【ポケモンGO】ヤドキングのおすすめ技構成!ふぶきとだいもんじを徹底比較

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ヤドキングのおすすめ技構成!ふぶきとだいもんじを徹底比較

ヤドキング

今回は、2017年2月17日に実装された金銀ポケモンの、ヤドキングについてご紹介していきます。

ヤドキングはヤドンの分岐進化先ポケモンで、「ヤドンのアメ」50個と進化アイテム「おうじゃのしるし」1個で進化できます。

ヤドンヤドキング進化おうじゃのしるし

ちなみに、もう一つの進化先ヤドランへは「ヤドンのアメ」50個のみで進化できます。

ヤドンの進化先、ヤドランとヤドキングの比較

ヤドンの進化先にはヤドランヤドキングがいますが、両者はどう違うのでしょうか?

まず、ヤドランとヤドキングはどちらもヤドンののんびりした表情を受け継いでいて、最大CPや種族値ともに、まったく同じステータスを持っています。

タイプもみずタイプ・エスパータイプで覚える通常技も同じですが、ゲージ技だけ違うのです。

ヤドラン

ヤドラン

ヤドキング

ヤドキング

ヤドランの図鑑
「やどかりポケモン」
ヤドキングの図鑑
「おうじゃポケモン」
ヤドンが海へエサを取りに行ったときに、シェルダーにしっぽを噛まれた。
もともと感覚が鈍かったが、シェルダーの毒素がしみ込み痛さを感じなくなった。
頭にシェルダーが噛み付いていて、そこからしみ込んだ毒素によってただならない能力に目覚めた。
すごい知性とひらめきを持っている。
ヤドラン・ヤドキングのステータス
タイプみず・エスパー
最大CP 2482
HP
190
攻撃
177
防御
194
平均 / 合計
187 / 561
ヤドラン・ヤドキングの通常技
みずでっぽう
ねんりき
ヤドランの
ゲージ技
ヤドキングの
ゲージ技
サイコキネシス サイコキネシス
れいとうビーム ふぶき
みずのはどう だいもんじ

「れいとうビーム」ヤドランに進化させるか、「ふぶき」ヤドキングに進化させるか

ここでちょっと悩むのがこの問題ではないでしょうか。

「れいとうビーム」と「ふぶき」といった2つのゲージ技については、これまでも「ラプラスの最適技はどちらなのか!?」という面で未だに意見が分かれています。

ジムに多く配置されているカイリューに対して、どちらも強い技です。

今回、ヤドキングにも進化できるようになったため、

  • 「れいとうビーム」を覚えるヤドラン
  • 「ふぶき」を覚えるヤドキング

のどちらを育成していくかは悩むところですね。

2つの技の違いは下記の通りです。

名前 タイプ 威力 CD DPS
れいとうビーム こおり 90 3.3 27.28
ふぶき こおり 130 3.1 41.94

威力の差から考えると、「ふぶき」の威力は他のこおりタイプの技の中でも断トツに高いです。

せっかくなので、ぜひゲージ技に「ふぶき」を覚えたヤドキングをゲットしておきたいですね。

ただこれは、ジムでの戦い方の好みによっても分かれると思うので、

  • 相手の攻撃をできる限り回避して確実に勝ちたい方は、
    「れいとうビーム」を覚えるヤドラン
  • 被弾してもかまわないから素早い撃破で一気に倒すのが好きな方は、
    「ふぶき」を覚えるヤドキング

というようにおすすめします。

ヤドキングの覚える技

ここでもう一度、ヤドキングの覚える技を確認してみましょう。

ヤドキングの通常技

名前 タイプ 威力 CD DPS EPS
みずでっぽう みず 5 0.5 10 12
ねんりき エスパー 20 1.6 12.5 9.38

ヤドキングのゲージ技

名前 タイプ 威力 CD DPS
サイコキネシス エスパー 100 2.8 35.72
ふぶき こおり 130 3.1 41.94
だいもんじ ほのお 140 4.2 33.34

ヤドキングのコンボDPS

ゲージ技の強さを比較するときに、「コンボDPS」という考え方があります。

コンボDPSとは、通常技とゲージ技をひとつながりとして「1秒間あたりに与えることの出来るダメージ量」を比較する考え方です。

「理論上の最適技構成」はこうなる…という視点で見てみてくださいね。

コンボDPSについてのくわしい内容は、こちらの記事を参考にしてください。

【ポケモンGO】最新の全ポケモン最適技構成一覧!金銀アップデート対応版【コンボDPS】
金銀ポケモン対応版!全ポケモンの最強技を計算式で求めました。技のアップデートの直後で、どの技のポケモンを強化していいか分からなくなった時の参考にしてください。
順位 通常技 ゲージ技 コンボDPS
1 ねんりき サイコキネシス 21.66
2 ねんりき ふぶき 21.55
3 ねんりき だいもんじ 20.63
4 みずでっぽう サイコキネシス 20.59
5 みずでっぽう ふぶき 20.49
6 みずでっぽう だいもんじ 19.49

コンボDPSでみると、効率的にダメージを与えることができる技構成は「ねんりき/サイコキネシス」となっています。

ただ、実際の使い勝手としては「みずでっぽう/ふぶき」の方を最適技と考える人が多いのではないでしょうか。

技構成は、

  • 対戦する防衛ポケモンとのタイプ相性
  • 使ってみたときの使いやすさや、実感できる強さ

によって、個人個人「最適技構成」が異なります。

ぜひ、あなただけのヤドキングをみつけてください。

ヤドキングのおすすめ最適技構成は「みずでっぽう/ふぶき」

コンボDPSをご紹介しましたが、先ほどご紹介したように、ヤドキングの場合は実際の使い勝手として「みずでっぽう/ふぶき」の方を最適技と考える人が多そうです。

ポケマピとしても、ヤドキングの最適技構成は「みずでっぽう/ふぶき」をおすすめしたいと思います!

上記のコンボDPSの表を見ると、「みずでっぽう/ふぶき」の技構成はコンボDPS第5位の数値になっていますね。

それなのになぜ、この技構成をおすすめするのかをお伝えしていきます。

通常技「ねんりき」は使えない…?

まず通常技についてですが、ヤドキングが覚えるのはヤドランと同じ「みずでっぽう」「ねんりき」です。

名前 タイプ 威力 CD DPS EPS
みずでっぽう みず 5 0.5 10 12
ねんりき エスパー 20 1.6 12.5 9.38

表にある「CD」「DPS」「EPS」とは何かを簡単にご説明します。

  • CD…技の発動時間
  • DPS…1秒間あたりに与えることの出来るダメージ量
  • EPS…1秒あたりのゲージの増加量

1発を撃つときのCD(技の発動時間)は、断然「みずでっぽう」の方が速いです。

1発を0.5秒以内で撃つことができる通常技は、実装済みの通常技のうち9種類しか存在しません。

DPS(1秒間あたりに与えることの出来るダメージ量)で比較すると、「ねんりき」が「みずでっぽう」を上回ります。

最後に、EPS(1秒あたりのゲージの増加量)で比較すると、「みずでっぽう」の効率の良さが際立ちます。

まとめるとこのような感じになります。

CD みずでっぽうの方が速い
DPS ねんりきの方が高い
EPS みずでっぽうの方が効率が良い

発動時間が短いということは回避性能が高いということになり、対戦する防衛ポケモンからの被ダメージを抑えることができます。

そして、現環境のジムバトルでは、ほとんどのポケモンが強力なゲージ技を覚えているので、「効率的にゲージ量を貯めることのできる通常技(=EPSの値が高い通常技)」は価値が高いのです。

以上から考えると、1発あたりの与ダメージ量では「ねんりき」に劣るものの、総合的に優れる「みずでっぽう」がおすすめの通常技となります。

「ねんりき」の与えるダメージ効率の高さを活かすことができる環境があれば、話は変わってくるのですが、こちらはエスパータイプの技。

タイプ相性表を見てみると、攻撃側(今回だとヤドキング)がエスパータイプの技を使った場合、「効果はばつぐんだ!」(ダメージ1.25倍)にできるのは、防衛側ポケモンがかくとうタイプかどくタイプの2つのみなのです。

しかし現状では、ジムに配置されているポケモンで、かくとうタイプどくタイプのポケモンってほとんど見ないと思います。

ということで、「ねんりき」は活躍する場面も少ないので、選ぶべき通常技はやはり「みずでっぽう」でしょう。

今一番使えるゲージ技は「ふぶき」

次にゲージ技についてです。

コンボDPSは「みずでっぽう」との組み合わせだと「サイコキネシス」が最も高くなっていますが、実際の使う場面を想定すると、使いどころが多いという意味で「ふぶき」がおすすめとなります。

「サイコキネシス」は、エスパータイプで効果を抜群にできるポケモンが少ないため、現状のジムだと最適とは言えないのです。

そして、ヤドキングにはちょっと意外なほのおタイプの技「だいもんじ」

ほのおタイプの技についてもタイプ相性表を見てみると、効果を抜群にできる相手ははがね・むし・こおり・くさタイプとなっています。

こおりタイプにはラプラスがいますが、最近ではCPが低く調整されてしまったため、ジムで見ることは少なくなりました……。

「だいもんじ」も「サイコキネシス」と同様に、使いどころがないのが現状です。

さらに、ほのおタイプの技一覧を見るとわかるように、「だいもんじ」は「オーバーヒート」に次ぐ威力第2位の技となっています。

上位互換の技が存在する「だいもんじ」と比べて、「ふぶき」はこおりタイプの技の最上位格の技です。

技の格という意味でも、「だいもんじ」は見劣りしてしまいます。

「ふぶき」はこおりタイプの技なので、現在のジム環境で、ほとんどのジムに配置されていると言っても過言ではないカイリューに対して、弱点を2つ突く強力な攻撃を加えることができます。

カイリュー

また、下記の表で「だいもんじ」と「ふぶき」のCD(技の発動時間)を比べてみると、約1秒の差がありますが、この1秒の差が結構大きいです。

名前 タイプ 威力 CD DPS
ふぶき こおり 130 3.1 41.94
だいもんじ ほのお 140 4.2 33.34

ポケモンGO技一覧を見ると、他のすべての技の中でも「だいもんじ」のCD(技の発動時間)の長さはワースト4位で、硬直時間が長い割には威力がそれほど高くないのです。

このような考え方から、ヤドキングの技構成は現状のジムで一番使える「みずでっぽう/ふぶき」をおすすめします。


いかがでしたでしょうか。

金銀実装で、ポケモンの進化先にもさらに選択肢ができましたね!

これからジムバトルで使えるポケモンに幅ができたので、さらに面白くなりそうです。

ヤドンから進化しても目や表情は相変わらずのんびりしていますが、ジムでも十分活躍できるヤドキング、育ててみてはいかがでしょうか。

ヤドンヤドキング

引き続き、ポケモンごとのおすすめ技構成や活躍方法などの情報をお届けしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

トップへ