【ポケモンGO】プレミアボールの「チーム貢献度」の基準って?レイドバトルのダメージ量が重要

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

チーム貢献度判定基準

レイドボスに与えたダメージやジムの所属などによって、ボス捕獲のためのプレミアボールの個数は変動します。

項目最低個数最大個数
レイドバトル参加賞66
ダメージ量03
ジムの所属02
チーム貢献度03
合計6個14個

獲得したプレミアボールの数に応じて「レイド報酬」とも呼ばれるアイテムの数が変化するので、できるだけ多くのプレミアボールをゲットすることが重要になってきます。

【ポケモンGO】レイド報酬の基準はプレミアボールの獲得数!レイドレベルと運も重要
レイド報酬の基準がプレミアボールの獲得数にあることがわかりました! レイドレベルと運も重要です。

この記事では海外ユーザーによる調査結果に基づき、プレミアボールの個数を決める要因のひとつ「チーム貢献度」の仕組みについてまとめて紹介します!



スポンサーリンク
レクタングル大

「チーム貢献度」はダメージ量20%で1個、33%で2個、50%で3個もらえる

「チーム貢献度」のプレミアボールはレイドボスに与えたダメージ量が全体の20%で1個、33%で2個、50%で3個貰える仕組みになっています。

味方チームが与えたダメージ量「チーム貢献度」のボール数
20%(1/5)1個
33%(1/3)2個
50%(1/2)3個

ダメージ量の1/3は厳密には33.3…%ですが、切捨て処理によって33%以上のダメージを与えれば2個のプレミアボールが入手できるようです。

また参加したチームが2つだけで、レイドボスに与えたダメージ量が全く同じだった場合、どちらのチームも最大3個のプレミアボールが「チーム貢献度」ボーナスとして手に入ることも分かっています。

1人で全体の20%ダメージを与えると「ダメージ量」のボーナスとしてプレミアボールが3つ貰えるので、たとえ参加したレイドグループに同じチームのメンバーが自分以外1人もいなくても、「ダメージ量」が3つなら「チーム貢献度」が必ず1つになる仕組みです。

ダメージ量の基準と仕組みについてはこちらの記事でご確認いただけます。

【ポケモンGO】レイドバトルのダメージ量でもらえるプレミアボール数の計算基準
レイドバトルでもらえるプレミアボールの「ダメージ量」ボーナスは、自分のポケモンがどれくらいボスのHPを削ったかによって決まります。この記事ではその基準を紹介します!

「チーム貢献度」がトップだと「チーム貢献度」のメーターも最大になる

「チーム貢献度」がトップのチームは、与えたダメージ量に関わらず「チーム貢献度」のメーターが最大状態で表示されます。

これは例ですが、ミスティックが55%、インスティンクトが45%のダメージ量であった場合、ミスティックの「チーム貢献度」メーターは最大表示、インスティクトは45%分しか表示されないため、一見するとミスティックがインスティンクトの倍以上のダメージを与えたように見えてしまうのだそうです。

一方で1位でないチームのメーターは、実際に与えたダメージ量に比例して表示されます。

レイドチーム貢献度メータの見方

オーバーキルになった場合のダメージも全体のダメージ量にカウントされる

ここで重要なのは、ダメージ量を計るのはレイドボスのHPをどれだけ削ったかではなく、オーバーキルも含めて実際にどれだけのダメージを与えたかであるということです。

レイドボスのコイキング(HP600)を2人のプレイヤーで倒す時に、以下の行動を取ったと考えてみましょう。

  • プレイヤーA……レイドボスのコイキング(HP600)のHPを300ちょうど削り、攻撃終了(正確にダメージ量を計算するため通常技のみ使用)
  • プレイヤーB……レイドボスのHPを最後まで削り切る(通常技/ゲージ技ともに使用。最後の一撃はゲージ技で、威力はボスの残りHPを上回るものとする)

この場合、レイドボスのHPだけで考えるとプレイヤーA/Bともに与ダメージ量は50%ずつになります。

しかし結果として「チーム貢献度」のプレミアボールは、プレイヤーAは2個、プレイヤーBは3個という結果になるのです。

なぜならプレイヤーBがレイドボスを倒し切る際にゲージ技を使い、ボスの残りHP以上のダメージを与えたことで、プレイヤーBの与えたダメージ量は全体の与ダメージ量の50%以上となり、相対的にプレイヤーAのダメージ割合が50%を下回るからです。

プレイヤーAがレイドボスのコイキングに301(HPの50.2%)のダメージを与えたとしても、プレイヤーBがオーバーキル分も含めて349のダメージを与えてしまえば、両者のダメージ割合が650となり、プレイヤーAのダメージ量は全体の46.3%に留まり、「チーム貢献度」のプレミアボールは2個しか貰えなくなるのです。

一方でHP的には50%に満たないプレイヤーBのダメージ量は、全体の53.7%となり、「チーム貢献度」のプレミアボールは3個貰えることになります。

このことからも、レイドバトルでは最後の一撃をゲージ技で倒せるか否かはプレミアボールの個数の増減に影響する重要な要素になり得ると言えるでしょう。


参考 Premier Ball Bonuses for Raid Damage Contribution | Pokemon GO GamePress
参考 Cut-off points for Team Damage Contribution : TheSilphRoad


いかがでしたか?

「チーム貢献度」はレイドボスに与えた総ダメージ量の割合が、20%以上で1個、33%以上で2個、50%以上で3個となることが分かりました。

ぜひ実際のレイドバトルで活用してみてくださいね。

併せてこちらの関連記事もご確認ください。

■レイドバトルダメージ量関連記事

ダメージ量チーム貢献度
プレミアボールダメージ量プレミアボールチーム貢献度

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    目次および橙枠内の文言
    「チーム貢献度」はダメージ量20%で1個、33%で1個、50%で2個もらえる

    33%は2個の間違いだと思います

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    最初のタイトルミスってません?

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    更に言うと50%は3個の間違いだと思います

  4. ポケマピ ポケマピ より:

    ご指摘ありがとうございます!修正いたしました。

  5. 名無し より:

    色で変わる要素はジムの所属で+1くらいでいいと思う。
    あとは個人のダメージボーナスで0~
    6個。
    強化のし甲斐があって絶対そっちのほうが面白いと思うんだけどな。
    なんか今じゃただの多数決だもの。

  6. 名無しのポケモントレーナー より:

    レベル30以上の多数決ですね。
    29以下の戦力では、ちょっと。。。
    実際に黄色37ひとりvs青20-30が5人の☆3レイドで
    黄色が3玉もらえたことがありました。まあソロと同じ状況ですね。
    全体的にボールの数を増やしたらいいんじゃないかな。べつに捕られて損する人はいないわけですし。

トップへ