自宅の通信環境をWiMAXにする前に知っておくべきことを教えるよ!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

WiMAX

自宅でWi-Fiを使ってインターネットをする場合、通信環境として

  • 光回線やADSLなどの固定回線をベースにして、無線LANルーターでWi-Fi電波を飛ばして使うパターン
  • WiMAXなどのモバイルルーターでWi-Fi電波を飛ばして使うパターン

の2パターンがあります。

固定回線をベースにしたWi-Fiと、WiMAXなどモバイルルーターをベースにしたWi-Fiの両方ともに、メリット・デメリットがあります。

そこで今回は、WiMAXのメリットデメリットを中心として、自宅の通信環境をWiMAXにするのに向いている方と向いていない方WiMAXを契約する前に知っておくべきことをご説明していきます。

自宅の通信回線をWiMAX にするメリット

自宅の通信回線をWiMAXにするメリットは、以下の2点と言えます。

メリット

  • 月額4,000円ほどで、自宅の通信回線として使えて、外にも持ち出すことができる
  • 工事不要ですぐに使える

WiMAXは工事が不要なので、簡単にインターネットが自宅でも外でも使えるようになりますね。

以下は、以前WiMAXについて書いた記事の引用部分になります。

現在、自宅で使っている固定回線が月々4,000円くらいの方は、同じくらいの月額利用料で、WiMAXに乗り換えることで利便性が増すでしょう。

WiMAXと固定回線の大きな違いとして、WiMAXは「モバイルルーター」として外に持ち出すことができますが、固定回線は自宅から外に持ち出すことができません。

WiMAXのモバイルルーターを外出時に自宅から持ち出して使うと、携帯会社で契約しているデータ容量が一番少ない料金プランに契約変更して月額料金を下げられたり、通信無制限の契約なら通信速度制限を気にしなくてもよくなったりします。

WiMAXはスマホやタブレットなどのモバイル端末を、同時に最大10台ほどつなげることができるため、外出時にお友達とWi-Fi環境を共有することもできますね。

一戸建てにお住まいの方で、光回線を使用している場合は、月額8,000円ほどかかっているケースもあります。

そのような場合は、WiMAXに乗り換えることで月額利用料がお安くなります!

自宅の通信回線をWiMAXにするデメリット

自宅の通信回線をWiMAXにするデメリットは、以下の3点と言えます。

デメリット

  • 下り最大1Gbpsが出る光回線に比べて、WiMAXは下り最大440Mbpsと速度が遅い
  • 上り最大1Gbpsが出る光回線に比べて、WiMAXは上り最大30Mbpsと上りも速度が遅い
  • 通信状況が安定しない場合がある

速度を表す際に使われる「上り」とは、アップロードすることであり、写真を送ったり、動画をインターネット上にあげたりすることを意味します。

「下り」とは、ダウンロードすることであり、インターネットで検索をしたり、動画を観たりすることを意味します。

このように、WiMAXは光回線に比べると、上下ともに速度が遅いという点がデメリットであると言えます。

しかし、上記に3点挙げたWiMAXのデメリットは、「全くデメリットと感じない」という人と、「大いにデメリットに感じる」という人に分かれます。

「全くデメリットに感じない人」は、ぜひWiMAXへの乗り換えを検討すべきですし、「大いにデメリットに感じる人」は、WiMAXに乗り換えるべきではありません

以下で、WiMAXに向いている人・向いていない人を掘り下げてご紹介していきます。

自宅の固定回線にWiMAXが向いている人・向いていない人

固定回線

WiMAXを自宅のWi-Fiルーターとして使う上では、先に説明した通りさまざまなメリットとデメリットがあり、自宅の通信環境をWiMAXに変えることでお得、かつ、快適に使える方と、WiMAXではなくて光回線の方が快適に使える方がいます。

どのくらいの速度が必要か?

WiMAXは上下共に光回線よりも速度が遅いですが、普段、Youtubeで動画を観たり、メールを受け取ったり、インターネットで検索したりするという使い方であれば、一般的に下りの速度が5Mbpsほどあれば足ります

WiMAXは速度制限がかかったとしても下り6Mbps、上り1Mbpsの速度が出るので、通常使用に耐えることができるでしょう。

しかし、普段よくパソコンの遠隔操作をしたり、サイトの運営などでサーバーに画像をアップロードしたり、動画をアップロードしたりするという方はWiMAXが固定回線だと「上がりの速度」に不自由さを感じるかもしれません。

このように、アップロードすることが多く、速度制限がかかった際に上り1Mbpsの速度では足りないという方は、光回線の方が向いているでしょう。

反対に普段はダウンロードすることが多く、アップロードをしないという使い方をする人であれば、WiMAXで問題ないでしょう。

速度の安定性

自宅でWiMAXを使うには、Wi-Fi端末を充電しながら無線LANルーターとして使うことができる「クレードル」という機器が便利です。

自宅に部屋が何室もあったり、一戸建てで2階建て・3階建てだったりするという場合には、クレードルに無線LAN親機(Wi-Fiルーター)をつなげて家の中にWi-Fiを飛ばすとさらに便利です。

お部屋が広かったり、壁が厚くて電波が弱まるという方は、「無線中継機」を利用すると電波が行き渡ります。

WiMAXの対応エリアは全国ですが、壁が厚いところや地下など、エリアによっては都心でも電波が届きにくく不安定になる場合があります。

例えば光回線は、光ファイバー線や電話線を経由して「有線」で自宅に回線が引き込まれています。

自宅内の端末装置からカテゴリ6以上のLANケーブル(※1)で直接ノートパソコンなどに接続すると、上下ともに速度がほとんど劣化せず、安定します。

(※1)LANケーブルは、カテゴリという規格で種類が分かれていて、一般的にカテゴリ6を選択しておけば問題なく使えます。

自宅内の端末装置から無線LANルーター親機を経由してWi-Fi接続をする場合についても、十分な品質の無線LANルーター親機を使用することで「電波の弱さ」や「電波の不安定さ」に悩まされることはほとんどありません。

また、固定回線として契約しているインターネット回線に「速度制限」がかかることは稀で、光回線を契約するということは、24時間365日、光回線品質の通信を安定して享受できるということを意味します。

光回線と比較すると、WiMAX回線は「無線」で受信するぶん、「電波の弱さ」や「電波の不安定さ」に不安が残りますが、WiMAXをクレードル経由で有線接続して利用することで電波を途切れにくくしたり、安定度を増すこともできますし(※2)、電波が強く安定したエリアでWiMAXを利用する場合は、固定回線を利用しているのと変わらない状態で安定してインターネットを利用することもできます。

(※2)WX03という端末だと専用クレードルにアンテナが内蔵されているので、電波の状況が改善される可能性がありますが、W04という端末だと電波の強度自体はそれほど変わりません。

速度が安定するかどうかや、電波の状況は、実際にWiMAXを使ってみないとわかりません

WiMAX回線を実際に使ってみて、「電波の弱さ」や「電波の不安定さ」に問題を感じない人は、光回線には無い「持ち運べるWi-Fi」というWiMAX回線の利便性を享受することができます。

そこでWiMAXを契約する前に、使い心地を確かめるために「Try WiMAXレンタル」というサービスを利用することができます。

WiMAX の契約前にTry WiMAXレンタルで試そう

Try WiMAXレンタル

Try WiMAXレンタルは、WiMAXを無料で15日間お試しできるサービスで、クレードルが付いてくる機器の貸出もあるので、契約前に実際にご自宅で普段通りインターネットが問題なく使えるかどうか、使い心地を試すことができます。

Try WiMAXレンタルで貸し出される機器であっても、3日間で10GBを超えた場合には速度制限がかかり、翌日の夕方16時~夜中の2時まで速度制限の対象になります。

速度制限がかかった場合、例えばYoutubeでの動画視聴の画質は標準のものが観れるレベルになります。

このように、実際に契約した時と同じ環境を事前に無料で試すことができますので、WiMAXに乗り換えを検討している方にとっては、とてもうれしいサービスとなっています。

Try WiMAXレンタルを利用してみて、電波が悪くなったという方は、光回線が向いているということになるので、WiMAXに変えない方が良いでしょう

Try WiMAXレンタルを利用してみて、インターネットの使い心地が普段と変わらないという方は、WiMAXの本契約をしても問題ないでしょう

Try WiMAXレンタルについて詳しく書いた記事がありますので、よろしければこちらをご覧ください。

Try WiMAXレンタルでWiMAXを15日間無料でお試しできるよ!いつでもどこでもWi-Fi空間!
UQ WiMAXが提供している「Try WiMAXレンタル」でWiMAXを15日間無料でお試しできます!モバイルルーターのご購入を検討中の方は必見ですよ!

自宅で快適にWi-Fiを使うのにおすすめのWi-Fiルーターについてご紹介した記事は、こちらになります。

WiMAXは自宅のWi-Fiルーターとして使えるよ!
今回は、自宅でWiMAX を使用するメリットや、自宅で快適にWi-Fiを使うのにおすすめのWi-Fiルーター(無線LAN)や、おすすめのWiMAX事業者を詳しくご紹介します!

自宅の通信環境をWiMAXにする前に知っておくべきことまとめ

自宅の固定回線を光回線などからWiMAXにする前に、WiMAXのメリットやデメリットを考慮した上で、使い心地を確かめるためにTry WiMAXレンタルの利用をおすすめします。

今回ご紹介した内容を踏まえて、ご自身のインターネットの使い方は、光回線とWiMAXのどちらが向いているのかをご判断してくださいね。

トップへ