ソフトバンクiPhone6sの月額料金を1,480円に下げる方法を教えるよ

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

Y!mobile

最新iPhone8の発表イベントが2017年9月12日予定と発表されました!

予定通りなら、iPhone8の発売開始は2017年9月22日頃かと思われます。

約2年前に発売されたiPhone6s、iPhone6sPlusを使っている人は、そろそろ変えようか、それともこのままいこうか、と悩んでいるのではないでしょうか?

携帯の端末代金を24ヶ月割で支払っている人は、毎月割が終わって、8,000円くらいの月額料金になる人が多いです。

携帯の端末代金を初回一括で支払った人で、現在5,000円くらいの月額料金で使用している場合は、毎月割が終わることで逆に値上がりして、8,000円くらいの月額料金になる人が多いのです。

ソフトバンクのiPhone6s・iPhone6s+をお使いの方は、そのままソフトバンクで契約し続けることが基本となっているかと思いますが、他社への乗り換えで月額料金を下げることができるので、2年に1回は他社への乗り換えを検討することをオススメします!

今回は、ソフトバンクで契約したiPhone6s、iPhone6sPlusの携帯を使っている人向けに、月額使用料を1,480円(税抜)まで下げる方法をご紹介します!

ソフトバンクからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えよう



Y!mobile

まずはじめに、ソフトバンクからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えましょう。

ワイモバイルは格安携帯のイメージがある方も多いと思いますが、実は、ソフトバンクとワイモバイルは使用している回線が一緒なので、通信回線の品質は同じなんです!

ただし、使う携帯電話の機種によって通信速度は変わります。

ワイモバイルは、ソフトバンクのグループ会社です。

現在ソフトバンクを使用している人なら、ワイモバイルに乗り換えても使い心地は「変わらない」のです。

ここが一番のポイントで、回線の品質が一緒のものを、月額料金が高いまま使うのか、安く使うのかということになってきますよね。

ソフトバンクとワイモバイルの回線の品質が同じということを知っている人は、どんどんソフトバンクからワイモバイルに変えています。

なんと、ワイモバイルのSIMをiPhone6sやiPhone6sPlusに差し込むと、左上のキャリア名に「SoftBank」と表示されます。

ワイモバイルのSIMを使っていることを言わなければ、見た目だけではわからないし、使用感や品質も同じという、ちょっと不思議な気持ちになるようなお話しです。

ソフトバンクとワイモバイルの回線の品質が同じということを知った人は、どんどんソフトバンクからワイモバイルに変える人が増えているそうです。

ワイモバイルは「安いソフトバンク」とも呼ばれていて、これはもはや、ワイモバイルを使っているのに、ソフトバンクを使っていることと何も変わらないレベルです!

まずは、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることが、月額料金を下げるための第一歩となります。

以下で、ソフトバンクからワイモバイル乗り換えの流れを簡単に説明します。

ソフトバンクからワイモバイル乗り換えの流れ

  1. MNP(携帯電話番号ポータビリティ)番号をソフトバンクで取得
  2. 参考 Y!mobile MNP予約番号を取得するには

    ※MNP(携帯電話番号ポータビリティ)とは、携帯電話会社を変えた場合に、電話番号は今使っているものをそのまま変更後の携帯電話会社でも使えるサービスです。

  3. ワイモバイルの「乗り換え」で申込み、「SIMのみ(音声USIMカード)」を購入する
  4. 商品到着の翌日~2.3日後に回線切り替え
  5. (切り替えまではソフトバンクが利用できます)

このような流れで、ソフトバンクからYモバイルに乗り換えます。

さらに詳しい流れは、こちらで紹介されているので、よろしければご参照ください。

参考 ワイモバイル お申込みからご利用開始までの流れ

SIMロック解除をしよう

SIMロック解除

SIMロックとは、特定のSIMカードを差し込んだときだけ動作するように設定されている機能制限です。

ソフトバンクなどのキャリアで契約している携帯のSIMカードには、電話番号や契約情報が記録されているので、これを解除しなければいけません。

SIMロック解除は「My SoftBank(マイソフトバンク)」から無料でできます

ソフトバンクのホームページでは、以下のようにSIMロック解除方法が紹介されているので、ソフトバンクを解約する前にSIMロック解除をしましょう。

SIMロック解除

簡単に説明すると、ワイモバイルのサイトでSIMのみを契約して、上記で紹介したようにマイソフトバンクからSIMロック解除をして、SIMを差し替えるだけで使えます!

注意点として、購入日から100日以内の場合は、SIMロック解除の手続きをすることができません。

ちなみに、今回この記事はソフトバンクで契約したiPhone6s、iPhone6sPlusを使っている人向けですが、SIMフリーのiPhone 5S以降を使っている方ワイモバイルのSIMを購入するだけでそのまま携帯を使うことができます。

ワイモバイルでの接続実績がある他社端末一覧は、下記に記載がありますので、よろしければご確認ください。
参考 ワイモバイル 接続実績のある他社端末

※接続実績がある端末でも、すべての動作を保障するものではありません。あらかじめご了承ください。

月額料金が1,480円(税抜)になる条件は?Yモバイルで「SIMのみ(音声USIMカード)」を購入しよう

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、月額料金が1,480円(税抜)になる条件をご説明していきます。

月額料金が1,480円(税抜)になる条件

  • 月額1,980円(税抜)のスマホプランSでSIMのみ(音声USIMカード)を購入
  • 「ワンキュッパ割引」の適用で契約翌月から12ヵ月間、基本使用料から最大1,000円(税抜)の割引が適用
  • 「ソフトバンク光」を使っている家族がいれば「光セット割」で500円(税抜)の割引が適用

上記の条件を満たすと、月額料金が1,480円(税抜)になります!

<計算式>
月額1,980円(税抜)-500円(税抜)=1,480円(税抜)

※スマホプランSの月額1,980円(税抜)は、ワンキュッパ割の1,000円(税抜)割引が適用された金額となっています。

「光セット割」が適用になる条件は、以下の通りです。

「光セット割」の適用条件

  • 自分自身が「ソフトバンク光」ユーザーである必要はなく、離れて暮らす家族が使っている場合でも割引が適用
  • 家族の証明(戸籍など)を見せると「光セット割」適用

※「離れて暮らす家族」は、実家から嫁いで姓が変わった娘さんや、実家から離れて暮らす息子さんなど、思いのほか幅広く適用されます。ご実家がソフトバンク光を利用中、またはご自身がソフトバンク光を利用中など「家族」の誰かがソフトバンク光を使っている場合は「光セット割」が適用される可能性が高いので、ワイモバイルに問い合わせてみてください。

スマホプランSの契約内容は1年間、月額1,980円(税抜)で利用できて、月々2GBまで使用できます。

また、1回10分以内であれば、国内かけ放題です。(※一部、無料対象外の通話があります)

このような条件で、ソフトバンクで契約したiPhone6sやiPhone6sPlusを使っている方が、ワイモバイルに乗り換えるだけで、通信品質はそのままで月額料金が1,480円(税抜)になるので、とってもお得ですよね。


上記で紹介したスマホプランS以外にも、ワイモバイルではあと2つのプランがあります。

ワイモバイルの料金プラン一覧
(※全て税抜表示です)

データ容量(2年間) 月額料金(1年間)
スマホプランS 2GB/月 1,980円
スマホプランM 6GB/月 2,980円
スマホプランL 14GB/月 4,980円

どのプランも1回10分以内なら国内かけ放題です。(※一部、無料対象外の通話があります)

上記記載のデータ容量は、データ容量2倍キャンペーンの2年間適用のサービスで、上記記載の月額料金はスマホプラン割引・ワンキュッパ割の1年間適用のサービスなので、3年目以降のデータ容量と、2年目以降の月額料金は以下の通りです。

データ容量(3年目以降) 月額料金(2年目以降)
スマホプランS 1GB/月 2,980円
スマホプランM 3GB/月 3,980円
スマホプランL 7GB/月 5,980円

3年目以降もデータ容量を同じように2倍の容量で使いたいという場合は月額500円(税抜)のオプションにはなりますが、データ容量2倍オプションに加入することで1年目~2年目と同量利用できます。

データ容量2倍オプションは、新規契約時または契約変更時と同時に新たに加入の場合、初月無料となります。

参考 ワイモバイル データ容量2倍オプション

1回10分以内の国内無料通話は、スマホプランに加入している限り、継続して利用できます。

ソフトバンクからYモバイルへの乗り換えはキャッシュバック対象外です

ワイモバイルのホームページには「新規・他社からののりかえでキャッシュバック実施中」とありますが、残念ながら、ソフトバンクからの乗り換えはキャッシュバック対象外なんです。

なぜキャッシュバック対象外なのかというと、ワイモバイルはソフトバンクのグループ会社のため、新規扱いにはならないのです。

auやドコモからの乗り換えなら、スマホプランSの契約で10,000円、スマホプランM/Lの契約で15,000円のキャッシュバックがもらえます。

ソフトバンクからの乗り換えだと、キャッシュバック対象外になってしまうのは悲しいですよね。

しかし「ソフトバンク光」を使っている家族がいれば「光セット割」で月額1,480円(税抜)になったり、「ソフトバンク光」を使っていない方でも月額1,980円(税抜)になったりするので、お得ができるのは間違いないですね!

ソフトバンクの解約にかかる違約金について

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるにあたって、以下のような違約金がかかります。

ソフトバンクの解約にかかる違約金(解約月以外)・・・10,260円(税込)

また、ソフトバンクで使っている電話番号を、そのままワイモバイルでも使いたいという場合は、以下の料金がかかります。

同じ電話番号を使いたい・・・事務手数料3,240円(税込)×2社(ソフトバンク&ワイモバイル)

ワイモバイルで新しい電話番号を使いたいという場合は、以下の料金がかかります。

新しい電話番号で使いたい・・・事務手数料3,240円(税込)×1社(ワイモバイル)

このようにソフトバンクからワイモバイルに乗り換える際には、諸費用がかかりますが、これらの費用を考慮しても、ワイモバイルに乗り換えることで長期的に月額料金が安くなるというメリットで初期費用をカバーできますね。

ワイモバイル契約中に解約した場合の違約金

ワイモバイルに乗り換えて、契約の途中で解約した場合の違約金については、ワイモバイルではスマホプランS/M/Lいずれかのプランでも「2年契約」となり、2年を経過するしないに関わらず、更新月以外の契約解除料は9,500円(税抜)です。

ワイモバイルに問い合わせたところ、契約から2年未満で解約した場合、早期契約解除料が発生する場合があるとの案内を受けました。

しかし、この早期契約解除料は、下記リンクからのオンラインストアでワイモバイルの機種を契約した場合は、早期契約解除料は発生しないとのことです。

YモバイルのSIMは白ロムと無線LAN端末の両方に使い回せるの?

白ロムと無線LAN端末

ワイモバイルのSIMカードは、白ロムと無線LAN端末の両方に使い回せるかどうかを、ワイモバイルに問い合わせてみました。

ちなみに白ロムとは、SIMカードが入っていない端末のことです。

無線LAN端末は、モバイルルーターやポケットWi-Fiと呼ばれる、スマホなどでデータ通信を行う持ち運びに便利な小さな端末です。

ワイモバイルに問い合わせたところ、SIMのみで契約したSIMカードは、白ロム・無線LAN端末のどちらも、SIMサイズが合うSIMフリー機種での利用ができるとのことでした。

しかし、ワイモバイルでは動作の保障は行っておりませんので、ご了承くださいとのことです。

白ロムについて詳しく紹介した記事がありますので、よろしければ、こちらをご覧ください。

【ポケモンGO】白ロムスマホでお得に機種変更!ゲームアプリもサクサク快適にプレイ
「ポケモンGOプレイ中に頻発する強制終了をなんとかしたい!」「機種変更したいけど、安く済ませたい!」という方々のために、お得な「白ロムスマホ」をご紹介します。

ソフトバンクからYモバイルに乗り換えると、人によっては年間12万円ほどお得になるかも?

最後に、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると、一体どれくらいお得になるのかをポケマピ調査員を例に計算してみます。

今私はソフトバンクで契約したiPhone6sを以下の内容で契約して、月額5,590円(税抜)を毎月支払っています。

私は機種代金を24ヶ月の分割で支払っていて、2年契約の途中で解約してしまうと、違約金や残りの機種代金をソフトバンクに支払うことになってしまいます。

そのため、iPhone6sを購入してから24ヶ月後の機種代金の支払いが終わった契約更新月に、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた場合に、いくらお得になるのかを検証していきます。

ポケマピ調査員のソフトバンクiPhone6s契約内容(全て税抜表示)

ホワイトプラン(i)・・・2年契約で934円/月

ウェブ使用料・・・300円/月

機種代金(分割支払金/賦払金)・・・4,440円/月

通信料(パケットし放題フラットfor 4G LTEで基本データ量7GB)・・・5,700円/月

機種変更先取りプログラム・・・300円/月

ユニバーサルサービス料・・・3円/月

割引(月々割、タダで機種変更キャンペーン(家族紹介)、機種変更下取りプログラム、おうち割光セット)・・・△6,087円/月

合計5,590円/月

次に、私がソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた場合の月額料金を計算していきます。

私は、データ容量が月に6GBはほしいので、スマホプランMで契約した場合で検討したいと思います。

ワイモバイルの契約内容(全て税抜表示)

SIM(音声USIMカード)のみ契約・・・0円

スマホプランM(1年間適用のスマホプラン割引・ワンキュッパ割)・・・2,980円/月

1年間は、合計2,980円/月

2年目以降は、1年間適用のワンキュッパ割が外れるため、合計3,980円/月

このように検証した結果、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えると、以下の金額がお得になります。

1年目(全て税抜表示)
5,590円/月-2,980円/月=2,610円/月
2,610円/月×12=3万1,320円
3万1,320円-6,000円(事務手数料)=2万5,320円

ワイモバイルのSIMにするだけで、そのままソフトバンクで契約していた時と比べて、ポケマピ調査員の場合、1年目はなんと2万5,320円もお得になるということがわかりました!

2年目以降(全て税抜表示)
5,590円/月-3,980円/月=1,610円/月
1,610円/月×12=1万9,320円

2年目以降は、ワイモバイルのSIMにするだけで、そのままソフトバンクで契約していた時と比べて1万9,320円お得になります

このように、私が契約更新月にソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた場合、2年間で合計4万4,640円お得ができるということがわかりました!

今回は、ポケマピ調査員を例にソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた場合に、どれだけ安くなるのかを検証しました。

今ソフトバンクのiPhone6sを月額料金1万円ほどで使っている方で、ワイモバイルのスマホプランS、光セット割適用の契約に乗り換えた場合年間最大12万円ほどお得になることもあります。

注意点としては、契約更新月の乗り換えでないと、違約金や残りの機種代金の影響で、お得が減ってしまいます。

一番お得ができる乗り換えタイミングは、違約金などがかからない「契約更新月」ですが、契約更新月以外の乗り換えでも月額料金が下がることで長期的な視点でみればお得ができるのは、間違いないですね。

個人によって重視する観点も異なるかと思いますので、ご自身がワイモバイルに乗り換えた場合には、どれだけ月額料金が安くなるのか検証してみてくださいね。


ソフトバンクのiPhone6sやiPhone6sPlusを使っている方が、ワイモバイルに乗り換えた場合には「ソフトバンク光」を使っている家族がいれば「光セット割」で月額料金から500円(税抜)割引になって、最安値で月額1,480円(税抜)になります。

一度ソフトバンクで契約すると、そのまま契約し続けることが多いですが、2年に1回のタイミングで契約更新月という乗り換えに最適な時期があるので、2年に1回は契約を見直すことをオススメします。

今使っている携帯の月額料金を改めて見直して、ワイモバイルに乗り換えることによって、回線の品質はそのままで月額料金だけ安くできます!

ぜひ一度、検討してみてくださいね。

ポケマピでは、今回のような携帯にまつわるお得な情報を今後も調べていきますので、新しいお得な情報が入り次第お伝えしますね。

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    自分みたいな2年以上使うユーザーだと、
    新しいauのピタットプランの方が便利でいいですね。

    2年経ったら料金が上がるなんて理不尽な目に合わなくてすみます。
    (他人のスマホ買い替えの費用を通信料として払わなくてはいけないから、料金が上がる)

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      auのピタットプランは一見良さそうに見えますが、現auユーザーはアンドロイドの機種を新規契約することが条件で1000円引きだったり、希望通りに安く仕上がらない場合があるので要注意ですね。

      ピタットプランに乗り換えようと思ってオペレーターに問い合わせたら、意外に高いままで驚きました。

      • 名無しのポケモントレーナー より:

        あれは2年たつと、グッと通信料が下がる仕組みなんですよ。
        機種代を払い終わった後に通信料が上がらないんです。(今までは3社とも上がってた)
        すると機種代0円なので、合計の月額料金は大きく下がります。

        早くドコモもソフトバンクも同じようなプランを出すといいですね。

トップへ