【ポケモンGO】サイドンのいわくだきはハズレ技?サイドンの最適技構成を考察してみました

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

2017年4月26日にご紹介した記事を、2017年7月17日現在の情報に基づいて書き直しました。

ポケモンGOでバンギラス、カイリュー、カビゴンに次ぎ、第4位のCPを持つサイドン。

サイドン

CPが高いので、ジムで配置されていることの多いポケモンですが、攻撃ではあまり使っていない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな、サイドンの最強技構成を考察してみました!

サイドンの最強技構成を考察!

サイドンの種族値を確認

最大CP 3300
HP
210
攻撃
222
防御
206
平均 / 合計
212.7 / 638

CPの高さにも納得がいく、すべてが高水準な種族値となっています。

攻撃面から耐久面にかけて、言う事がありません。

サイドンのタイプ相性を確認

サイドンの弱点タイプ

くさ
x1.96
みず
x1.96
かくとう
x1.4
じめん
x1.4
こおり
x1.4
はがね
x1.4

サイドンの耐性タイプ

ほのお
x0.714
ひこう
x0.714
ノーマル
x0.714
いわ
x0.714
でんき
x0.51
どく
x0.51

弱点も耐性もかなり多めです。

「みず」「くさ」に二重の脆弱性を持っているのはかなり痛いので、相手はしっかり選ぶ必要がありそうです。

サイドンの覚える技を確認

サイドンの通常技

名前 タイプ 威力 CD DPS EPS
いわくだき かくとう 15 1.3 11.54 7.7
どろかけ じめん 15 1.4 10.72 8.58

サイドンのゲージ技

名前 タイプ 威力 CD DPS
メガホーン むし 90 2.2 40.91
ストーンエッジ いわ 100 2.3 43.48
じしん じめん 120 3.6 33.34

他のCP3000オーバーポケモンのカイリュー、カビゴン、シャワーズのように、発動の早い通常技を持っていません。

持ち前の耐久力を生かして、ずっしり構えて戦う必要がありそうです。

サイドンの最適技について

サイドンの通常技は、どちらにも使い道を見出せる

サイドンの通常技は「どろかけ」と「いわくだき」の2つ。

この2つの比較した時、地面タイプの技なためタイプ一致ボーナスが付く「どろかけ」が汎用性で上回るように見えます。

しかしアップデートにより、「効果はばつぐんだ!」のダメージ倍率が1.25倍→1.4倍に引き上げされました。

【ポケモンGO】タイプ相性とタイプ一致ボーナスが変更になったよ
解析情報から、タイプ相性とタイプ一致の倍率が変更されていたことが明らかになりました!今まで以上にポケモンのタイプ相性が重要になるアップデートになりそうです。

これにより格闘タイプの「いわくだき」も、格闘タイプの技が抜群のポケモンに対しての有効打になり得ます。

具体的には、ノーマルタイプのカビゴン、サイドン、悪タイプのバンギラスですね。

実際にそれらのポケモンに対して、ダメージ値を比較してみました。
(レベル39、個体値100%で計算)

ポケモン どろかけ いわくだき
カビゴン 11 13
ハピナス 9 11
バンギラス 14 16

「いわくだき」は「どろかけ」よりも2ダメージ上回っていますね。

このように、格闘タイプの技が弱点のポケモンに対しては、「いわくだき」が「どろかけ」を上回るケースがあります。

「どろかけ」は「どろかけ」で、地面タイプの技が弱点のポケモンに対して有効なので、それぞれの技構成を使い分けましょう。

なので、どちらが最適技かというよりも、どちらの技構成のサイドンもゲットすることをオススメします!

「いわくだき」サイドンが戦いたいポケモン

カビゴン

カビゴン

ハピナス

ハピナス

バンギラス

バンギラス

「どろかけ」サイドンが戦いたいポケモン

ウインディ

ウインディ

サンダース

サンダース

ブースター

ブースター

ゲージ技はどれが一番良いか

サイドンの覚えるゲージ技は「ストーンエッジ」「じしん」「メガホーン」の3つ。

むしタイプの技「メガホーン」はタイプ一致が付かない分、優先度が下がります。

「ストーンエッジ」「じしん」よりも「メガホーン」のほうがダメージが大きくなる相手は、本当にごく一部です。(ナッシー等)

なので、「ストーンエッジ」か「じしん」で選びたいところです。

通常技のタイプと、ゲージ技のタイプは、揃えたほうが使いやすい

ポケマピでオススメしたいのは「じしん」です。

「ストーンエッジ」も強力な技ですが、通常技に「どろかけ」を採用した場合に、一貫して弱点を突くことが難しくなります。

例えば、いわタイプの「ストーンエッジ」はひこうタイプの弱点を突けますが、じめんタイプの「どろかけ」は、ひこうタイプにはいまひとつになります。

こういった、ちぐはぐな技構成になってしまいますので、じめんタイプ技に弱いポケモンに対して一貫してダメージを取れるように、なるべく通常技のタイプとゲージ技のタイプは揃えておいたほうが使いやすいです。

「いわくだき」サイドンの場合はどちらにせよタイプは統一できませんが、地面タイプの技と格闘タイプの技は共に岩、鋼タイプのポケモンに弱点を突けるため、有効範囲が似ています。

そのため、「どろかけ」「いわくだき」どちらの場合でも「じしん」をオススメします!

サイドンの最適技まとめ

  • 通常技は相手によって使い分けよう
  • ゲージ技は通常技と一貫して使える「じしん」

おまけ:サイドンの更なる進化形、ドサイドン

既に全ポケモン第4位のCPを持つサイドンですが、さらに進化することが出来るポケモンとしても有名です。

さすがにそれまでにCP調整される気もしますね…。

サイホーン

サイホーン

サイドン

サイドン

ドサイドン

ドサイドン

コメント

  1. はやぶさ志郎 より:

    サイドンの覚えるゲージ技は「ストーンエッジ」「じしん」「メガホーン」の3つとありますが、「じならし」も覚えますよ。

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    サイドンが5体連続「いわくだき」、カイリキーが6体連続「バレットパンチ」。
    巣とパイルで集めた飴じゃ駄目なのか?

  3. より:

    サイドン2体進化させたらどっちも どろかけ/じしん で不安だったから良かった😉

    ギャラドスが かみつく/ドロポン
    ウィンディが かみつく/だいもんじ
    ナッシーが しねんのずつき/ソラビ
    フーディンが サイコカッター/みらいよち
    ゲンガーが シャドークロー/ヘドロ爆弾
    などの場合はどうでしょうか?妥協しても良いのか、大ハズレだから作り直した方がいいのか…記事にして下さいお願いします🙇

  4. 流れガラス より:

    サイドンを10体以上進化させましたが、ゲージ技は「じしん」か「メガホーン」ばかり。
    パルシェンも「凍える風」か「ハイドロポンプ」ばかり。
    以前カイリューを2体進化させたところ、両方いわゆる「胃袋」になりましたが、最近2体進化させたら、両方「ぼうふう」。
    連続して進化させても、日をおいて進化させても同じ結果になりがちです。
    技ガチャって人によって片寄りがあるのか、それとも技の設定確率は均等ではないのか。
    このあたり、とても興味があります。
    人によって片寄りがあるのであれば、技追加等があるまで進化を控えないといけない、ということになります。
    この辺り、検証している人がいるのであれば、ぜひ記事にして下さい。

トップへ