【ポケモンGO】こんなときは「複数アカウントも許されるのかも」と思うときがあります

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ポケモンGO複数アカウント

こんなときは「複数アカウントも許されるのかも」と思うときがあります

この記事は、とあるポケマピ調査員のつぶやきとしてお読みください。

複数アカウント(=複垢)は、「Pokémon GOトレーナーガイドライン」で明文の不正行為です。

ポケモンGOガイドライン

不正行為(チート): 不正行為はやめましょう。
フェアなプレイをお願いします。

Pokémon GO はモバイルデバイスでプレイでき、あなたを外の世界に誘い、世界を発見させるよう作られています。
残念ながらチートの手段は次々に生み出されますが、少なくとも以下のものを含みます。

変更を加えた、また非公式のソフトウェアを使用すること。
複数アカウントでプレイすること。
(1プレイヤー 1アカウントでお願いします。)
アカウントの複数人での共有。
位置情報を変更したり操作したりするツールや技術の使用。
アカウントの販売や交換。

もし不正行為の疑いがある方を発見した場合は、ヘルプセンターから連絡してください。

出典Pokémon GOトレーナーガイドライン

ジムバトルをしていると、あからさまな複数アカウント使用者と出会うことも多く、悩まされている方も多いのではないでしょうか。

複数アカウントがあると、できること

複数アカウントがあるとできることには、主に次の5つがあります。

  • 本アカウントと同色のジムレベル10から、本アカウントと他色のサブアカウントを使っての蹴り出し
  • ジムレベル7→8の8000名声上げを回避。ジムレベル7→6→7で本アカウントのポケモンを配置
  • 電撃戦で更地にしたジムに、「本アカウント+サブアカウント×2」の3匹を配置して防衛力を向上させる
  • ジムレベルが上がる最後の1戦は本アカウントと同色のサブアカウントでトレーニング。自分のサブアカウントを本アカウントでハイエナする形で安心安全配置
  • 将来的にトレードが実装されたら、複数アカウントを駆使して転売利益をゲット

複数アカウントには、このような効果が期待できますが、どれもこれも、他人を出し抜いて自分さえ良ければいいという悪意を感じる行為ばかりです。

ナイアンティックが複数アカウントを禁じている理由とは?

niantic

ナイアンティックが複数アカウントを禁じている理由は、「複数アカウント使用者が明らかに有利になるから」と考えられます。

複数アカウント使用者が明らかに有利になるゲーム仕様を背景に、公平感を保つ意味で明文で禁止しているのだと思われます。

複数アカウントを使った「自分で自分をハイエナ」だけは、アリかな…と思うときがあります

ポケモンGOジム複数アカウント

複数アカウントを使用したプレイのうち、「ジム占拠と複数アカウントの組み合わせ」などは、ナイアンティックが定める「Pokémon GOトレーナーガイドライン」に違反するだけでなく、複数アカウント使用者の行為に悪意を感じるため、怒りがこみ上げてきます。

ただ、複数アカウントを使った「自分で自分をハイエナ」だけは、アリかな…と思うときがあります。

敵ジムを更地にしたときには「配置の優先権」が与えられるようになりましたが、味方ジムをトレーニングして名声を上げたときには「配置の優先権」は発生しません。

ご存知の方も多いと思いますが、トレーニングを実行しているトレーナーの画面遷移と比較して、ただ単にジムにアクセスしているトレーナーの画面遷移のほうが早くジムに配置をできる仕様のため、トレーニング時のハイエナはやりたい放題です。

ジムレベル7以上は、1レベル上げるのに8000ほど名声を上げる必要があります。

「ジムの名声の上げ方、トレーニングで一気に最大3000名声上げる方法を教えるよ!」のように、1セットで+3000名声を狙っていくとしても、「3000+3000+2000」の3セットを戦う必要があります。

【ポケモンGO】ジムの名声の上げ方、トレーニングで一気に最大3000名声上げる方法を教えるよ!
アップデートで味方ジムのトレーニング戦で上がる名声が1戦ごとに最大1000名声まで、となりましたが、工夫次第で、3戦3000名声を一気に上げることができます。詳しい方法をお伝えします。

それなりに時間もかかりますし、回復系アイテムも消費します。

そのあたりの苦労を、当たり前のようにハイエナしてくるトレーナーが実に多いです。

複数アカウントは使っていませんので、トレーニングをするときはハイエナがいないかを確認してから最後の1戦をスタートさせていますが、ジムのトレーニング時に限っては「複数アカウントも許されるのかも」と思うときがあります。

ポケモンGOジムトレーニング

ジムのハイエナ・横取り行為自体は、ナイアンティックが定める「Pokémon GOトレーナーガイドライン」に違反していませんし、ポケモンGOの仕様上、意図しても、意図していなくても実行できて(実行されて)しまうプレイです。

「ポケモンGOは、そういうゲームなんだ」という話になれば「そうですね」と返すしかありませんが、ジムレベルが上がる最後の1戦の前に、周囲を見渡しながら一呼吸置かないといけない仕様が良い仕様だとは思えません。

次回以降の大型アップデートで、ジム仕様の変更が予定されているとのことなので、ぜひ、普通に楽しく遊べるジム環境に整えてほしいです。

【ポケモンGO】ジムシステムの大幅アップデートが今春に!?ハンケ氏が伝説ポケモン実装とジム改訂について回答
NianticのCEO、ジョン・ハンケ氏が、ジムの大幅な改訂アップデートを予定していると発言しました。さらに伝説ポケモンの実装も今年中におこなわれると述べています。今後がますます楽しみになりますね!

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    自分で自分をハイエナ

    蹴り出し行為が普通に行われるのが現状なので
    自分の配置が一番下になった時に自分で蹴り出して
    一番下を回避すると言うのも同じく議論の余地ありかなと。

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    つぶやきとして読んでもダメだと思います。
    普段ポケマピさんの公正な記事を支持していますだけに残念な記事です。

トップへ