相手にすると不利なため、ファイヤーに交代してみましょう。

ファイヤーは対メタグロスの殲滅スピードが最も速く、さらにメタグロスの放つ技のほとんどに耐性を持っています。

最近はジムバトル用のパーティに、ファイヤーなどの炎枠を1匹ピン挿ししておくのがトレンドなので、その枠に是非ファイヤーを採用してみましょう。

【ポケモンGO】みんなのジムバトル用のスタメンバトルパーティは?
ジムバトル用のバトルパーティについて考えてみました!皆さんの構築例も参考にしてみましょう!

レイドボス対策

レイドバトルは時間内にレイドボスを倒す必要があり、さらに与えたダメージ量が報酬やプレミアボールの数に直結するため、高速でダメージを与えられるファイヤーは重宝します。

【ポケモンGO】レイド報酬の基準はプレミアボールの獲得数!レイドレベルと運も重要
レイド報酬の基準がプレミアボールの獲得数にあることがわかりました! レイドレベルと運も重要です。

炎弱点の伝説ポケモンもいくつか存在するため、それらの登場の発表があったらファイヤーを準備しておきましょう。

初代ではフリーザー、第三世代からはレジスチル、レジアイスが炎弱点の伝説ポケモンとなります。

フリーザー

フリーザー

レジアイス

レジアイス

レジスチル

レジスチル

オススメ対策ポケモンを検索するツール「カウンターリスト」でも、これらの3匹に対してファイヤーが如何に優秀か確認できるので、是非ご確認ください。

【ポケモンGO】カウンターリスト
対策したいポケモンを入力することで、全ポケモンの中からダメージ値を統計的に算出し、有利に戦えるポケモンを「ダメージ効率」「総ダメージ量」2つの観点から抽出するツールです。

いかがでしたか?

伝説のポケモンファイヤーは、炎タイプとしてトップクラスの能力を持つので、是非1匹は育ててみてください!

ファイヤーの使用感などのコメントもお待ちしております。

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    まあブースターのほうがフリーザー戦に向いてるように思いますが

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    対氷の場合は火力ほぼ同じ、耐久はブースターの1.4倍はないため、相性の関係でほぼ劣化ブースターになってしまいますね。
    しかし、草に対しては無類の強さだと思います。マンムーなどがサブウエポンとして地面技を持って来ても有効ですね。

  3. 名無し より:

    しかし、フリーザーはファイヤーと入れ替わりで現れなくなってしまいました。
    フリーザー戦にファイヤーを使えるのはいつになるかな?

  4. 名無しのポケモントレーナー より:

    ファイヤーはジム戦だとカイリューバンギでやると割と時間かかる鋼タイプ対策に使うもの
    ハッサムなんかは2重弱点だから速攻溶かせるし
    まあブースターでいいと言われればそれまでだけどもうふしぎなアメ余ってるよね

  5. 名無しのポケモントレーナー より:

    ファイヤーはハピナス対策に使えると考えています。
    高レベル、とくにマジカルシャイン持ちとでも優位に戦うことができます。

    こちらのポケモンをレベル30、相手のハピナスをレベル39(しねん、シャイン)、
    ゲージ技のみ回避でシミュレーションしました。
    勝てる・・・ファイヤー、バンギラス、ドンファン、サイドン
    負ける・・・カイリュー、フーディン、カイリキー、リングマ、フリーザー(時間切れ)

    特にファイヤーのみゲージ技の避けミスが1発まで許されます。
    つまり、厳しい条件でのタイマン戦で最も有力なポケモンだと言えると思います。

  6. 名無しのポケモントレーナー より:

    2018年4月時点で
    エンテイより優れているところはどこになるのか?
    ブースターよりもその耐久が活かせる条件とは?

    この辺りが知りたいですね。

  7. 名無しのポケモントレーナー より:

    低個体値xねっぷうでお困りのあなた!
    今なら研究所送りでアメ2つもらえる!!

トップへ