【ポケモンGO】アップデートで進化する第二世代(ジョウト・金銀)ポケモンの一覧と評価をまとめました

前回、今後追加される予定のポケモン達のCP&ステータス一覧をまとめました。

【ポケモンGO】全ポケモン721匹の予想最大CP&ステータスを公開!新ポケモン情報を先取りしよう
ポケモンGOでは、現在はゲームボーイソフト「ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ」に登場した151匹がゲーム内に現れ、ジムバトルや捕獲が...

原作のポケットモンスターシリーズの時系列に沿うと、次のアップデートで追加されるであろうポケモン達は、

「『ポケットモンスター金・銀』で追加された第二世代のポケモン」だと予想されます。

(金銀世代のポケモンや、ジョウトのポケモンなんて呼ばれたりもします)

そしてなんと、この第二世代のポケモンの中には、

今現在登場しているポケモンが進化した姿のポケモンも含まれています。

つまり、第二世代のポケモンが追加されたら、今持っているポケモンの一部は進化することが出来るようになります!

pc-rev02

更なる進化形とあって強力なポケモンも多いです。

この情報を知らずにポケモンを飴に変えてしまうと、後に後悔してしまうかもしれません。

なのでポケマピは、「第二世代で進化するポケモンを一覧」にしました!

今後進化するポケモンはチェックし、良い個体値のポケモンは手持ちに入れておきましょう!

第二世代で進化するポケモン一覧

※CPや各種ステータスは、原作のポケットモンスターシリーズの種族値からポケモンGO用に変換した想定値です。

シードラ→キングドラ


シードラ


キングドラ

キングドラの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2653 150 207 207

キングドラは、シードラの進化形です。

進化をすることで、新たにドラゴンタイプが追加され、「みず・ドラゴン」という複合タイプを持ちます。

第二世代で追加されるドラゴンタイプはキングドラのみ。

「みず・ドラゴン」という複合タイプが非常に優秀で、「みず・ドラゴン」の組み合わせは、弱点が非常に少ないです。

そして、みずタイプの攻撃に対して強い耐性を持つ組み合わせでもあります。

今ジムバトルで大人気のシャワーズに対して強いポケモンとして、ドラゴンタイプの名に恥じぬ活躍を見せてくれるでしょう。

ストライク→ハッサム


ストライク


ハッサム

ハッサムの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2388 140 198 193

ハッサムは、ストライクの進化形です。

ストライクの持つ「むし・ひこう」タイプから「むし・はがね」タイプに変更されます。

ステータスが劇的に上がるわけではありませんが、ハッサムの強みは自身の持つタイプにあります。

「むし・はがね」の組み合わせは、弱点がほのおタイプのみ。

そして、耐性は9タイプと、非常に防御面に優れたタイプとなっています。

ステータス以上に硬いポケモンとなり、ジムバトルでは、しぶとく活躍できるのではないでしょうか。

ポリゴン→ポリゴン2


ポリゴン


ポリゴン2

ポリゴン2の予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2622 170 197 197

ポリゴン2は、ポリゴンの進化形です。

タイプに変更はなく、純粋にステータスが強化されます。

ポリゴンはゲージ技に恵まれませんでしたが、ポリゴン2となることで、ゲージ技の「はかいこうせん」を覚えることが出来たら、一躍強力なポケモンとして評価されるはずです。

そしてこのポリゴン2というポケモンは、第四世代でさらにまた進化することができるのですが、それはまだ先の話。

ラッキー→ハピナス


ラッキー


ハピナス

ハピナスの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2077 510 96 156

ハピナスは、ラッキーの進化形です。

全721匹の中で最もHPが高いポケモンで、その耐久力は原作のポケットモンスターシリーズでも警戒されていました。(ちなみにHP第2位は進化前のラッキー)

ラッキーはジムバトルで最も倒すのに時間がかかるポケモンとして、対戦前に萎えさせる能力はピカイチ(?)でした。

ハピナスはラッキーよりも、低かった攻撃力を底上げされているので、さらに厄介なポケモンになるかもしれません。

ゴルバット→クロバット


ゴルバット


クロバット

クロバットの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2420 170 186 186

ゴルバットは、第二世代でクロバットというポケモンに進化します。

ゴルバットのステータスを純粋に強化しており、タイプ等に変更はありません。

「どく・ひこう」というタイプの組み合わせは、くさタイプや、かくとうタイプに滅法強いタイプ構成です。

しかしゴルバットでは、ステータスの低さが欠点となり、それらのタイプのポケモン相手でも打ち負けてしまうことがありました。

クロバットは純粋にステータスが強化されているため、くさタイプや、かくとうタイプキラーとして活躍できるでしょう。

イワーク→ハガネール


イワーク


ハガネール

ハガネールの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2184 150 146 271

ハガネールは、第二世代でイワークから進化できます。

イワークの「いわ・じめん」タイプが、進化することで「はがね・じめん」タイプに変更されます。

はがねタイプは耐性が多く、ハガネール自身の防御力も非常に高いため、ジムバトルで場持ちがいいポケモンとして活躍が期待されます。

ただし、弱点がメジャーなタイプが多いので、相手はしっかり選ぶ必要があるでしょう。

クサイハナ→キレイハナ


クサイハナ


キレイハナ

キレイハナの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2320 150 180 205

キレイハナは、第二世代でクサイハナから進化できます。

クサイハナはラフレシアにも進化することができるため、ポケモンGOではどのような条件で進化先が決まるかは不明。

意外と珍しい、純粋な、くさ単タイプのポケモンです。

くさタイプはすでに強力なポケモンが揃っており、予想されるステータスでキレイハナを活躍させるのは難しいかも。

くさタイプでは随一の可愛さを持つポケモンなので、それが大きな差別化要素になりそうです。

ニョロゾ→ニョロトノ


ニョロゾ


ニョロトノ

ニョロトノの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2416 180 179 189

ニョロトノは、第二世代でニョロゾから進化できます。

ニョロゾはニョロボンにも進化することができるため、ポケモンGOではどのような条件で進化先が決まるかは不明。

おたまじゃくしがしっかり蛙に進化した、ニョロボンとの分岐進化になります。

みず単タイプのポケモンは、シャワーズを筆頭に強力なポケモンが多い激戦区のため、強力な技を覚えてることに期待したいですね。

ヤドン→ヤドキング


ヤドン


ヤドキング

ヤドキングの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2545 190 181 196

ヤドキングは、第二世代でヤドンから進化できます。

ヤドンはヤドランにも進化することができるため、ポケモンGOではどのような条件で進化先が決まるかは不明。

図鑑説明文では、ヤドンに貝(シェルダー)が噛み付いた場所によって、進化先が決まるといわれています。

ヤドランと能力にほとんど差がなく、タイプも同じなため、差別化は覚える技によって決まるでしょう。

イーブイ→エーフィ


イーブイ


エーフィ

エーフィの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2417 130 217 177

第二世代から追加されたイーブイ進化形の一匹。

原作のポケットモンスターシリーズでは、朝、昼の時間帯にイーブイを育てることでエーフィに進化することが出来ました。

ポケモンGOでも同じ進化条件が適応されるかもしれません。

見た目の美しさからか人気が高く、強さに関係なくよく見かけるポケモンとなるかも…。

イーブイ→ブラッキー


イーブイ


ブラッキー

ブラッキーの予想CP&ステータス

最大CP HP 攻撃 防御
2239 190 138 253

第二世代から追加されたイーブイ進化形の一匹。

原作のポケットモンスターシリーズでは、エーフィとは逆で夜の時間帯にイーブイを育てることでブラッキーに進化することが出来ました。

ポケモンGOでも同じ進化条件が適応されるかもしれません。

ようやくタイプ一致であくタイプの技を放てるポケモンが登場しました。

入手しやすいイーブイからの進化であるため、今後よく見かけるあくタイプのポケモンになるのではないでしょうか。


以上が第二世代から進化するポケモンとなります。

欲しい!気になる!と思ったポケモンがいたら、今の段階で進化前のポケモンと、そのポケモンの飴を確保しておきましょう!

コメント

  1. ななし より:

    ヤドン、ヤドラン、ヤドキング。じゃないか?

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます!
      今回は本家のポケモンと進化の法則が同じだと予想し、ヤドン→ヤドキングへの進化と記載しました。
      確かに時系列ではヤドン→ヤドラン→ヤドキングの順に登場しましたので、その順番の進化もありえますね。
      リリースされたら、どのようにして進化をするか楽しみです!

トップへ