【ポケモンGO】パイルのみときんのズリのみ、ボスポケモンを捕まえるときどっちを使う?

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ポケモンGOボスポケモンパイルのみきんのズリのみ

レイドバトルに勝った後にあるポケモンゲットチャンス

もちろん捕まえたいですよね。

そのときに悩むのが、アメが倍もらえる「パイルのみ」を使うか捕獲率が上がる「きんのズリのみ」を使うか。

今回は、海外情報を元に、「パイルのみ」と「きんのズリのみ」どちらを使うのかの判断方法についてご紹介します!

パイルのみときんのズリのみ、ボスポケモンを捕まえるときにどっちを使うべき?

まずは、「パイルのみ」と「きんのズリのみ」の捕獲時の効果を確認しておきましょう。

きのみ 効果
パイルのみ
パイルのみ
捕まえたときにアメが倍もらえる
きんのズリのみ
きんのズリのみ
ズリのみよりも捕まえやすくなる

「パイルのみ」を使うと捕獲したときにもらえるアメの数が2倍になりますが、「きんのズリのみ」を使わないと捕獲率は上がりませんよね。

きのみは併用ができないので、どちらを使うか迷ったときはポケモンの捕獲率残りのプレミアボールの数を見て判断すると良さそうです!

その理由をお伝えしていきます。

以下↓は、海外サイトの検証内容の日本語訳です。

捕獲率に応じてアメの獲得期待値は変わる

【前提条件】

  1. 捕獲時のボスポケモンはポケモンレベル20。
  2. 「パイルのみ」を使用する場合、アメは2倍になり、捕獲確率は以下の式に当てはまります。
  3. 逃走率とボールの補正は、ボスポケモンとの遭遇の仕組みに無関係です。

「パイルのみ」を使用する場合は獲得するアメの量を2倍にして、捕獲ごとのアメの獲得期待値を求めます。

これを「きんのズリのみ」の数式とともに書き込むと、以下のようなグラフになります。

青い線が「パイルのみ」赤い線が「きんのズリのみ」を表しています。

ご覧のように、捕獲率が低いとは「きんのズリのみ」を使った方が「パイルのみ」を使ったときよりもアメの獲得期待値が上がります

2本の線は約28.026%の捕獲率で交差していますね。

約28.026%以上捕獲率が上がってくると、「きんのズリのみ」を使うよりも「パイルのみ」を使った方がアメ獲得がより期待できます。

これは、ボスポケモンだけでなく、どんなポケモンにも当てはまります。

  • 捕獲率が低めな場合…きんのズリのみを使う
  • 捕獲率が高めな場合…パイルのみをつかう

メダル、カーブボール、スローボーナスなどで捕獲率は補正されるため、スロー能力が優れているほど、「パイルのみ」の方が効果的である可能性が高くなります。

しかし、ボスポケモンには異なる捕獲率があるので、多くの人が「きんのズリのみ」の方が効果的であると思っているでしょう。

ゴールドメダルやカーブボールの組み合わせでは2.21という乗数を出し、スローボーナス(ナイス、グレート、エクセレント)もあわせるとトータルで4.42の乗数を出します。

また、捕獲率に加えて、トレーナーが持っている残りのプレミアボールの数が多ければ多いほど「きんのズリのみ」より「パイルのみ」を使うのがおすすめです。

アメの獲得期待値が「パイルのみ>きんのズリのみ」になるときのボール残数

以下↓は、それぞれの「きのみ」を使用したときの表です。

表の数字は、「パイルのみ」を使った方が「きんのズリのみ」を使うよりもアメの獲得に効果的なときに、残っているボールの数を示しています。

例えば、スローボーナスを期待していない場合、少なくとも3個のプレミアボールが残っているときは「パイルのみ」、3個未満になったら「きんのズリのみ」を使うと良いといことになります。

ただし、捕獲時にジャンプや威嚇が多いポケモンの場合は、ボールの残りが多くても「きんのズリのみ」を使うことをおすすめします。

【表についての補足】
例えば、
ボスのコイキングを捕まえようとする場合、表に書かれているプレミアボールの残り個数がすべて1なので「きんのズリのみ」は使う必要がなく、アメが倍もらえる「パイルのみ」を使って捕まえるのがおすすめです。

一方、ボスのカビゴンを捕まえようとする場合、ノーマルタイプのゴールドメダルを持っていてカーブボールを当てる場合は、プレミアボールの残りの数が3個以上あれば「パイルのみ」でOK、という基準です。
捕獲ボーナスが付いて捕獲率が上がる(表の右側になる)ほど、「きんのズリのみ」に切り替えるタイミングが遅くなります。

ボス 捕獲ボーナスなし ゴールドメダル

カーブボール
ゴールドメダル

カーブボール

エクセレント
コイキング

コイキング

1 1 1
ベイリーフ

ベイリーフ

2 2 1
マグマラシ

マグマラシ

2 2 1
アリゲイツ

アリゲイツ

2 2 1
ベトベトン

ベトベトン

2 1 1
ナッシー

ナッシー

2 1 1
マタドガス

マタドガス

2 1 1
エレブー

エレブー

2 1 1
ブーバー

ブーバー

2 1 1
ウインディ

ウインディ

3 2 1
フーディン

フーディン

3 2 1
カイリキー

カイリキー

3 2 1
ゲンガー

ゲンガー

3 2 1
シャワーズ

シャワーズ

2 2 1
サンダース

サンダース

2 2 1
ブースター

ブースター

2 2 1
フシギバナ

フシギバナ

5 3 2
リザードン

リザードン

5 3 2
カメックス

カメックス

5 3 2
サイドン

サイドン

5 3 2
ラプラス

ラプラス

5 3 2
カビゴン

カビゴン

5 3 2
バンギラス

バンギラス

5 3 2

ボーナス捕獲倍率

こちらは、ポケモンを捕まえるときのボーナス効果による捕獲倍率の一覧表です。

ボーナス内容 捕獲倍率
ズリのみ ×1.5
きんのズリのみ ×2.5
カーブボール ×1.7
ナイススロー ×1.1
グレートスロー ×1.3
エクセレントスロー ×1.5
ブロンズメダル ×1.1
シルバーメダル ×1.2
ゴールドメダル ×1.3

スローボーナスは、ターゲットリングの大きさにより変動します。

スローボーナスを得るためには、投げたボールがターゲットリングの円の内側に当たっていなければなりません。

円の外側ではボーナスはもらえませんのでご注意ください。

ポケモンの捕獲倍率についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

【ポケモンGO】ポケモンの捕まえやすさはターゲットリングの色、ボールの種類と投げ方で変わる!ポケモンの基礎捕獲率その計算方法まとめ
ポケモンの捕まえやすさは、ポケモンの種類以外にも、ターゲットリングの色や、モンスターボールの種類と投げ方、どうぐによって変化します。こちらでは、ポケモンの基礎捕獲率や捕獲率の計算方法を紹介します!

その他の統計

こちらの表では、ボスポケモンを捕獲するときの最低CP、最高CPと、ポケモンレベルが20の場合の捕獲率をまとめています。

ボスポケモン 難易度 最低CP 最高CP 捕獲率
コイキング

コイキング

☆1 104 125 0.59
ベイリーフ

ベイリーフ

☆1 689 740 0.10
マグマラシ

マグマラシ

☆1 793 847 0.10
アリゲイツ

アリゲイツ

☆1 857 913 0.10
ベトベトン

ベトベトン

☆2 1474 1548 0.17
ナッシー

ナッシー

☆2 1589 1666 0.17
マタドガス

マタドガス

☆2 1180 1240 0.17
エレブー

エレブー

☆2 1188 1255 0.17
ブーバー

ブーバー

☆2 1220 1288 0.17
ウインディ

ウインディ

☆3 1546 1622 0.08
フーディン

フーディン

☆3 1569 1649 0.08
カイリキー

カイリキー

☆3 1574 1650 0.08
ゲンガー

ゲンガー

☆3 1420 1496 0.08
シャワーズ

シャワーズ

☆3 1724 1804 0.10
サンダース

サンダース

☆3 1484 1560 0.10
ブースター

ブースター

☆3 1581 1659 0.10
フシギバナ

フシギバナ

☆4 1395 1467 0.04
リザードン

リザードン

☆4 1461 1535 0.04
カメックス

カメックス

☆4 1241 1309 0.04
サイドン

サイドン

☆4 1804 1886 0.04
ラプラス

ラプラス

☆4 1414 1487 0.04
カビゴン

カビゴン

☆4 1833 1917 0.04
バンギラス

バンギラス

☆4 2011 2097 0.04

出典 Pinap VS Golden? The Best Ways of Getting Candy from Raid Bosses : GamePress


「パイルのみ」と「きんのズリのみ」のどちらを使うのかの判断基準として、内容をまとめるとこのような感じです。

捕獲率

  • 低めな場合…きんのズリのみを使う
  • 高めな場合…パイルのみをつかう

残りのプレミアボールの数

  • 3個以上の場合…パイルのみを使う
  • 3個未満の場合…きんのズリのみを使う

バンギラスはとくに、「アメも増やしたいし捕獲も確実にしたい…」という想いの方が多いと思います。

最初は「パイルのみ」を優先して使って捕獲を試みつつ、ボールの残りが少なくなってきたら「きんのズリのみ」を使うという切り替え方が良いかもしれません。


しかし、荒ぶる動きをするボスポケモンの捕獲のときは、

「捕獲以前の問題で、そもそもボールが当たらない…!」

とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そんなときは「ナナのみ」

さきほどまでの荒ぶりが嘘のように鎮まります。

また、ボスの威嚇の動きを狙いすましてボールを投げると、当たりやすくなります。

こちらの記事に「レイドバトルでボスポケモンを捕まえるコツ!威嚇が終わる直前にボールを投げよう」がまとまっていますので、ぜひご覧ください。

【ポケモンGO】レイドバトルでボスポケモンを捕まえるコツ!威嚇が終わる直前にボールを投げよう
捕獲率が低く、たくさん動き回るので捕まえにくいレイドのボスポケモン。ボールを確実に命中させて、捕獲率を上げながら捕まえるコツと攻略方法を紹介します!

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    管理人さん
    いつも勉強になる記事を提供いただきありがとうございます。非常に参考になっています。
    今回の記事についてデータの計算式について記載ありますが、これは解析データでしょうか、それともいくつかのサンプルからのデータでしょうか。
    元記事を拝見させていただいたところ、
    These assumptions are based on data from the game_master settings and empirical testing by GamePress researcher dondon151
    と、記載あります。ここでいうゲームマスターとはナイアンのことになるのでしょうか?
    これからも更新お待ちしてます。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます!

      原文によりますと、こちらは「Game_Master」というポケモンGOの解析データの情報と、GamePressの調査員による実験に基づいたものです。
      「Game_Master」とはナイアンティックのことではなく、ポケモンGOのアプリ内部にある設定情報のことを指していると思われます。

      参考にしていただけて大変うれしく思います。
      今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

  2. ギャラドス より:

    どうしても欲しい場合は「金ずり」で、既に持っていて どうでもよい場合は「パイル」使ってます. 今日もパイルでゲットしてきた。

トップへ