【ポケモンGO】ゲンガーのオススメ技構成!たたりめとシャドークローの評価

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

今回は、攻撃能力がフーディン、カイリューに次いで全ポケモン3位の破壊力を持つ、ゲンガーの紹介です!

申し訳ないことに、今回もっともオススメしたい重要な技は「現在覚えることの出来ない技」です。

しかし、ハロウインイベントで大量に配布されたゲンガーなので、その技を覚えたゲンガーを持っているトレーナーも多いはず!(…ですよね?)

ゲンガーのオススメ技構成をご紹介!

ゲンガーの覚える通常技

※「*」が付いている技は、現在は新規で取得不可能な技です。

名前 タイプ 威力 CD DPS EPS
ふいうち あく 7 0.7 10 11.43
たたりめ ゴースト 10 1.2 8.34 12.5
シャドークロー* ゴースト 9 0.7 12.86 8.58
2017年2月17日の金銀アップデートにより「シャドークロー」→「たたりめ」に変更されました。

「ふいうち」は悪タイプの技なので、タイプ一致ボーナスが付かない分、優先度は下がります。

なので、もう覚えられない「シャドークロー」か現在も取得可能な「たたりめ」のどちらかがオススメか、という話になりますが…。

「シャドークロー」ゲンガーが超強力!

結論から言ってしまうと、「シャドークロー」がオススメです。

DPS(=1秒当たりのダメージ量)が12.86はかなり大きく、通常技の火力が非常に高いです。

DPSが12.86を越える技はそれなりにありますが、「シャドークロー」はその中でも取り分けて発動時間が短いのも大きな強みとなっています。

実際にどれくらい強いのか、ダメージ計算機で見える化してみましょう。

対ギャラドスに対して、ゲンガー、カイリュー、カビゴンの持つ、発動が早い通常技のダメージ値を比較してみます。

ゲンガー

ゲンガー

カビゴン

カビゴン

カイリュー

カイリュー

ギャラドス

ギャラドス

※条件を同じにするため、ポケモンレベル30、個体値オール15で計算しています。

ポケモン 発動時間 ダメージ値 DPS
ゲンガー シャドークロー 0.7 8 11.4
カビゴン したでなめる 0.5 3 6
カイリュー りゅうのいぶき 0.5 5 10

比較してみると、あのカイリューの「りゅうのいぶき」を越えるダメージ効率を与えることができます。

実際に試合をしてみると、胃袋カイリューとも水鉄砲シャワーズとも異なる使い勝手です。

技エフェクトも相まって、「シャドークロー」でサクサク、そしてゴリゴリ削る快感がゲンガーにはあります。

「シャドークロー」ゲンガーのサクサク動画

実際に「シャドークロー」ゲンガーで、CPが1000も高いカイリューを倒す様子をアップされているプレイヤー様の動画をご紹介します!

※マナーモードでも動画の音が流れる可能性があるので注意してください。

「たたりめ」ゲンガーも十分強い

ここまで「シャドークロー」をべた褒めしましたが、「たたりめ」ゲンガーも十分に強力です。

「シャドークロー」のような素早い動きは出来ませんが、「ゲージを溜める」能力においては「たたりめ」のほうが上回っています。

後にまた解説しますが、ゲンガーはハイスペックなゲージ技が多いので、ゲージを溜めやすい「たたりめ」は強力な技になります。

ゲンガーの覚えるゲージ技

※「*」が付いている技は、現在は新規で取得不可能な技です。

名前 タイプ 威力 CD DPS
ヘドロばくだん どく 80 2.3 34.79
シャドーボール ゴースト 100 3 33.34
きあいだま かくとう 140 3.5 40
あくのはどう* あく 80 3 26.67
ヘドロウェーブ* どく 110 3.2 34.38
2016年8月19日のアップデートで「ヘドロウェーブ」→「ヘドロばくだん」に変更されました。
2017年2月17日の金銀アップデートにより「あくのはどう」→「きあいだま」に変更されました。

強力な技は「シャドーボール」と「ヘドロばくだん」。

威力、発動時間が高水準で、何よりも「2本ゲージ技」なのが大きなメリットです。

これにより、より短い間隔でゲージ技を使うことが出来るため、ゲンガーの火力の高さが底上げされています。

タイプも威力も発動時間も違う技なので、甲乙つけがたいですが、

  • 火力が高く、通常技とタイプを合わせてゴーストタイプとしての役割を遂行する「シャドーボール」
  • 発動時間が短く回避しやすいため、低いHPを補える「ヘドロばくだん」

といった感じでしょうか。

どちらにもそれぞれメリットがあるので、是非火力の高いゲンガーをお楽しみください!

ゲンガーのコンボDPS

どの技が最適技かを比較する時に、「コンボDPS」という考え方があります。

「コンボDPS」とは、通常技とゲージ技をひとつながりとして「1秒間あたりに与えることの出来るダメージ量」を比較する考え方です。

※「コンボDPS」の詳しい内容は、こちらの記事にまとめてあります。

【ポケモンGO】最新の全ポケモン最適技構成一覧!金銀アップデート対応版【コンボDPS】
金銀ポケモン対応版!全ポケモンの最強技を計算式で求めました。技のアップデートの直後で、どの技のポケモンを強化していいか分からなくなった時の参考にしてください。
順位 通常技 ゲージ技 コンボDPS
1 シャドークロー* シャドーボール 24.77
2 シャドークロー* ヘドロばくだん 23.83
3 たたりめ シャドーボール 23.81
4 ふいうち シャドーボール 22.89
5 たたりめ ヘドロばくだん 22.49
6 シャドークロー* ヘドロウェーブ* 21.87
7 シャドークロー* きあいだま 21.6
8 ふいうち ヘドロばくだん 21.54
9 たたりめ ヘドロウェーブ* 19.72
10 シャドークロー* あくのはどう* 19.67
11 たたりめ きあいだま 19.43
12 ふいうち ヘドロウェーブ* 18.83
13 ふいうち きあいだま 18.58
14 たたりめ あくのはどう* 17.39
15 ふいうち あくのはどう* 16.78
  • 赤い行は実現不可能な技の組み合わせです。
  • 黄色い行は現在新規で入手できない技の組み合わせです。

上位に来る組み合わせはやはり「シャドークロー」絡みの組み合わせです。

しかし、「たたりめ/シャドーボール」や「たたりめ/ヘドロばくだん」も劣らず優秀です。

新規でゲンガーを育てたい方は、こちらの技構成のゲンガーがオススメですよ!


いかがだったでしょうか。

アタッカーとしてはカイリューをも凌ぐ性能を誇るゲンガーを是非お試しください!

あ、耐久力はカイリューと違いお察し状態なので、回避は忘れずに!

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    カイリューのりゅうのいぶきの威力は5ではなく6では?

トップへ