【ポケモンGO】多ゲージ技を再評価!1本ゲージ技にはない3つのメリット

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

多ゲージ技のメリット

ポケモンGOのゲージ技(わざ2)は、ゲージ本数が1本の技があれば、2本、または3本の技もあります。

例えばシャワーズは、1~3本までのそれぞれのゲージ技を覚えることが出来ます。

わざ1 わざ2 DPS
22.34
20.62
18.91

基本的に1本ゲージ技は、エネルギーを100%溜めないと発動できないため、時間がかかる代わりに威力が大きく「一発の破壊力」に優れる技が多いです。

それに対し2本や3本の多ゲージ技は、威力こそは劣るものの、少ないエネルギーで発動できるため「ダメージの継続力」に優れています。

これらの技の評価は、主に発動時間(CD)や威力、DPSなどの指標から、最適技を決めるのが主流でした。

しかし多ゲージ技には、技データ、指標では見えづらい強さがあり、レイドバトル、ジムバトル共に強力なメリットがあります。

今回はそんな、多ゲージ技のメリットについて3つにまとめました!

他ゲージ技の3つのメリット

1.ゲージが無駄になりにくい

1本ゲージ技は発動までにかかる時間が長く、「溜まりきった時点で相手を倒してしまった」時や「溜まったのに倒されてしまった」という、ゲージが無駄になるケースが多いです。

それに対し多ゲージ技は、発動までにかかるゲージの量が少ないため、溜まった分を無駄なく消費していけます。

特に2017年12月のアップデートから、ゲージ技の発動が「長押し式」から「ボタン式」になったことで、発動自体が容易になったことから、溜めが短い多ゲージ技に追い風の仕様となっています。

スポンサーリンク
レクタングル大

2.ゲージ巻き戻しの被害に遭いにくい

ジムバトルでは、クライアントのサーバーの同期が上手くいかないと、実際に行った行動と結果が一致しない時があります。

例えば、回避に成功しても後で大ダメージを受けてしまう通称「避けバグ」は、この同期にズレが関係しています。

その他にも、ボスポケモンのHPが回復したりする現象もありますが、これはサーバーとクライアントの処理が一致していないためです。

【ポケモンGO】避けバグ&レイドボスのHPが回復するバグ!改善には時間がかかると公式回答
レイドバトル中のボスポケモンのHPが回復するバグや避けバグについて、ナイアンティックが回答をしました。「クライアントの予測アルゴリズム」の問題で解決にはまだ時間がかかるようです。

この同期バグは、攻撃面でも大きく影響を及ぼします。

皆さんの中には、

「ゲージが溜まったから長押しでゲージ技を発動しようと思ったら、実は溜まっていなかった」

という経験をされた方、多いのではないでしょうか?

これも同期バグによる影響で、ゲージが溜まって直ぐ長押ししても、ゲージが巻き戻されてしまう場合があります。

この場合、1本ゲージ技は100%溜まっているのに直ぐ発動できないため、「データ上の発動時間より遅い技」ということになります。

これが多ゲージ技の場合は、ゲージ技が発動できるようになったタイミングで通常技を放っても、無駄なく次のゲージを溜めることが出来るのです。

同期バグに起因した考え方なので、当てはまる時、当てはまらない時とありますが、複数人で戦うレイドバトルではよく起こり得ることなので是非覚えておいてくださいね。

ゲージ技が押しボタン式になったことにより、巻き戻されても再度溜めなおす必要はなくなりました。

3.ジムバトルの一掃が容易になる

敵色のジムを更地にしたい場合は、配置されたポケモンたちと約3周分戦う必要があります。

3周目のポケモンは、やる気が下がりきった状態なので、弱体化された防衛ポケモンとの戦いになりますね。

そこで役に立つのが「げきりん」や「かみくだく」などの多ゲージ技。

「げきりん」の場合は2本ゲージ技なので、約50%のエネルギー消費で放てる上に、3周目のポケモン相手なら致命傷を与えることが出来ます。

「げきりん」が100%溜まっている場合は、1匹毎に1発放つことで、一気に2匹分サクサク倒すことが出来るのです!

1本ゲージ技の「はかいこうせん」なども倒しきることが出来ますが、3周目のポケモンを相手とした場合、明らかにオーバーキル気味のダメージとなってしまい、ゲージ効率が良くありません。

このように、ゲージ量に応じて発動を使い分けられる多ゲージ技は、ジムの殲滅のスピードアップに一役買うでしょう。

第三世代の多ゲージ技の申し子「ジュカイン」に注目!

第三世代ポケモンが登場した結果、多ゲージ技をフル活用できるポケモン「ジュカイン」が登場しました。

ジュカイン

ジュカイン

ジュカインは3本ゲージ技では威力が高く、継続して大きな火力を発揮できる「リーフブレード」と、ゲージを急速に溜めることができる「れんぞくぎり」の組み合わせが可能なポケモンです。

わざ1(通常技)

わざ 威力 時間 発生 EPS DPS
3 0.4 0.1 15 7.5
9.6 1.1 0.85 12.73 8.73

わざ2(ゲージ技)

わざ 威力 時間 発生 DPS
55 2.4 1.9 22.92
84 2.4 1.25 35
120 3.6 2.7 33.34
赤字はタイプ一致ボーナス(×1.2)が適用された威力、DPSです。
「※」は現在新規で取得できない技です。

「れんぞくぎり」で一瞬でゲージが溜まり、「リーフブレード」を連発するという、タップが忙しい技構成ですが、無駄なく、そして素早く相手のHPを削りきることが可能です。

草タイプ技が弱点のポケモンをきりきり舞いにすることができので、是非試してみてください!


いかがでしたか?

今一度、多ゲージ技の評価を見直す必要があるのかもしれませんね。

皆さんのご意見もコメントでお待ちしております!

コメント

  1. KONUSM より:

    記事を読んで、多ゲージ技を優先で育てていこうかなと思いました!おすすめや高性能な多ゲージ技を記事にまとめてもらえたらとてもうれしいです。

  2. tabaka840 より:

    ケッキング、あくび三回、じゃれつくよ。

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    >敵色のジムを更地にしたい場合は、配置されたポケモンたちと約3週分戦う必要があります。
    3周では?

  4. 名無しのポケモントレーナー より:

    て言うか多ゲージ技はメリットしかない気がする。ゲージの本数じゃなくて、全技ゲージは一本でゲージの長さで差別化してたらよかったのにな。カイリキーのインファとばくれつとか、明らかにばくれつ一択じゃん。

  5. 名無しのポケモントレーナー より:

    ジュカインを当てる最適をまとめてください!

  6. もか より:

    シャワーズのハイドロポンプを使ってグラードンと戦っていたのですが、逃げられてるはずなのにHPゲージが 0になり何もできなく、次のポケモンに交代してばかりでした。
    この記事を見て、さっそくアクアテールに変えて戦ってみたところ、やられる前に沢山決められるので、友人と同じシャワーズでハイドロポンプとアクアテールを比べたら、貰えたボール1つ違うくらい効果ありでした!

    それにしても、HPゲージ 0なのにクスリで回復しようとしたら、まだ緑のゲージという状態で、いまはそれに悩んでます…。

  7. O様 より:

    リーフブレードが優秀なのは、サイドン討伐するのにウツボットで体感してたのジュカインでリーフブレード使えるのは嬉しいですね!

    ハッサムの虫×虫でナッシーを瞬殺する的な、ジュカインをブツケルべきターゲットを教えて欲しいです。

    ジュカイン使い心地はイイけど、優秀な割に使いどころが難しいと思いませんか?

トップへ