【ポケモンGO】ニューラってどんなポケモン?ニューラの情報とおすすめ技まとめ!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

今回は、金銀アップデートで追加された新ポケモン、ニューラのご紹介です!

ニューラの基本情報

まずはニューラがどんなポケモンなのか知るために、ニューラの情報を確認してみましょう。

これまでのポケモンシリーズのニューラの図鑑の情報によると…?

するどいツメを指の中に隠している。
いきなり伸ばして襲ってきた相手をひるませる。
獰猛(どうもう)な性格。
親のポッポを追い払い巣に残されたタマゴをたべる。

悪タイプらしく、ずる賢い知性を持ったポケモンのようです。

こういった小悪魔的なキャラクターが好きな方はたまらないポケモンかもしれません。

ニューラの進化先は第四世代ポケモンのマニューラ

ニューラは現時点では新化させることはできませんが、今後ポケモンGOに第四世代ポケモンが実装された場合、マニューラに進化させることができます。

ニューラの進化先
第四世代ポケモン
ニューラ

ニューラ

マニューラ

マニューラ

ポケモンGOには未実装ですが、原作では進化アイテム「するどいツメ」を使うとニューラからマニューラに進化します。

ポケモンGOでは、進化アイテムと一緒にニューラのアメも必要となりそうなので、今のうちにアメをたくさん確保しておくとよさそうですね。

他にも、今後進化できそうなポケモンがいます。

こちらの記事をご確認ください。

【ポケモンGO】今後進化できるポケモン一覧!今のうちに高個体値ポケモンとアメを確保しよう
今後進化できる第三世代以降のポケモンを集めました!進化できるポケモンは、アメと高個体値の確保をしておきましょう!今後進化ポケモンが実装されたら、直ぐゲットできるようになりますよ!

ニューラはオスとメスで見た目が違う

ニューラはオスとメスで見た目が異なり、耳の長さが違います。

オス メス
ニューラオス ニューラメス

性別によって見た目が異なるポケモンは他にもたくさんいます。

こちらの記事ですべて画像でまとめてありますので、是非ご確認ください!

【ポケモンGO】性別(♂♀)どっち? オスメス(雄雌)で見た目の変化するポケモン一覧をまとめたよ!
実装されている♂(オス)♀(メス)性別により、見た目の変化するポケモンを一覧でまとめました!また、オスしかいないポケモン、メスしかいないポケモン、性別不明のポケモンもご紹介します。

ニューラゲットで、あく・こおりタイプのメダルのランクアップも狙える

以前、「ヤミカラスを捕獲してバンギラス捕獲率アップ!あくメダル(こわいおねえさん)やアメを集めておこう!」の記事でもご紹介したヤミカラスのように、ニューラを捕まえていくとあくタイプのメダル「こわいおねえさん」やこおりタイプのメダル「スキーヤー」のランクアップが狙えます。

あくタイプ
「こわいおねえさん」
こおりタイプ
「スキーヤー」
あくタイプメダルこわいおねえさん こおりタイプメダルスキーヤー

メダルがランクアップするにつれて、他の同タイプの野生ポケモンの捕まえやすさもアップします。

あくタイプのポケモン
ブラッキー

ブラッキー

ヤミカラス

ヤミカラス

ニューラ

ニューラ

デルビル

デルビル

ヘルガー

ヘルガー

バンギラス

バンギラス

※ブラッキーはイーブイからの進化のみでゲットできます。

こおりタイプのポケモン
ジュゴン

ジュゴン

パルシェン

パルシェン

ルージュラ

ルージュラ

ラプラス

ラプラス

フリーザー

フリーザー

ニューラ

ニューラ

ウリムー

ウリムー

イノムー

イノムー

デリバード

デリバード

ムチュール

ムチュール

※フリーザーとデリバードは未実装です。
※ムチュールはタマゴからの孵化のみでゲットできます。

ヤミカラスほど出現率は高くないですが、ニューラには巣があるので一気に捕獲数を伸ばすことができます。

「こわいおねえさん」「スキーヤー」はどちらも伸ばしにくいメダルなので、ニューラの存在はありがたいですね。

ニューラの巣は、ニューラの図鑑の「ニューラの巣・出現情報」をご確認ください。

ニューラの覚える技

進化前ポケモンのニューラですが、ジムでは使えるのでしょうか?

ニューラの覚える技を見てみましょう。

ニューラの通常技

名前 タイプ 威力 CD DPS EPS
だましうち あく 10 0.9 11.12 10
こおりのつぶて こおり 12 1.2 10 10

ニューラのゲージ技

名前 タイプ 威力 CD DPS
れいとうパンチ こおり 50 1.9 26.32
イカサマ あく 70 2 35
ゆきなだれ こおり 90 2.7 33.34

ニューラで期待したい活躍は、やはり氷タイプを活かしたドラゴンキラー、つまりは対カイリュー戦です。

氷タイプポケモンとしてのニューラの強みは、「ゆきなだれ」を覚えることですね。

「ゆきなだれ」は「威力」「発生速度」「ゲージ本数」・・・すべてにおいて強い要素しかありません。

中でもゲージ本数2本がとても強力で、わずかゲージ2分の1(ゲージ量50)のエネルギーを消費するだけで、「ゆきなだれ」を発射できます。

この技によって、対カイリュー戦で火力不足に困ることはないと思われます。

しかし、ニューラ自身は耐久力が非常に低く、カイリューとはダブルスコアに近いCP差で戦うことになります。

相手のカイリューの通常技が「ドラゴンテール」や「はがねのつばさ」といった高火力技だった場合、1つでも被弾したら押し負ける可能性があるため、綱渡りのような対戦を求められます。

ただ勝ちたいだけなら他の安定するポケモンで挑んだほうが楽です。

トレーニングで対カイリュー

ニューラとカイリューはCPに大きな差があるため、その差を活かせるトレーニングでの起用をオススメします。

防衛カイリューのCPの半分以下で勝つことで、名声を1000稼ぐことが可能になります。

しかし、前述の通り、ニューラでカイリューに勝つには一つもミスが許されない、繊細な戦いが必要です。

なので、控えに同じようなCPのニューラを1,2匹控えさせておいて、ニューラ数匹がかりで挑むとカイリュー戦が安定します。

CP1000~CP1500のニューラ軍団 CP3000前後カイリュー
ニューラ

ニューラ

ニューラ

ニューラ

ニューラ

ニューラ

カイリュー

カイリュー

コツは、HPが4分の1くらいまで減ってきたら余裕があるうちに次のニューラにバトンタッチすることです。

CP差がかなりある場合、相手のゲージ技を避けてもニューラが溶けて、即退場まで削られてしまいますから、テンポよくバトンリレーで相手を削りきりましょう。

現在、ジムには「ゾンビバグ」があります。

相手のゲージ技を回避成功しているのに、いったん退場したことにされて、そのあと「透明」な状態で復活するという現象です。

「ゾンビバグ」にハマったら、すばやく一度、ポケモンを交代させましょう。
そうすれば、バグは直ります。

残りHPがギリギリの状態でバトンタッチすると、ゾンビバグのときに残りHPがギリギリだから交代させたポケモンが強制復帰になって、その後、総崩れになりますから、「ゾンビバグがきついなー」という場合は、1匹1匹をしっかりHPゼロまで戦わせて、退場させてから次のポケモンに交代するのもアリです。

ただ、しっかりHPゼロまで戦わせると、「げんきのかけら」や「げんきのかたまり」を消費することになりますから、お住まいの地域のポケストップ数によって、戦い方を工夫なさってください。


いかがだったでしょうか。

メダルのランクアップや、トレーニングにおけるカイリュー戦など、たくさん捕獲しておきたいポケモンです!

次の進化も控えているポケモンなので、高個体値のニューラは押さえておきたいですね!

トップへ