【ポケモンGO】ハピナスの強化、ラッキーからハピナスの進化でお悩みの方へ

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ハピナスの強化、ラッキーからハピナスの進化でお悩みの方へ

バレンタインデーイベントと金銀ポケモンの追加アップデートで、手持ちにラッキーがいて、「ラッキーのアメ」も50個以上あるのに、

  • なかなか集められない貴重なラッキーのアメだから、ハピナスへの進化に踏み切れない…
  • ラッキーをハピナスに進化させてみたものの、覚えた技構成が最適なのかどうか不安で強化に踏み切れない…

とお悩みの方へ、ラッキーからハピナスに進化させる基準や、ハピナスを強化すべきかどうかの基準をまとめてみました。

お手持ちのラッキーやハピナスを思い浮かべながら、ぜひ参考になさってください。

ラッキー

ラッキー

ハピナス

ハピナス

まずは、結論から。ラッキーはハピナスに進化させましょう。そして、ハピナスは通常技に「はたく」を覚えれば当たりです!

まずは、結論からお伝えします。

ラッキーはハピナスに進化させましょう。

そして、ハピナスは通常技に「はたく」を覚えれば当たりです!

以下に、それぞれの理由をご紹介します。

ラッキーをハピナスに進化させたほうがいい理由

まず、ラッキーをハピナスに進化させたほうがいい理由についてご紹介します。

ラッキーが最適技と言われる「はたく/はかいこうせん」のラッキーだとしても、現環境のジムバトルでは活躍の場は限られます。

ここで、ラッキーとハピナスのそれぞれの能力値をみてみましょう。

ラッキーの能力値

最大CP 1469
HP
500
攻撃
60
防御
176
平均 / 合計
245.3 / 736

ハピナスの能力値

最大CP 3219
HP
510
攻撃
129
防御
229
平均 / 合計
289.3 / 868

注目は、ラッキーの攻撃値60とハピナスの攻撃値129です。

ラッキーとハピナスの大きな差は、攻撃値の差にあります。

この攻撃値の差は、与ダメージ値に対して「約2倍差が発生する」という大きな差を生み出します。

ラッキーもハピナスも、HPは非常に高い数値ですが、攻撃力がありません。

なので、ポケモンレベルの高い、高CPポケモンがジムの防衛ポケモンだと負けはしなくとも、「タイムアップ」という幕切れになりがちです。

ジムを防衛する強力なポケモンたちを相手にして、時間内に防衛ポケモンを倒しきるミッションをこなすためには、やはりそれなりの攻撃力(=それなりの与ダメージ値)が必要になるのです。

攻撃力の差は、そのまま、倒しきることのできる防衛ポケモンへのになります。

例えば、

ポケモンレベル30(固体値100%)のラッキー(CP1259)は、どんな技を覚えていても、ポケモンレベル30(固体値100%)のカビゴン(CP2876)に対してタイムアップか負けるのです。

しかし、

ポケモンレベル30(固体値100%)のハピナス(CP2759)は、どんな技構成だったとしても、ポケモンレベル30(固体値100%)のカビゴン(CP2876)に対して勝つことができます。

ジムバトルで、アタッカーとしての役割を期待するとすれば、CP3000前後のポケモンがジムに配置される現環境では、ラッキーはハピナスに進化させて、攻撃力をにしたほうがいいのです。

スポンサーリンク
レクタングル大

ハピナスの通常技が「はたく」なら当たりの理由

次に、ハピナスの通常技が「はたく」なら当たりという理由についてご紹介します。

ここで、そもそも、ハピナスに求める「役割」について確認します。

ジムバトルでポケモンを使う場合、

  • アタッカー(ジム攻撃)
  • ディフェンダー(ジム防衛)

の2つの役割がありますが、ハピナスを活かす道はアタッカーでしょうか、ディフェンダーでしょうか。

お住まいの地域のジムの状況しだいですが、ハピナスはアタッカーとしてもディフェンダーとしても、それなりの活躍を期待できます。

しかし、どちらか、と言えば、「アタッカー」の方がハピナスは活きると考えます。

ディフェンダーハピナスについて考えてみます

ディフェンダーハピナスについて考えてみましょう。

ジムに配置するポケモンは、基本的に「高CP」であるほど有利です。

現環境のジム配置ポケモンがカイリューだらけなのと、ジム配置ポケモンとして有利を取りたいトレーナーが高固体値のバンギラスの確保に躍起になっているのは、「高CP」を基準にしているからです。

最大CP3581 最大CP3670
カイリュー

カイリュー

バンギラス

バンギラス

では、ハピナスのCPはどうでしょうか。

「金銀ポケモン最大CPランキングトップ5!&最大CP3000超えのポケモン一覧」の記事でも紹介されていますが、ハピナスの最大CPは、サイドン・ギャラドス以下です。

最大CP3300 最大CP3281 最大CP3219
サイドン

サイドン

ギャラドス

ギャラドス

ハピナス

ハピナス

ハピナスを強化するための「ラッキーのアメ」の量を確保することの難しさ、投入する「ほしのすな」の量を考えると、高層ジムの中層・下層に配置されることが濃厚なハピナスは、長期防衛狙いのジム配置ポケモンとしてはやや難しい立場にあります。

お住まいの地域が、CP3000越えのハピナスが3匹4匹重なるジムが多め、ということであれば、「倒すのが面倒」と考えた他色トレーナーが攻略を回避する効果を期待できるかもしれません。

しかし、高CPのカイリュー、カイリキーをアタッカーに擁した敵トレーナーに狙われたら、防衛ハピナス複数体をもってしてもひとたまりもありません。

そして、ジムの中層・下層に配置されたポケモンは、敵トレーナーや、複数アカウントを使用する味方トレーナーによる高層ジムからの「蹴り出し」、「追い出し」を受ける可能性も極めて高いです。

要するに、ハピナスの最高CPだと、カイリューやバンギラスに比べて「ジムの長期防衛」に不利が生じやすいのです。

アタッカーハピナスについて考えてみます

対して、アタッカーハピナスはどうでしょうか。

アタッカーハピナスは、持ち前のHPの高さを活かして、敵ジム攻略の主戦力になれる可能性を秘めています。

そして、低CPアタッカーハピナスは、「味方ジム防衛ポケモンのCPの2分の1以下」という低CPに設定すれば、対戦相手を選ばずに名声+1000を獲得できる優秀なトレーニングポケモンになれる可能性を秘めています。

アタッカーハピナスは、高いHP値を活かして「キズぐすり」や「げんきのかけら」、「げんきのかたまり」といった回復系アイテムの消費を抑える効果も伴いますから、ポケストップの少ないエリアにお住まいの方にとっては救世主的な存在とも言えるでしょう。

こうして、ディフェンダーハピナスとアタッカーハピナスを比較すると、やはり、ハピナスの活きる道は「アタッカーハピナス」の方をおすすめしたいと思うのです。


さて、ハピナスの役割をアタッカーに限定して考えるとき、覚える技構成が問題となります。

CP3000オーバーを狙えるポケモンにして、驚異的な高HPを誇るハピナスなら、覚える技がどんな技構成だろうと活躍はお墨付き…と思えますが、実は違うのです。

ハピナスが覚える技が「はたく」なら、ゲージ技はどの技を覚えても、現環境でよく配置されているカイリュー、カビゴン、バンギラスといった強力な高CPポケモンを打ち破ることができます。

が、ハピナスが覚える技が「しねんのずつき」の場合、ゲージ技に関わらず、一定ライン以上の高CPポケモンには勝てなくなってしまいます。

固体値100%のハピナスでも、覚える通常技が「しねんのずつき」だった場合は、残念ながら活躍は限定的です。

アタッカーとして、「ジム戦で勝てるハピナス」。

それが通常技に「はたく」を覚えたハピナスなのです。

防衛カビゴンを仮想敵として、攻撃ハピナスが防衛カビゴンを倒せるかのシミュレーションをしてみます

防衛カビゴンを仮想敵として、攻撃ハピナスが防衛カビゴンを倒せるかを、ツールを使用してシミュレーションをしてみます。

【ポケモンGO】ジムバトルシミュレーター
攻撃側、防衛側それぞれのポケモンの情報と技を入力すると、ジムバトルの行動を再現しシミュレートします。各種行動パターンを設定することで、自分の対戦スタイルに合わせた対戦を再現できますよ!
  • 「はたく」と「しねんのずつき」を覚えたハピナスが、「連打プレイ(回避なし)」で対カビゴンと戦った時の勝敗を検証
  • ハピナス側のゲージ技は「サイコキネシス」固定
  • カビゴン側の技構成は「しねんのずつき/はかいこうせん」固定
  • ハピナスとカビゴンのポケモンレベルは、レベル上限の最大値39(個体値100%)

結果はこのようになります。

レベル はたく しねんのずつき
39 勝ち 勝ち

どちらの技構成の場合でも、ハピナス側が勝利できる結果となっています。

では、ハピナス側のレベルを徐々に下げていったパターンを確認してみましょう。

ハピナスレベル はたく しねんのずつき
39 勝ち 勝ち
38.5 勝ち 勝ち
38 勝ち 勝ち
37.5 勝ち 勝ち
37 勝ち 勝ち
36.5 勝ち 勝ち
36 勝ち 勝ち
35.5 勝ち 勝ち
35 勝ち 勝ち
34.5 勝ち 勝ち
34 勝ち 勝ち
33.5 勝ち 勝ち
33 勝ち 勝ち
32.5 勝ち 勝ち
32 勝ち 負け
31.5 勝ち 負け
31 勝ち 負け
30.5 勝ち 負け
30 勝ち 負け
29.5 勝ち 負け
29 勝ち 負け
28.5 勝ち 負け
28 勝ち 負け
27.5 勝ち 負け
27 勝ち 負け
26.5 勝ち 負け
26 勝ち 負け
25.5 勝ち 負け
25 勝ち 負け
24.5 勝ち 負け
24 負け 負け

見て頂くと分かる通り、「はたくハピナス」がより低いレベルまで勝ちを拾えることが分かりました。

カビゴンの通常技は「しねんのずつき」だった場合は差が縮まりますが、どちらにせよ「はたく」の優位性は揺るぎません。

今回はハピナスのゲージ技は「サイコキネシス」でしたが、「はかいこうせん」や「マジカルシャイン」だった場合はさらに低レベルで突破が可能です。

ハピナスの「はたく」と「しねんのずつき」の性能は段違い

こちらは「はたく」と「しねんのずつき」の技データです。

名前 タイプ 威力 CD DPS EPS
はたく ノーマル 7 0.6 11.67 10
しねんのずつき エスパー 12 1.1 10.91 9.1

見比べてみると、

  • DPS(1秒当たりのダメージ効率)
  • EPS(1秒当たりのゲージ増加効率)
  • CD(技の発動時間(=回避性能))

「ダメージ効率」、「ゲージ回収効率」、また今回は考慮されていませんが「回避しやすさ」も含めて、すべて「はたく」が上回っています。

また、「はたく」はノーマルタイプの技なので、ハピナスと同じタイプでタイプ一致ボーナスが付き、威力も底上げされています。

以上の差が、上記の対カビゴンシミュレーションによって、レベル39カビゴンを倒しうるレベルに大きな開きを生んでいることが明らかとなりました。

アタッカーとして育てるなら「はたくハピナス」一択!

アタッカーハピナスとして技を評価する場合、「はたくハピナス」のほうが優秀なことが確認できました。

「はたくハピナス」は「しねんのずつきハピナス」と比べて、より低いレベルから活躍が見込めます。

低いレベル、すなわち低いCPでも勝つことが出来るハピナスは、名声を稼ぐトレーニング戦においても重宝します。

また、低いレベルのハピナスでも戦えるということは、貴重なラッキーのアメの節約にもなります。

少ないアメで、確実な勝利を手に出来る。

それが、「はたく」を覚えたアタッカーハピナスを強化するメリットと言えるでしょう。


いかがでしたか。

ハピナスはアタッカーとして最強クラスの能力を持っているので、低いレベルからジムバトルで活躍できます。

進化・強化に迷っている方は、ハピナスにアメを投資しても損はしないと思いますよ。

しかし、ラッキーの出現率の低さからラッキーのアメを確保することが難しいです。

何匹も量産できるほど、ラッキーのアメに余裕がある方は少ないと思うので、進化・強化するハピナスは、個体値の良い「秘蔵っ子」を選びましょう!

コメント

  1. ハピナス より:

    現在の仕様に基づいた考察になっていないので全面的に書き直さないと誤解を生みますね。今のジムの仕様ならどう考えても防衛向きです。

  2. 名無し より:

    ラッキー卵で孵化させました!

    これを見たら僕のラッキーはかなり強いことが分かりました

    はたく、破壊光線でした

    ラッキー!!

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    はたく はかいこうせん
    を進化させたら
    頭突き社員になりました。
    頭突き社員これで3匹め(涙)

トップへ