auのiPhone6s・iPhone6s+をUQモバイルに乗り換えよう

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

UQ mobile

みなさん「UQ mobile(UQモバイル)」をご存知ですか?

auのiPhone6sやiPhone6sプラスを使っている方は、UQモバイルに乗り換えることで月額料金を今よりも下げることができる可能性が高いです!

今回は、人気のUQモバイルのSIMをご紹介していきます。


UQ mobile(UQモバイル)とは?



UQ WiMAX

UQ mobile(ユーキューモバイル)とは、KDDIグループのUQコミュニケーションズ株式会社が取り扱うau 4G LTEを利用したサービスです。

UQコミュニケーションズ株式会社は、UQモバイルの他に、無線のインターネットであるWiMAX(ワイマックス)でもよく知られています。

KDDIの子会社であるUQコミュニケーションズ株式会社のUQモバイルは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれていて、auキャリアと回線が全く同じなんです!

UQモバイルは格安携帯のイメージを持っている方が多いかと思いますが、実は「安いau」のようなものです。

au 4G LTEは人口カバー率99%超です。

auと使用している回線が同じなので、現在auを使っている方なら、UQモバイルのSIMに乗り換えても使い心地が、変わることはないということですね。

UQモバイルの格安SIMは、辛口批評誌の「家電批評」格安SIM部門で、ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016を受賞している商品で評価も高いです。

auのiPhone6s・iPhone6S+からUQモバイル乗り換えの流れ

「auのiPhone6sやiPhone6S+からUQモバイルに乗り換える流れがわからなくて不安・・・」という方も多いので、UQお客さまセンターに乗り換えの流れを問い合わせてみました。


ポケマピ
「auのiPhone6s・iPhone6S+からUQモバイルのSIMに乗り換える流れを、教えてほしいです。」

オペレーター
「お問い合わせありがとうございます。」
オペレーター
「iPhone6s・iPhone6S+につきましては、iOS10.3.3での動作確認が出来ておりまして、マルチSIMでのご契約であれば、音声通話・SMS・データ通信のご利用が可能でございます。
テザリング・UQ mobileのオプションのメールサービスもご利用頂けます。」
オペレーター
「また、nanoSIMにてご契約頂いた場合は、データ通信がご利用頂けませんので、お申し込みの際は必ずマルチSIMのnanoをお選びくださいませ。」
ポケマピ
「iPhone6s・iPhone6S+をそのまま乗り換え後に使うためには『VoLTE用マルチSIMのnano』を選ぶ必要があるということですね。」
オペレーター
「そのとおりでございます。なお、auキャリア版ご利用の際はSIMロックの解除が必要となりますので、ご利用中のキャリア様にてお手続きくださいませ。SIMロックの解除手続きはこちらから確認して頂けます。」
オペレーター
「また、現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ場合、現在のキャリアにてMNP(携帯電話番号ポータビリティ)予約番号をご取得の上お申し込みくださいませ。MNPの流れにつきましてはこちらにてご案内しております。」
ポケマピ
「今使っている電話番号をそのまま使いたい場合は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)という予約番号をauで取得する必要があるのですね。詳しく教えて頂いてありがとうございます!」
オペレーター
「とんでもないことでございます。MNPでのお乗り換えの場合、お手元にSIMカードが届いてからお客様自身で回線切替を行って頂くようになっておりまして、回線切替完了時点で前キャリアが自動的に解約となり、UQmobileでのご利用開始となります。」
オペレーター
「MNP予約番号の有効期限切れを防ぐため、弊社がSIMカードを発送した日の7日後に自動的に回線切替を行います。」
ポケマピ
「どのタイミングでの回線切替が最適ですか?」
オペレーター
「オンラインでのお申し込みの場合、回線切替希望日の1週間前の日が最適なタイミングとなります。
なお、早い方では2~3日で届いたというお客様もいらっしゃいますが、もし早めに届いた場合も、希望日に回線切り替えを行って頂ければ、その日からのご利用となりますのでご安心くださいませ。」
ポケマピ
「わかりました。ありがとうございました!」


このような感じでした。

auからUQモバイルに乗り換える流れの中でのポイントをまとめると、以下の通りです。

乗り換えのポイント

  • auのiPhone6s・iPhone6S+をUQモバイル乗り換え後にそのまま使うには「VoLTE用マルチSIMのnano」を選択する
  • SIMロックの解除が必要となるため、auで手続きをする
  • My auからSIMロック解除をしようをご参照ください。)

  • 今auで使っている電話番号をそのまま使いたい場合は、auでMNP予約番号を取得する

参考 UQモバイル 他社からのお乗りかえ(MNP)

auのiPhone6S・iPhone6S+を乗り換え後にもそのまま使うには、格安SIM「VoLTE用マルチSIMのnano」を選ぼう

格安SIM

auのiPhone6S・iPhone6S+をUQモバイルへ乗り換え後にもそのまま使うには、3種類あるSIMカードの中でも「VoLTE用マルチSIMのnano」を選ぶ必要があります。

「VoLTE用マルチSIMのnano」は、最新の高音質通話に対応しています。

「VoLTE用マルチSIMのnano」は、SIMロック解除済みのauのiPhone6SとiPhone6S+どちらにも対応しているSIMカードであり、UQモバイルでの動作確認済みとなっています。

SIMロック解除の方法については、次の見出しで詳しく説明しますので、読み進めていただければと思います。

My auからSIMロック解除をしよう

SIMロックとは、指定のSIMカードを差し込んだ時にだけ、機能が動作するように設定されている機能制限です。

auなどのキャリアで購入したiPhone(アイフォン)のSIMカードには、電話番号や契約情報が登録されているため、これを解除する必要があります

SIMロック解除は、「My au(マイエーユー)」から無料でできます。

auのSIMロック解除方法

  1. まずはIMEIという15桁の数字をメモ、または、長押しでコピー
  2. (iPhoneの設定→一般→情報→IMEI)

  3. こちらからSIMロック解除ができる端末かどうかを確認
    参考 My au SIMロック解除の可否判定
  4. 暗証番号を入力して「次へ」を選択
  5. SIMロック解除のお手続きに進み、SIMロック解除する端末を選択し「次へ」を選択
  6. 解除の理由を聞かれるので「特に理由なし」などを選択

auのiPhone6s・iPhone6s+をSIMロック解除する際の注意点として、以下の条件を満たす必要があるので、以下のauの公式ホームページの記載をご覧ください。

SIMロック解除対象機種の条件
以下の条件をすべて満たすau携帯電話などが対象です。

  1. 2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること。
  2. ※2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」についても、SIMロック解除の対象となります。

  3. 機種購入日から101日目以降であること。
  4. ※ご購入日当日を「1日目」とします。
    ※上記の条件を満たしている場合でも、故障がある場合は修理完了後のお手続きとなります。

  5. ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。

SIMのみ購入者向けUQモバイルの料金プラン

料金プラン

契約方法で「新規契約(番号移行なし)」を選んだ場合には、以下の料金プランが選択できます。

注意点として「のりかえ(MNP)・番号移行」での契約方法を選んだ場合は「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」は選択することができません。

料金プラン1(全て税抜表示)
料金プラン1

契約期間は2年となっていて、余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができます

また、契約している最大データ容量を使い切った場合には「100MB/200円」や「500MB/500円」で追加チャージができます。

上記のどの料金プランにも無料通話が一定時間ついていますが、無料通話時間以外の国内通話料は20円/30秒(SNS送信料3円~/通)となっています。

上記の料金プラン以外にも、以下の料金プランも個人の利用スタイルに合わせて選ぶことができます。

料金プラン2(全て税抜表示)
料金プラン2

「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」は、携帯での通話ができないプランですので、データ通信のみの利用で携帯で通話をしない方向けのプランとなっています。

しかしアプリの制限はないため、LINE(ライン)やSkype(スカイプ)の音声通話機能は問題なく使えます。

「データ無制限プラン」は、通信速度が最大500kbpsとなっていて「データ高速プラン」に比べて低速ですが、月間データ容量無制限で、データ量を気にせず利用できます。


auのiPhoneを使っている方は、2017年7月14日から提供され始めた「auピタットプラン」への加入も検討されるかと思います。

「auピタットプラン」は毎月のデータ利用量に合わせて、2,980円(税抜)から5段階の定額料金が自動的に適用される仕組みのプランです。

月によってデータ利用量がバラバラという方であれば、毎月のデータ利用量に合った料金が自動的に適用されるので、無駄な支払いを抑えられるいうメリットがあります

「auピタットプラン」は、Android(アンドロイド)スマホへの機種変更や新規端末の購入が、対象の料金プランとなっています。

注意点として、iPhoneの購入を伴う新規契約や、機種変更時に「auピタットプラン」へ加入することができません

しかし2017年7月14日のauピタットプラン発表以前から、auのiPhoneを使っている方がそのままお手持ちのiPhoneを使う場合には「auピタットプラン」へ料金プランの変更が可能です。

ですが、「auピタットプラン」へ変更後に、次期iPhoneを購入した場合には「auピタットプラン」の適用が外れてしまいます

今後、次期iPhoneの購入をするなどして、iPhoneを使い続けていきたいという方には「auピタットプラン」は不向きと言えるでしょう。

au解約時にかかる違約金や、乗り換えにかかる手数料について

au解約時にかかる違約金について

auからUQモバイルに乗り換えるタイミングが、契約更新月以外の場合には、契約解除料がかかります。

以下がauの公式ホームページの契約解除料に関する記載になります。

契約解除料について

  • 「2年契約(誰でも割)」/「1年契約(年割)」をご契約の方が更新期間以外に解約されると、契約解除料が発生します。
  • (「2年契約(誰でも割)」解除料 9,500円 「1年契約(年割)」解除料 3,000円)

  • 「2年契約(誰でも割)」にご加入の場合、ご利用のauサービスを解約・一時休止した月の基本使用料/インターネット接続料は、日割とならず満額がかかります。
  • 「2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)」をご契約の方が契約期間2年間のうちに、解約・一時休止・「2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)」の廃止をされた場合には、契約解除料9,500円がかかります。
  • 解約・一時休止・「2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)」を廃止した場合、当月利用分までの割引となります。

auからUQモバイル乗り換え時にかかる手数料について

auで今使っている電話番号を、そのままUQモバイルに乗り換えた後も使っていきたいという場合には、下記の費用がかかります。

auと同じ電話番号を使いたい場合

au側への事務手数料3,240円(税込)+UQモバイル側へのSIMパッケージ料金3,240円(税込)=6,480円(税込)

新しい電話番号を使いたい場合・データ通信のみの利用の場合

UQモバイル側へのSIMパッケージ料金:3,240円(税込)

このように乗り換える際には諸費用がかかりますが、UQモバイルに乗り換えることで、月額料金が下がるというメリットが、初期費用をカバーできますね

UQモバイル契約中に、解約した際の契約解除料について

auからUQモバイルに乗り換えて、UQモバイルの2年契約期間中に解約した場合、以下の契約解除料がかかります。

「おしゃべりプラン」や「ぴったりプラン」は契約更新月以外の解約の場合に、「音声通話付きのデータプラン」は12ヶ月の最低利用期間内に解約した場合に、9,500円(税抜)の契約解除料がかかります。

「データのみのプラン」で契約して解約する場合は、いつ解約しても契約解除料はかかりません

Try UQ mobileレンタルで15日間無料でお試しができます!

Try UQ mobileレンタル

UQモバイルでは、実際にお試しとして、SIMカードを15日間無料でレンタルすることができます

SIMカードをレンタルするにあたって、登録料や通信料、レンタル料、配送費用などの費用は一切かからないので、安心して試せますね。

通信品質が心配という方や、いつも使う場所で問題なく使えるかどうか不安という方は、一度お試しでレンタルしてみることで、UQモバイルの使い心地がわかって、実際に契約するかどうかの判断ができます。

auキャリア版のiPhone6s・iPhone6sプラスを利用している方が、お手持ちのiPhoneでUQモバイルのSIMをレンタルして試す場合、SIMロックの解除が必要となりますので、上記のMy auからSIMロック解除をしようをご参照ください。

また、貸し出してもらえるのはSIMカードだけではなく、最新機種のUQモバイル機器(=携帯電話)+SIMカードも貸出の対象となっているので、iPhoneではないUQスマホの電話としての使い心地が知りたいという方もこのレンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

auからUQモバイルに乗り換えると、年間10万円ほどお得になるかも?

auのiPhone6sプラスを使っているポケマピ調査員を例に、auからUQモバイルに乗り換えた場合に、一体いくらお得になるのかを計算してみますね。

ポケマピ調査員Aはauで契約したiPhone6sプラスを、以下の契約内容で月額7,632円/月(税込)支払っています

機種代金を24ヶ月の分割で支払っているため、2年契約の途中で解約すると、残りの機種代金や違約金をauに支払わなければなりません。

そのためiPhone6sプラスを購入して24ヵ月後の機種代金の支払いが完了した契約更新月に、auからUQモバイルに乗り換えたと過程して、検証を進めていきます。

auでiPhone6s+使用中のポケマピ調査員の契約内容

基本使用料(LTEプラン)・・・934円/月

LTE NET・・・300円/月

LTEフラット(月間データ容量7GB)・・・5,700円/月

通話料/LTEプラン・・・260円/月

購入機器代金(分割支払金)・・・3,465円/月

ユニバーサルサービス料・・・3円/月

消費税(8%)・・・489円

割引(誰でも割+家族割/通話料、毎月割/税込、auスマートバリュー)・・・△3,519円/月

合計7,632円/月(税込)

次に、ポケマピ調査員がauからUQモバイルに乗り換えた場合の月額料金を計算していきます。

ポケマピ調査員は月にデータ容量が6GBは必要なので、UQモバイルの「おしゃべりプランM(V)」での加入を検討したいと思います。

UQモバイルの契約内容
※全て税込表示です。

VoLTE用マルチSIMのnano

おしゃべりプランM(V)・・・3,218円(税込)

初期費用:SIMパッケージ料金3,240円(税込)+おしゃべりプランM3,218円(税込)+au側への事務手数料3,240円(税込)=9,698円(税込)

13ヶ月目まで:3,218円/月(税込)(スマトク割△1000円・イチキュッパ割△1000円)

14~25ヶ月目:4,298円/月(税込)(スマトク割△1000円)

26ヶ月目以降:4,298/月(税込)(長期割△1000円)

初月の月額料金は日割り精算となりますが、上記では1日から契約開始したと過程して初期費用を算出しています。

このようにポケマピ調査員がUQモバイルに乗り換えた場合を検証した結果、以下の金額がお得になることがわかりました。

13ヶ月目まで(※全て税込表示)
7,632円/月-3,218円/月=4,414円/月
4,414円/月×13ヶ月=5万7,382円
5万7,382円-6,480円(SIMパッケージ料金・au側への事務手数料)=5万0,902円

14ヶ月目以降(※全て税込表示)
7,632円/月-4,298円/月=3,334円/月
3,334円/月×12ヶ月=4万0,008円/年

ポケマピ調査員がauからUQモバイルに乗り換えることによって、そのままauで契約し続けた時と比べて、13ヶ月目までは年間5万0,902円もお得になり、14ヶ月目以降は年間4万0,008円もお得になります!

検証した結果、ポケマピ調査員がUQモバイルに乗り換えることで、約2年間で合計9万0,910円もお得ができますね

今回はポケマピ調査員を例にして検証しましたが、現在auのiPhone6SやiPhone6S+の月額料金1万円ほど支払っている方が、UQモバイルの「データ高速プラン」に乗り換えた場合、年間最大10万円ほどお得になることもあります。

注意点としては、契約更新月の乗り換えでないと、違約金や残りの機種代金の影響で、お得が減ってしまいます。

一番お得ができる乗り換えタイミングは、違約金などがかからない「契約更新月」ですが、契約更新月以外の乗り換えでも月額料金が下がることで長期的な視点でみればお得ができるのは、間違いないですね。

個人によって重視する観点も異なるかと思いますので、ご自身がUQモバイルに乗り換えた場合には、どれだけ月額料金が安くなるのか検証してみてくださいね。


auのiPhone6SやiPhone6S Plusを使っている方が、UQモバイルに乗り換えることで月額料金を今よりも大幅に下げられる可能性があります。

一度auで契約し始めると、乗り換えを検討する機会は少ないかもしれませんが、2年に1回のタイミングで契約更新月が来るので、契約を見直してみることをオススメします。

ぜひ今の契約内容を見直して、乗り換えを検討してみてくださいね。

ポケマピでは今後もお得な情報を調査していきますので、新しいお得な情報が入り次第お伝えしますね。

トップへ