【ポケモンGO】レイドバトルのダメージ量でもらえるプレミアボール数の計算基準

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ダメージ貢献度の基準

レイドバトルでもらえるプレミアボールの合計数は、「レイドバトル参加賞」の他に「ダメージ量」、「ジムの所属」、「チーム貢献度」などの要素によって決まります。

この内の「ダメージ量」は、一度バトルで全滅or降参してロビーに戻り「もう一度参加する」ボタンを押すとリセットされてしまうので、バトル中は可能な限り長く生存することが望ましいとされています。

【ポケモンGO】プレミアボール「ダメージ量+0」 レイドバトル復帰には注意!
レイドバトルの報酬プレミアボールが「ダメージ量+0」になることはありませんか?レイドバトルでリスタートすると、「ダメージ量」ボーナスが+0になってしまうようです…

ではこの「ダメージ量」、一体どのような基準で計算されているのでしょうか?

今回は海外サイトと日本人トレーナーの検証を紹介し、「ダメージ量」のプレミアボール数はどのように決められるのかをまとめていきます。

「ダメージ量」でもらえるプレミアボールは最大3個

レイドバトルでボスポケモンを倒した際、「ダメージ量」の項目でもらえるプレミアボールの数は最大で3個となっています。

項目 最低個数 最大個数
レイドバトル参加賞 6* 6
ダメージ量 0 3
ジムの所属 0 2
チーム貢献度 0 3
合計 6個 14個
2017年8月8日以降、レイドバトル参加賞のプレミアボールの数が5個から6個に増量しています。

上記の中で変動性のあるボーナス要素は、

  • 参加したレイドの開催ジムが自身と同じチームカラーだった場合にもらえる「ジムの所属」
  • 同じグループに参加した味方チームのメンバーの数によって変動する「チーム貢献度」
  • レイドでボスに与えたダメージの貢献度に応じてもらえる「ダメージ量」

以上の三項目です。

変動的要素のうちイマイチ分かりにくい「ダメージ量」のボーナスですが、これは参加メンバーが敵に与えた総ダメージ量のうち、自分が与えたダメージの割合がどの程度かによって決まるものです。

プレミアボールの数はボスポケモンを捕まえるチャンスを増強する役目だけではなく、レイドバトル報酬の数を左右する機能を担っているので、できるだけ多くのプレミアボールを入手したいですよね。

【ポケモンGO】レイド報酬の基準はプレミアボールの獲得数!レイドレベルと運も重要
レイド報酬の基準がプレミアボールの獲得数にあることがわかりました! レイドレベルと運も重要です。

しかし2017年9月20日現在、手持ちの6体が全滅or降参するなどして退出しポケモンを回復するor選びなおして「もう一度参加する」を押すと、退出前に与えた「ダメージ量」がリセットされてしまう現象が確認されています。

ダメージ量がリセットされるタイミングについては、以下の動画をチェックしてみて下さい。

全滅した後に再戦せずレイドバトル終了時までそのままロビーで待機、同じグループの他のメンバーが倒して勝利すると、脱出前のダメージ量がリセットされず「ダメージ量」のプレミアボールを受け取れます。

一時離脱する前の与ダメージ量に自信があり、また同じグループのトレーナー達に確実にボスを殲滅できる強さがあると判断できる場合は、再戦せずに待機するという戦略もアリかもしれません。

ただし、あくまでも同じグループのメンバーには迷惑を掛けないように注意しましょう。

プレミアボールの「ダメージ量」ボーナス数はボスに与えたダメージの割合で決まる

ではこの「ダメージ量」ボーナスは、具体的にどれくらいのダメージをボスポケモンに与えれば手に入るのでしょうか。

数値的解釈に強いポケモンGOの海外攻略サイト「Pokebattler」では、同じグループのメンバーがボスに与えたダメージ総量の内、自分が与えたダメージの割合が15%以上なら2個、20%以上なら3個のプレミアボールが貰えるとの見解が開示されています。

プレミアボール1つを手に入れるためにどれ位レイドボスのHPを削る必要があるかは現在判明していないけれど、最低15%のダメージを与えれば2つ、最低20%のダメージを与えれば3つのプレミアボールが手に入ることが判明している。

引用元 Advanced SwagTips – Bonus Balls | Pokebattler

ポケマピ調査員が調べたところ、海外攻略サイトでは15%以上の与ダメージで2つ、20%以上で3つのプレミアボールが貰える説が有力でした。

一方、ある日本人トレーナー(shunpkgo氏)が与ダメージと「ダメージ量」ボーナスの関係について検証した非常に分かりやすい動画を公開しているので、そちらのデータと海外の有力説とを比較してみましょう。

投稿者によると、与ダメージがボスのHPの5%以上で1個、15%以上で2個、25%以上で3個のプレミアボールが貰えるとのことです。

プレミアボール2個の場合の「ダメージ量」については海外情報と日本人トレーナーの検証結果ともに合致しますが、2個以上の場合の与ダメージ基準に5%の差が見受けられました。

上記の動画およびそのコメントでは「与えたダメージの割合が16%~22.5%の場合、貰えるプレミアボールは2個」という検証結果が開示されていることから、ポケマピでは「ダメージ量」のプレミアボール数判定基準をshunpkgo氏のデータを採用し、以下のように定義したいと思います。

自分が与えたダメージ量/全体 プレミアボールの数
5%未満 0個
5%~15% 1個
15~25% 2個
25%以上 3個

ボスのHPゲージを削った割合で考えると、自分ひとりでボスのHPゲージの1/20以上削れば1個、1/7程度以上削れば2個、1/4以上削れば3個のプレミアボールが「ダメージ量」ボーナスとして獲得できることになりますね。

さらに最もプレミアボールの数を増やしたい伝説レイドの場合、伝説レイドボスの最大HPは12500なので、与ダメージと「ダメージ量」のプレミアボール数との関係は以下の通りとなります。

自分が与えたダメージ量/HP12500(伝説レイド) プレミアボールの数
625未満 0個
625~1875 1個
1875~3125 2個
3125以上 3個

伝説レイドでは最低でも625以上のダメージを与えられるように、戦わせるポケモンの編成を考えておきましょう。


いかがでしたか?

レイドバトルでもらえるプレミアボールの「ダメージ量」ボーナスは、自分ひとりでボスのHPゲージの1/20以上削れば1個、1/7以上削れば2個、1/4以上削れば3個もらえるようになっています。

自分のパーティポケモン6体が生存中にどれくらいのダメージを相手に与えられるのか、そして全滅し回復→バトル復帰のタイミングをどこに設定するべきかを考慮すると、プレミアボールの獲得数は格段に変わるはず。

レイドバトルに挑む際には、是非参考にしてみて下さいね。

コメント

  1. SC40 より:

    最大13個ではなく14個ですよ。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      ご指摘ありがとうございます!
      該当部分を修正いたしました。
      またお気付きのことがありましたらお教えください。
      よろしくお願いいたします。

  2. もか より:

    たまに被ダメージと勘違いしているトレーナーの人がいて、ダメージ受けないように最初からハピナス選んでいるのを見ると、あららと思ってしまう。

    質問なのですが、少人数でタイムギリギリに近い感じで勝利している時に、プレミアボール14個貰えている気がします。
    逆に15〜20人といった大人数でレイドバトルする際に、どう頑張ってもダメージ量のプレミアボールボール+1にしかならない気がするのですが、そんなものでしょうか?それとも気合が足りないのかな…。

    • 名無し より:

      それはそうでしょう。計算してみれば分かります。
      例えばLv30のバンギラスでレイドボスミュウツーを攻撃したとすると1秒あたり与えられるダメージの平均は約18.5。仮に20人参加して全員同じバンギラスで攻撃したとすると1秒間に約370ダメージ入る事になります。
      ミュウツーのHPは12500なのでこのまま攻撃を続ければ34秒後にはミュウツーは倒れます。その場合自分のバンギラスが攻撃できた時間は34秒、合計ダメージにして629となります。
      つまり報酬は良くてプレミアボール1つ、少しでも手間取れば最悪報酬すらありません。

      仮に3人の参加者がバンギラスで攻撃したとすると1秒間に与えられるダメージは約55.5。ミュウツーが倒れるのは225秒後となり、自分のバンギラスがミュウツーに与えた合計ダメージは約4162で余裕をもってプレミアボールを3つ受け取ることができます。

      早くレイドボスが倒れれば倒れる程ダメージは稼ぎにくくなるという訳です。
      相手ポケモンや参加者の使うポケモンにもよりますが、参加者20人では頑張ってもプレミアボール1個がいい所でしょうね。

      • 名無し より:

        やっぱり参加人数に影響を受けるんですね。
        TL40で最適ポケモン(最適技/完スト)をぶつけているのにプレミアボール+1って何だよ!と思って、ずっとモヤモヤしてました。
        おかげですっきりしました。ありがとうございました!

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    この記事で参考にされている2個目の動画の内容が曖昧すぎる気がするんですが…
    動画内容が与ダメの全てだとして計算し、動画説明と比較しますとけっこうなズレが生じているかと思います
    とくに、貢献2~3の部分は重要かと思われます
    ダメージ計算はポケマピのダメージ計算機を使用しております

    ゴローニャ VS マグマラシ 動画説明 6/200(3%) ダメ貢献+0
    岩おとし 21×1 21ダメ 600HP 割合3.50%

    バンギラス VS コイキング 動画説明 15/200(7.5%) ダメ貢献+1
    かみつく 11×5 55ダメ 600HP 割合9.17% 

    バンギラス VS アリゲイツ 動画説明 40/200(20%) ダメ貢献+2
    かみつく 8×14 112ダメ 600HP 割合18.67% 

    ゴローニャ VS ベトベトン 動画説明 50/200(25%) ダメ貢献+3
    岩おとし 10×40 400ダメ
    ストーンエッジ 81×1 81ダメ 1800HP 割合26.72% 

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。
      動画投稿者様ご本人のお考えの推測になってしまうのですが、おそらく今回の動画で表示されている動画説明の6/200などの表記は、与えたダメージ量ではなく、200を基準とした割合のことで、ダメージ貢献によってもらえるボール数の割合の幅を導き出すことが焦点となっている動画なのではないかと思われます。
      動画内の解説文に「だいたい↓くらいの計算になっていると推定されます」とありますので、ある程度幅を持たせた検証内容なのではないかと推測いたします。
      ご確認の程、よろしくお願いいたします。

トップへ