【ポケモンGO】グラードン対策ポケモン一覧!弱点を突いて耐性を活かせるポケモン5選

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー
日本時間2018年2月24日から2018年3月5日までの期間限定で、グラードンがレイドバトルに再登場します!
2017年12月16日(土)の記事を再掲載しました。
※記事内容は掲載当時のものです。

グラードン対策

2017年12月16日(土)
レベル5レイドボスとして、グラードンが登場しました!

今回は第三世代実装PVにて、既にレイドボスとして登場が予定されているグラードンの対策ポケモンについてまとめました。

初の「じめん」タイプの伝説ポケモンなので、弱点が中々ピンとこない方もいるかもしれませんが、これを見ればバッチリですよ!

グラードン対策まとめ

グラードンの種族値

まずはグラードンの種族値を確認してみましょう。

最大CP 4074 2位
HP
182
49位
攻撃
270
7位
防御
251
14位

攻撃、防御が特に高く、HPはやや平均的といったところです。

しかしHPはレイドボスの仕様により12500まで底上げされるため、すべてのステータスに隙がないポケモンと言えるでしょう。

グラードンの弱点・耐性

弱点タイプ

×1.4
×1.4
×1.4

耐性タイプ

×0.714
×0.714
×0.51

弱点は「くさ」「みず」「こおり」タイプの3つで、二重弱点は持ちません。

「くさ」「みず」タイプのポケモンは手に入れやすいので、弱点を突くのには苦労しなさそうですね。

グラードン戦は天候「晴れ」強制?

原作のグラードンは、場に現れたら強制で天候を晴れにする効果を持ったポケモンでした。

もしポケモンGOでもその仕様となる場合、晴れの時に威力が上がる「くさ」ポケモンが、グラードン戦での活躍がより期待できそうです。

グラードンの覚える技

わざ1(通常技)

わざ 威力 時間 発生 EPS DPS
6 0.6 0.35 11.67 10
15 1.1 0.85 8.19 13.64

わざ2(ゲージ技)

わざ 威力 時間 発生 DPS
144 3.6 2.7 40
140 4.2 3.1 33.34
180 4.9 2.7 36.74
赤字はタイプ一致ボーナス(×1.2)が適用された威力、DPSです。
解析データで判明した技構成のため、実装後に変更される可能性があります。

グラードンはホウオウ同様、覚える技のタイプがバラバラです。

3つすべて「効果は今ひとつだ…」に出来るポケモンは少ないので、1つは「効果はばつぐんだ!」で受けても止む無しと考えるのもアリでしょう。

飛行タイプを持ったポケモンは、「じしん」「ソーラービーム」の2つを「効果は今ひとつだ…」に出来るので、グラードン戦では優秀なポケモンと言えそうです。

スポンサーリンク
レクタングル大

グラードン対策ポケモン5選

グラードン対策ポケモンを1匹ずつ解説していきます。

今回はポケマピのツール「カウンターリスト」から、グラードンに対する評価の高いポケモンを抽出しました。

【ポケモンGO】カウンターリスト
対策したいポケモンを入力することで、全ポケモンの中からダメージ値を統計的に算出し、有利に戦えるポケモンを「ダメージ効率」「総ダメージ量」2つの観点から抽出するツールです。

対策したいポケモンを入力することで、全ポケモンの中からダメージ値を統計的に算出し、有利に戦えるポケモンを抽出するツールです。

グラードンの放つゲージ技はどれも威力が高く強力な技となるので、グラードンの技に対する抵抗力も示すため、各ゲージ技の被ダメージについてまとめてみました。
(個体値100%、レベル40調べ)

カイオーガ

カイオーガ

カイオーガ

通常技 ゲージ技 TDO DPS TOTAL
たきのぼり ハイドロポンプ 90.64% 100% 100%
たきのぼり ふぶき 85.88% 94.75% 94.75%
たきのぼり かみなり 67.82% 74.82% 74.82%
ダメージ
じしん
78
だいもんじ
54
ソーラービーム
136

水タイプポケモンとしてダントツで高い能力を持ち、グラードンの弱点を突く「たきのぼり/ハイドロポンプ」の技構成が可能です。

攻撃・耐久共に対グラードンでは最も優秀と言っても良いスペックを誇ります。

しかし、グラードンの「ソーラービーム」だけは致命傷となるので、自動選出で選ばれたポケモンをチェックして、カイオーガを使うか使わないかを判断しましょう。

ギャラドス

ギャラドス

ギャラドス

通常技 ゲージ技 TDO DPS TOTAL
たきのぼり ハイドロポンプ 84.31% 97.8% 100%
かみつく ハイドロポンプ 70.95% 82.3% 84.15%
りゅうのいぶき* ハイドロポンプ 70.95% 82.3% 84.15%
ドラゴンテール* ハイドロポンプ 70.06% 81.26% 83.09%
たきのぼり げきりん 68.1% 78.99% 80.77%
ダメージ
じしん
50
だいもんじ
68
ソーラービーム
121

新技「たきのぼり」を習得して、一躍水ポケモンのトップクラスに躍り出たギャラドス。

飛行タイプと水タイプを併せ持ち、「じしん」「だいもんじ」のダメージを大きく軽減できることから、対グラードンの適性はバッチリです。

「ソーラービーム」は等倍のダメージとなるためやや厳しいですが、それでも1発は耐えきるケースもあるでしょう。

「たきのぼり×ハイドロポンプ」の組み合わせで、グラードンに効率よくダメージを与えることが可能なポケモンです。

また、攻撃力、耐性はギャラドスにやや劣りますが、同じく水タイプのシャワーズも十分アタッカーとして活躍できるポケモンですよ。

ホウオウ

ホウオウ

ホウオウ

通常技 ゲージ技 TDO DPS TOTAL
じんつうりき ソーラービーム 99.26% 81.78% 93.89%
はがねのつばさ ソーラービーム 97.29% 80.16% 92.03%
はがねのつばさ だいもんじ 83.2% 68.55% 78.7%
じんつうりき だいもんじ 80.84% 66.6% 76.47%
はがねのつばさ ブレイブバード 80.45% 66.28% 76.1%
ダメージ
じしん
51
だいもんじ
50
ソーラービーム
46

ホウオウはグラードンのすべてのゲージ技に耐性があり、安定感が抜群なポケモンです。

被ダメージを見て頂いても分かる通り、すべて3分の1以下にダメージを抑えられていることが確認できます。

加えてホウオウは「ソーラービーム」でグラードンの弱点を突くことも出来るため、相性は抜群です。

ホウオウはグラードン対策のために生まれてきたポケモンと言っても過言ではないくらい、自身の耐性と覚える技がかみ合ったポケモンです。

ナッシー

ナッシー

ナッシー

通常技 ゲージ技 TDO DPS TOTAL
タネマシンガン ソーラービーム 61.76% 98.51% 92.45%
じんつうりき ソーラービーム 59.6% 95.07% 89.22%
ねんりき* ソーラービーム 58.26% 92.93% 87.21%
しねんのずつき* ソーラービーム 55.98% 89.3% 83.81%
タネマシンガン タネばくだん 53.02% 84.57% 79.37%
ダメージ
じしん
85
だいもんじ
162
ソーラービーム
106

ナッシーは高い攻撃力から、グラードン相手に大きなダメージを与えることが出来ます。

しかし「だいもんじ」なら即死、「じしん」「ソーラービーム」も決して小さくないダメージを受けてしまうことから、場に居られる時間は少ないと思われます。

晴れブーストがかかっている時のナッシーの攻撃力は他の比にはならないほど高いので、晴れの時は積極的に選出したいところです。

同様の理由で、「フシギバナ」もナッシー同様アタッカーとして活躍は出来そうです。

フリーザー

フリーザー

フリーザー

通常技 ゲージ技 TDO DPS TOTAL
こおりのいぶき ふぶき 77.27% 81.39% 85.76%
こおりのいぶき れいとうビーム 73.76% 77.69% 81.86%
こおりのいぶき こごえるかぜ 62.55% 65.89% 69.43%
ダメージ
じしん
40
だいもんじ
106
ソーラービーム
70

伝説ポケモンのフリーザーは、氷タイプの技でグラードンの弱点を突けます。

さらに「じしん」や「ソーラービーム」といった技に対する耐性も優秀なので、積極的に選出したいポケモンですね。

フリーザーはなかなか対策ポケモンとして名前が挙がりづらいポケモンでしたが、グラードンには性能を発揮できるポケモンと言えそうです。

カイリュー

カイリュー

カイリュー

通常技 ゲージ技 TDO DPS TOTAL
ドラゴンテール げきりん 68.35% 82.75% 83.54%
りゅうのいぶき* げきりん 68.29% 82.68% 83.47%
りゅうのいぶき* ぼうふう 66.58% 80.61% 81.38%
ドラゴンテール ぼうふう 66.58% 80.61% 81.38%
りゅうのいぶき* ドラゴンクロー* 65.83% 79.7% 80.47%
ダメージ
じしん
49
だいもんじ
66
ソーラービーム
61

アタッカーとしてお馴染みのカイリューは、グラードン戦でも活躍が期待できます。

グラードンの弱点を突けない、という点では他のアタッカーには少し劣りますが、グラードンに対する各ゲージ技の耐性が優秀です。

上記のポケモンたちを使い切った時の穴埋め要因としては、十分な性能を発揮できるでしょう。


いかがでしたか?

グラードンレイドが開始された時に、こちらの記事が参考になれば幸いです。

他にも「このポケモンはどう?」という声があれば、是非コメントください!

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    カイリュー選出は、通常攻撃がマッドショットの場合だと、非常に好相性ですね。

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    マッドショットのような0.5秒は防衛に回ると著しく性能を落とすのでそこは気にする必要ないと思いますけどね

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    フシギバナはソラビに二重耐性があるのでもっと注目されても良いと思うのですがどうでしょうか
    特に晴天ソーラービームはホウオウのそれよりも威力が高くギャラドスやナッシーがゲージを抱えたまま倒されてしまう可能性があります

  4. 名無しのポケモントレーナー より:

    晴天ならファイヤーはどうでしょうか

  5. 名無しのポケモントレーナー より:

    グラードンが出現してますね
    早速バトルパーティー組まなきゃ

  6. 名無しのポケモントレーナー より:

    ガッサの種ガン種爆もなかなか高威力
    手駒少ない人は晴れブーストで野生の高PLガッサを狩るのはアリ。
    PL35の二番目評価の子を使ってみたけどやっぱ高PLダテじゃないわ。
    紙耐久だけどねw

    上の方の言うとおり耐久耐性あるバナももっと評価されてほしいな~

  7. 名無しのポケモントレーナー より:

    メガニウムはどうでしょうか

  8. 名無し より:

    メガニウムよりはフシギバナ、二重耐性があるため相手が草の場合最適ですね。
    相手が地震の場合はそもそもギャラドスになるので草の出番はないかも。
    あとはゲージロスの少ない3ゲージ草を使えるジュカイン。
    晴天狙いの草攻め楽しそうです

  9. 名無しのポケモントレーナー より:

    グラードンが捕まらないのだけど、コツあるのかな?

  10. 名無しのポケモントレーナー より:

    ソラビ対策のフシギバナだと意外に花吹雪が使えました。
    グラードンの2発目のソーラービームを食らう前にこちらの花吹雪が先行して打てるんです。
    花吹雪の方が発動時間が短いためですね。
    あと地震グラードン対策だと種爆弾ナッシーもありです。
    ナッシーなら1重体制でそれなりに耐えるので食らったダメージをゲージに変換して打ち返すことができます。同じ戦法はカイオーガにも使えるでしょう、ソーラービームだと2発撃つにはしんどそうです。
    確かにギャラドスやフリーザーでも良いのですが飴400個というのというのがネック。ホウオウは耐久面は優秀ですが火力では劣ります。

  11. 名無しのポケモントレーナー より:

    晴天のファイヤーはオススメです。火力はギャラドス以上になります。
    最悪ドラテ地震だとしても対抗できるようPL33程度には上げておいた方が良いです。
    ダメージ計算機だとPL33のファイヤーなら僕の個体値FAFでもドラテ4発+地震(晴れ)1発に耐えます。技1が4発なら辛うじてオーバーヒート1発は打てます。
    また攻撃個体値FならPL33.5で天気ブースト無しでレジアイスとグラードンに対し炎の渦のダメージが増えます。

  12. aomori japan より:

    友人がグラードンを3人で撃破しました。
    ネットで いろいろ見てみましたが 3人で
    グラードンを倒したのは 他にないようなので もしかしたら世界初では⁈
    https://youtu.be/WJQgGld7lP4

  13. 名無しのポケモントレーナー より:

    グラードン登場から3日ほどで倒された方がいるようですが…
    https://pokemongo-get.com/pokego01422/

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      コメント不足でした。その動画より難易度の高い
      ドラゴンテール ソーラービームのグラードンでです。
      すみませんでした。

トップへ