【ポケモンGO】横須賀イベント「Safari Zone in YOKOSUKA」開催!会場ではアンノーンやトロピウスが出現

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

横須賀イベント

2018年7月4日(水)、横須賀で開催されるイベント「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」の詳細が発表されました!

イベントの内容をまとめてお伝えします。

横須賀イベント開催期間と内容

横須賀イベント「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」は、神奈川県横須賀市の3つの会場を拠点に開催されるイベント!

参加は無料ですが、事前に応募が必要な抽選制となっています。

発表に記載されている内容をまとめると、参加方法やイベントの内容は下記のようになっています。

開催期間2018年8月29日(水)~9月2日(日)
※期間中の毎日午前10時~午後8時まで
※荒天中止
主要開催場所

  • 三笠公園
  • ヴェルニー公園
  • くりはま花の国

内容

【参加方法】

  • 参加は無料
  • 事前応募抽選制
    (応募期間:7月6日(金)午前10時~7月20日(金)午前10時まで)
  • 当選者には二次元バーコード付きの「参加券」が送られる
  • 会場にて二次元バーコードを読み取ることでイベントに参加

【イベント内容】

  • 3箇所の会場でアンノーンやトロピウスなどが出現
    (↑「参加券」が必要)
  • 世界中でキャモメの出現率がアップ
  • 日本全国でヒンバスやアチャモなどの出現率がアップ
  • 9月1日(土)、9月2日(日)にはグローバルチャレンジを開催

スポンサーリンク
レクタングル大

横須賀イベントへの参加方法・応募先

3箇所の会場、「三笠公園」「ヴェルニー公園」「くりはま花の国」で開催される横須賀イベント「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」への参加には「参加券」が必要で、事前応募の抽選で当選したトレーナーのみが参加できます。

※先着順ではありません。

応募期間と応募方法は下記のとおりです。

応募期間2018年7月6日(金)午前10時~7月20日(金)午前10時
応募方法横須賀市専用特設サイトにて応募
横須賀市専用特設サイト
もしくは直接下記ページへ
参加応募フォーム

◆応募から参加までの流れ

  • 応募期間になったら、横須賀市専用特設サイトから参加希望日の抽選に応募
  • 当選者には入力したメールアドレス宛に二次元バーコードがついた「参加券」が送られる
    (当選連絡は8月上旬頃)
  • 二次元バーコードを印刷して当日会場へ持参
    (会場での印刷不可)
  • 会場にある特別なポケストップを回すと読み取り画面が表示されるので、印刷した二次元バーコードを読み取るとイベント開始!

画像出典 横須賀市専用特設サイト

スポンサーリンク
レクタングル大

【追記】他人による「なりすまし応募」に注意!

参加応募フォームでは、希望日や連絡用のメールアドレス、トレーナー名(最大3アカウント)、お住まいを入力する項目があります。

これにより、本人でなくても「なりすまし応募」ができてしまう状態となっています。

一度応募が行われたアカウント名では、再度そのアカウント名を入力しても応募することができません。

他人に「なりすまし応募」をされることを防ぐために、自分自身が早めに応募したほうが良い、という状況になってしまっているのでご注意ください。

横須賀市イベント特設サイトの「問い合わせフォーム」で、なりすまし応募への対応実施

横須賀市に問い合わせたトレーナーさんによると、横須賀市イベント特設サイトの「よくある質問」→「応募・抽選に関するお問い合わせ」から、この件についての問い合わせができるようです。

自分のトレーナー名で身に覚えのない応募をされ、応募ができなくなった方は、「問い合わせフォーム」にその旨を入力の上、問い合わせてみてください。

◆問い合わせページはこちら

抽選・応募に関するお問い合わせ

イベント参加にあたっての注意事項

参加応募について

  • 参加応募には、当選結果の連絡用の有効なメールアドレスと、参加応募する人全てのトレーナーニックネーム(最大3つまで)が必要
  • 当選結果の連絡メールアドレスは、ポケモンGOアカウントで使用しているメールアドレスと別のものでもOK
  • 応募できるのはトレーナーレベル10以上のアカウント
  • 一人1回(1日)のみ応募可能
  • 1回の申込で3名まで同時に応募可能
  • 応募当日時点で未成年が応募する場合は、親権者の同意が必要
  • 「@yokosuka-go.jp」からのメールを受信できるように設定しておく
  • 応募フォームへの入力ミスによる受付エラーは無効
  • 申込受付後のキャンセル、変更等は不可
  • 二次元バーコードの第三者への譲渡、転売禁止

当日の参加について

  • 会場でのイベント参加は、一人(1つのポケモンGOアカウント)で1回(いずれか1日)のみ
  • 二次元バーコードがついた「参加券」が無いと、会場に行ってもイベント参加不可
    (アンノーンやトロピウスに出会えない)
  • 2006(平成18)年4月2日以降生まれの人には、1998(平成10)年4月1日以前生まれの保護者の同行が必要
  • 二次元バーコードがついた「参加券」はポケモンGOアプリの画面で読み込むため、各自印刷が必要
    (会場での印刷不可)
  • 二次元バーコードは1つのポケモンGOアカウントにつき 1回のみ使用可能
  • 「当選のお知らせ」で明記された日のみ、二次元バーコードが有効
  • 過失の有無にかかわらず、紛失、盗難、破損等の場合でも「参加券」の再発行は不可

その他、イベントについての詳細は「横須賀市専用特設サイト」をご確認ください。

イベントで出現するポケモン

イベント期間中は、横須賀の3つの会場だけでなく、世界中で出現率がアップするポケモンもいます。

横須賀の3つの会場では、アンノーンやトロピウスが出現!

横須賀の3箇所の会場、「三笠公園」、「ヴェルニー公園」、「くりはま花の国」では、アンノーンや普段は日本で出現していない地域限定ポケモンのトロピウスが出現します。

アンノーン

アンノーン

トロピウス

トロピウス

こちらの会場でのイベントに参加するためには、事前応募の「参加券」が必要なのでご注意ください。

会場以外でも、キャモメやヒンバス、アチャモなどの出現率がアップ!

横須賀の3箇所の会場以外でも、世界中でキャモメ日本全国ではヒンバスやアチャモなどの出現率がアップします。

キャモメ

キャモメ

ヒンバス

ヒンバス

アチャモ

アチャモ

現地のイベントに参加できなくても、期間中は楽しめそうですね!

グローバルチャレンジ開催!

イベント期間中の9月1日(土)と9月2日(日)には、「グローバルチャレンジ」も開催されます。

世界中のトレーナーが協力してミッションをクリアすることで、ボーナス効果がアンロックされます。

現在判明しているミッションと、ボーナスの内容はこちらです。

地域チャレンジ内容ボーナス
サファリゾーン10万個のリサーチタスクポケモンを捕まえたときのほしのすな
ヨーロッパ・中東・
アフリカ地域
500万個のリサーチタスクほしのかけら1時間
北米・南米地域500万個のリサーチタスク卵がかえったときのほしのすな
アジア太平洋地域500万個のリサーチタスクレイド報酬のほしのすな
ボーナスアンロック 未発表

日本にいるトレーナーのみなさんは、「リサーチタスクの達成数」を伸ばしていきましょう。

【ポケモンGO】グローバルチャレンジが今年も開催!新規アローラポケモンも登場
全世界のトレーナーが協力して参加するグローバルチャレンジが今年も開催します!

横須賀イベント公式発表の内容

公式発表の内容はこちらです。

横須賀で開催される「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」に参加しよう!

トレーナーの皆さん

「Pokémon GO サマーツアー 2018」の最後を飾るのは、神奈川県横須賀市で日本時間8月29日(水)から9月2日(日)に開催される「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」です!

7月下旬の「『Pokémon GO』スペシャル・ウィークエンド」、8月下旬〜9月上旬の「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」。。。と今年の日本の夏はイベントで盛り上がりましょう!

アメリカンな雰囲気と豊かな自然が楽しめる横須賀市の3つの会場、「三笠公園」「ヴェルニー公園」「くりはま花の国」では、「アンノーン」や日本では姿を見ることができない、くさ・ひこうタイプのポケモン「トロピウス」など、ふだんはなかなか出会えない特別なポケモンたちがゲーム内に出現します。※特別なレイドバトルはありません。

参加は無料ですが、事前応募抽選制となります。応募期間は7月6日(金)午前10時~7月20日(金)午前10時まで。横須賀市専用特設サイト(http://www.yokosuka-go.jp/)より、ぜひお友達やご家族とご一緒にご応募ください。応募多数の場合は抽選となります。当選された方には二次元バーコードがついた「参加券」をお送りします。会場にて、その二次元バーコードを読み取ることで、イベントに参加できます。「参加券」をお持ちでないトレーナーの方は、会場にお越し頂いても特別なポケモンたちに出会うことはできません。

「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」は5日間開催しますが、なるべく多くの方にお楽しみいただけるよう、会場でのご参加及び体験はお一人様いずれか1日のみとさせていただきます。 ※期間中、参加券をお持ちになり会場にてイベントをお楽しみいただいた場合、同じ方が別の日の参加券をお持ちになり再度会場にいらしても、その二次元バーコードは読み取れず、特別なポケモンたちに出会うことはできません。

「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」の開催を記念して、期間中は全世界で「キャモメ」、日本全国で「ヒンバス」や「アチャモ」などのポケモンに、ふだんより多く出会えるようです。会場へ来られる方も、来られない方も、「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」をご一緒にお楽しみください!

また、9月1日(土)と9月2日(日)には、ドルトムント、シカゴに続き、グローバルチャレンジを開催します。

「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」は横須賀集客促進実行委員会主催、Niantic, Inc.、株式会社ポケモン、一般社団法人横須賀市観光協会の協力により開催されます。イベントについての詳細は横須賀市専用特設サイトをご覧ください。

—Pokémon GO開発チームより

出典 横須賀で開催される「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」に参加しよう! – Pokémon GO公式サイト


ポケモンGOが2周年を迎える夏、日本では神奈川県横須賀でリアルイベントが開催されることになりました!

横須賀会場でのイベント参加には事前応募が必要なので、参加したい方はぜひチェックしておきましょう。

現地以外でも出現率がアップするポケモンがいるので、そちらも要チェック!

また新たな情報がわかり次第、更新してお伝えします。

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    横須賀市が関わっている
    事前応募抽選制 
    一人一回(1日)のみ応募可能

    なのに

    抽選の公平性に欠く
    1アカウント一回(1日)のみ応募可能の
    一人複数アカウント
    複数回応募出来るシステムなんだよな

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      上に書いてることは
      一人一回(1日)のみ応募可能
      どんな対策しているか
      横須賀市に電話で問い合わせてのことで
       
      一人一回(1日)のみ応募可能という書き方がおかしいんだよ

      正確には
      一アカウント一回(1日)のみ応募可能

      一人一アカウントでの応募しか出来ないような対策は責任持ってしていないだよ

      • 名無しのポケモントレーナー より:

        前提として、1人1アカウントしか持っていないハズなのだから
        一人一回のみ応募可能=一人(=1アカウント)一回のみ応募可能、というわけで
        何の問題もないように読めるよ。

        • 名無しのポケモントレーナー より:

          その前提が実態とかけ離れて崩れてるわけよ

          ルールでは一人1アカウントなのだから
          実態が一人1アカウントしか持っていなければ問題ないんだけど
          一人で複数アカウント持っているのがいるのよ

          ルールと実態に矛盾があるから
          一人(=複数アカウント)複数回の応募可能という問題がでてくるんじゃないの

          実態が前提通りならいいけどね

          • 名無しのポケモントレーナー より:

            実態は横須賀市関係ないでしょう?
            一人一垢はポケモンGOの利用規約が根拠なわけで、かけ離れた実態をどうにかするのは無い案側の問題

        • 名無しのポケモントレーナー より:

          横須賀市が
          前提として
          一人一回のみ応募可能=一人(=1アカウント)一回のみ応募可能とするのであれば

          一人1アカウントにしか持ってないようされている具体的な対策及び
          実態等についての
          具体的な根拠が必要になるんじゃないの?

          聞いたけど
          具体的な根拠言わなかったよ

          • 名無しのポケモントレーナー より:

            なんで、横須賀市は関係ないの?
            横須賀市が事前応募抽選制やるんだから
            それに対する責任あるでしょ

            言われたことを鵜呑みにして
            それを根拠したら責任逃れて
            関係ないって言えるの?

            「不正や犯罪にならない」と言われて
            それを根拠して行って
            実態は不正や犯罪になった時
            やった本人は関係ないの?

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    ダメですねえ
    複垢くそ野郎が有利になるような事実を用意してしまっては、クズ推奨みたいな流れになりますよ。
    あいつらそういうゴキブリみたいなクソですから、有利になるなら地べたなめなめしながら涎垂らしてフリチンで複垢必死に応募してますよ。

    • k1Yamada より:

      複垢対策はナイアンがやるべきことで、横須賀市関係無いだろ

      • 名無しのポケモントレーナー より:

        問題は、
        モラルや倫理観を問われる
        地方自治体が関わって行う
        事前応募抽選制で
        公平性の欠いた
        一人で複数回応募できるような
        抽選のシステムで行うことだよ

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    横須賀市が
    前提として
    一人一回のみ応募可能=一人(=1アカウント)一回のみ応募可能とするのであれば

    一人1アカウントにしか持ってないようされている具体的な対策及び
    実態等についての
    具体的な根拠が必要になるんじゃないの?

    聞いたけど
    具体的な根拠言わなかったよ

  4. あい より:

    応募の画面にアクセスが分からない!教えて下さい。

  5. k1Yamada より:

    だから1人1アカをどうにかするのはナイアンの仕事であって横須賀市は関係ないだろ

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      だから
      横須賀市で行う
      事前応募抽選制で
      公平性に欠く
      一人で複数回応募できないようにするのが
      横須賀市の仕事だろ

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      関係ないの一言で
      責任逃れられようとするタイプかな

      関わった時点で関係が出来て
      責任が生まれるだよ
      その度合いはその関係性でかわるけど

      一人一アカウントのことでも
      ポケモンGOの利用規約が根拠というなら
      根拠したことに対する責任が生まれて
      関係があるんだよ

      • 名無しのポケモントレーナー より:

        あほか。

        横須賀市に
        「プレイヤーの複垢を制御する権限」が微塵もないのにか?

        じゃあお前は居住市内の事件事故の責任を取れよw
        住民として関係あるだろww

        • 名無しのポケモントレーナー より:


          大丈夫?

          やったこと、やってることに責任持つて教わらなかった?

          事前応募抽選制はだれがやってるの?
          やってる人が責任あって関係してるんでしょ

          プレイヤーの複垢を制御しろとは言わないよ

          一人複数回応募できないようにして
          一人一回しか応募できないようにして公平にしなきゃいけないじゃないかって言ってるの

          一人一アカウントも一人複数アカウントも一回しか応募できないような抽選制のシステムすればってこと

          • 名無しのポケモントレーナー より:

            一人複数アカウントは「ない」のだから、対策しようがない

  6. 名無しのポケモントレーナー より:

    とりあえず応募してみた!
    当たりますように。

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      当たるといいね!
      当たったら交換用もゲットしまくってね

  7.   より:

    さっそくなりすまし登録の被害に遭いました。

    友人にも確認をとり、友人の誰もが私のトレーナー名を入力していないのに、
    すでに登録されたトレーナー名です、と出て申し込めません。

    ジムバトルやレイドバトルでトレーナー名は容易に判断できるので、
    ライバルトレーナーの名前を入力するだけで嫌がらせができますね。

    申し込みしたい自分のトレーナー名+2名まで送信ができるので、
    2名ぶんの嫌がらせも。

    ナイアンテックに言ってもたぶん対応しないでしょうね
    横須賀市に問い合わせましょう

  8. 田舎 より:

    現状どうなん(笑)

  9. おみ より:

    自治体がやるなら、マイナンバー登録制にしたら「1人=1アカウント」になるんじゃないの?

    まぁ、そうなったら参加者激減するだろうけど…

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      それやれば完璧近いよね
      そこまでやる必要はないとは思うけど
      今 ガバガハ過ぎだよね

      今年なら上野動物園のパンダの観覧抽選なんかかなり厳しくやってたよね

トップへ