【ポケモンGO】捕獲BAN(ソフトBAN)と解除方法!捕獲数規制(制限)の上限と期間まとめ

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

捕獲BANソフトBAN捕獲数規制のまとめ

2017年11月20日時点の情報に基づいて、記事を加筆修正しました。

記事内に古い情報や誤情報が含まれていましたら、コメント欄にてお教えください。
記事を修正いたします。

ポケモンGOのプレイには、移動の速度制限以外にも色々と制限があります。

たとえば相棒ポケモンやポケモンのタマゴは、24時間で42km以上移動すると距離をカウントしなくなります。

【ポケモンGO】1日に孵化させられるタマゴの数には上限がある!?
1日に孵化させられるタマゴの数には上限があるのではと、海外で話題になっています。1日に42km以上移動するとプレイが制限され、ポケモンのタマゴもポケストップから出なくなるようですよ。

また新幹線などの超高速移動時におこうを使うと、ポケモンは出現してもすぐに逃げられるというソフトBANの対象になってしまいます。

【ポケモンGO】おこうは新幹線でも使える!?1分に1匹ポケモンが出現するか検証してみた
電車や車での移動中に「おこう」を使うと、移動速度が速くても1分に1匹ポケモンが出現し、ゲットできます。では新幹線での移動中におこうを使うと、電車と同じようにポケモンが出現するのでしょうか?

そんな数ある規制の中でも最も影響力が高いのが、「1日に捕まえられるポケモンの捕獲数上限の規制」です。

なんとポケモンGOでは、捕まえられるポケモンの数は1週間で3500匹まで、それを超えると24時間で500匹までに制限されてしまうんです。

スポンサーリンク
レクタングル大

ポケモンの捕獲数上限は何匹?期間はいつまでなのか

まずはポケモンを捕まえられなくなる捕獲BAN(ソフトBAN)が発生するまでの流れを追っていきましょう。

【1回目の捕獲BAN】1週間(168時間)で3,500匹以上捕獲する

まずはじめに、1週間(168時間)以内に3,500匹以上のポケモンを捕獲してしまうと、次の24時間は500匹までしかポケモンを捕まえられなくなる捕獲数規制が発生します。

この1回目の捕獲BANの対象になると、24時間で500匹以上捕まえようとしてもポケモンはモンスターボールからすぐに抜け出し逃走、つまり一切捕まえられなくなるんです。

ポイントとしては日付を起点とした計算ではなく、1時間ごとに計算がおこなわれているということ。

たとえばですが、午前6時45分に過去168時間以内の捕獲数が3,500匹以上に達した場合、午前7時になった瞬間に上限500匹の捕獲規制がスタートします。

【2回目の捕獲BAN】24時間で500匹までしか捕まえられない

1回目の捕獲BANの対象となった後の24時間以内にポケモンを500匹捕まえてしまうと、次の24時間も500匹までしか捕獲できなくなります。

2回目の捕獲BANはエンドレスで続くので、さらに次の24時間で500匹捕まえてしまうと、その次の24時間で捕まえられる数も500匹までに制限されてしまいます……。

流れをまとめると次のようになります。

  1. 168時間以内にポケモンを3,500匹以上捕まえる
  2. ソフトバン発動!
    この時点から24時間以内は、ポケモンを500匹までしか捕まえられなくなる
  3. 24時間で500匹捕まえてしまうと、次の24時間も500匹までしか捕まえられなくなる

捕獲数カウントは毎時0分におこなわれるので、BAN発動までの間なら500匹を超えていてもポケモンを捕まえられるようです。

ポケモン捕獲BANの解除方法

1回目の捕獲BAN発動後、ポケモン捕獲数の500匹制限を解除するためには、24時間以内に捕まえるポケモンの数を500匹以下に抑える必要があります。

捕獲BANに遭遇する人のほとんどは、

  • (巣や聖地などで)おこうやルアーモジュールを使用している
  • ポケモンGO Plusを使用しながら手動でもポケモンを捕まえている

以上のケースに当てはまっている場合が多いです。

とにかく解決策は24時間で500匹を超えないことなので、「捕獲BANになったかも?」と感じた場合は、ポケモンを沢山捕まえたい気持ちをぐっと堪えて以下の対処方法を心掛けましょう。

  • 捕まえられる数が多いGOプラスを使わず手動でポケモンを捕まえるようにして、24時間以内の捕獲数が500匹未満になるようにセーブする
  • 捕獲BANになったと思ったら、その時間(0分~)から24時間以内に捕まえるポケモンの数が500匹を超えないように注意する

ポケストップの規制上限と解除方法

ポケモンの捕獲だけでなく、ポケストップも回せる数に上限が設定されています。

ポケストップの規制上限数もポケモンと同様、1週間(168時間)で3500個まで、それを超えると翌24時間は500個までしか回せないようです。

こちらも24時間500個制限がエンドレスで続くので、解除方法としては24時間以内に訪れるポケストップの数を500箇所以内に抑えることで規制が緩和されます。

ポケモンの捕獲数上限はどのように変化してきたのか?

さてここからはちょっとした小話として、「ポケモンGOの捕獲数制限/ポケストップ上限の数はどのように変化してきたのか?」という点をまとめてみたいと思います。

かつてポケモンGOの捕獲数上限は、23時間以内に1000匹まで、ポケストップの場合は23時間以内に2000個まででした。

この上限に達するとポケモンが出現してもすぐに逃げられたり(=捕まえられない)、ポケストップを一切回せなくなったりするなど、現在と同様ソフトBANの対象となっていました。

ちなみにこの仕様だった頃は、あえてモンスターボールの投球ミスを15~30回繰り返すと捕獲BANが解除されるという裏技も存在していましたね。

しかし2017年4月に開催されたイースターイベントの終了とともに、24時間でゲットできるポケモン数の上限が500匹までとなり、500匹を超えた次の24時間は200匹までしか捕まえられないという鬼畜仕様に。

1日に回せるポケストップの数も2000個から1500個へと引き下げられたことから、GOプラスを使用しているユーザーからは不満の声が殺到していました。

その後、72時間以内に1500匹のポケモンを捕まえると次の24時間が500匹までに制限されてしまう仕様へ変更。

これを経て現在の仕様(168時間で3500匹 or 3500個)になったので、2017年4月下旬の仕様に比べると緩めの制限になったことが分かりますね。


参考 Daily catch/spin limits during these events. : TheSilphRoad
参考 Rumor TBC: New Daily Maximum catches per day until (partial) softban! : TheSilphRoad
参考 New ban types and their causes : pokemongodev


いかがでしたか?

ソフトBANの厳格化は不正対策の一環でもありますが、真面目にプレイしているユーザーにとっては痛い規制ですよね。

特に経験値XP2倍、ほしのすなやアメ2倍のイベントなどでは、どれだけ沢山のポケモンをゲットできるかが鍵となってきます。

イベント時にポケモンを乱獲するなら、捕獲数規制の対象にならないように捕獲数を記録しておいて、上限ギリギリのところでストップする戦法がオススメです。

また、「コレクター」のメダルを見れば自分がこれまでゲットしたポケモンの総数が分かるので、これを参考に捕獲数をコントロールするのもいいですね!

コレクターのメダル

捕獲BANに注意しながら、ポケモンゲットを楽しみましょう!

コメント

  1. 捕獲不可能で遊べなくなった人 より:

    一度200匹を越えたソフトバンで捕獲不可能となると、その後に解除されても上限が199匹のままでした。
    都会でポケモンGOプラスを併用すると1時間で100匹近くは捕まえることが出来ますので、現状1日おきに2時間程度しか遊べないゲームになっています。

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。

      現在までに確認できている情報の中で有力なのが、以下の説です。


      24時間以内にポケモンを500匹捕まえる→200匹規制のソフトBAN開始(規制開始から24時間以内は、200匹しか捕まえられない)

      →規制開始から24時間以内の捕獲数が199匹以下→規制解除(24時間以内に500匹捕まえることができる状態に戻る)

      →規制開始から24時間以内の捕獲数が200匹→規制継続(引き続き、24時間以内に200匹しか捕まえることができない状態が継続する)


      最新情報がまとまり次第、またご報告させていただきます。

      ご体験からすると、規制中は200匹目が捕獲できない状態でしょうか。

      またお分かりになられたことがありましたら、お教えいただけると幸いです。

      よろしくお願いいたします。

  2. 捕獲不可能で遊べなくなった人 より:

    昨日の昼にかかった規制が夜に解除されました。
    時系列にまとめるとこんな流れです。

    日曜日の午後3時頃、プラスの再接続のため画面を開けたら途中からポケモンが全部逃げている、手動で試しても1回逃げ。ネットで調べると大量捕獲による規制に引っかかった模様。その後プレイを中止。
    月曜の夜、24時間以上の時間が経ったのでデイリーボーナスを得るために、ポケモンを捕獲し成功、ストップからもアイテムが落ちる。
    火曜日、出勤時と昼休みと帰宅時に自動化プラスを使いポケモン集め。合計3時間弱程度。
    水曜日、出勤時は大丈夫でしたが昼休みに200匹規制?になり捕獲不能となる。
        ダメ元で公式サイトにあるお問い合わせ先にクレームの電話。
        (トレーナー名とかは聞かれませんでした。)
        夜9時頃、ジム戦をしたときに近くのポケモンにボールを投げたら捕獲成功。
    本日木曜日、デイリーボーナス用にポケモン捕獲とストップは回せたが、現状どの様な規制状態になっているのか判らないので、プラスの通知を全部切り卵の孵化用に距離だけを得る状態です。

    ポケモンを集めて遊ぶゲームなのに、沢山集めると規制とかほんと意味がわかりません。
        

    • ポケマピ ポケマピ より:

      詳しい内容をお教えいただき、ありがとうございます!

      「手動で捕獲画面から500匹を捕まえる」だと多く感じますが、ポケモンGOプラスをポケストップ密集地で使用した場合、500匹はけっして届かない数字ではないため、今回の規制はかなり厳しいものがありますね。。。

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    一日に500匹も獲るようなヘビーユーザーを、ナイアンは歓迎していない証拠ですね。
    しかし私もそういった思想に賛同します。
    このゲームは、そもそも一日何時間もやることを想定しないように思います。
    ハンケがプレイヤーに体験してもらいたいのは、外に出て知らない場所に行くこと。
    ポケスト密集地でレベリングや、サーチツール使ってレアポケゲットなんてやってるユーザーはそもそも大事な顧客ではないのでしょう。

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      「外に出て」、まさにそれですね。
      アップデート情報にも外に出て冒険しようってありましたもんね。
      同じ場所をグルグルしてるのでは冒険も何もないと思います。

  4. 名無しのポケモントレーナー より:

    ツイッターとか他の掲示板に規制が解除された様だとの書き込みが見られます。
    1010匹捕まえても捕獲できているようです。
    ポケモンGOプラスを使えば1時間に100匹近く捕まえることが出来る時もありますので、解除は当然でしょうね。
    遊び方は人それぞれですので、ハンケ氏が私が想定している以外の遊び方をしたら規制、みたいな流れにはなって欲しくないです。

  5. 名無しのポケモントレーナー より:

    海外の情報でこのようなのがあります。
    新しい週ごと(7日間)の制限があり、3000ポケモン/ 3000ポケストを捕らえることができます。
    週のこれらの限界に達すると、500ポケモン/ 500ポケストを毎日追加で与えられます。

  6. 冷やかし より:

    雑魚ばっかウジャウジャ出現するのに捕獲数量制限www

  7. 名無しのポケモントレーナー より:

    >これを経て現在の仕様(168時間で1500匹 or 1500個)

    誤字でしょうか?

    • ポケマピ ポケマピ より:

      ご指摘ありがとうございます!

      誤字を修正しましたので、ご確認いただけると幸いです。

      またお気づきの点がありましたらお教えください。

      よろしくお願いいたします。

  8. 名無しのポケモントレーナー より:

    真剣にポケスト制限3500ですか!?捕獲と一緒なのですか!?

    • 名無しのポケモントレーナー より:

      「168時間で3500匹 or 3500個」ってことで、捕獲とポケストは一緒みたいですね。

  9. クソハンケ より:

    30億捕獲チャレンジに貢献をして、捕獲バンされました。
    沢山取れと言っといて沢山取るとバンって何なの?

トップへ