【ポケモンGO】グランブルをドラゴンクローのラティアス/ラティオス対策に育てよう!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

グランブル育成委員会

旧正月イベントで大量に発生したブルーの進化形であるグランブルは、フェアリータイプのようせいポケモン。

【ポケモンGO】グランブルは顔に似合わずフェアリータイプ!カイリュー・カビゴンに使えるグランブルのおすすめ技
グランブルの技はカイリュー・カビゴン・バンギラス対策になりそう!ちょっとこわいお顔のグランブルについてご紹介します!

実はグランブル、今後レイドで実装されるであろう伝説ポケモン、ラティオス/ラティアス対策として大活躍してくれるポケモンなんです。

この記事では伝説レイド対策としてのグランブルについて、徹底解説していきます!



スポンサーリンク
レクタングル大

グランブルの基礎情報

まずはグランブルの基本情報からおさらいしていきます。

グランブルの種族値

グランブル

グランブル

最大CP 244078位
HP
180
52位
攻撃
212
58位
防御
137
217位

弱点タイプ

×1.4
×1.4

耐性タイプ

×0.714
×0.714
×0.714
×0.51

「ブルーのアメ」50個で進化させられるグランブルは、カワイイ枠と思われがちなフェアリーポケモンの中ではサーナイトに次ぐ最大CPの持ち主です。

防御力こそサーナイトに劣るものの、攻撃種族値は同等、HPはサーナイト以上なので、使い方次第では十分ジムバトルやレイドバトルで活躍してくれるポテンシャルを持っています。

【ポケモンGO】サーナイトのおすすめ技構成!マジカルシャインで強ポケキラー
サーナイトの最適わざについてまとめました!多くの仮想敵の弱点を突ける「マジカルシャイン」のメリットについて考察しております。

弱点タイプの少なさもフェアリータイプの魅力のひとつですね。

グランブルが覚える通常技

続いてグランブルが覚える技を見ていきましょう。

わざ威力時間発生EPSDPS
60.50.3812
121.10.8510.9110.91

ポケモンGOにはフェアリータイプの通常技が存在しないのが痛手ですね……。

ただしレイドバトルでは通常技でダメージを重ねつつ1回でも多くゲージ技を放つことが重要になるので、「フェアリー」「あく」「かくとう」以外のタイプには等倍でダメージを与えられるあくタイプの通常技は、ある意味使い勝手がいいとも言えるかもしれません。

グランブルが覚えるゲージ技

続いてグランブルのゲージ技です。

わざ威力時間発生DPS
703.21.321.88
1082.91.337.25
1002.3143.48

ゲージ技に関しては、タイプ一致で大打撃を与えられる「じゃれつく」択一ですね。

威力だけで考えると「マジカルシャイン」には劣りますが、発動時間と発生時間は「じゃれつく」の方が早いので、効率よくダメージが与えられます。

フェアリータイプはドラゴン技の効果をいまひとつに、そしてフェアリー技はドラゴンタイプに抜群を取れるので、ジムバトルではカイリュー相手に活躍してくれそうです。

フェアリー技自体はあく、かくとう相手にも大打撃を与えられますが、グランブルの通常技(かみつく/バークアウト)との噛み合わせが悪いので、グランブルはドラゴン対策に特化させた方が良いでしょう。

「ドラゴンタイプの伝説ポケモンのレイドでグランブルを使う」という点で考えると、ゲージをより早く発動できる「バークアウト/じゃれつく」の技構成がオススメですが、「かみつく/じゃれつく」でも十分対応可能です。

グランブルに関しては、ゲージ技が「じゃれつく」なら基本OK、と考えていいでしょう。

グランブルとラティアス/ラティオスの相性

それでは続いて第三世代ホウエン地方(ルビー・サファイア)の伝説ポケモンであり、今後星5レイドバトルでの登場が予想されるラティアスとの相性を概観していきましょう。

ラティアス/ラティオスの基本スペック

ラティアス

ラティアス

最大CP 337713位
HP
160
83位
攻撃
228
36位
防御
268
11位

ラティオス

ラティオス

最大CP 36448位
HP
160
83位
攻撃
268
9位
防御
228
32位

ラティアス、ラティオスともに「ドラゴン」「エスパー」タイプですが、それぞれ攻撃と防御の種族値が逆になっています。

攻撃種族値が高ければCPも上がるので、最大CPの面ではラティオスに軍配が上がりますね。

次に両者共通の弱点タイプと耐性タイプを見てみます。

弱点タイプ

×1.4
×1.4
×1.4

耐性タイプ

×0.714
×0.714
×0.714
×0.714
×0.714
×0.714

フェアリーとあくが弱点になっているので、抜群を取れるグランブルの「バークアウト(or かみつく)/じゃれつく」の技構成ならラティアス/ラティオスに大打撃を食らわせることができます!

同じフェアリータイプのサーナイトは通常技「チャージビーム」(でんき)、「ねんりき」(エスパー)ともにラティアス/ラティオスの耐性タイプなので、若干ダメージ効率が悪くなりそうです。

グランブル対ラティアス

それではポケマピのダメージ計算機を使って、技構成を踏まえたグランブル対ラティアス/ラティオス戦を例証していきます。

まずはラティアスから!(グランブル、ラティアスともにPL40の個体値100%で算出しています)

グランブル

グランブル
CPHP攻撃防御
2440154179.40…120.13…
タイプ一致タイプ相性ダメージ
かみつく
(0.5秒)
×ばつぐん
(1.4倍)
4
バークアウト
(1.1秒)
×ばつぐん
(1.4倍)
7
インファイト
(2.3秒)
×いまひとつ
(0.714倍)
29
じゃれつく
(2.9秒)
ばつぐん
(1.4倍)
61
かみくだく
(3.2秒)
×ばつぐん
(1.4倍)
40

ラティアス

ラティアス
CPHP*攻撃防御
4570412500192.04…223.65…
タイプ一致タイプ相性ダメージ*
りゅうのいぶき
(0.5秒)
いまひとつ
(0.51倍)
3(1)
しねんのずつき
(1.1秒)
等倍12(3)
かみなり
(2.4秒)
×等倍80(20)
サイコキネシス
(2.8秒)
等倍96(24)
ドラゴンクロー
(1.7秒)
いまひとつ
(0.51倍)
25(6)
*レイドボスポケモンのHPはランク毎に固定で設定しています。
*ダメージ内の()は回避成功時に受けるダメージです。
「*」が付いた技は、現在新規で取得不可能な技です。

ゲージ技「かみなり」「サイコキネシス」は等倍ですが、「ドラゴンクロー」に関しては被ダメージがたったの25!

以下はグランブルのゲージ技被ダメージです。

ダメージ
かみなり
80
サイコキネシス
96
ドラゴンクロー
25

HPの減り具合を考慮しても、ドラゴンクロー持ちのラティアス相手ならダメージを軽減しつつしっかり弱点を突いた攻撃を食らわせることが可能です。

ラティアスの技がドラゴンクローなら紙要因としてとにかく攻撃し続ける、それ以外の技ならゲージ技のみ回避しつつ攻撃連打、という戦法が有力になりそうですね。

※ただし、グランブルのHPを上回るダメージ量のゲージ技を回避すると、ポケモンが透明化する「避けバグ」が発生するので、回避は体力に余裕があるうちのみオススメします。

グランブル対ラティアス

続いてはグランブルVSラティアス(どちらもPL40、個体値100%設定)の場合です。

グランブル

グランブル
CPHP攻撃防御
2440154179.40…120.13…
タイプ一致タイプ相性ダメージ
かみつく
(0.5秒)
×ばつぐん
(1.4倍)
4
バークアウト
(1.1秒)
×ばつぐん
(1.4倍)
8
インファイト
(2.3秒)
×いまひとつ
(0.714倍)
34
じゃれつく
(2.9秒)
ばつぐん
(1.4倍)
71
かみくだく
(3.2秒)
×ばつぐん
(1.4倍)
46

ラティオス

ラティオス
CPHP*攻撃防御
4932212500223.65…192.04…
タイプ一致タイプ相性ダメージ*
りゅうのいぶき
(0.5秒)
いまひとつ
(0.51倍)
4(1)
しねんのずつき
(1.1秒)
等倍14(3)
サイコキネシス
(2.8秒)
等倍112(28)
ソーラービーム
(4.9秒)
×等倍168(42)
ドラゴンクロー
(1.7秒)
いまひとつ
(0.51倍)
29(7)
*レイドボスポケモンのHPはランク毎に固定で設定しています。
*ダメージ内の()は回避成功時に受けるダメージです。
「*」が付いた技は、現在新規で取得不可能な技です。

高い攻撃種族値に加え、取得可能技に「ソーラービーム」「サイコキネシス」といった一本ゲージの強力技があるラティオスの場合は、グランブルの長期戦は難しそうです。

選出は「ドラゴンクロー」だった場合に絞ったほうが良いかもしれません。

ゲージ技被ダメージ量を見てみましょう。

ダメージ
サイコキネシス
112
ソーラービーム
168
ドラゴンクロー
29

ソーラービームは直撃=即死、サイコキネシスも通常技込みで考えると即死の可能性が高くなりますが、ドラゴンクローのダメージはしっかり軽減できています。

天気が「曇り」の場合、フェアリータイプに天候ブーストがかかり技の威力が向上するので、さらにグランブルの使い勝手が良くなるはず。

【ポケモンGO】天候ブーストを徹底解説!天気の種類、タイプ、効果まとめ
「天気連動機能」によって天候ブーストが実装!天気の種類とタイプへの影響、天候によって上がるポケモンの出現率、個体値、CP、技の威力について徹底解説します。

ラティアス/ラティオスのゲージ技がドラゴンクローの場合なら、グランブルを選出して戦わせてみるのも面白いかもしれませんね!


カウンターリストで計算すると分かるとおり、ラティアス/ラティオス対策にはその他にもカイリュー、レックウザ、バンギラスなど、通常技/ゲージ技どちらでも抜群が取れる優秀ポケモンが揃っています。

【ポケモンGO】カウンターリスト
対策したいポケモンを入力することで、全ポケモンの中からダメージ値を統計的に算出し、有利に戦えるポケモンを「ダメージ効率」「総ダメージ量」2つの観点から抽出するツールです。

そのため無理にグランブルを組み込む必要はないかもしれませんが、入手の難易度や与ダメージ量を考えると、手持ちの上記ポケモンで埋まらない席にグランブルを採用し、活躍させてみるのも面白いはず!

ラティアス/ラティオスが実装された際には、ぜひ参考にしてみて下さいね!

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    グランブルーより、バンギラス噛み噛みでしょ

トップへ