【ポケモンGO】諦めないで!「かくれているポケモン」リストから消えても、1分30秒~2分くらいはまだポケモンが発見できるかも!

かくれているポケモンの表示にバグがある海外掲示板の「Reddit(レディット)」で、「かくれているポケモン」にバグがあるのではないか? という報告がされました。

「かくれているポケモン」から消えてもまだゲットはできる!

ポケモンGOでは、自分のアバターから出ている半径50mの探索円にポケモンが触れると、ポケモンがマップ上に現れ、ポケモンにモンスターボールを投げられるようになります。

この半径50mの探索円にポケモンを触れさせるために「かくれているポケモン」を頼りにポケモンを探していると、「かくれているポケモン」から狙っているポケモンが消えてしまってガッカリしたことがある人も多いのではないでしょうか。

でも、諦めるのはまだ早いです!

ポケモンには出現している時間(1回の出現ごとに、15分程)がありますが、出現時間の残り時間が1分30秒を切ると「かくれているポケモン」から消えてしまうバグがあるのではないか、という検証報告があります。
つまり、「かくれているポケモン」からは消えていても、ポケモンはまだ1分30秒~2分くらいは出現していて、自分のアバターから出ている半径50mの探索円にポケモンを触れさせるチャンスは残っているということです。

この記事では、検証方法と検証結果を日本語意訳したものをご紹介します。

「かくれているポケモン」からポケモンの表示が消えても、1分30秒~2分以内であればまだ捕まえられる可能性はありますので、諦めずに探しましょう!

検証方法

  1. レアポケモンを見つける。
  2. 半径70mから出てみる。
  3. 「かくれているポケモン」から表示が消えるまで待機(止まっているときは30秒ごとに、歩いているときは10秒ごとに「かくれているポケモン」リストは更新されます)。消えた時間を記録する。
  4. ふたたびポケモンに近づく。出現したら、マップ上から消えた時間を記録する。
  5. 3と4の時間を比較する。

表示が消えたポケモンも捕まえられる
引用元:Reddit

検証結果

3と4を比べてみると、1分30秒~2分程度のラグがある。
つまり、ポケモンが「かくれているポケモン」リストから消滅しても、2分以内に出現ポイントへ行けばゲットできる。


  • 自分のアバターから出ている探索円(半径50m)に入らなければポケモンは出現しないが、出現したポケモンは半径70m以上離れないと消えない(かくれているポケモンは半径200mまで表示)。
  • 【豆知識】アバターの探索円(半径50m)に入らなければジムのバトルに参加できないが、ポケストップは+10mほどの誤差があるので、ちょっと離れていてもポケストップは反応する。
  • トップへ