スポンサーリンク

ラウドボーンのおすすめ最適技・評価

ラウドボーン
ラウドボーン
ラウドボーン
色違いラウドボーン
色違いラウドボーン

No.0911

ラウドボーン

英語名:Skeledirge

種族値

最大CP3422243位
攻撃
207
373位
防御
178
366位
HP
232
103位

弱点タイプ

耐性タイプ

×0.625
×0.625
×0.625
×0.625
×0.625
×0.391

進化の流れ

色違いのラウドボーン(未実装)

ラウドボーン
通常のラウドボーン
色違いのラウドボーン

入手方法

タマゴからの入手ホゲータが5kmタマゴから孵化
レイドバトルからの入手現在未登場

サードアタック解放コスト

ほしのすな10000
アメ25

がんばリボンの位置

⇒がんばリボン図鑑

その他のデータ

相棒距離3km

その他のコンテンツ

ラウドボーンの覚える技

ジム・レイドトレーナーバトル

わざ1(通常技)

わざ威力時間発生EPSDPS
60.50.3812
34.82.30.58.715.14

わざ2(ゲージ技)

わざ威力時間発生DPS
703.21.321.88
703.93.217.95
842.21.538.19
12032.440

おすすめ最適わざ(コンボDPS)

わざ1わざ2DPS
24.06
22.55
21.95
20.42
18.6
17.58
16.91
16.05
コンボDPSとは、わざ1とわざ2の組み合わせをひとまとめにした時のダメージ効率の考え方です。
詳しくは「コンボDPS」のページで解説されております。

ラウドボーンの評価

データ・集計評価

ジム攻撃-
ジム防衛-
ランク3レイド対策-
ランク4レイド対策-
伝説レイド対策-
スーパーリーグ人気22位
ハイパーリーグ人気12位
マスターリーグ人気-
計算方法や順位の基準などは、各種リンクをご確認ください。

みんなの評価

名無しのポケモントレーナーさん
ラウドボーン(ホゲータ)はいい個体値来たらすぐにラウドボーンに進化して「シャドーボール&チャームボイス」でレガシー非搭載と、すぐには進化させずブラストバーン実装後に「ブラストバーン&シャドーボール」という構成にする(予定)のものの2種類用意したほうが良さそう
2023年08月31日 23時38分
0
16
ジム攻撃★★ 2
ジム防衛★★★★★ 5
レイド適性★★ 2
PvP適性★★★★ 4
名無しのポケモントレーナーさん
実装前なので、とりあえず現状の技構成で考える。

まずはジム攻撃とレイドの点。攻撃値はかなり凡庸。ほのおタイプとしてもゴーストタイプとしても上がいるし、シナジーもあまり無い。ほのお・ゴースト複合としてもシャンデラがいる。ブラストバーンを考慮して使えなくはないが、他のポケモンを使った方が良いだろう。

ジム防衛としては非常に強い。シャンデラが火力ならこちらは耐久。なんとブルンゲルより硬い。カイリューより僅かに脆い程度と言えば硬さを想像しやすいか。
ゴーストタイプ故にかくとうタイプを止められ,ほのおタイプ故にはがねを止められる。おまけにチャームボイスも使えるため、逆にかくとうタイプを狩れる。
それでいて四倍弱点は無く、耐性は半減六つに激減三つと非常優秀。弱点はやや多いが、ジム防衛はストッパー出来るかが主なので十分採用に足るだろう。

PVPにおいてもその硬さは健在。スーパーリーグではエルフーン以上マイナン以下、ハイパーリーグではホウオウ以上モジャンボ以下。
わざ1はほのおタイプ人権のやきつくすと、DPTに優れるかみつくと優秀。基本はやきつくすが鉄板だと思うが、環境次第。
わざ2も優秀。速さでギリギリ優れると言えるかみくだくとチャームボイスに、メインウェポンとして十分なかえんほうしゃにシャドーボール。どれが飛んできてもおかしくない性能のわざが揃っている。やきつくすの高いEPTでこれが回るのは正直恐ろしい。

更に、ラウドポーンは二つのほのおわざ追加の未来がある。まずはブラストバーン。PVPはやきつくす×ブラストバーンの凶悪回転が良い耐久で出来るように……バクフーン……
そして、もう一つはフレアソング。本家では確定で相手の攻撃を下げる中威力のほのおわざだが……ほのお版とびかかるのようなわざになるなら、耐久があり、やきつくすで削れるラウドボーンとシナジーが合うかもしれない。

総評
実装前の現状でも優秀で、更に伸び代もあるすんごいポケモン。パルデア組の中でも特に厳選し甲斐のあるポケモンと言えるだろう。
2023年08月31日 22時43分
0
14
ジム防衛★★★★ 4
名無しのポケモントレーナーさん
ほのお・ゴーストの組み合わせは、格闘ポケモンやメタグロスのゴリ押しを許さない上に、耐性9個と非常に多く優秀。通常技の「やきつくす」も非常に高威力+ゲージ技のチャージ量も非常に高く、攻め手のタイプ相性が良くてもHPを多く削ってくれる

オススメの技は、通常技に「やきつくす」は確定。ゲージ技は「シャドーボール」がオススメか。「チャームボイス」は発動が遅く何とも言えないが悪ポケモンには有効
(※ブラストバーンがいつか実装されるであろうポケモン。その時はブラストバーン推奨)

ただ耐性は多いが、弱点も5個と多い為、ジムに置く際は弱点の被りに注意が必要。特に高火力であるカイオーガやゲッコウガにはやや早く倒されがちなので、水技が弱点のポケモンと並ばせてはいけない
ジムに置く際は、無難にハピナス、カビゴン、ラッキーと言った高耐久ノーマルポケモンの後に置くのが一番良いが、上記の高火力の水ポケモンを意識するのであれば、ミロカロスやシャワーズ、ママンボウの後に置くのも良い。メタグロスを呼びやすいフラージェスやニンフィアと言ったフェアリーポケモンと並べるのもオススメ(※ただし、サーナイトやトゲキッスは弱点が被る為要注意)

なかなかの耐久力+格闘やメタグロスに非常に強い+多くのタイプ耐性有+優秀な技「やきつくす」など、良い点が多くXLを注ぎ込む価値もあるポケモン。特に「タイプ相性をよく知らない人」に対しては、ダメージは通らないわHPはゴリゴリ削られるわで、非常に苦戦を強いるポケモンと言える
2023年09月08日 16時46分
0
5
PvP適性★★★★ 4
通りすがりの者さん
SLのPvPにて、

通常技が『みずてっぽう』型以外(つまり、電気技)のランターンは、フルの体力からだと個体値によっては炎タイプだが『なみのり』を1発耐え、
お返しのタイプ一致高火力の『シャドーボール』が撃てる。
ランターンの硬さでも『シャドーボール』2発分で落とせる。

カイリュー、ハクリュー、オノノクス辺りの低耐久ドラゴンなら『りゅうのいぶき』や『ドラゴンテール』で削られながらも、その後のタイプ不一致の『チャームボイス』でワンパン!
チルタリスは一発では落とせない…

なんとあの硬いクレセリアやデオキシスら伝説系のエスパーも、
『やきつくす』のダメージ込みで、『シャドーボール』1発+『チャームボイス』1発で落とせるが、
デオキシスの場合は『いわなだれ』持ちだと抜群を突かれかなり痛手になるので『サイコブースト』や『10万ボルト』との読み合いでシールド選択を迫られる。

ヤルキモノが以前まではヤルキモノの『カウンター』が入らず『じならし』を採用していてこちらに抜群でも技スペックがしょぼく一発では倒されないので優位だったが、
新たに『いわなだれ』を習得し、地面技から岩技で結局抜群、そして『じならし』以上の優秀でまともなスペック技なので回転率的にも不利相性に変わった。
2023年12月16日 01時24分
0
3
PvP適性★★★★ 4
ナズナさん
クセが強いもののチャージ効率が良くダメージソースになる焼き尽くすを覚えるのはいい。技範囲もいいため、個人的にはチャーレムやオーロットが復権しそうなスーパーリーグでそれなりに活躍できるのではと読んでいる。無論ハイパーでも通用しそうだが、ラグラージやゲッコウガのような天敵や強化が施されて使いやすくなったガオガエン等には不利になるため、現状様子見か。どちらにせよ、大量のXLやレガシー技無しで育成できる貴重な炎アタッカーになるため、SVから入ってきたビギナーにはぜひお勧めしたい。
2023年09月01日 16時02分
0
3
PvP適性★★★★ 4
炎のキバさん
実装から約2ヶ月、使われ、使われてみての率直な感想 PvPに於いてはやきつくす/チャームボイス/シャドーボールが安定型かと思われる。
当方も一応厳選個体をハイパー、スーパー用と育成をして一時期使っていたが このポケモンは使う(使われる)必殺技がチャームボイス(フェイント)かシャドーボール(本命)かが既に予測されているため PTに編成する場合は順番に注意したい。特に交代受けされてゲッコウガを出された時は詰む、火属性としは比較的耐久値が高い為、繰り出すタイミング次第ではブルンゲルを捲れる と言うか自身も実際にブルンゲルを捲られた経験あり。
やきつくすが扱いにくい事と、現状御三家定番のブラストバーンを習得していないあたりリザードンには1歩及ばすと言ったところ。
対面優位はギラティナ、クレセリア、オーロット等の高火力orXL強化系になる反面で
水、悪、地面などメジャーな属性に滅法弱い為、出し負けした場合はかなり立ち回りがつらい。レート2000前後ではゲッコウガ→クレセリア→リザードンと言う定番パが蔓延っている為、このレート帯を抜け切った22~23ランクユーザーでは火力になるかもしれません。
役割としてはシャドーボールがメインウェポンになる事と、通常技で草全般やAサンドパン当たりを捲る感じです。
ゲージ技も決して早く打てる方では無いのでスーパーで使うのであればAガラガラの方が上位互換でしょう。とは言え、実装当初のシーズンでは対面優位または互角で結構捲られた思いもあるので組み方次第ではカロス御三家では1番かなと思います。
2023年10月24日 15時51分
0
2
ジム防衛★★★★★ 5
一般初心者トレーナーさん
パルデア御三家の1匹、ホゲータの最終進化形。
9月5日からホゲータが解禁され、早い人は1日も経たずにラウドボーンまで進化させられるだろう。今回はジム防衛の面だけ評価したいと思う。

【ジム防衛】
ルカリオとメタグロスの両方を見れる上、9タイプも耐性を持つ優秀ポケモンである。これからはハピナス/ラッキーの間に入り込むラウドボーンの姿を見ることができるだろう。技構成はやきつくす/かえんほうしゃが無難。ローブシン、カイリキーを相手取ると仮定するならチャームボイスを選ぶのも悪くない。

どのポケモンにも言えることだが、ラウドボーンも置く順番には注意したい。耐性は優秀だが、弱点もメジャーなタイプが揃っている。置くなら前にハピナス/ラッキー、フェアリータイプのポケモンなどがいるのを確認してからにしよう。
2023年09月01日 22時59分
0
2
ジム攻撃★★ 2
ジム防衛★★★★★ 5
レイド適性★★★ 3
名無しのポケモントレーナーさん
攻撃ポケモンを焼き尽くす。
勿体ないのでお勧めしないがチャームボイスが意外とめんどくさい。
おいてめえら!!全員カイオーガフル強化して出直してきな!!
2024年01月09日 22時43分
0
1
PvP適性 1
名無しのポケモントレーナーさん
耐久低すぎ。強化されても弱い。
2023年12月09日 03時15分
0
1
ジム攻撃★★ 2
ジム防衛★★★★★ 5
レイド適性★★ 2
名無しのポケモントレーナーさん
【ジム・レイド攻略】
ほのおタイプの攻略要員にはできないこともないが、より火力に優れたレシラムやヒードラン、シャンデラがいる。ノーマルアタックにゴーストタイプの技が無いこともありゴーストタイプのアタッカーとしての運用は「やきつくす」で無理矢理やらせたとしても難しい。ゴーストタイプは素直にシャンデラに任せよう。

【ジム防衛】
一方、こちらでは高耐久なので期待値も高い。ほのお・ゴースト複合ということはルカリオやメタグロスといったはがねタイプ持ちのゴリ押しをさせないという意味でも重要。カイリキーのかくとう技も軽減できるがカイリキーはサブウェポンに「いわなだれ」があるため撃ってから交代されることもある点は留意しよう。
耐性が優秀な反面弱点も5つと多く、特にカイオーガとバンギラスは呼びやすい。ハピナスやカビゴンといったノーマルタイプはもちろん、ミロカロスやアシレーヌ、ニンフィアといったみずタイプやフェアリータイプの後続に配置してもいい。ただし、カバルドンやトゲキッスとは弱点が被るので非推奨。
かくとうタイプやあくタイプに弱点を突ける「チャームボイス」を覚えさせるという手段もあるが、避けやすいためバンギラスの相手は後続に任せて素直にタイプ一致のゲージ技を2つ持たせておいた方がいいだろう。
2023年09月24日 23時11分
0
1
ジム防衛★★★★★ 5
PvP適性★★★★★ 5
名無しのポケモントレーナーさん
ジム防衛ではかなり安定した活躍を見せてくれる。やはりこの耐久で格闘も鋼も効きづらいというのは大きい。ノーマルタイプの後に置いたら、多くの格闘タイプやジム攻め要因のメタグロス相手にだいぶ嫌がらせができる。
ただ最強の格闘タイプテラキオンを前にするといわなだれ連射で結構キツイことになる。チャームボイスで爪痕を残すことができれば良いのだが…。それを考えると、先人達が仰ってるように高耐久水タイプの後に載せるのが最善手と思われる。ミロカロスなどの後に載せるとだいぶ嫌がらせができそうだ。

PvPではまだブラストバーンもないにも関わらず、今シーズンのハイパーリーグではそれなりの遭遇率を誇った。やっぱりみんな使いたくなるよね。自分はブラストバーン待ちですがいつになるやら…

様子を見た感じ、炎タイプ最強ゲージ回収技やきつくすからのチャームボイスやシャドーボールといった一貫性の高い技を放つのが基本戦法と思われる。両方とも火力はそれなり、技範囲も広くシャドーボールの火力も馬鹿にならないため、やきつくすの隙を突くなどして身長に立ち回りをしたい。
そしてギラティナはチャームボイスもシャドーボールも両方痛い……。いぶき型だと結構対処に苦労した。

炎タイプの宿命として水タイプには弱いのでラグラージやゲッコウガなどで手早く殲滅するのが良いだろう。隙を見せてスペシャル技を撃たれると後々きついのでなるべく迅速に対処したい。

この段階でもう強いのだがブラストバーンを習得した場合どうなることやら…
2023年09月21日 16時18分
0
1
名前(任意)
ラウドボーンの評価を、下記の四項目から選択してください。(任意)
ジム攻撃ジムバトルで、素早く防衛ポケモンを倒せるポケモンか
または、多くの防衛ポケモンに対応できるか
ジム防衛防衛ポケモンとして置かれていたらプレイヤーが面倒に感じるポケモンか
レイド適性特定のレイドボスに対してオンリーワンの性能を発揮できるポケモンか
または、汎用的に選出されるポケモンか
PvP適性トレーナーバトルでオンリーワンの性能を発揮できるポケモンか
ジム攻撃
ジム防衛
レイド適性
PvP適性
コメント(必須)
その他のポケモン評価をもっと見る

ラウドボーンの対策ポケモン10選

読み込み中です…
「攻撃力」とは、効率よくダメージを与えられるポケモンと技構成の評価になります。
「持久力」とは、場に居られる時間で多くのダメージを与えられるポケモンの評価になります。
こちらの対策ポケモンは、ポケマピのツール「カウンターリスト」から出力しています。
スポンサーリンク
レクタングル大

ラウドボーンの動画

ラウドボーンの動画をもっと見る
スポンサーリンク

フォローする