【ポケモンGO】ふかそうちの入手方法、使い方、効果と違いまとめ

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ふかそうちまとめ

ポケモンのタマゴを孵化させるために必要などうぐ「ふかそうち(孵化装置)」についてまとめました!



スポンサーリンク
レクタングル大

ふかそうちの使い方

まずはふかそうちの使い方から解説していきます。

タマゴを先に選択する方法

ふかそうちを使うには、まずモンスターボールマークのメニューボタンをタップし、「ポケモン」→「タマゴ」のタブへ移動します。

タマゴ

まだふかそうちに入れていないタマゴを選択すると、画面下部に手持ちのふかそうちが表示されるので、使いたいふかそうちを選択しましょう。
(使用中のふかそうちは選択できません。)

ふかそうちを選択する

ふかそうちを先に選択する方法

逆に、タマゴ一覧ページの右下にある「ふかそうちマーク」をタップして、使うふかそうちを選択してからタマゴを選ぶこともできます。

ふかそうちの使い方2

道具ページにも所有しているふかそうちが表示されますが、ここからふかそうちを使うことはできません。

道具からふかそうちは使えない

ふかそうちの使い方はこちらのページでも解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【ポケモンGO】タマゴから産まれるポケモンと個体値100%のCP一覧
タマゴから孵化するポケモンを2km・5km・10kmの距離別に一覧でまとめました!タマゴのおすすめな孵化方法もご紹介します。

ふかそうちの種類と入手方法

ふかそうちにはオレンジ色の「ムゲンふかそうち」、青色の「ふかそうち」、少しデザインの違う「スーパーふかそうち」の3種類があります。

さらにイベント時限定でもらえる無料のふかそうちも……?

それぞれの特徴と違い、入手方法を紹介していきます!

ムゲンふかそうち

まずは初期装備でバッグの中身に入っている「ムゲンふかそうち」です。

名称使える回数効果入手方法
ムゲンふかそうち
ムゲンふかそうち
制限ナシタマゴを入れて歩くと、ポケモンがかえる。ゲーム開始時に入手
(標準装備)

何度使用しても壊れず、課金しないで使い続けられるムゲンふかそうちですが、1人1個までしか持てない(追加で入手する方法が一切ない)アイテムになっています。

ふかそうち

「ふかそうち」はムゲンふかそうちと異なり、3回使うと壊れてしまう上限回数つきの孵化装置です。

名称使える回数効果入手方法
ふかそうち
ふかそうち
3回タマゴを入れて歩くと、ポケモンがかえる。
3回使うと壊れる。
①ショップ購入
150ポケコイン/個


②レベルアップ報酬

基本的には1個150ポケコインの単体販売ですが、イベント時には「期間限定セール」としてふかそうちが複数入ったボックスが販売されることもあります。

また、トレーナーレベルが上がったときに貰える「レベルアップ報酬」としても入手可能ですよ。

到達レベルもらえる数
101個
151個
202個
251個
303個
351個
404個
【ポケモンGO】レベルアップに必要なXP(経験値)・報酬とXPの入手方法まとめ
レベルアップのために必要なXPと、レベルアップしたときに報酬としてもらえるアイテム、解禁されるものを一覧でまとめました!また、XPを入手する方法も合わせてご紹介します。

スーパーふかそうち

2017年9月の秋分の日イベントで実装された「スーパーふかそうち」は、タマゴが孵化するまでの距離が短くなる特別なふかそうちです。

名称使える回数効果入手方法
スーパーふかそうち
スーパーふかそうち
3回タマゴを入れて歩くと通常の1.5倍はやくポケモンが生まれる。ショップ購入
200ポケコイン/個
(イベント時限定)

ムゲンふかそうちやふかそうちと比べて、2/3の距離を歩くだけでポケモンが生まれてくれる便利アイテムです。

タマゴの種類スーパーふかそうちで孵化する距離
2kmタマゴ1.3333km
5kmタマゴ3.3333km
10kmタマゴ6.6666km

通常販売はしておらず、基本的にイベント時にのみ購入できるふかそうちとなっています。

1個200ポケコインの単品販売に加えて、スーパーふかそうちが複数個入ったボックスが販売されることもあります。

青色のふかそうちに比べて50ポケコイン高いので、時間と距離を短くしたければスーパーふかそうちを、より多くのポケモンを孵化させたければふかそうちを選ぶといったように、自分の好みに合わせて使い分けるのがいいかもしれません。

【ポケモンGO】スーパーふかそうちは買うべきではない!?みんなは買う派?買わない派?
スーパーふかそうちは買うべきじゃない!?みなさんは買う派ですか?買わない派ですか?是非ご意見をお聞かせください!

イベント限定でポケストップから無料ふかそうちがプレゼントされることも

2016年と2017年の年末年始イベントでは、その日最初に回したポケストップから、デイリーボーナスとして1回だけ使えるふかそうちが1日1個毎日無料で貰えるプレゼント企画が実施されていました。

名称使える回数効果入手方法
ふかそうち
ふかそうち
(イベント限定)
1回タマゴを入れて歩くと、ポケモンがかえる。
1回使うと壊れる。
イベント時にポケストップから無料で入手。
(デイリーボーナス)

ちなみに無料孵化装置の配布履歴は下記の通りです。

期間無料ふかそうちの合計配布数
1回目2016年12月26日~2017年1月3日9個
2回目2017年12月23日~2017年12月26日4個

現在までのことろ、無料ふかそうちはクリスマス&年末年始イベント限定で配布されています。

【ポケモンGO】最新アップデート&イベント情報まとめ一覧【6月20日更新】
ポケモンGOの最新アップデートの一覧ページです。アプデで公開された最新バージョンやサイレント修正の内容、実装された新機能、追加された新機能のコード解析、期間限定イベントの内容を、随時更新しています!

プレゼントのふかそうちがもらえない時の対処方法

過去2回の無料ふかそうち配布イベントでは、「ポケストップを回してもふかそうちがもらえなかった!」という声が上がっていました。

ポケモンGOのイベントは、多くの場合朝5~6時にスタートします。

そして無料ふかそうち配布はデイリーボーナスと連動しているので、イベント開始時間前にその日最初のポケストップを回してしまうと、デイリーボーナスとしてのふかそうちが出ない、つまり貰える数が1個減ってしまうんです。

あくまでもプレゼントなので、残念ながら救済措置はありません。

無料ふかそうち配布イベント初日は、イベントが確実に始まった後にポケストップを回すように注意して下さい!

通常よりはやくポケモンが生まれるイベント

ポケモンGOでは、タマゴがかえるまでの距離が短縮されるイベントが実施されることもあります。

2017年7月にシカゴでおこなわれた「Pokémon GO Fest 2017」では、ポケモンが孵化するまでの距離が1/3に短縮されるボーナスが期間限定で解禁されていました。

タマゴの種類イベント時の距離
2kmタマゴ0.6km
5kmタマゴ1.6km
10kmタマゴ3.3km

今後も特別なイベントで距離が短縮されることがあるかもしれませんね!

ふかそうちの最大所持数

ポケモンのタマゴは所有数が最大9個までと決まっていますが、ふかそうちに持てる個数の上限はないので、購入やレベルアップ報酬で9個以上持つことが可能です。

もちろんバッグの中身の余裕がなければいけませんが、セールでお得にふかそうちが購入できるイベント時に買いだめしておくのもいいですね!

効率良くふかそうちを使うコツ

タマゴを効率よく孵化させるためには、以下の点に気をつけましょう。

  • 2kmタマゴには「ムゲンふかそうち」を使う
  • 手持ちに2kmタマゴがない場合、5kmタマゴを「ムゲンふかそうち」へ
  • 10kmタマゴには「ふかそうち」か「スーパーふかそうち」を使う

2kmタマゴに有料のふかそうちを使うのは勿体無いので、極力ムゲンふかそうちを使って、保有タマゴの回転率を上げましょう。

逆にレアポケモンが生まれる確率が高い10kmタマゴは、青色のふかそうちかスーパーふかそうちを使って孵化させるのがベストです!

ムゲンふかそうちを使う優先順位は「2km>5km>10km」、逆にふかそうち(or スーパーふかそうち)を使う優先順位は「10km>5km>2km」と考えるといいかもしれません。

ふかそうちの裏ワザを使ってさらに効率アップ!

ポケモンGOのタマゴや相棒システムでは、15秒毎に距離がカウントされ、4分に1回移動距離が反映される仕組みになっています。

【ポケモンGO】タマゴの歩いた距離は15秒ごとにカウント、4分ごとに移動距離の表示が反映更新される
ポケモンのタマゴは、15秒ごとに歩いた距離がサーバーにカウントされて、4分ごとにその距離がタマゴの一覧に反映されるシステムになっています。歩いたのに反映されていない!という場合は、少し待てば大丈夫。

この仕組みを逆手に取って更新時間ギリギリに新しいタマゴをふかそうちにセットすると、更新された時に、ふかそうちにセットする前に歩いた距離も反映してくれるんです!

【ポケモンGO】新しいタマゴを孵化装置に入れて、歩かずに距離を稼ぐ裏技
タマゴの距離表示は、4分に1回更新されます。しかし新しくふかそうちにセットしたタマゴは、1回目の更新時、他のタマゴと同じ距離をカウントしてくれるんです!これを利用すれば、タマゴの距離が楽々稼げるかも?

ちょっと楽して歩行距離を稼げるので、ぜひ試してみてくださいね!

ふかそうち関連のバグと使えない時の対処法

タマゴをふかそうちにセットできない

ふかそうちにタマゴをセットしようとしても、タマゴがふかそうちに入らないというバグが生じることがあります。

アプリをタスクキル→再起動することでこのバグは解消するそうです。

タマゴから生まれたポケモンが消えた

ポケモンがタマゴから生まれるアニメーションの後、生まれたはずのポケモンがボックスに見つからないことがあるそうです。

実はタマゴから生まれるポケモンは、必要距離を満たすとタマゴ孵化のアニメーションより先にポケモンボックスに入るのです。

「孵化アニメーションの後にポケモンボックスを確認したら、生まれたはずのポケモンがいない!」という場合は、アニメーションの前にボックス整理で孵化したポケモンを博士に送ってしまったという可能性が高いです。

捕まえた覚えのないポケモンがボックスにいる場合は、博士に送る前にぼうけんノートを確認し、「○○がタマゴからかえった!」と記載されているかどうかをチェックしておきましょう。

その他バグの最新情報は、こちらのページでチェックできますよ!

【ポケモンGO】現在発生しているバグ・不具合情報まとめと対策・対処法【3月29日更新】
バグ・障害・不具合の情報をまとめました!現在起きているバグと過去に起きていたバグなどをご紹介します。対策についても併せてお教えいたしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


以上、ふかそうちの情報まとめでした!

タマゴから生まれるポケモンの情報は、こちらのページでチェックしてみてください。

【ポケモンGO】タマゴから産まれるポケモンと個体値100%のCP一覧
タマゴから孵化するポケモンを2km・5km・10kmの距離別に一覧でまとめました!タマゴのおすすめな孵化方法もご紹介します。

タマゴからポケモンが生まれたら、「レイド&タマゴ個体値チェッカー」で個体値をチェックしてみてくださいね!

【ポケモンGO】レイド&タマゴ&リワード個体値チェッカー
レイドバトルでゲットしたポケモン、タマゴから孵化したポケモン、リワード報酬でゲットしたポケモンの個体値が直ぐ分かるツールです!
トップへ