【ポケモンGO】ジムレベル10ばかりで置けない…。同じチームで追い出しする方法ってあるの?

%e9%ab%98%e5%b1%a4%e3%82%b8%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc

2016年10月28日にご紹介した記事を、2017年1月3日現在の情報に基づいて書き直しました。

2016年12月3日のアップデートで、敵ジム攻撃で下がる名声は1勝-1000名声、味方ジムトレーニングで上がる名声は1勝最大+1000名声となりました。

アップデート以降も、駅周辺など、ポケストップが多くてトレーナーの出入りが激しいエリアのジムは「激戦区」のままとなり、ジムレベル10をみかけることはほとんどありません。

しかし、ポケストップが少なくて、トレーナーがキズぐすりやげんきのかけらなどの回復系アイテムを手に入れにくいエリアや、周辺の状況からトレーナーが立ち寄りにくいエリアなどはジムレベル10に近い状態でジムが高層化しています。

【ポケモンGO】ジム仕様変更!味方ジムトレーニング時の名声が上がりやすくなったよ!
ジム仕様変更! 味方ジムトレーニング時の名声が上がりやすくなったよ! 日本時間の2016年12月3日13:30ごろ、ジム仕様変更のサイ...

「ジムレベル10」で10匹のポケモンが配置されていると、同じチームのジムにポケモンを置けません。

自分の色とは違うチームのジムをみてもまわりはジムレベル10ばかり。
かといって、ジムレベル10を更地にするなんて、とてもできそうにもない…ということで、困ってしまっているトレーナーの方も多いようです。

ジムレベル10ばかりでポケモンを置けない場合、同じチームで追い出しする方法ってあるんでしょうか。

目次

同色の味方ジムがジムレベル10の場合、新しくポケモンを置くことはできないし、現在ジムにいるポケモンを追い出すこともできません

まず、結論から言うと、同色の味方ジムがジムレベル10の場合、新しくポケモンを置くことはできないし、現在ジムにいるポケモンを追い出すこともできません。

手出しができない状態です。

でも、色の違う敵チームなら、ジムレベル10のジムを攻撃して、現在ジムに配置されているポケモンを追い出すことができます。

複数アカウントで追い出しと配置を実行するとどうなる?

いつも使っているメインアカウント以外に、メインアカウントとは違う色のチームに所属するサブアカウントを作成して、複数のアカウントで追い出しと配置を実行することを思いついた方もいるのではないでしょうか。

ポケモンGOのトレーナー規約で、「アカウントは1プレイヤー 1アカウント」と定められています。

%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%a2%e3%83%b3go%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

不正行為(チート): 不正行為はやめましょう。
フェアなプレイをお願いします。

Pokémon GO はモバイルデバイスでプレイでき、あなたを外の世界に誘い、世界を発見させるよう作られています。
残念ながらチートの手段は次々に生み出されますが、少なくとも以下のものを含みます。

変更を加えた、また非公式のソフトウェアを使用すること。
複数アカウントでプレイすること。
(1プレイヤー 1アカウントでお願いします。)
アカウントの複数人での共有。
位置情報を変更したり操作したりするツールや技術の使用。
アカウントの販売や交換。

もし不正行為の疑いがある方を発見した場合は、ヘルプセンターから連絡してください。

出典:Pokémon GOトレーナーガイドライン

複数アカウント(=複垢)は規約違反で、通報されてアカウントがBAN(=アカウントの剥奪、停止)される可能性があります。

チーム色の違う友達と協力プレイで追い出しと配置をするのは規約違反?
協力プレイはルール内のプレイです

1人のトレーナーが複数アカウントでプレイすることは規約違反で通報とアカウントBANの可能性があるプレイ方法ですが、チーム色の違う友達と協力プレイで追い出しと配置をするのはルール内のプレイです。

ジムレベル10のジムは、通常「52000/50000」の名声値が最大です。

%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab10%e3%82%b8%e3%83%a052000

ジムレベル10の名声表示には、

  • 「50000/50000」
  • 「52000/50000」
  • 「54000/50000」
  • 「56000/50000」
  • 「58000/50000」
  • 「60000/50000」
  • 「62000/50000」
  • 「64000/50000」
  • 「66000/50000」
  • 「68000/50000」

の10種類がありますが、「50000/50000」以外の9種類の表示はちょっとしたエラーなので、そんなジムに出会ったら1階にいるポケモンを1回だけ倒しましょう。
エラーが補正されて、「50000/50000」になります。

%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab10%e3%82%b8%e3%83%a050000

10匹が配置されたジムレベル10のジムは、名声が50000を切るとジムレベル9に落ちます。

ジムレベル10で名声が「52000/50000」のジムは、1階にいるポケモンを2回倒すか、1階にいるポケモンと2階にいるポケモンを2連勝で倒すかすると、名声が「49000/50000」になって、ジムレベル9になるのです。

ジムレベルが10から9に下がる時に、ジムレベル10のときに1階にいたポケモンが追い出されて、9匹が配置されたジムレベル9になります。
トレーニングして再びジムレベル10に戻して1席をつくりだし、ポケモンを配置すればジムレベル10のメンバー入りは完了です。

例えば、赤と青の友達が、お互いに赤と青のジムレベル10を「49000/50000」名声の状態にして、それぞれトレーニングをしてお互いがジムレベル10のメンバーになる…というプレイも、ジムバトルの形のひとつですね。

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    参考になりました

    • ポケマピ ポケマピ より:

      うれしいお言葉をいただき、ありがとうございます!

      引き続き、ポケモンGO攻略に役立つ情報をお届けしていきます。

      いろいろな記事をupしていますので、ぜひいろいろ読んでみてください。

      よろしくお願いいたします。

  2. ジム追い出しを何度も経験してる者 より:

    ソロプレイヤーには、複数端末で、別色に所属し無いと、凄く不利になるゲームシステムのくせに、複アカは、批判的で、ジム占拠はルール内だから、問題無しとして、放置する

    これでは、その占拠チームから外れた人達は面白くなく、辞めて行くのは、当然でしょうね。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      個人的な意見ですが、味方色のジムレベル10に関しては、いっそのことジムレベル10をトレーニングして8000~10000名声を上げたら「入れ替え権利」が発生するとかにしてほしいです。

      複数アカウントを取得している不正プレイヤーならジムと他色のアカウントで1階のポケモンと2回戦って勝った後、ジムと同色のアカウントで1000名声上げればジムレベル10に入れるのに、「1プレイヤー1アカウント」というトレーナーガイドラインのルールをしっかり守ってプレイしているユーザーは同色で10匹配置のジムレベル10に対して単独で入る方法が存在しないのはバランス悪すぎです。

      または、ジムを更地にして「配置権を持つ勝者」として認定を受けたらポケコインとほしのすながもらえる「攻撃ボーナス」とかがあれば、ジムレベル10に張り付いたままのジムは絶滅すると思います。

      ジムレベル10のシステムは、早急に調整をしてほしいですね。

      • 名無しのポケモントレーナー より:

        こちらのご意見、凄く賛同致します。私の地域はジムが10のところが多いのですが、周りにプレイヤーがいないのにポケモンが入れ替わる瞬間を見たことがあります。

        恐らく位置偽装と複数アカウントのダブルチートのプレイヤーなのですが、そういったプレイヤーが複数人いて、まともにプレイしている人たちは何も出来なくなってしまっています。

        チートを何とも思っていないプレイヤーは課金も当然しないでしょうし、生産性が無さすぎます。

        • ポケマピ ポケマピ より:

          コメントありがとうございます。

          周りに誰もいないのにジムがバチバチし始めるの、経験あります。

          あれはなんとも言えない気持ちになりますね。

          チートプレイも、トレーナー個人が楽しむことにとどまっていれば、直接的にはチートプレイヤーと運営側の二者間の問題ですが、チートプレイヤーがジム戦に関与してくるとルールを守ってプレイするトレーナーを直接巻き込んでの三者間問題に発展しますから影響が大きいです。

          運営のナイアンティックは、前作のイングレス時代に不審なアカウントへの容赦ないBANを実行してきたとの話も聞くので、ポケモンGOの世界配信がひと段落したらBAN祭りになるのかな、と思っていますが、前回のBAN祭りから少し期間が空きすぎな感じはありますね。

  3. たけし より:

    アップデート後もうちの回りはどこを見ても赤チーム。私も赤チームの単独プレーなので配置出来ません。ずっと独占的に占領してコインをゲットしている同じチームプレーヤーに腹立たしさを感じてしまいます…

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      がんばってトレーナーレベルを上げて、手持ちのポケモンを強化して、CP3000越えの長期防衛が期待できるポケモンが手元にあるにもかかわらず、「Pokémon GOトレーナーガイドライン」に沿った「単独プレー」をしていることでジムレベル10の流動性の無さの不利益を一手に引き受けることになるのは本当に納得がいかないですね。

      ポケコイン狙いでポケモンを配置するトレーナーは、CP3000越えが狙えるカイリュー、カビゴン、サイドン、ギャラドス、シャワーズしか配置する気はないでしょうし、事実、高層ジムを見渡すとカイリュー、カビゴン、サイドン、ギャラドス、シャワーズばかりが並んでいます。

      ジムを更地にすることを楽しみにしているトレーナーは、冬の寒さとどのジムにも同じようなポケモンばかりなことが原因なのか、いっときよりも活発に活動していませんし、ポケストップやジムの少ないいわゆる「田舎エリア」はすっかりジムレベル10に張り付いたジムばかりになってしまいました。

      以前、下がる名声が1勝+1000、上がる名声が1勝-500となる調整が行われたときには、ジムレベル10が次々に倒されて、ジムというジムがジムレベル3前後になるという現象がおきました。

      ただ、このときはジムの流動性は高まりましたが、安定ジムの存在が許されなくなり、トレーニングを楽しみにしていたトレーナーたちが大いに不満でした。

      個人的意見ですが、次回のジムアップデートでは、名声上げ下げのバランスは現状のまま、同色ジムに同色トレーナーが入れ替えを挑めるような仕様になるといいなあ、と思っています。

      ジムの独占やジムトレーニング時の横取り・ハイエナ行為など、味方であるはずの同色トレーナーにこそ不愉快な思いをさせられるのはなんとも言えないですね。

  4. 名無しさん@トレーナー より:

    そもそもジムに置いてある自分のモンスターを交代出来るシステムにして欲しい。
    つーかこんなん書くから復垢アホが蔓延るんじゃね?
    復垢やってるアホは死んで。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      チートプレイの中でも、複数アカウント(=複垢)を使用したプレイは、チートプレイを実行したトレーナー本人以外に与える影響が大きい点が大問題ですね。

      ただ、複数アカウントを理由としたアカウントの停止・剥奪(=アカウントBAN)は相当困難でしょう。
      一番特定が容易と思える1デバイス内での複数アカウント入れ替えによる運用についても、「13歳未満の子供用アカウント」の存在が許されている以上、プレイスタイル履歴からの推定だけでBANというのは乱暴と言う話になりそうです。

      記事でご紹介している「協力プレイ」についても、実際にトレーナー同士が協力して行うプレイであれば、はた目に複数アカウントによる運用にしかみえなくても、実態は「Pokémon GOトレーナーガイドライン」に沿った正式なプレイということになります。

      普段から1デバイス内で複数アカウントを入れ替え運用していて、ジム戦の同色蹴り出しの協力のときだけ短時間で入れ替えが行われた親子アカウントを、規定内の行為とみるか、アカウント停止・剥奪対象とみるかは、運営次第でしょう。

      この先、トレード実装となれば複数アカウントはさらなる問題を生み出しますから、なんらかの対策をとる必要があると思われます。

      現状のゲームシステムの中で考えたときに、例えば、ジム配置ボーナスのポケコインとほしのすなを廃止すれば複数アカウントをがんばる理由の大部分は消えます。

      いま挙げた例は乱暴ですし、違う問題を生む可能性があるやり方ですが、なんらかの方法で複数アカウントを駆使するトレーナー達だけがうま味を得るような環境が改善されるといいですね。

  5. ひろし より:

    同チームでの入れ替え戦の導入か、いっそ複数アカウントを認めてしまうことだと思います。ぼくも複数アカウントの人たちはキライですが、それは「ゲーム内のルール」に従っていないという理由からだけです。そこを外せば社会的には悪いこととは思いません。車で移動して住んでいる人に大迷惑をかけている「ゲーム内のルール」を守る人たちよりずっとましだと思います。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通りと思います。

      味方ジムトレーニング時のハイエナ行為などは、「ゲーム内のルール」では禁止行為になっていませんが、「道徳的にどうなのか」という社会のルールをどう解釈するかで意見は真っ二つだと思います。

      色違いの敵同士という設定の中でお互いがやり合うのならまだ陣地の奪い合いという解釈もできますが、同色の味方同士がとったとられたでいがみ合う環境は、なんとかしてほしいな…と思います。

  6. ひろし より:

    コメントいだたけてうれしいです。
    うれしいついでにもう少し本音を言います。

    複数アカウントが禁止されて他のチームの協力が禁止されていないということは、たとえばゲームをしている人口が正確につかめないとか、ナイアンティック内の都合でルール決めしてるんじゃないかと推測してます。違っているでしょうが、まあその程度のことだと思っています。

    それが悪い行為だから禁止しているんじゃないくて、禁止したのにやぶったから悪いということです。

    だからここの多くの書き込みに違和感を感じています。ハイエナ行為とかジム占拠の怒りを複数アカウントに結び付けがちですが、関係ないと思います。

    社会的・道徳的にどうなのかは、やっている一人ひとりが真剣に考えるべきだと思いますし、それは取った取られたの些細な問題ではなく、近隣への迷惑、交通事故の増加、社会的エネルギー(ガソリン)の無駄遣いなどです。

    そもそもポケモンGOは、同じチーム内で腹をさぐったり蹴落としたりするゲームだと思います。始めてすぐに分かりました。だから熱中します。でもバトルの後はいつも嫌な気分になります。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      いただいたコメントにある、

      「そもそもポケモンGOは、同じチーム内で腹をさぐったり蹴落としたりするゲームだと思います。」

      という点、おっしゃる通りと思います。

      ポケモンGOの各トレーナーは、チームが同じなだけで仲間ではない。

      それゆえに、他色同士が組んで協力するプレイが成立するのでしょう。

      ただ、複数アカウントについては、「Pokémon GOトレーナーガイドライン」で明文の不正行為であるとともに、悪い行為だから禁止しているのだと思われます。

      複数アカウントについては、

      ・本アカウントと同色のジムレベル10から、本アカウントと他色のサブアカウントを使っての蹴り出し
      ・ジムレベル7→8の8000名声上げを回避。ジムレベル7→6→7で本アカウントのポケモンを配置
      ・電撃戦で更地にしたジムに、「本アカウント+サブアカウント×2」の3匹を配置して防衛力を向上させる
      ・ジムレベルが上がる最後の1戦は本アカウントと同色のサブアカウントでトレーニング。自分のサブアカウントを本アカウントでハイエナする形で安心安全配置。
      ・将来的にトレードが実装されたら、複数アカウントを駆使して転売利益をゲット

      などの効果が期待できますが、どれもこれも、他人を出し抜いて自分さえ良ければいいという悪意を感じる行為ばかりです。

      ナイアンティックが複数アカウントを禁じているのは、ナイアンティック内の都合というよりは、複数アカウント使用者が明らかに有利になるゲーム仕様ゆえ、公平感を保つ意味で明文で禁止しているのだと考えています。

      複数アカウントという行為自体が、ゲーム内の秩序を破壊する悪い行為という判断でしょう。

      複数アカウントを使った「自分で自分をハイエナ」は複数アカウントの被害者にあたるのが「一般的に外道とされる、ハイエナ狙いのトレーナー」になるので直接結びつきにくいかもしれませんが、ジム占拠と複数アカウントの組み合わせは、ナイアンティックが定める規約に違反するだけでなく、複数アカウント使用者の行為に悪意を感じるため、怒りがこみ上げるのだと思います。

      ただし、ハイエナ行為やジム占拠行為そのものを不正行為(チートプレイ)とみるかどうかについては、ナイアンティックが定める規約内の正当な行為と考えます。

      ハイエナはポケモンGOの仕様上、意図しても、意図していなくても実行できて(実行されて)しまうプレイなので、トレーニングする側が注意するしかありません。
      ジムレベルが上がる最後の1戦の前に、周囲を見渡しながら一呼吸置かないといけない仕様が良い仕様だとは思いませんが。

      ジムレベル10から蹴り出されたトレーナーが怒りを覚えることについては、「最下段に配置されるような低CPのポケモンを置くから悪い」「トレーナーレベルを上げて、出直して来い」という意見が言われていることも承知しており、ごもっともと思います。

      ただ、それを言われるのが複垢野郎からだとちょっと違うということでしょう。

      学生の部活動などでも、レギュラーの枠があり、その枠をゲットするための努力がなされます。
      限られた枠を占めるに値する努力(=ジムであれば、そのトレーナー自身が上げた名声の値など)、限られた枠を占拠し続けるに値する実力と正当性(=ジムであれば、配置されたポケモンのCP値や配置の経緯など)が担保されてこそ、周囲の納得が得られるのだと考えます。

      だから、ジムレベル10のシステム調整について、
      ・ジムレベル10もトレーニングして空席を確保できるようにしてほしい
      ・そうしてできたジムレベル10に自分のポケモンを配置できるようにしてほしい(入れ替え権がほしい)
      と個人的な希望を書いた次第です。

      最後に、「社会的・道徳的にどうなのかは、やっている一人ひとりが真剣に考えるべきだと思いますし、それは取った取られたの些細な問題ではなく、近隣への迷惑、交通事故の増加、社会的エネルギー(ガソリン)の無駄遣いなどです。」とコメントいただいた点についてですが、この点は、
      ① ポケモンGOをプレイする者同士の輪の中の話
      ② ポケモンGOをプレイする者とポケモンGOをプレイしない者と分けての話
      に場合を分ける必要があると考えます。

      「① ポケモンGOをプレイする者同士の輪の中の話」で言えば、取った取られたは些細な問題ではなく重大関心事です。
      多くのトレーナーにとって、ジムがそもそも取った取られたをする場所ということは既知の事実なので、通常のプレイの範囲内での取った取られたに問題を感じるトレーナーは少ないでしょう。
      問題視されるのは、複数アカウントをはじめとした「チートプレイによる取った取られた」で、チートプレイによって自分だけを有利な立場にして立ち回るトレーナーに、公平なプレイを希望するトレーナーが憤りを感じるのは当然と思われます。

      「② ポケモンGOをプレイする者とポケモンGOをプレイしない者と分けての話」で言えば、取った取られたは些細な問題です。
      ゲームをプレイする者同士の小さないさかいなどの問題よりも、近隣住民への迷惑・交通事故の増加・社会的エネルギーの無駄遣いといった案件について社会的・道徳的にどうなのかをポケモンGOトレーナー全員が真剣に考えるべきという点はおっしゃる通りと思います。

      以上、長くなってしまいましたが、この記事を書いた私の私見です。

      返信にお時間をいただいてしまい、申し訳ありません。

      ポケマピのこの記事には、みなさんから多くのコメントを寄せていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。
      住んでいるところも違うし、だからこそポケモンGOをプレイする環境も違うトレーナーが、ひとつの記事を通じていろいろな思いや考えについて意見を取り交わす場になってうれしいです。

      引き続き、お役に立てる記事を書いていきますので、よろしくお願いいたします。

  7. ひろし より:

    ぼくの考えるルールはこうです。

    ジムにはあらかじめ6体のポケモンが配置されています。
    何のポケモンかはジムによって変わります。また定期的にメンバーが入れ替わります。
    ぼくたちトレーナーはそこに行ってジム戦を申し込むわけです。
    対戦モードは6対6と3対3の2種類。どちらか選んで対戦します。
    ジム戦に勝つと経験値とメダルがもらえます。コインはもらえませんが6対6戦のクリア時間の順位がリストに残ります。このリストに載るためにがんばるわけです。リストは半年ごとに消去されます。1位だけが期間チャンピョンとしてずっと残ります。
    ジムではCPUによる対戦のほかに、そこにいる人との対戦もできます。
    ポケモンを置いてくるという行為はありません。
    コインはどこでもらえるかというと、歩いた距離でもらえます。みんながんばって歩きますから健康にいいです。こちらのほうがアニメにも則しているし、平和でいいと思いますがどうでしょう。

    複数アカウントなど、そうなるように作っておきながら違反したらBANというのは、いかにもお粗末な考え方だと思います。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      ご考案のルール、おもしろいですね!

      AIによるジム防衛ポケモンの自動設置については、考えたことがあります。

      ナイアンティックのやりたいことのひとつに、赤・青・黄の3チームによるジムの陣地獲り合戦があるでしょうから、AIだとそこの部分が成立しにくくなる関係でナイアンティックは採用しなかったのかもしれないな…などと考えていました。

      「ジムにポケモンを配置するとボーナスが獲得できる」「配置をしたまま21時間の防衛に成功すると、配置したままのポケモンから継続してボーナスが獲得できる」という人間の欲を利用して配置を促しておきながら、ジム攻撃側へのインセンティブを設定しなかったのは残念です。

      ジム防衛ポケモンはナイアンティックが配置する多種多様なAIの防衛ポケモンで、トレーナーはポケモンを置くことはできないけれど、他色の敵ジムなら攻撃して陥落させ、自色にジムを塗り替えたときにポケコイン獲得(「ジムの勝者への優先権」で獲得者を判断)、同色の味方ジムならトレーニングをしてAIの防衛ポケモンが配置される席を増枠したトレーナーがポケコインを獲得できる(配置できるポケモンが3匹くらい選択式で示されて、選んで配置をすると10ポケコインがもらえる、などの方式をイメージ)というような方法なら、AIとジムの陣地獲り合戦がかみ合うかもしれません。

      歩いた距離でポケコインがもらえるのは、ものすごく健康的でいいですが、位置偽装組が「歩く」のをがんばったり、ポケコイン欲しさに位置偽装に手を染めるトレーナーが増えたり…と悪影響も大きそうです。

      でも、実際に実装されたとしたら、散歩でポケコインがもらえるってのは健康にいいし平和だし、すごくいいですね!

  8. 名無しのポケモントレーナー より:

    近所の赤複垢多い。異常な執着で複垢泡マラソンしまくる*****とかいうおっさんうざい

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      泡マラソンについては、人の近づかない山寺のジムで、仲間内で示し合わせて泡マラソンができる防衛ポケモンを10匹配置して、がんばって泡マラソン…という方式で楽しんでいる人たちがいるという話を聞いたことがありますが、1人のトレーナーが複数アカウントで、他のトレーナーもよく使うジムで独占的に泡マラソンをするというのは、そのジムで遊ぼうと思っている他のトレーナーたちにとっては大迷惑ですね。

      ※個人を特定しての攻撃につながるといけないので、いただいたコメントに含まれるアカウントIDを「*」に置き換えさせていただきました。
      そのようなご意向ではないと思いますが、申し訳ありません。
      ご了承おきの程、よろしくお願いいたします。

  9. 名無しのポケモントレーナー より:

    大阪府八尾市の
    ********
    TL34 青チーム
    もかなりうざい複垢トレーナーです。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      最近は、ジムレベルの情報を確認しやすくなったことから、ジムレベル10だと悪目立ちするということで、長期防衛を目指すジムの管理人は、ジムレベル8をキープするよう努めている、という話もあるようです。

      本アカウントの高CPポケモンを管理するジムに配置して、ジムの頂点付近に配置しつつ、そのジムがジムレベル9や10になったら、本アカウントとは他色のサブアカウントを使ってジムレベルを下げ、ジムレベル8に調整。
      ジムレベル8を割るようであれば、ジムレベル8になるようにトレーニング、ということをするようです。

      安定ジムから安定してポケコインとほしのすなのボーナスをもらうためのメンテナンスとしては度が過ぎると感じましたが、複垢トレーナー本人からすれば「何が悪いのか」という話になるんでしょうね。

      ※場所を特定しての攻撃につながるといけないので、いただいたコメントに含まれるジム名を「*」に置き換えさせていただきました。
      そのようなご意向ではないと思いますが、申し訳ありません。
      ご了承おきの程、よろしくお願いいたします。

トップへ