発表されているGBLシーズン19:Shared Skiesの「覚えられるわざの変更」をサイト内に反映しました。
トレーナーバトルシミュレーター( https://pokemongo-get.com/taimansym/ )などでご活用ください。
※ゲーム内での変更は2024/6/1(土)午前5時以降が予定されています。実際の変更前は新しく覚えられるようになるわざを「わざマシン」で覚えることはできませんので、ご注意ください。(わざアップデートの詳細はこちらの記事( https://pokemongo-get.com/board/3602/ )で確認できます)

【ポケモンGO】アメXLを獲得するためにはポケモンを強化してから博士に送るべき?【分析】

スポンサーリンク
ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

アメXLとポケモン強化の分析

追加検証

アメXLがほしい場合、ポケモンを強化してから博士に送った方がいいのかな…?と考えたことがある方にとって、大変興味深い分析が確認されています。

下記は、海外トレーナーの分析を日本語意訳でまとめたものです。

参考元 Results after transferring and recording XL candies received for 2620 pokemon and analysis on whether powering to a breakpoint is worth it (yes) : TheSilphRoad

2620匹のポケモンをポケモンレベル別に博士に送ったときに得られたアメXL数の結果表

2620匹のポケモンを博士に送り、ポケモンレベル帯に分けて獲得できたアメXL数を記録しました。

結果は次のとおりです。

ポケモンレベル帯博士に送った回数獲得アメXL数確率95%信頼区間
1-141108272.4%1.7~3.6
15-195096613.0%10.3~16.2
20-222856924.2%19.5~29.6
23672232.8%22.6~45.0
24-251626439.5%32.2~47.4
26-3038818848.5%43.4~53.5
31-351017877.2%67.9~84.5
合計262051419.6%

これらのポケモンレベル帯を選択したのは、アメXL獲得率がこれらの範囲内で類似しており、要約が容易になったためです。

これらはブレイクポイントを反映していると思いますが、これは単なる仮説であり、完全に分析するにはより多くのデータが必要になります。

ただし、ポケモンレベル14とポケモンレベル15のレート、またはポケモンレベル30とポケモンレベル31のレートの間の信頼区間に重複がないことは注目に値します。

これは、これらのポケモンレベルのペアでのレート差が統計的に有意であることを示しています。

個々のポケモンレベルのサンプルサイズが特に大きくないことを考えると、真のレートに大きな根本的な違いがなければ、ということにはなりますが、差が発生する可能性はほとんどありません。

ブレイクポイント仮説で中心的な疑問点となるのは、ポケモンレベル20~ポケモンレベル25の範囲で何が起こっているかです。

見かけの結果を反映するために1つを分解しましたが、信頼区間はかなり重複しているため、レベルごとに変化があるのか​​、複数のブレイクポイントがあるのか​​、単なる運要素なのか、などを判断するのはかなり困難です。

データのレベルごとの内訳は、ここにあります(Googleドキュメント)。

この分析について、私はポケモンレベルのみを考慮していることに注意してください。アメXL獲得率に影響を与える可能性のある他の要因を考慮していません。(例えば、アメXLを獲得できる可能性が高い進化形ポケモンなど)

スポンサーリンク
レクタングル大

博士に送る前にポケモンを次のレベルに強化することは価値があるのか?

以下の分析について、私が記録したレートに完全に基づいていることを強調しておきます。

釣りタイトルのようになっていて申し訳ありませんが、分析は実施するのが面白く、博士に送った時に獲得できるアメXL率とと100対1の変換レートを考えるのに役立つので、投稿します。
とにかく、この件についての憶測が飛び交うのを見たことがあるので、よく考えて対処することが役立つと思いました。

「ほしのすな」のコストが発生するため、全体として価値があるかどうかは、「ほしのすな」をどれだけ評価するかによって異なりますが、アメのコストと獲得したアメXLの概算を計算して、アメに関して価値があるかどうかを純粋に調べています。

「2620匹のポケモンを博士に送り、ポケモンレベル帯に分けて獲得できたアメXL数の記録表(上掲の表)」の「確率」を真のレートとして受け止めた場合の、各ポケモンレベル帯ごとのブレイクポイントを調べてみましょう(「確率」が明らかに「偽」の場合、下記の分析はいずれも成立しません)。

これはまた、①特定のポケモンレベルに強化されたポケモンと②そのポケモンレベルで捕獲されたポケモンについて、①と②を博士に送った場合に違いがなく、上記のデータが実際の値からそれほど離れていないことを前提としています。

ポケモンの強化について、次の場合に価値があります。

次のポケモンレベルで博士に送ったときに予想されるアメXL数 > 元のポケモンレベルで博士に送ったときに予想されるアメXL数+アメ100対1のレートで変換することで得られると予想されるアメXL数

ポケモンレベル14 → ポケモンレベル15への強化

ポケモンレベル14のポケモン1匹をポケモンレベル15に強化するコスト砂3,200、アメ4
ポケモンレベル14のポケモン100匹をポケモンレベル15に強化するコスト砂320,000、アメ400
アメ→アメXL変換(1:100)アメXL 4 個
レベル14のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 2.4 個
レベル15のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 13 個
期待差益アメXL 6.6 個

この場合は明らかに価値があります。

ポケモンをポケモンレベル14 → 15に強化しないと、100回の「博士に送る」と使用しなかった400個のアメからアメXL 6.4 個が期待されるところ、ポケモンレベル15に強化するとアメXL 13個が期待されます。

運がかなり悪い場合でも、より多くのアメXL数を期待できます。

ポケモンレベル19 → ポケモンレベル20への強化

ポケモンレベル19のポケモン1匹をポケモンレベル20に強化するコスト砂5,000、アメ4
ポケモンレベル19のポケモン100匹をポケモンレベル20に強化するコスト砂500,000、アメ400
アメ→アメXL変換(1:100)アメXL 4 個
レベル19のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 13 個
レベル20のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 24.2 個
期待差益アメXL 7.2 個

ポケモンレベル14 → 15の強化のとき同様、明らかにそれだけの価値があります。


ポケモンレベル20~ポケモンレベル25の範囲内のブレイクポイントについて多くを語る十分な証拠がないため、この範囲をスキップします。

ポケモンレベル25 → ポケモンレベル26への強化

ポケモンレベル25のポケモン1匹をポケモンレベル26に強化するコスト砂8,000、アメ6
ポケモンレベル25のポケモン100匹をポケモンレベル26に強化するコスト砂800,000、アメ600
アメ→アメXL変換(1:100)アメXL 6 個
レベル25のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 39.5 個
レベル26のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 48.5 個
期待差益アメXL 3 個

「48.5 > 45.5」なので、レートがほぼ正しいと仮定すると、技術的な観点からは価値があります。

ただし、ここでの期待差益はポケモンレベル14 → 15およびポケモンレベル19 → 20のブレイクポイントよりも小さいため、実際により多くのアメXLを獲得できるかどうかは運に依存します。

実際的な観点からは、このポケモンレベル帯で強化を実行することに、ほとんどの場合、大きな価値があるとは思えません。

ポケモンレベル30 → ポケモンレベル31への強化

ポケモンレベル30のポケモン1匹をポケモンレベル31に強化するコスト砂10,000、アメ8
ポケモンレベル30のポケモン100匹をポケモンレベル31に強化するコスト砂1,000,000、アメ800
アメ→アメXL変換(1:100)アメXL 8 個
レベル30のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 48.5 個
レベル31のポケモン100匹を博士に送ったときに期待されるアメXL数アメXL 77.2 個
期待差益アメXL 20.7 個

このポケモンレベル帯での違いは非常に大きいので、「ほしのすな」に余裕がある場合は、ポケモンを強化することが最善の利益になります。

結論

最初に提示したすべての仮定(重要な仮定)を前提にして、「博士に送る」と「アメ→アメXL変換(100:1)」について純粋にアメ数とアメXL数だけを見つめた期待差益(消費する「ほしのすな」数を考慮しない)を考えるとき、ポケモンを、ブレイクポイントするポケモンレベルに強化することは一般的に価値がありますが、その価値の程度はブレイクポイントによって異なります。

ポケモンレベル30 → 31のブレイクポイントは最も重要な期待差益を提供するポイントですが、ポケモンレベル14 → 15およびポケモンレベル19 → 20もまともな差益を期待できます。

ポケモンレベル25 → 26との違いはかなり小さいので、他の要因を考慮に入れると、本当に本当に必死でない限り、ほとんどの人にとっておそらく価値がありません。(したがって、伝説はほぼ確実に現状のまま転送されるべきです)。

「ポケモンを強化してから博士に送る」ということは、繰り返す必要があるため、上記の結論は上述したブレイクポイント分析とレートがほぼ正しいことに依存しています。

サンプルサイズの大きな調査では、今回の情報とは異なる傾向が明らかになる可能性があるため、「強化してから博士に送る」を実行する前に注意してください。


「ほしのすな」の評価に関する要因は個々のトレーナーとポケモンに大きく依存しているので、私はそれらをトレーナーの判断に任せて、アメXLの期待差益のみに基づいて分析を書きました。

現実的には、ほとんどの人は、ポケモンレベル30のすべてのポケモンをポケモンレベル31に強化してから博士に送るための「ほしのすな」の余裕を持っているわけではありません。

また、すべてのポケモンを最大限に活用することが目標でない限り、すべてのポケモンにアメXLは必要ありません。

特定の状況で分析の結果を利用する価値があるかどうかです。

ポケモンレベル40 → 50に強化するために必要なアメXLを、今回の分析の結果を利用して得ることには、ほぼ間違いなく価値がありませんが、「ほしのすな」コストを追加しても、分析の結果を利用してアメXLを得られる期待値をupする価値があると感じる可能性がある特定の状況があります。

「ほしのすな」に余裕がある場合、レベル48のタスクをクリアするのに最後のアメXL3個~4個が足りない場合、GOバトルリーグで対面の勝敗結果が変化するため、追加の0.5レベルの強化が必要な場合…などが該当します。


今回、博士に送ったポケモンは、どのポケモンも強化を行っていないため、「0.5」レベルについては未調査です。

「0.5」レベルのポケモンの確率についてはわかりませんが、おそらく、端数切り捨て時のポケモンレベルと同じになると思われます。

上掲の結果表では、私が得た確率で類似しているレベルをグループ化しています。

ポケモンレベル1~14のレートは非常に類似しており、それほど増加しているようには見えませんでした(実際、ポケモンレベル10~14の範囲が最も低いレートでしたが、ほぼ確実に運要素が原因でした)。

次に、ポケモンレベル15で大きなジャンプがあり、どのレベルからでも最も多くのデータがあります。

ポケモンレベル30から31への大幅なジャンプもありました。

ポケモンレベル15~30の範囲はより危険で、関係が線形であると信じている人もいますが、ポケモンレベル1~14とポケモンレベル31~35の範囲は、直線的なものではなく、ブレイクポイントパターンに従っているように見えます。

そのため、全体を通してグループごとに整理することにしました。

あなたは、リンクしたテーブルの生データを見て、グループ化が理にかなっているかどうかを判断できます。

いずれにせよ、すべてのレベルのテーブルを1つの投稿に入れるのは扱いにくいため、グループ化して投稿したという点をご理解ください。

スポンサーリンク
レクタングル大

リンク先の生データ

LevelPokemonXL CandyPercentAdjustedMargin of ErrorLowerUpper
17011.40%4.10%4.60%-0.50%8.60%
27122.80%5.30%5.20%0.10%10.50%
35723.50%6.60%6.30%0.20%12.90%
46723.00%5.60%5.50%0.20%11.10%
57411.40%3.80%4.40%-0.50%8.20%
66334.80%7.50%6.40%1.00%13.90%
77222.80%5.30%5.10%0.10%10.40%
813853.60%4.90%3.60%1.30%8.60%
97911.30%3.60%4.10%-0.50%7.70%
107434.10%6.40%5.50%0.90%12.00%
118011.30%3.60%4.00%-0.50%7.60%
127811.30%3.70%4.10%-0.50%7.80%
138911.10%3.20%3.70%-0.40%6.90%
149622.10%4.00%3.90%0.10%7.90%
152173013.80%14.50%4.70%9.70%19.20%
16801215.00%16.70%8.10%8.50%24.80%
1768710.30%12.50%7.80%4.70%20.30%
187368.20%10.40%7.00%3.40%17.30%
19711115.50%17.30%8.70%8.60%26.10%
201403424.30%25.00%7.20%17.80%32.20%
21651523.10%24.60%10.40%14.30%35.00%
22802025.00%26.20%9.60%16.60%35.80%
23672232.80%33.80%11.20%22.60%45.00%
24823239.00%39.50%10.50%29.00%50.10%
25803240.00%40.50%10.70%29.80%51.20%
26774254.50%54.30%11.10%43.30%65.40%
27984748.00%48.00%9.90%38.10%57.90%
28703245.70%45.90%11.60%34.40%57.50%
29703347.10%47.30%11.60%35.70%58.90%
30733446.60%46.80%11.40%35.40%58.10%
31221986.40%80.80%15.50%65.30%96.20%
32242291.70%85.70%13.20%72.50%98.90%
33171270.60%66.70%20.60%46.10%87.20%
34231669.60%66.70%18.10%48.50%84.80%
3515960.00%57.90%22.70%35.20%80.50%
Total2620514

注意点

  • 「博士に送る」で得られるアメXL数にポケモンレベルでの「ブレイクポイント」が存在するかどうかは議論が続いています。「確率が飛躍」するポイントはなく、連続するポケモンレベルごとに線形の確率が設定されている説(ブレイクポイントは存在しない説)も存在します
  • リンクされている生データテーブルを見ると、ポケモン14 → 15へのレートの明確なジャンプを見ることができます。ポケモンレベル19 → 20へのジャンプはそれほど明確ではなく、ポケモンレベル30 → 31へのジャンプもあります。運要素が原因である可能性もありますが、ポケモンレベル14 → 15は確かにきれいに見えます
  • ポケモンレベル30 → 31のブレイクポイントを狙った強化で得られるアメXL期待差益「アメXL 20.7 個」を得るために必要な「ほしのすな」が100万であることから、「アメXL 1 個あたりに『ほしのすな 5万』」のコストをかけるのは馬鹿げている、とする意見もあります。「ほしのすな」の価値に対する評価や、「ほしのすな」コストをかけてでもアメXLを確保したいシチュエーションなどで意見が異なります。
  • シャドウポケモンが登場しているポケモンについては、リトレーンしてから博士に送る作戦も有効です
  • 天候ブーストでポケモンレベルが底上げされる際に、野生でまとまった数を捕獲できるポケモンなのか、なかなかまとまった数を確保することが難しいポケモンなのか、によっても、この分析に基づいて強化を実行する際の価値は異なります
  • 天候ブーストで捕獲した伝説ポケモン(ポケモンレベル25)をポケモンレベル26に強化してから博士に送ることに価値を感じたトレーナーもいます

追加検証

2021年2月5日(金)付けで紹介された海外調査によると、捕獲時にもらえるアメXLの数はポケモンレベル15以降に増加し始め、ポケモンレベル31以降に平坦になると紹介されており、「PL30→PL31」にブレイクラインがあることが判明しています。
捕獲時にもらえるアメXLの数に関する調査結果

博士に送る際についても同様に、「PL30→PL31」にブレイクラインがある可能性があります。

↓以下では、2021年1月17日(日)に追記した内容を掲載しています。

以下は、上記の内容を前提として、2021年1月16日(土)に開催されたワンリキーのコミュニティ・デイで実験した内容をまとめたものです。

交換せずに、自分で捕まえたポケモンを博士に送る(捕獲→博士に送る)

【条件】

  • CP850以上の「ワンリキー」が対象
  • 色違いの「ワンリキー」は含まない
PL353匹送り2アメXL66.7%
PL342匹送り2アメXL100.0%
PL332匹送り1アメXL50.0%
PL323匹送り2アメXL66.7%
PL310匹送り0アメXL
PL304匹送り4アメXL100.0%
小計:14匹送り11アメXL78.6%
PL296匹送り3アメXL50.0%
PL284匹送り2アメXL50.0%
PL272匹送り0アメXL0.0%
PL263匹送り1アメXL33.3%
PL251匹送り1アメXL100.0%
小計:16匹送り7アメXL43.8%
合計:30匹送り18アメXL60.0%

サンプルサイズが小さいものの、「PL29」と「PL30」にブレイクラインが存在するように見えます。

交換後に、他のトレーナーが捕まえたポケモンを博士に送る(他のトレーナーが捕獲→交換→博士に送る)

【条件】

  • TL39以下のトレーナーが捕獲した、CP850以上の「ワンリキー」が対象
  • 交換の際、TL39以下のトレーナーは「CP850以上のワンリキー」を提供、TL40以上のトレーナーは「手持ちから、より低CPのワンリキー」を提供というルールで交換(TL40以上のトレーナーにとってアメXL面から期待値の低い低CPワンリキーを、アメXL面からの期待値が高い高CPワンリキーと交換)
  • 色違いの「ワンリキー」は含まない
  • キラポケモンの「ワンリキー」は含まない

1回目

PL352匹送り2アメXL100.0%
PL345匹送り4アメXL80.0%
PL332匹送り2アメXL100.0%
PL321匹送り0アメXL0.0%
PL312匹送り2アメXL100.0%
PL300匹送り0アメXL#DIV/0!
小計:12匹送り10アメXL83.3%

2回目

PL351匹送り1アメXL100.0%
PL342匹送り1アメXL50.0%
PL334匹送り3アメXL75.0%
PL320匹送り0アメXL#DIV/0!
PL311匹送り1アメXL100.0%
小計:8匹送り6アメXL75.0%
PL307匹送り4アメXL57.1%
小計:23匹送り16アメXL69.6%
1回目と2回目の合計:43匹送り30アメXL69.8%

「TL39未満のトレーナーが捕獲」した高ポケモンレベルの「ワンリキー」を、TL40以上のトレーナーが受け取ってから博士に送ると、TL40以上のトレーナーが自分で捕獲して博士に送った高ポケモンレベルの「ワンリキー」のときと同じような確率でアメXLを得られることが確認できています。

これにより、2021年1月現在、「アメXL」を受け取ることのできないTL39以下のトレーナーが持つ高ポケモンレベルのポケモンは、TL40以上のトレーナーにとってはアメXL面から交換価値の高いポケモンだと言えます。

交換後に、他のトレーナーが捕まえたポケモンを「PL29→PL30」に強化してから、博士に送る(他のトレーナーが捕獲→交換→強化→博士に送る)

【条件】

  • TL39以下のトレーナーが捕獲した、CP850以上の「ワンリキー」が対象
  • 交換の際、TL39以下のトレーナーは「CP850以上のワンリキー」を提供、TL40以上のトレーナーは「手持ちから、より低CPのワンリキー」を提供というルールで交換(TL40以上のトレーナーにとってアメXL面から期待値の低い低CPワンリキーを、アメXL面からの期待値が高い高CPワンリキーと交換)
  • 色違いの「ワンリキー」は含まない
  • キラポケモンの「ワンリキー」は含まない
PL29→30に強化10匹送り7アメXL70.0%

「PL29のワンリキー」を博士に送ったときにアメXLをもらえる確率は、「50%」ほどだと思われるところ、「PL29→PL30」に強化して博士に送ったら「70%」の確率でアメXLをもらうことができました。

「PL29とPL30」間にブレイクラインが存在する可能性と、アメXLをもらえる確率は「強化後のポケモンレベルが対象」となる可能性が高まりました。

PL29(交換後未強化)4匹送り2アメXL50.0%
PL28(交換後未強化)5匹送り2アメXL40.0%

念のため、交換後のPL29とPL28のワンリキーを、未強化で博士に送ってみたところ、「50%」以下の確率が確認されました。

実験結果まとめ

海外トレーナーの検証では、「PL30→PL31」にブレイクラインがあるのでは、という検証結果になっていますが、「PL29→PL30」にも、ブレイクラインがあるように見えます。

いずれにせよ、PL31レベル以上で捕獲できる「天候ブースト」を活用して、よりポケモンレベルの高いポケモンを捕獲し、捕獲時にアメXLを獲得しつつ、博士に送る際も高確率でアメXLをもらうのを狙うことが基本戦略になりそうです。

2021年1月17日(日)現在、TL39以下のトレーナーはアメXLをゲットできませんが、TL39以下のトレーナーが捕獲したポケモンであっても、交換後にTL40以上のトレーナーが博士に送ることで、アメXL獲得の対象となります。

TL40以上のトレーナーは、TL39以下のトレーナーの協力を得ることで、アメXL集めを加速させることができます。

今回の実験で、「博士に送ったときにアメXLをもらえる確率は、強化後のポケモンレベルが関係する」と確認できましたが、PL29→PL30への強化には1匹あたり、「ほしのすな:10000」と「ポケモンのアメ:8」が必要となるため、「ほしのすな」の価値をどう評価するか、「ほしのすな」の余裕量とアメXLをどれほどほしいと考えているか、によって強化を実行してもらえるアメXLを増加させる作戦の有効度は変化します。


ちなみに、「博士に送ったときにアメXLをもらえる確率」について、PL29が「50%」、PL30が「70%」と仮定して、PL29のポケモン100匹をPL30に強化してから博士に送るとすると、「ほしのすな:100万」と「ポケモンのアメ:800個」が必要です。

PL30に強化してから博士に送ることで、100匹送ったときに70個のアメXLが期待できますが、PL29のまま博士に送った場合は50個のアメXLを期待できつつ、強化に要する800個のアメをアメXLに変換することで「アメXL:8個」を確定ゲットできることから、PL29のままでも「58個」のアメXLを期待できます。

このとき、期待値の差は「アメXL:12個」となり、アメXLを1個増加させるために必要な「ほしのすな」コストは「約83333」となります。

ポケモンレベルの特定には分度器と個体値厳選ツールが便利

ポケモンレベルと分度器

ポケモンレベルの特定には分度器と個体値厳選ツールが便利です。

ポケモンレベル度数1レベル強化に必要なコスト
1495度砂3,200 アメ4
19115度砂5,000 アメ4
25135度砂8,000 アメ6
30150度砂10,000 アメ8

特定のポケモンレベルのポケモンを分度器で絞り込んで、個体値厳選ツールで実際のポケモンレベルを調べ、タグ付け機能などで管理すると作業が捗ります。

個体値厳選ツールはこちら

タグ付け機能の使い方、仕様まとめの記事はこちら

アメXL / ふしぎなアメXLとは?ポケモンを更にレベルアップするために必要な新アイテム

アメXLまとめ

アメXL、ふしぎなアメXLについては、こちらの記事でまとめています。

記事はこちら

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー
スポンサーリンク

「GO FRIEND」アプリ版はこちら

「招待レイド掲示板」で国内・海外のレイド招待、レイド参加を楽しんだり、ポケモンGO情報共有掲示板「ポケゴボード」で情報のチェックや共有、コメント投稿をして情報をシェアできます!

ほしい情報はアプリの通知機能を使って受信。 ほしい情報だけが通知されるようにフィルタリングできます。

人気の「個体値計算ツール」など、便利なツールも格納したオールインワンのアプリです。

ゴーフレのアプリ内で、「ゴーフレ」と「ポケマピ」の切り替えも可能!

切り替え用のタブがゴーフレの各ページに常時表示されているので、いつでもポケマピに切り替えて最新情報や攻略情報をチェックすることができます。

chrome

GO FRIEND

フォローする

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    ポケモンのレベルを特定するもっとも簡単な方法は強化を試すことです。
    強化をタップしたあと+キーを押し続けて、上限まで強化した時に通常アメをいくつ消費するかを確認すれば、現在のレベルが分かります。

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    面白い研究ですね
    似たようなことで、しゃどうポケモンでアメXLがほしい種類の場合は、リトレーンしてから博士に送ったほうがしないよりもアメXLがもらえる気がします

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      リトレーン時にレベルアップするのでそちらの効果ではないでしょうか?