【ポケモンGO】レジロック対策ポケモンまとめ!弱点を突けるアタッカーを用意しよう

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

レジロック対策

今回は、レイドボスポケモンとして登場予定の伝説ポケモン、レジロックの対策ポケモンについてまとめてみました。

現在未実装のポケモンのため、解析情報を元に対策ポケモンを選んでいます。
実装時にデータが変更された場合は、記事を修正させて頂きます。

レジロックの基礎情報

レジロック

レジロック

レジロックの種族値

最大CP 3087 25位
HP
160
83位
攻撃
179
124位
防御
356
2位

レジロックは、「いわ」単タイプのポケモン。

能力は防御に突出しており、全ポケモン2位の硬さです。

レイドバトルの仕様によって、HPは12500と大きく底上げされるため、防御力と併せて倒すのに時間がかかるポケモンです。

過去の伝説レイドボスで比較しても、耐久力でレジロックに優るポケモンはいません。

レジロックの弱点

×1.4
×1.4
×1.4
×1.4
×1.4

岩タイプポケモンは弱点が多いので、弱点を突けるアタッカーは多いです。

しかしレジロックは岩タイプ1つしか持たないため、二重弱点を突けないのはかなり厄介です。

防御力が非常に高く、弱点を突いても体力を減らすのに時間がかかります。

レックウザのような2人クリアまず不可能3人クリアはカイオーガと天候ブーストの後押しがあってギリギリ達成できるかも?というレベルです。

スポンサーリンク
レクタングル大

レジロックの覚える技

わざ1(通常技)

わざ 威力 時間 発生 EPS DPS
14.4 0.9 0.5 7.78 16
15 1.3 0.55 7.7 11.54

わざ2(ゲージ技)

わざ 威力 時間 発生 DPS
120 2.3 0.7 52.18
140 3.7 3 37.84
140 3.5 3 40
赤字はタイプ一致ボーナス(×1.2)が適用された威力、DPSです。

覚える技は、岩タイプ、格闘タイプ技が多く、「でんじほう」という電気タイプ技も使えます。

「でんじほう」は弱点を突ける水タイプポケモンに相性が悪い技ですが、レジロック自身の攻撃力がそこまで高くないので、カイオーガなどの耐久力の高い水タイプポケモンは普通に耐えます。

しかしレジロック自身の耐久力が高く、レイドバトルは長期戦が予想されます。

対策ポケモン選出の際には、攻撃力と共に耐久力の高さもある程度は重視しておきましょう。

レジロック対策ポケモン一覧

ポケマピのツール「カウンターリスト」から、レジロック対策ポケモンをいくつか抜粋しました。

【ポケモンGO】カウンターリスト
対策したいポケモンを入力することで、全ポケモンの中からダメージ値を統計的に算出し、有利に戦えるポケモンを「ダメージ効率」「総ダメージ量」2つの観点から抽出するツールです。

レジロックの技に対するダメージグラフもまとめましたので、個々の攻撃力、耐久力を確認してお手持ちのポケモンを選んでみてください。
※個体値すべて15、レベル40で計算

グラードン

ポケモン 対策技構成 攻撃力 持久力
グラードン

グラードン

A+
S
【グラードンの被ダメージ】

【グラードンの解説】

グラードンは攻撃力が高く、レジロックの弱点を突く「マッドショット/ソーラービーム or じしん」の技構成が可能。
さらにレジロックの「でんじほう」、「ストーンエッジ」に耐性を持っているため、防御面もトップクラスに相性が良い。
グラードンの実力が存分に発揮できるレイドボスなので、積極的に選出したい。

カイオーガ

ポケモン 対策技構成 攻撃力 持久力
カイオーガ

カイオーガ

A+
A
【カイオーガの被ダメージ】

【カイオーガの解説】

カイオーガはレジロックの弱点を突く水タイプ技を扱える、最強の水タイプポケモン。
高い攻撃力を持ち、殲滅スピードならグラードンをも凌ぐ破壊力の持ち主。
タイプ相性による耐性はなく、「でんじほう」は効果は抜群で受けてしまうが、それでも致命傷にならない基礎スペックの高さが魅力。

カイリキー

ポケモン 対策技構成 攻撃力 持久力
カイリキー

カイリキー

A+
B
【カイリキーの被ダメージ】

【カイリキーの解説】

お馴染みの格闘タイプエースポケモン。
攻撃性能はグラードン、カイオーガら伝説ポケモンに匹敵し、天候「曇り」の場合は最良のアタッカーになる。
カイリキーは元々格闘技統一で持っているプレイヤーは多いポケモンだと思われるので、ほしのすなを消費しなくて良い既存の戦力としてはとても優秀。

ミュウツー

ポケモン 対策技構成 攻撃力 持久力
ミュウツー

ミュウツー

A
B+
【ミュウツーの被ダメージ】

【ミュウツーの解説】

格闘タイプでこそないものの、高い基礎スペックと「きあいだま」の破壊力が抜群。
しかし強化が難しいポケモンなため、レジロック対策のために無理に強化するほどではない。

ハリテヤマ

ポケモン 対策技構成 攻撃力 持久力
ハリテヤマ

ハリテヤマ

A
B+
【ハリテヤマの被ダメージ】

【ハリテヤマの解説】

ハリテヤマは優秀な格闘タイプの技を覚え、捕まえやすく量産体制を取りやすい。
上記の対策ポケモンが全然揃っていない場合は、レベルの高いマクノシタを進化させて戦力を増やそう。

ラグラージ

ポケモン 対策技構成 攻撃力 持久力
ラグラージ

ラグラージ

A
B+
【ラグラージの被ダメージ】

【ラグラージの解説】

ダメージ効率の良い「なみのり」を覚える水タイプのアタッカー。
また、ラグラージの持つ地面タイプは、レジロックの「でんじほう」「ストーンエッジ」を効果はいまひとつに抑えることが出来るため、耐性も優秀。
伝説以外や、一味違った対策ポケモンを選出したい方は是非。


いかがでしたか?

登場する新たなレイドボスに向けて、戦力を充実させておきましょう。

他にも「こいつはどうなの?」というポケモンがいましたら、是非コメントください!

コメント

  1. ブリ より:

    「デジロック弱点」の表記間違ってませんか?

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    「レジロックの弱点」がレジアイスの弱点になってしまってますよ。

  3. ポケマピ ポケマピ より:

    ご指摘ありがとうございます!
    レジアイスの弱点となっていたので修正いたしました。

  4. 名無しのポケモントレーナー より:

    なんでもカイリキーな時代ですが、ハリテヤマ以下の手軽さなキノガッサはどうなんでしょうね?

トップへ