【ポケモンGO】タマゴの模様が変わる!?孵化までの距離(2km、5km、10km)によってタマゴの柄が変わるアップデート

タマゴの色についての最新情報をアップしました!
こちらもあわせて読んでみてくださいね。

【ポケモンGO】タマゴの模様アップデート!距離別タマゴの柄一覧と変化した点のまとめ【10km、5km、2km】
前回ご紹介した、タマゴの柄に関する速報です! 距離によってタマゴの模様が変更に!2kmは緑、5kmはオレンジ、10kmは青...

2016年10月23日に、ポケモンGOのアップデート(0.43.3)がリリースされました!

ポケモンのタマゴアップデート

ポケモンGO公式サイト

今回のアップデートでは次のような変更が実装されるそうです。

  • タマゴの模様はかえるまでの距離によって異なることをウィロー博士が発見しました。
  • 各ポケモンの情報画面にポケモンタイプのアイコンが追加されました。
  • Pokémon GO Plusに電池残量低下インジケーターが追加されました。
  • マイナーなテキスト修正。

「ウィロー博士って誰だよ……」という方に一応説明しておくと、ウィロー博士とはポケモンGOを始めたときに出てくる博士の名前で、「フシギバナ」、「ヒトカゲ」、「ゼニガメ」の御三家のうち1匹を最初のポケモンとしてくれたり、ポケモンを送ると強化に使えるアメをくれたりする、便利なおじさんのことです。

ウィロー博士=便利なおじさん

ウィロー博士は今回、タマゴの模様はかえるまでの距離によって異なることを発見されたとのことです。

つまり今回のアップデートでは、タマゴの模様が孵化するまでの距離(2キロ、5キロ、10キロ)によって変わるようになるかもしれません!

タマゴの柄が変わる

もしタマゴの柄が種類によって変われば、ポケストップからタマゴをゲットしたとき、どのタマゴなのかが分かりやすくなりますね。

ふかそうちに入れるのも楽しくなりそう!

その他にも、ポケモンのページにタイプ別のアイコンが表示されるようになったり、ポケモンGOプラスに電池残量表示機能が追加されたりと、色々な変化がありそうです。

ポケモンは「くさ」、「みず」、「ほのお」などの属性(タイプ)だけでなく、「あく」、「こおり」、「かくとう」などの種類を複数持つことがあるので、ポケモンのページにタイプ別アイコンが表示されると、ジムバトルやトレーニングの際に分かりやすくなりますね。

ポケモンGOプラスの電池残量通知は、電池が減ったらGO+の本体が通知してくれるのか、それともスマホ上に表示されるのかまだ分かりませんが、アップデートされ次第更新していこうと思います!

そして、「マイナーなテキストの修正」とありますが、こちらはまだまだ詳細が不明です。

ジムトレーニングに6体ポケモンを選べるなどのアップデートがあった一方で、「近くにいるポケモン」からポケモンの足跡が消えた・近い順の表示ではなくなったなど、改悪も多いポケモンGO。

今回は変な改悪のないように祈るばかりです。

最後に海外トレーナーの名言(迷言?)をお送りします!

“Minor text update” = “Fun removed from game”

「マイナーなテキスト修正 = ゲームから楽しみが消える」

出典元記事:TheSilphRoad “Pokemon go being updated”

トップへ