【ポケモンGO】電池交換したばかりなのに電池切れマーク?エラー表示の可能性大ですよ!

以前、こちらの記事でお伝えしましたが、ポケモンGOプラスの電池残量が30%を切る(ローバッテリーになる)と、スマートフォンのポケモンGO画面にバッテリーマークが表示されます。

【ポケモンGO】Pokémon GO Plusの電池残量が30%を切るとスマホに表示されるようになった
10月24日のアップデートによって、ポケモンGOプラスユーザーにとって、便利な機能が追加されました。 ポケモンGOプラスの電池残量...

ところが、「電池を交換したばかりなのに、もう電池切れマークが出ている!」という事態が起こっているようです。

電池交換したばかりなのに電池切れマーク…?電池交換する前に確認しよう

%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%a2%e3%83%b3go%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e5%88%87%e3%82%8ctop

電池切れの表示が出たけど、電池を使い始めてからまだそれほど日にちが経っていない場合は、電池交換するのはもったいないかもしれません。

とくに、ポケモンGOプラスを使い始めて間もない人や、電池交換をしたばかりの人は、電池切れのマークが間違って出ている可能性があります。

これは、結構多くの人に起こっているポケモンGOプラスのバグで、実際には電池が無くなっていなくてもスマートフォンの画面には電池切れ(電池残量30%)の表示が出てしまうというものです。

寒いと電池切れのマークが出るんじゃないか……!?
とも言われていますが、原因はわかりません……。

他にも、

  • ポケモンを2~3匹捕まえた後に、反応しなくなり接続が切れるときがある
  • ポケモンGOプラス使用中にスマートフォンのアプリ画面でポケモンを捕まえたり、ジムを触ったりすると接続が切れるこががある

という症状も起きているようです。

もし、「本当に電池が切れそうなの?」と不思議に感じたときは、再度接続し直してみましょう。

そのときの手順は、

①ポケモンGOのアプリを終了させる

②ポケモンGOのアプリを起動させる

③ポケモンGOとポケモンGOプラスを接続し直す

というやり方がおすすめです。

再度接続したときに、スマートフォンの画面に電池切れのマークが出ていなければ、一時的なエラーだったということになります。

ポケモンGOプラスを毎日使う場合、電池交換の目安は22日前後

ポケモンGOプラスの電池寿命は、説明書を見ると「100日程度」とされています。

使う頻度などによって個人差があると思いますが、毎日ポケモンGOプラスを使う人だとだいたい22日前後が電池交換の目安です。

22日ほど経って、電池切れの表示が出ていたり接続が切れる場合は、電池が劣化しているかも……。
電池交換のサインの可能性が高いですよ。

【ポケモンGO】ポケモンGOプラスの接続が切れた!電池を交換してみよう
ポケモンGOプラスの接続が切れるようになったら、電池を交換するサイン 2016年9月16日の発売日にポケモンGOプラスを購入した人たち...

電池の規格は「CR2032」です!

ポケモンGOプラスの電池については、こちらの記事をご覧くださいね。
電池の種類によっても電池持ちが違う場合があるので、要チェックですよ。

【ポケモンGO】ポケモンGOプラスの調子が良くない人は、電池の性能を疑おう
2016年10月26日頃から数日、ポケモンGOプラス(Pokémon GO Plus)の障害が発生しました。 ほどなく復旧はしたも...
トップへ