【ポケモンGO】13歳以下のプレイヤーの画面にはスポンサーのポケストップ・ジムが表示されないことが発覚

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

スプリント社とパートナーシップを結び、たくさんのスポンサーと契約をしているポケモンGO。

【ポケモンGO】携帯会社Sprint(スプリント)とNiantic(ナイアンティック)が提携?予定されている重大発表とは…
今回のスプリントとナイアンティックの共同記者会見の内容をまとめましたので、こちらもチェックしてみてくださいね! 1...

海外では、「スポンサーのポケストップから出たタマゴはベイビィポケモンが出やすい」と発表があり、さらに盛り上がっています。

【ポケモンGO】ピチュー・トゲピーのタマゴをゲット!どこに新ポケモンが出やすいのか海外の公式サイトではスポンサーのポケストップで出現率アップ中と公表
新しいポケモンは提携店のポケストップで出現率がアップしている?海外の公式サイトでは見つけやすくなっていると発表されています 12月13...

しかし、12月14日に更新されたNiantic(ナイアンティック)の公式ブログで、「13歳以下のプレイヤーの画面にはスポンサーのポケストップ/ジムは表示されない」ことが明らかになりました。

ナイアンティック公式ブログ

NianticLabs “A note about sponsored locations” (英語)

該当する部分のみ翻訳してみると……。

日本語訳:

「何人かの方に尋ねられたので、13歳以下のプレイヤーのゲーム画面にはスポンサーのポケストップ・ジムは表示されないということを明らかにしておきたいと思います。

今月上旬には、ポケモンGOはThe Game Awardsの「モバイルゲーム・オブ・ザ・イヤー」と「ファミリーゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

私たちは、ポケモンGOがたくさんの家族に楽しまれているという事実に胸を弾ませると同時に、安全で健全、そして素晴らしい経験をユーザーの皆様に提供できるよう、真剣に仕事を引き受けていきます。」

海外の掲示板も確認してみたところ、どうやら実際に13歳以下のプレイヤーの画面には、スポンサーのポケストップ・ジムが表示されなくなっているようでした。

楽しいイベントもたくさんありますが、時々問題も取り上げられてしまうポケモンGO。

公式側から子どもたちへの配慮が設定されるのは、とても嬉しいですよね。

ひとりひとりがルールやマナーをしっかり守って、安心・安全に、楽しくプレイができる環境がもっと整っていくようにと、ポケマピは祈っています。

「子どもがプレイしていて、怪我しないか心配……」というお母さん・お父さんのために、ポケマピでは「子どもの安全のため、保護者に知っておいてほしいこと」をまとめていますので、是非読んでみてくださいね。

【ポケモンGO】子どもの安全のため、保護者に知っておいてほしいこと
世界的大ヒットとなっている「ポケモンGO」。 夢中になっているのは大人だけではなく、幼稚園児や小学生もプレイしている様子を、よく見かけます...

最後になりますが、公式ブログの最後は「The month isn’t even half over, and it’s been a blast so far. Stay tuned for more.」という一文で締めくくられています。

これは日本語訳すると、「まだ半月も過ぎていませんが、すでにワクワクする経験がたくさん出てきています。これからにも乞うご期待。」という意味なんです!

海外では、今月下旬にも何らかのイベントが用意されているかもしれない!と期待の声が多数上がっています。

こちらも楽しみに待ちましょう!

コメント

  1. springr より:

    下の記事でコメントに返答いただき、ありがとうございました。
    【ポケモンGO】イオンがジム・ポケストップに!12月6日からマックスバリュなどのイオングループの店舗が全国的にポケストップになりました https://pokemongo-get.com/pokego272/

    公式に不具合ではなく仕様だと発表されたとのこと。残念です。

  2. POKETORA1226 より:

    子供がPTCに登録しています。
    今年2月末で13歳になったのですが、提携ポケストップ等の非表示が解消されません。
    何をすれば、非表示が解消されるのでしょうか?

トップへ