【ポケモンGO】地方・田舎ユーザーは必見!Ingress(イングレス)を使って新しいポケストップ・ジムを自分で作る方法

ポケモンGOを運営している会社・Niantic (ナイアンティック)は、位置情報を利用したゲーム「Ingress (イングレス)」でも有名です。

実は、ポケモンGOのポケストップやジムの場所は、イングレスの「ポータル」の場所と連動しているって知ってましたか?。

つまり、イングレスの「ポータル」がある場所=ポケモンGOのポケストップやジムがある場所、となっているんです。

(ポケモンGOのポケストップ・ジムよりも、イングレスの「ポータル」の方が多いという違いはあります。)

イングレスでは、以前は「ポータル申請」をおこなえば、新たな「ポータル」を作ってもらうことができましたが、現在では一般ユーザーからの申請は受け付けていないので、新たな「ポータル」=ジムやポケストップを申請することは不可能でした。

しかし、ある海外ユーザーの実験によって、イングレスの「ポータル」を使って新しいポケストップを作ることができる、という衝撃の事実が発覚しました!

イングレスでポケストップ作成

こちらでは、イングレスの「ポータル」を利用してポケストップを増やす方法を、詳しく紹介していきますね!

出典元記事:TheSilphRoad “Confirmed way of getting “new” PokeStops”

もくじ

  1. Ingress(イングレス)のポータルに写真を追加すると、新しいポケストップを作れるよ!
  2. Ingress(イングレス)を使ったポケストップの作り方まとめ

Ingress(イングレス)のポータルに写真を追加すると、新しいポケストップを作れるよ!

僕はアメリカのワイオミング郡っていう、人口23,000人くらいの地方に住んでるトレーナーだよ。

wyomingcounty
(ワイオミングをストリートビューで見てみると、こんな感じの場所です。)

ポケモンGOがリリースされてから、ワイオミング郡には3つのポケストップと1つのジムしかなかったんだ。

もちろん、ワイオミングのプレイヤー達もガッカリしてた。

でも、ナイアンティックのほかのゲーム「Ingress(イングレス)」を見ていたら、ある方法を発見したんだ。

Ingressのポータルがある場所が、ポケモンGOではポケストップやジムがある場所になっているっていうのは有名だよね。

ポケモンGOと違って、Ingressには、ポータルになっていても、その場所の写真がない場合があるんだけど、写真の登録がないポータルには、ユーザーが写真を追加することができるんだ。

イングレスの審査を通れば、ポータルに写真が追加される。

ポケストップは写真が必要不可欠だから、もしかしたら、Ingressで写真の追加申請が通れば、そこが新しいポケストップとして追加されるかもしれないと思ったんだ。

そう思ったから、今年の8月に実験として、ワイオミングにある、写真が登録されていないポータルを5つ探し出した。

そして、その場所の写真を撮って、イングレスに写真の追加申請をしてみたよ!

ちなみに、写真の追加申請をしたのは次の5つの場所だ。

  • 郵便局
  • 消防署
  • 図書館
  • バスの停留所
  • タクシーの停留所

僕の実験結果がどうなったか、発表するね。

2週間位前に、5個中2つの写真が却下された。

そして先週、5個送ったうちの3つの場所が、イングレスのポータル写真に採用されていた。

次にポケモンGOを確認してみたら、写真の申請が通った3つの場所が、ポケストップになっていたんだ!

つまり、新しいポケストップを自分で作ることに成功したんだよ!

もし田舎や地方の小さい街に住んでいるなら、まずはイングレスを開いて、写真が登録されていないポータルを探してみよう。

そして、その場所の写真を撮って、イングレスに追加申請をしてみよう。

もし写真が承認されたら、その場所がポケストップとして、ポケモンGOに反映されるかもしれないよ!

Ingress(イングレス)を使えばポケストップが作れる!他のユーザーの反応

  • すごいね!都会だと写真のないポータルを見つけるのは難しいけど、地方なら楽しめそうだ!
  • アメリカのサークルKは、イングレスではポータルだけど、ポケモンGOではポケストップにもジムにもなってないんだよね。何かあるのかな?
  • 日本ではローソンがイングレスのスポンサーで、店舗がポータルになっているけど、ポケモンGOではローソンはポケストップになっていない。
    多分ローソンがポケモンGOのスポンサーではないからだろうね。
  • 他のユーザーが試してみた結果を見たことがあるよ。
    写真の追加ではなくて、ポータルそのものを追加してもらう「ポータル申請」だけどね。
    確か12個ポータル申請をして、5つがポケストップ、1つがジムになったって言っていたな。
  • 家の庭にサッカーゴールがあるんだけど、イングレスではポータルになっているのに、ポケモンGOではポケストップになっていないんだ。
    やっぱり公的な場所やスポンサー契約がされていない場所は、ポケモンGOでは使われないのかな?
  • 個人の所有物ではなくて、国や市区町村が管理している場所(公園、郵便局、図書館、モニュメントなど)のほうが、ポケストップに採用されやすいみたいだから、そこを狙うといいかも。
  • スポンサー付きの場所を除けば、公有地や、歴史・文化的建造物がポケストップやジムになっていることが多いみたいだね。
  • ということは、イングレスに登録されていない公有地や歴史的建造物を「ポータル申請」すれば、いずれそこがポケストップになるかも?
ポータル申請とは?

イングレスに新しいポータルを追加してもらうように申請すること。
任意の場所を選んで、イングレスに申請し、承認されるとその場所がポータルとして反映される。
このポータルの場所が、ポケモンGOではポケストップになっている場合が多い。
現在は一般プレイヤーからの受付けを停止しているので、新たなポータルを申請することはできない。

Ingress(イングレス)のポータルに写真を投稿してポケストップを作ってみよう!ポケストップの作り方まとめ

なんと、Ingressで写真登録のされていないポータルに写真を追加し、承認されると、その場所がポケストップやジムになる可能性が非常に高いそうです!

都会では写真のないポータルを探すのは無理かもしれませんが、地方・田舎ならば充分に可能性があるのではないでしょうか!

こちらでは、Ingressのポータルを使ってポケストップ・ジムを作る手順をご紹介します!

  1. まずは「Ingress (イングレス)」をダウンロードし、サインアップします。

    イングレスをダウンロードする

    ポケモンGO同様に、Googleのアカウントでログインできますよ。

  2. サインアップしたら、ゲームをスタートします。

    イングレスのプレイを始める

    具体的な遊び方は、こちらの記事が参考になりますよ!

    【イングレスの始め方】超初心者の僕が始めにやった手順。よくわからない人でもやってけるのか!? | Aganism


  3. 写真の登録されていない「ポータル」を探します。

    写真未登録のポータルを探す

    キラキラと光のようなものが立ち上がっているのが、「ポータル」になります。

    タップすると、画像が登録されているかどうか確認できます。

    Ingressの公式マップ(Intel Map)からも、世界中の「ポータル」の場所が確認できますよ!

    ingressの公式マップから確認

    Ingress Intel Map


  4. 写真が登録されていない「ポータル」を見つけたら、右下のカメラマークをタップして、写真を追加します。

    ポータルに写真を追加してみよう

  5. 申請が承認されると、Googleからメールが届き、ポータルに反映されます。

  6. ポケモンGOを確認して、ポケストップが追加されているか確認してみましょう!

  7. ポケストップが増えたか確認する

いかがでしたか?

この方法を使えば、あなたの地域にもポケストップやジムを増やすことができるかもしれません!

是非試してみてくださいね。

ポケマピでは、「実際にやってみたよ!」という方の意見を募集しています。

コメント欄よりご報告いただければ嬉しいです!

トップへ