【ポケモンGO】ゴローニャの使い道は?サイドンとの差別化で強いゴローニャを育てよう

ポケモンGOに登場する「いわ・じめん」タイプを持つ、ゴローニャ。

十分に高い能力を持ちながらも、サイドンという超強力な上位互換が存在するため、ジムであまり見かけることのないポケモンとなっています。

ゴローニャ

ゴローニャ

サイドン

サイドン

今回は、ライバルのサイドンに勝てるゴローニャの育成方法について調べてみました。

「劣化サイドン」なんて呼ばせない、強いゴローニャを育成してみましょう!

ゴローニャとサイドンの差別化について

ゴローニャとサイドンの種族値を比較

まずは、ゴローニャとサイドンを種族値を比較してみましょう。

ゴローニャの種族値

最大CP 2916
HP
160
攻撃
211
防御
229
合計
600

サイドンの種族値

最大CP 3300
HP
210
攻撃
222
防御
206
合計
638

能力の差では、サイドンが圧倒的に勝っています。

ゴローニャは、防御に関してはサイドンより僅かに上ですが、HPの差が大きく、実質的な耐久力はサイドンのほうが上です。

決してゴローニャの種族値も弱いわけではないのですが、サイドンと比べるとこうも劣って見えてしまうのは、サイドンがいかに強力かが分かります。

ゴローニャとサイドンの覚える技を比較

能力面では、ゴローニャはサイドンに敵わないことが分かりました。

しかし、ポケモンGOでは覚える技で強さがほとんど決まるといっても過言ではありません。

ゴローニャとサイドンの覚える技を比較してみましょう。

ゴローニャの通常技

名前 タイプ 威力 CD DPS
いわおとし いわ 12 1.36 8.82
どろかけ じめん 15 1.35 11.11

ゴローニャのゲージ技

名前 タイプ 威力 CD 急所率 DPS
げんしのちから いわ 35 3.6 5% 9.72
ストーンエッジ いわ 80 3.1 50% 25.81
じしん じめん 100 4.2 5% 23.81

サイドンの通常技

名前 タイプ 威力 CD DPS
どろかけ じめん 15 1.35 11.11
いわくだき かくとう 15 1.41 10.64

サイドンのゲージ技

名前 タイプ 威力 CD 急所率 DPS
ストーンエッジ いわ 80 3.1 50% 25.81
メガホーン むし 80 3.2 5% 25
じしん じめん 100 4.2 5% 23.81

タイプが同じポケモンなだけあって、覚える技もかなり被っています。

被っている技は、「どろかけ」、「ストーンエッジ」、「じしん」です。

ゴローニャのオススメ技構成は・・・?

ゴローニャの覚える技の「どろかけ」と「いわおとし」はどちらが優秀か?と比べられたら言うまでもなく「どろかけ」のほうが優秀です。

「どろかけ」のほうが「いわおとし」よりも発動が早く、その上で威力が3も上回っています。

“タイプが違う”という点を除けば、「いわおとし」が「どろかけ」を上回っている要素はありません。

なら、「どろかけ」+「ストーンエッジ」or「じしん」のゴローニャが最強なのか?という話になります。

ダメージ効率だけで見ればその通りです。

しかし、上記の技構成はサイドンも全く同じ構成で使うことができます。

そうなると、ステータスで劣るゴローニャを敢えて使う必要がなくなります。

サイドンには出来ないことをゴローニャでやることが、サイドンへの差別化への道です。

「いわおとし」+「ストーンエッジ」のゴローニャをゲットしよう

通常技「いわおとし」、ゲージ技「ストーンエッジ」で、いわタイプ技統一の組み合わせが可能なポケモンはゴローニャとイワークのみ。

サイドンは通常技、ゲージ技両方をいわタイプの技にすることは出来ないので、ゴローニャにしか出来ない芸当です。

ここで肝心なのは、「無理やり性能の劣る”いわおとし”を使っても、”どろかけ”のほうが強かったら意味がない」点です。

なので、「どろかけ」よりも「いわおとし」が効く相手に絞って対戦しましょう。

ゴローニャの仮想敵はズバリ、ひこうタイプのポケモン!

ひこうタイプのポケモンは、「どろかけ」は効果がいまひとつになりますが、「いわおとし」は弱点で効果はばつぐんになります。

なので、ゴローニャがジムバトルで輝く相手はひこうタイプのポケモンと言えるでしょう。

ひこうタイプのポケモン一覧
リザードン

リザードン

バタフリー

バタフリー

ピジョット

ピジョット

ゴルバット

ゴルバット

ドードリオ

ドードリオ

ストライク

ストライク

ギャラドス

ギャラドス

プテラ

プテラ

フリーザー

フリーザー

サンダー

サンダー

ファイヤー

ファイヤー

カイリュー

カイリュー

では、実際に「どろかけ」と「いわおとし」のダメージの差を確認してみましょう。

今回は、ジムバトルで最もよく見かけるであろう”ひこう”タイプポケモン、VSカイリューでシミュレートしてみます。

カイリュー

ポケマピで用意しているツール、「ダメージ計算機」で確認します。

【ポケモンGO】ダメージ計算機
ポケモンジムバトルでのダメージ計算を行うツールです。ポケモンの情報を入力することで、ポケモンの各種ステータスと、お互いが受けるダメージを算出します。

※お互いポケモンレベルは30、個体値はオール15(100%)で計算

すると、結果は以下のようになりました。

ゴローニャ→カイリューへの攻撃

タイプ一致 タイプ相性 ダメージ
いわおとし
(1.36秒)
ばつぐん
(1.25倍)
10
どろかけ
(1.35秒)
いまひとつ
(0.8倍)
8
げんしのちから
(3.6秒)
ばつぐん
(1.25倍)
29
ストーンエッジ
(3.1秒)
ばつぐん
(1.25倍)
66
じしん
(4.2秒)
いまひとつ
(0.8倍)
53

「いわおとし」が10ダメージとなっており、「どろかけ」を上回っております。

ゴローニャならではの「いわタイプの利点」を生かし、大きなダメージを与えることが出来ました。

同条件のサイドンは、カイリューに通常技で10ダメージを与えることが出来ないため、ゴローニャならではの強みを生かせたのではないでしょうか。

ちなみに、今後解禁されるであろう、サンダー、ファイヤー、フリーザーは「全員ひこうタイプ」。

フリーザー

フリーザー

サンダー

サンダー

ファイヤー

ファイヤー

全員いわタイプの技が弱点で、サンダーは1.25倍、ファイヤーとフリーザーには1.56倍の倍率でダメージを与えることが出来ます。

伝説の三鳥が解禁されたら、ゴローニャの活躍の場はさらに増えるでしょう。

おまけ:伝説の「マッドショット」ゴローニャも強い!アメにしないように!

ゴローニャはもともと「マッドショット」というじめんタイプの技を持っていましたが、昨年の2016年8月19日のアップデートにより、「どろかけ」に変更されました。余計なことを・・・

【ポケモンGO】最新アップデート情報:「新しいわざ構成と回避力の低下」(2016年8月19日アップデート)
海外サイトGamePressで、ポケモンGOの最新アップデートにより、ポケモンのわざや回避の修正がされた、という解析結果が報告されました。 ...

しかし、アップデート以前に入手しているゴローニャは、そのまま「マッドショット」を覚えています。

昨年の8月19日時点でゴローニャまで進化させたトレーナーはかなり少ないと思われるので、激レアポケモンを化しています。

「マッドショット」と「どろかけ」の性能差は以下の通り。

名前 タイプ 威力 CD DPS
どろかけ じめん 15 1.35 11.11
マッドショット じめん 6 0.55 10.91

「マッドショット」は発動が早く連発が可能な技で、カイリューの「りゅうのいぶき」をイメージして頂くと、いかに強力かが分かります。

「どろかけ」に変更させなければこんな差別化に悩むこともなかったのに…と思わざる負えません。

トップへ