【ポケモンGO】ジム戦でのダメージ倍率・計算のメカニズム(4倍×→1.56倍○)

2つの弱点を同時に突いて1.56倍攻撃

ポケモンGOでは、4倍攻撃は1.56倍攻撃、0.25倍耐性は0.64倍耐性だった!

ポケモンのゲームでは、長らく下記表のダメージ倍率・計算が定着してきました。

「効果はばつぐんだ!」 ダメージ2倍(2つの弱点を同時に突く場合は、ダメージ4倍(2倍×2倍))
通常攻撃 ダメージ1.0倍
「効果はいまひとつだ…」 ダメージ0.5倍(2つの耐性が重なっている場合は、ダメージ0.25倍(0.5倍×0.5倍))
「効果はばつぐんだ!」と「効果はいまひとつだ…」が打ち消し合う場合 ダメージ1.0倍(2倍×0.5倍)

なので、ポケモンGOを紹介する攻略サイトでも弱点を2つ同時に突く攻撃を「4倍攻撃」と表現していることが多いのですが、海外のトレーナーたちの研究により、実際のダメージ倍率・計算は次のような表であることがわかってきました。

「効果はばつぐんだ!」 ダメージ1.25倍(2つの弱点を同時に突く場合は、ダメージ1.56倍(1.25倍×1.25倍))
通常攻撃 ダメージ1.0倍
「効果はいまひとつだ…」 ダメージ0.8倍(2つの耐性が重なっている場合は、ダメージ0.64倍(0.8倍×0.8倍))
「効果はばつぐんだ!」と「効果はいまひとつだ…」が打ち消し合う場合 ダメージ1.0倍(1.25倍×0.8倍)

以下、ポケモンGOのジム戦でのダメージ倍率や計算のメカニズムについて、GamePressの情報を日本語意訳でご紹介します。


GamePress “Damage Mechanics”

目次

ダメージの計算式

ダメージ = 床値(1/2威力 × 攻撃力 / 防御力 × タイプ一致ボーナス × タイプの有効性)+1

レディットのユーザー(Qmike)によって提示されたこの計算式は、対戦においてゲームのコンピュータがどのようにダメージを計算しているかを導き出すものです。

以下ではこの計算式の詳細な内容を検証していきましょう。

この計算式のもととなったこちらの掲示板もご覧になってください。

床値(Flooring)

床関数は、単純に数字を切り捨てます。

床値()+1は、どんな攻撃のダメージでも最低1であることを保証するものです。
(訳者注:コイキングの「はねる」の威力は0ですが、ダメージは「1」与えることができます)

+1がダメージ出力のより大きな構成要素を構築しうるので、床関数はより早く小さな攻撃に利益をもたらします。

ゴローンの例を見てみましょう。

わざ わざが発動するまでのタイムラグ 威力 ダメージ 正しいDPS値
マッドショット 0.55 6 6 10.91
いわおとし 1.36 12 11 8.09

わざの威力

わざの「威力」と「次のわざを発動するまでのクールダウン」は、わざのダメージを決める重要な要素です。

2匹の互角なポケモン間では、「1/2威力+1」は実際のダメージの良い概算方法です。

たとえば、レベル20のカビゴンとレベル20のシャワーズとの戦いを見てみましょう。

ポケモン わざ 威力 ダメージ
シャワーズ みずでっぽう 6 4
カビゴン しねんのずつき 12 7

攻撃力と防御力

ダメージ計算式における攻撃力と防御力とは、アタッカーの現状の攻撃力とディフェンダーの現状の防御力のことです。

現状の攻撃力と防御力は、ポケモンの基礎攻撃力と防御力個体値今のポケモンレベルに依存します。

  • 攻撃力 = (基礎攻撃力 + 攻撃個体値) × CPM
  • 防御力 = (基礎防御力 + 防御個体値) × CPM

ポケモンのレベルはこの計算式に直接の値として挿入されませんが、CPMはポケモンのレベルによって算出されます。

ポケモンのレベルによって決まるCPMはこちらの記事の一覧から調べられますよ!

【ポケモンGO】CPMで個体値やダメージ倍率の計算が超便利になる!ポケモンレベルごとのCPM一覧
ポケマピでは以前、ジム戦のメカニズムを詳しくまとめた「ジム戦でのダメージ倍率・計算のメカニズム(4倍×→1.56倍○)」という記事を...

レベル25の場合、ポケモンの現状ステータスはそのポケモンの基礎ステータスと個体値の2/3となります。

レベル10とレベル30のポケモンの間には、およそ0.1336×Level0.5のCPMがあります。

この関係性は現状の攻撃力と防御力がおおよそポケモンレベルの平方根に対応していることを意味します。

例えば、

  • レベル25のポケモンはレベル16の時に比べて25%多いダメージを加えることが出来る。
  • レベル16のポケモンはレベル9の時に比べて受けるダメージを33%軽減することが出来る。

タイプ一致ボーナス(STAB)

STABとはSame Type Attack Bonus(タイプ一致ボーナス)の略称です。

もしポケモンがそのタイプのひとつに適合するわざを使った場合、その攻撃はタイプ一致ボーナスとして1.25倍の威力を得ます。

タイプの有効性

タイプの有効性の乗数とは、以下の表に基づいて、その攻撃がディフェンダーポケモンに対していかに有効であるかを示すものです。

%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a1%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%ba%e3%83%a0

  • 中央……わざのタイプ
  • 右……そのわざが「効果はばつぐんだ!」となる相手
  • 左……そのわざが「効果はいまひとつのようだ…」となる相手


※ポケマピでは「タイプ相性表」をご用意しておりますので、こちらもご覧ください。

わざ効果の積重基盤(Effectiveness Stacking Matrix)

ディフェンダーポケモンがふたつのタイプを持つポケモンの場合、複数の有効ボーナス(「効果はばつぐんだ!」×「効果はばつぐんだ!」)がもらえることもあります。

たとえばギャラドスですが、ひこうタイプとみずタイプのどちらもでんきタイプのわざに弱いので、でんきタイプに対して2倍の脆弱性があることになります。

すなわち、ギャラドスは1.25倍×1.25倍=1.56倍の余計なダメージを受けるのです。

効果はいまひとつのようだ…
×0.8倍
通常
×1.0倍
効果はばつぐんだ!
×1.25倍
効果はいまひとつのようだ…
×0.8倍
×0.64倍 ×0.8倍 ×1.0倍
通常
×1.0倍
×0.8倍 ×1.0倍 ×1.25倍
効果はばつぐんだ!
×1.25倍
×1.0倍 ×1.25倍 ×1.56倍
ちなみにギャラドスは、くさタイプのわざに対しては「ひこう」がくさに「効果はいまひとつだ…(ダメージ0.8倍)」、「みず」がくさに「効果はばつぐんだ!(ダメージ1.25倍)」となります。
「効果はいまひとつだ…(ダメージ0.8倍)」と「効果はばつぐんだ!(ダメージ1.25倍)」がかけあわさって、0.8倍×1.25倍=1.0倍となり、くさタイプの攻撃はギャラドスに対して1.0倍(等倍)攻撃となるのです。

2倍の脆弱性

2つのタイプを持つ以下のポケモンは、いくつかのわざタイプに対して2倍の脆弱性に苦しむことになります。

以下のポケモンは特定のタイプのわざから1.56倍の過剰なダメージを受け、より早く倒される可能性があります。

わざタイプ 2倍弱いポケモン
いわ リザードン・ファイヤー・フリーザー・バタフリー・ストライク
こおり カイリュー
でんき ギャラドス
むし ナッシー
じめん レアコイル
ほのお パラセクト
ひこう パラセクト
みず ゴローニャ・イワーク・サイドン
くさ ゴローニャ・イワーク・サイドン・オムスター・カブトプス

2倍の抵抗力

2つのタイプを持つ以下のポケモンは、いくつかのわざタイプに対して2倍の抵抗力を持ちます。

以下のポケモンは特定のわざタイプからのダメージを0.64倍軽減することが出来ます。

わざタイプ 2倍抵抗力のポケモン
くさ フシギバナ・ウツボット・ラフレシア・スピアー・モルフォン・ゴルバット・リザードン・ファイヤー・バタフリー・ストライク・カイリュー
むし ゲンガー・ゴルバット・リザードン・ファイヤー
じめん バタフリー・ストライク・パラセクト
かくとう バタフリー・ストライク・バリヤード・スピアー・モルフォン・ゲンガー・ゴルバット
こおり ジュゴン・ラプラス・パルシェン
ひこう レアコイル
はがね レアコイル
どく ゴローニャ・イワーク・サイドン・ニドキング・ニドクイン・ゲンガー
ほのお オムスター・カブトプス

まとめ

  • わざの威力とわざが発動するまでのタイムラグはダメージ出力に影響する最も重要な因子である。
  • ダメージはポケモンのレベルの平方根の数値に対応する。
  • タイプ一致ボーナスで、わざの威力が1.25倍増になる。
  • 「効果はばつぐんだ!」のタイプ利益で、わざの威力が1.25倍増になる。
  • 「効果はいまひとつだ…」のタイプ不利益で、わざの威力が0.8倍減になる。
  • 特定のタイプのわざに対して2倍の脆弱性および2倍の抵抗力を持ついくつかのポケモンは、それらのわざに対して1.56倍または0.64倍の威力を受けることとなる。
トップへ