【ポケモンGO】きんのズリのみ防衛~防衛側視点~

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

みなさん、「きのみ防衛」していますか?

遠隔であげることもできるようになり、防衛側の場合はとても助かりますよね。

この記事では、きんのズリのみ防衛の防衛側視点のメリットやデメリットをご紹介します。

攻撃側視点は、こちらの記事でご紹介していますので、是非併せてご覧ください。

【ポケモンGO】きんのズリのみ遠隔防衛攻略法~攻撃側視点~
きんのズリのみで遠隔防衛されているジムの攻略法を、実際のバトルの様子を交えつつ攻撃側視点でご紹介します。きんのズリのみを使われていても、配置されているポケモンをジムから追い出せます!

きんのズリのみ防衛~防衛側視点~

ズリのみ ナナのみ パイルのみ きんのズリのみ
ズリのみ ナナのみ パイルのみ きんのズリのみ

自分のチーム色のジムであれば、配置ポケモンに「きのみ」をあげて「やる気」をアップさせることができます。

また、2017年7月19日のアップデートにより、自分のポケモンを配置しているジムであれば、そのジムに配置されている全てのポケモンに遠隔で「きのみ」をあげることができるようになりました。

ズリのみ、ナナのみ、パイルのみの3種類は、ジムに接近してあげると、回復させることのできる「やる気」の量が少なくなっていますが、「きんのズリのみ」は接近してあげる場合でも、遠隔であげる場合でも「やる気」を全回復させることができます。

そこで今回は、「きんのズリのみ」を使った防衛方法についてまとめました!

① 前提知識

きんのズリのみ

  • 「きんのズリのみ」(金ズリ)はレイドバトル勝利でゲットできる道具。
  • 味方ジム(同色ジム)に配置されているポケモンなら、自分が配置しているポケモン以外にも「きのみ」をあげることができる。
  • ジムに接近している場合(近接)、自分のポケモンがジムに配置されていなくても、「きのみ」をあげることができる。
  • ジムから離れている場合(遠隔)、自分のポケモンがジムに配置されていれば、「きのみ」をあげることができる。
  • 「きんのズリのみ」は、近接でも遠隔でも、1個あげるごとに「やる気」を満タンにすることができる。
  • 1匹のポケモンに連続してあげることができるのは「10個」まで。10個あげたあとは、30分間の間隔をあけないと再び同じポケモンに11個となるきのみをあげることはできない。

② 防衛側の利点

遠隔きのみ

  • 「ポケモンが疲れてきたようだ!」「ポケモンがきのみをほしがっている」「ポケモンの様子をみてみよう」という通知を受け取ることができる。
  • ポケモンボックスの「ジム防衛マーク」が付いているポケモンをタップするとジムに配置されているポケモンの様子を確認できる。「ジムへ」のボタンを押すとジムにアクセスすることができる。ジムにアクセス後、ポケモンをタップすると遠隔で「きのみ」をあげることができる。
  • 「きんのズリのみ」を持っていて、ジムに自分のポケモンが配置されていれば、ジムから離れた場所にいても、遠隔で「やる気」を満タン回復させることができる。
  • 「やる気」の減り具合は、ハートのゲージでリアルタイムに確認することができる。

③ 防衛側の欠点・難点

ジム

  • 通知から追い出しまでは1分程度の場合もあり、「やる気」の減少を告げる通知がないまま、いきなり「ポケモンがジムから戻ってきた!」という通知になってしまうケースも多い。
  • 自分のポケモンが追い出されたあとは、遠隔でジムの様子を確認することができなくなる。当然、遠隔で「きのみ」をあげることもできなくなる。
  • 自分1人だけで「きのみ防衛」を実行する場合、1匹のポケモンに対して10個の「きのみ」をあげきってしまうと、30分間はそのポケモンに対して防衛力を提供できなくなる。
  • 遠隔で防衛を継続するためには「きんのズリのみ」が重要アイテムになるが、購入などでは入手できないので、手持ちが尽きると防衛継続ができなくなる。対して、攻撃側は回復アイテムである「げんきのかたまり」「まんたんのくすり」をショップで購入することもできるので、基本的に攻撃側有利な構造になっている。

「きんのズリのみ」はこんなときに便利!

ジムを更地にして自分のポケモンを配置した直後に攻撃を受け始めたとき

金ズリ防衛で時間を稼ぎ、仲間の配置を待ちましょう。

攻撃側のトレーナーは、1匹のポケモンをなかなか落とせない上に、追加で防衛ポケモンが増えていく展開に嫌になり、攻撃を止めてしまうことも多いのです。

「きんのズリのみ」が余っているとき

きんのズリのみが余っている場合は、防衛に使うのがおすすめです。

捨てるくらいなら、嫌がらせに使うというトレーナーも多くいます。

1人で防衛するのは無理!

ジムバトル

徹底抗戦をしてくる攻撃側トレーナーに対して、自分1人だけで防衛するのは無理な仕様になっています。

仲間と何人かで防衛する以外は、勝つ前提で徹底抗戦する攻撃トレーナーに最後まで付き合うのは避けたほうが良いでしょう。

1人で防衛しても結局破られてしまい、時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

手持ちの「きんのズリのみ」の数と相談しながら、適度な防衛を試すのがおすすめですよ。


いかがでしたか?

ご紹介したように、きのみ防衛には様々な利点や欠点があります。

金ズリ防衛、きのみ防衛をするときの参考にしてみてくださいね。

きんのズリのみは、レイドバトルの報酬としてしか入手できないので、余っている場合でも捨てずに防衛で消費しましょう!

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    あからさまに2つのアカウントでポケモン配置してきのみ防衛してる人、どうにかなりませんか?

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    先頭にいる防衛ポケモン1匹に集中砲火を浴びせるとして、
    ① 対敵本垢金ズリ防衛×20戦(ここで敵本垢が金ズリ10個消費・30分ロック)
    ② 対敵複垢金ズリ防衛×23戦(20戦目で敵複垢が金ズリ10個消費・30分ロック+3戦追い出し)
    という合計43戦を30分以内にこなす必要があるので、1戦あたりにかけれる時間は40秒というところでしょうか。

    本垢+複垢の2つのアカウントで防衛している人に対しては、1戦が40秒を超えるポケモンが防衛しているようなら近づかないほうが無難かな…と思います。

    例えば、防衛ポケモンがハピナスとかハガネールとかなら、相手防衛ポケモンのCP次第では厳しい戦いになることが予想されます。

    逆に、1戦40秒以内で落とせるポケモンが相手なら、時間さえかければ攻撃側が有利と思われます。

    何かもっといい方法があるようにも思うんですが、思いつくのはこの方法くらいですみません。

トップへ