【ポケモンGO】メタルコートで進化させるなら、ハッサムとハガネールどっちが正解?

スポンサーリンク
ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

メタルコート決定戦

金銀実装と同時に、特定のポケモンを進化させるためのアイテムが追加されました。

【ポケモンGO】進化アイテムで進化できるポケモンを一覧表にまとめたよ!
進化アイテムと進化するポケモンをまとめました!どの進化アイテムとアメがいくつ必要なのかがすぐに分かります。進化アイテムをゲットした時はこちらの一覧表をチェックしてみてくださいね!

その中のひとつ「メタルコート」は、ストライクをハッサムに、イワークをハガネールに進化させるために必要な道具となっています。

【ポケモンGO】メタルコートの入手方法と使い道。進化先ポケモンと効果は?
【1月30日更新】金銀アップデートで追加された「進化に必要なアイテム」。今回はその最新アイテムの1つである「メタルコート」の入手方法や使い道などをご紹介します!

しかし、運良くメタルコートを手に入れても、「ストライクとイワーク、どっちを進化させるのが正解なんだろう……」と悩んでしまう方も多いはず!

こちらでは海外情報を元に、メタルコートで進化するハッサムとハガネールのスペックを比較し、オススメのポケモンを紹介していきます。

メタルコートで進化するハッサムとハガネールを比較しよう

メタルコートが使えるのは、ストライクとイワークの2匹です。

メタルコートを使うと、ストライクはハッサムへ、イワークはハガネールへと進化できます。

では、どちらのポケモンにメタルコートを使うのが正解なのでしょうか?

まずはハッサムとハガネールの比較から始めてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

ハッサムのスペック

ハッサムは「むし」と「はがね」の2つの属性を持つ金銀ポケモンです。

最大CPはそこそこ高く、ステータスもストライクに比べてはるかに上昇しています。

進化に必要なストライクなアメが50個必要で、さらにメタルコートをゲットする必要があるなど進化が難しいポケモンですが、そこはハガネールも同じですね。

ハッサム

ハッサム

最大CP2801
HP
140
攻撃
236
防御
191
平均 / 合計
189 / 567

ハッサムは、こおり、くさ、エスパー、あくタイプに抜群を取ることができます。

ほのおタイプには弱く、大ダメージを受けてしまうハッサムですが、ノーマル、いわ、むし、くさ、エスパー、こおりタイプの攻撃に耐性があり、受けるダメージを軽減することができます。

次にハッサムが覚える技を見ていきましょう。

通常技

名前タイプ威力CDDPSEPS
れんぞくぎりむし30.47.515
バレットパンチはがね80.98.8911.12

ゲージ技

名前タイプ威力CDDPS
シザークロスむし451.628.13
つじぎりあく502.222.73
アイアンヘッドはがね601.931.58

単純にコンボDPSで考えると、最強技は「れんぞくぎり/アイアンヘッド」ですが、ジム戦でハッサムを使うのなら、断然「れんぞくぎり/シザークロス」の技構成が最強になります。

この技構成なら、ジムでよく見かけるカビゴン、ナッシー、ラプラスといいた最強軍団を、ハッサムで倒せちゃうんです!

【ポケモンGO】ハッサムのおすすめ技構成!れんぞくぎり、シザークロスの手数で攻めよう!
金銀アップデートから登場した、ストライクの進化形ハッサムのオススメ技の紹介です!ヒットアンドアウェイでかっこよく戦うことができるポケモンですよ!

ハガネールのスペック

続いてハガネールは、「はがね」と「じめん」の2つの属性を持つ金銀ポケモンです。

特筆すべきは防御力の高さで、なんとツボツボに次いで全ポケモン中2位の強さです。

ハガネール

ハガネール

最大CP2439
HP
150
攻撃
148
防御
333
平均 / 合計
210.3 / 631

HPはイワークとそこまで変わりませんが、攻撃力に関しては「ポッポレベル」とまで言われたイワーク時代に比べると遥かに上昇していますね。

【ポケモンGO】イワークは強い?弱い?イワークのおすすめ技と進化先のハガネールについて
イワークの種族値や弱点、オススメ技、進化先のハガネールの事などをまとめました。イワークは実際のところ強いのか弱いのか、こちらの記事でご確認ください。

ハガネールは、いわ、フェアリー、どく、はがねタイプに抜群と取ることができます。

ただし、みずタイプとほのおタイプには弱く、特にみずタイプの技を受けるとタイプ一致を取られてしまいます。

ハガネールは、ノーマル、どく、いわ、くさ、こおり、エスパー、でんきタイプの攻撃に耐性があり、受けるダメージを軽減することができます。

次に技を見ていきましょう。

通常技

名前タイプ威力CDDPSEPS
アイアンテールはがね151.113.646.37
ドラゴンテールドラゴン151.113.648.19

ゲージ技

名前タイプ威力CDDPS
かみくだくあく703.221.88
ヘビーボンバーはがね702.133.34
じしんじめん1203.633.34

コンボDPSで見た最強の技構成は「アイアンテール/ヘビーボンバー」になります。

はがね技でバンギラスにタイプ一致を取れるので、ゲージ技さえ避ければ、バンギラス対策としても使えるポケモンです。

また、カイリューの全ての技に耐性があり「こうかはいまひとつ」に出来るので、カイリューにばつぐんを取れるドラゴンテール持ちのハガネールならば、カイリュー対策としても使えるでしょう。

ただしカイリューキラーとしてハガネールを使う場合、ゲージ技が「じしん」だといまひとつなので、ヘビーボンバーを強く推奨します。

ちなみにジムにハガネールを配置すると、大きすぎて画面に収まらないという珍現象が起きるので、あえてジムに置いてみるのも楽しいかもしれません。

見えないハガネール

スポンサーリンク
レクタングル大

で、結局ハッサムとハガネールどっちに進化させるのがオススメなの?

攻撃の種族値はハッサムが、防御の種族値はハガネールが圧倒的に優れています。

HPは大差が無いので、スペックを踏まえるとジム攻撃に使うならハッサム、ジム防衛に使うならハガネールがオススメになります。

ただし、ストライクとイワークでは、ストライクの方が出現率が高く捕まえやすいですよね。

なので、まずは個体値がいいストライクをハッサムへ進化させておいて、次のメタルコートが手に入るまでにイワークを集め、ハガネールを作るのがいいかもしれません。


参考 Metal Coat in Pokémon GO: should you use Metal Coat on Steelix or Scizor? | Pokemon GO Hub


メタルコートを手に入れて、ハッサムにするかハガネールにするか悩んでいる方は、次のような基準で選ぶと良いかもしれません。

  • ストライクとイワークのうち、個体値の良い方を進化させる。
  • ストライクとイワークのうち、アメが足りない方は後回しにする。
  • ジムバトル(攻撃側)に使いたいなら、ストライクをハッサムに進化させる。
  • ジムに配置してポケコインを稼ぎたいなら、イワークをハガネールに進化させる。

また、ハッサムとハガネールは、ステータスや覚える技の性質が全く違うのも特徴です。

アタッカーとして使いたいなら、

  • ヒットアンドアウェイで回避しつつ、チクチク攻撃を与えたいならハッサム
  • 相手の攻撃を、耐久力を活かしてある程度は受けつつ、ずっしり構えて戦いたいならハガネール

といった選び方もオススメです。

是非参考にしてみて下さい!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

「GO FRIEND」アプリ版はこちら

レイド、EXレイド、ポケストップのタスクやリワード、野生のレアポケモンや高個体値ポケモンの情報をマップを使ってみんなでシェアできます!

ほしい情報はアプリの通知機能を使って受信。 ほしい情報だけが通知されるようにフィルタリングできます。

人気の「個体値計算ツール」など、便利なツールも格納したオールインワンのアプリです。

ゴーフレのアプリ内で、「ゴーフレ」と「ポケマピ」の切り替えも可能!

切り替え用のタブがゴーフレの各ページに常時表示されているので、いつでもポケマピに切り替えて最新情報や攻略情報をチェックすることができます。

chrome

GO FRIEND

フォローする

コメント

  1. ラッキー&アンラッキー より:

    最高評価のイワークを捕まえたんで、ハガネールに進化させたんだけど…CP181!
    これじゃいくら防御がすごくても瞬殺されるよorz
    でも頑張って強化することにしました。いつか最強にしたコイツをジムに置いてみせるぜ!

  2. 半分諦め より:

    私にはまだまだ先の話。ぜんぜん赤、青、緑の出会ったことのないポケモン、沢山いる。ちっともワクワクしないよ。イベントの時だってでないしね

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    >カイリューにばつぐんを取れるアイアンテール
    ドラゴンテールですよ

    • ポケマピ ポケマピ より:

      教えていただき、ありがとうございます!

      ドラゴンテールに修正させていただきました。

      またお気づきの点がありましたらお教えください。
      よろしくお願いいたします。