【ポケモンGO】ラッキーとハピナスの使い道は?ジム防衛のフタに使ってみよう

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

2017年9月23日(土)~10月3日(火)まで開催される「秋分イベント」では、2kmタマゴからラッキーが孵化します。

今回は、ラッキーと、その進化形であるハピナスの使い道をご紹介します!

秋分イベントの詳細は、こちらの記事でご確認くださいね。

【ポケモンGO】秋分の日イベント開催!ほしのすな2倍&スーパーふかそうちが新登場
2017年9月23日(土)~10月3日(火)まで、「秋分の日イベント」が開催されます!ほしのすな2倍やスーパーふかそうちの登場などについて、内容をまとめました!

ラッキーとハピナスの使い道は?耐久力の高さを生かそう

まず、ラッキーとハピナスの能力値を確認しておきましょう。

ラッキーの能力値

ラッキー

ラッキー

最大CP 1469
HP
500
攻撃
60
防御
176
耐久力
(HP×防御)
88000

ラッキーの特徴はHPの高さと、攻撃力の低さです。

ラッキーのHPはハピナスに次ぎ第2位の高さを誇るのに対し、攻撃力はソーナンスと同じ60で、ワースト10にランクインする低さ。

実は、ビードル(攻撃力63)やホーホー(攻撃力67)よりも低いんです…

ハピナスの能力値

ハピナス

ハピナス

最大CP 3219
HP
510
攻撃
129
防御
229
耐久力
(HP×防御)
116790

ハピナスは、現在実装されているポケモンの中で最も高いHPを誇るポケモン。

ラッキーと同様、攻撃力が低い代わりに防御が高めなので、防衛ポケモンとして使うのが良さそうですね。

ちなみにハピナスの攻撃力は、タッツー(攻撃力129)やナゾノクサ(攻撃力131)と同等なんですよ。


次に、ポケマピの「ポケモン種族値ランキング」を見てみましょう。

HPランキング

先ほどもご紹介しましたが、ハピナス・ラッキーが堂々の1位2位!

3位のソーナンスと120以上差をつけている上に、防衛ポケモンのイメージが強いカビゴンの1.5倍以上のHPを保持しています。

耐久力ランキング

「耐久力」は、「HP×防御」で算出しており、防衛ポケモンに向いているかどうかの判断基準になります。

耐久力のランキングでもハピナス・ラッキーがトップ1位、2位を占めていますね。

以上から、この2匹がジム防衛のフタに向いているということが言えます。

ラッキーとハピナスはジム防衛のフタに最適!

倒すのに時間がかかる

ジムバトルに慣れていないライトユーザーは、ガチガチに鍛え上げたハピナスには相当苦戦します。

恵まれた環境にいるトレーナーレベル20以下のトレーナーであれば、レベル3レイドボス・カイリキーのレイドに勝利して(勝利させてもらって)、良技構成のPL20カイリキーを複数体ゲットしているかもしれません。

しかし、そのように準備ができているトレーナーレベル20以下のトレーナー以外は、ガチガチに鍛え上げられたハピナスには相当苦戦することになります。

ハピナスはHPが高いため、ジムバトルに慣れた強いトレーナーが強力な対抗ポケモンをぶつけたとしても、ハピナスを倒すには時間がかかります。

時間はかかりますが、倒すこと自体は簡単で、苦戦するということはありません。

ライトユーザー避け、金ズリ防衛で時間稼ぎ

鍛えたハピナスには、「ライトユーザー避け」の効果、「時間稼ぎ」の効果が期待できます。

また、金ズリ防衛と相性抜群!
(1戦に時間がかかるので、きんのズリのみ投入のタイミングがわかりやすいです。)

ラッキーとハピナスは別種のポケモンとしてジムに両方ともを配置できるので、あえてハピナスに進化させずに、ラッキーのまま保持しておくのもひとつの手ですよ。

現環境のジムバトルは、「やる気」が下がってハートが真っ黒に近いポケモンは、ジムバトルに慣れていないライトユーザーに対しても防衛力は皆無です。

また、攻撃意欲旺盛なトレーナーに狙われたら、いかに最大強化したハピナスといえども防衛は困難です。

「いかに狙われにくくするか(攻撃側トレーナーに面倒くさいと思ってもらえるか)」
というテーマなら、ラッキー・ハピナスは役に立ちますよ。


ラッキーとハピナスがいかに防衛ポケモンに向いているか、改めてご紹介しました。

これらのポケモンを持っている方は、是非ジム防衛のフタに使ってみてくださいね!

ただ、現在のラッキー・ハピナスに「ほしのすな」と「アメ」を投資するのは少しばかりもったいないので、手に入れたままのラッキー・ハピナスでジム防衛を楽しむのがおすすめです。

トップへ