【ポケモンGO】ポケモンは移動しても逃げないし、45分後でも捕まえられます

ポケモンは移動しても逃げない

ポケモンGOのポケモンは、移動しても逃げません。45分後でも捕まえられます

ポケモンGOのポケモンをゲットするときに、電車やバスで移動していると「捕まえる画面になってから、50m以上離れると逃げてしまう」と言われていた時期がありました。

たしかに、かつては移動中に捕まえる画面に入ったポケモンは逃げやすい感じがしましたが、2016年8月8日のアップデートで仕様が変更になったようです。

  • 捕まえる画面にしたあと、移動してもポケモンは逃げません。
  • 捕まえる画面にしたあと、45分後でも捕まえられます。

それぞれ詳しくご報告します。

捕まえる画面にしたあと、移動してもポケモンは逃げません

とある場所で、2台のiPhoneでポケモンGOのゲーム画面上でポケモンをタッチして、ポケモンを捕まえる画面にしたあと

  • 1台はポケモンGOのゲーム画面を表示したまま移動開始。ポケモンを捕まえる画面にした地点から3kmほど離れてから、ポケモンの捕獲を開始。無事にゲットしました。
  • もう1台はiPhoneをスリープ状態にして移動開始。5km移動地点で、ポケモンGOのゲーム画面を表示してポケモンの捕獲を開始。無事にゲットしました。

※同じ場所で同じ時刻に、同じポケモンをタッチして、捕まえる画面に移行しました。

今回の実験で、捕まえる画面に移行してから、5kmくらいの移動であれば、問題なくゲームを継続できることがわかりました。

捕まえる画面にしたあと、45分後でも捕まえられます

とある場所で、ポケモンGOのゲーム画面上でポケモンをタッチして、ポケモンを捕まえる画面にしたあと45分間放置しました。
iPhoneはスリープ状態にしました。

45分後、ゲームを再開しました。
45分も経過していると、ゲーム画面上で45分前にタッチしたポケモンの出現時間は終わってしまっていますが、それに関係なく、無事にゲットすることができました。

今回の実験で、捕まえる画面に移行してから、45分程度の放置であれば問題なくゲームを継続できることがわかりました。

まとめ

以上が、「ポケモンは移動しても逃げないし、45分後でも捕まえられます」の実験レポートです。

カビゴンなどのレアポケモンをゲットするときに、出現から消滅までの時間で焦るのに加えて、その場から離れると逃げてしまうかも!
とその場でボールを投げてはボールから逃げられて…とイライラした経験をお持ちの方は、捕まえる画面にさえしてしまえば、落ち着いた場所に移動して、ゆっくりゲームをすることができます。

また、用事が入ってゲームを中断する場合に、再開まで時間があいてしまってもある程度の時間であれば安心して「さっきの続き」を楽しむことができそうです。

ぜひ一度、お試しください。

トップへ