【ポケモンGO】格安スマホでポケモンGOをやりたい!ジャイロセンサーとは?対応機種一覧と注意したいこと

「格安スマホ」、最近ではCMや広告などでよく目にするようになりましたよね。

格安スマホ(格安SIM)とは、その名の通り、スマホの機能やデータ通信容量を最低限に抑えて低料金で利用できるスマートフォンやその契約のことです。

楽天モバイルやUQ mobileなど、さまざまな企業が続々と参入しています。

もうすでに格安スマホに切り替えた方や、これから切り替えようかとご検討されている方も多いかと思いますので、「ポケモンGOを格安スマホで楽しむ」ために必要な機種のスペックや注意事項、対応機種についてご紹介します。

目次

ポケモンGOをプレイするのに必要なスマホのスペック

Pokémon GO公式サイトの「『Pokémon GO』が遊べる対応環境/対応OSは?」の部分によると、対応環境/対応OSはこのようになっています。

OS バージョン 対応スペック・機種
iOS iOS8.0以降 iPhone 5/5c/5s/SE/
6/6s/6 Plus/6s Plus/
7/7 Plus
Android Android4.4~6.0 ・RAM2GB以上
・GPS機能搭載
  • iOS/Androidともに、タブレット端末での動作保証はない
  • Android 端末の内、Intel製 Atomプロセッサ搭載端末は非対応
  • 一部端末に関しては対応OSバージョン以上でも動作しない場合がある
  • GPS非搭載の端末や、Wi-Fi回線のみで接続している端末の動作は保証していない
  • iOS/Androidともに、今後のアップデートで対応環境や対応端末が変更されることがある

格安スマホでポケモンGOをするときの注意点

格安スマホの機種でポケモンGOをプレイする際には、注意したいことがあります。

  • 動作保証対象が変更される可能性がある
  • データ通信容量が少ないと速度制限にかかりプレイしにくくなる

Pokémon GO公式サイトにも記載があるように、ポケモンGOはWi-Fi環境での利用を保証していないため、動作にはデータ通信が必要です。

ポケモンGOで使うデータ通信量は、例えば1日2時間のプレイを1ヶ月続けた場合、約600MBのデータ通信を使うと言われています。
各社の料金プランに3GBというのがよくありますが、1日8時間のプレイを1ヶ月続けるとデータ通信量が3GB弱ほどになります。

格安スマホは契約できるデータ通信容量が少ないものがほとんどなので、ポケモンGOをするのみであれば問題はなさそうですが、速度制限がすぐに来てしまわないか注意が必要です。

ジャイロセンサーがないとARが使えない!制限される機能

ジャイロセンサーとは、角速度(スマホの傾きの速度)を測定する機能で、「ジャイロスコープ」「角速度センサー」とも呼ばれています。

このジャイロセンサー機能には、このような役割があります。

  • 回転していることを検知できる
  • 向きの変化を検知できる

この機能、なくてもポケモンGOをプレイすることはできますが、ゲームの楽しさがちょっと減ってしまいます。

なぜかというと、このジャイロセンサーという機能は、ポケモンを捕まえるときに使える「AR(拡張現実)」の機能に大きく影響しているからです。

ジャイロセンサー機能がない場合の影響

ジャイロセンサー機能が搭載されていないスマホでポケモンGOをプレイする場合、ゲームにこのような制限が起こります。

「AR(拡張現実)」が使えない

ポケモンを捕まえるときの画面では、スマホのカメラを使って、まるで現実世界にポケモンがいるような画面を楽しむことができますよね。

画面右上の「AR」のボタンをタップして画面を切り替えることができます。

ARオフの場合

ポケモンGOARジャイロセンサー

ARオンの場合


しかし、スマホにジャイロセンサーがない場合、ARをオンにしても

「傾きが検知できません。ARをオフにしますか?」

と表示が出て、AR機能が使えない状態でプレイをすることになってしまいます。


実際ポケモンGOに慣れてくると、ARをオンにすることがなくなる方が多いと思いますが、ポケモンGOの醍醐味でもある機能なので使えないとちょっと残念かもしれません。

「バッテリーセーバー」が使えない

バッテリーセーバーとは、スマホのバッテリー消費を抑えるために、画面を伏せたときに画面を暗くする機能のことです。

ポケモンGOの「設定」でオン/オフを切り替えることができます。

ポケモンGOバッテリーセーバー

この機能も、ジャイロセンサーがない場合、スマホ本体の傾きを検知できないため使えないのです。

ジャイロセンサーがない可能性がある機種

格安スマホにはジャイロセンサーが搭載されていないものが多くある

携帯電話キャリア大手3社(ソフトバンク・au・ドコモ)から発売しているスマホであれば、ほとんどの機種にジャイロセンサーが搭載されています。
しかし、2万円台の格安スマホだと搭載されていないことがあるため、格安スマホを購入の際には機種ごとの確認が必要です。

下記の格安スマホ販売会社ごとの対応機種の表にもありますが、例えば、ZenFone GoやMaxではポケモンGOのアプリのインストール自体できず、ZenFone 5/Go/Max/2にはジャイロセンサーが搭載されていないものが多いので、注意しましょう。

ポケモンGOができる格安スマホ 対応機種一覧

ポケモンGO対応機種を一覧でご紹介します。

ポケモンGOの公式サイトには、スマホの中でも主要な機種の対応一覧表が掲載されています。

「ポケモンGOを格安スマホで楽しみたい!」と思っている方は、ポケモンGO対応機種とジャイロセンサー搭載(AR可能)機種を主な格安スマホ会社ごとにまとめましたので、参考にしてください。

ポケモンGO公式サイトで対応機種を確認する

Pokémon GO公式サイトの「『Pokémon GO』の動作確認機種は何ですか?」の部分には、ポケモンGO対応機種が一覧で掲載されています。

また、ポケモンGOプラスも利用される場合は、「Pokémon GO Plus」の動作確認機種で、端末がポケモンGOプラスにも対応しているかの確認もしておきましょう。

ポケモンGOができる格安スマホ一覧

格安スマホを販売している会社はこの他にもありますが、こちらでは主要な格安スマホ会社の対応機種をまとめています。

ポケモンGOのアプリはインストールできても、ジャイロセンサー機能が付いていない機種もあるので、そちらも合わせて参考にしてくださいね。

※それぞれ公式サイトや公式Twitterの情報を参照していますが、今後のポケモンGOのアップデートなどによってこちらに載せている対応状況と異なる可能性もあります。

※ご購入の際には、「買ったけどポケモンGOができない!」ということがないように、必ずそれぞれの会社で対応機種をご確認ください。

◆人気格安スマホ会社のポケモンGO対応機種

こちらの記事ではおすすめの機種をご紹介しています。
参考にしてみてください。

【ポケモンGO】ポケモンGO対応の格安スマホおすすめ機種5選!
格安スマホでポケモンGOをしたいけど、どれを買っていいのかわからない…。という方のために、ポケモンGO対応機種の中でも、ポケモンGOをするならコレ!というおすすめ機種をご紹介します。

楽天モバイル

楽天モバイルは、通信料が業界の中でも特にお得!
「5分かけ放題オプション」もあるので通話が多い方にもおすすめです。

楽天モバイル

楽天モバイル
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
honor 8
P9
honor6 Plus
Mate S
P8max
arrows RM02
arrows M03
AQUOS SH-RM02
AQUOS mini SH-M03
Xperia J1 Compact
ZenFone 2
ZenFone Selfie
P9 lite ×
Blade E01 ×
Desire 626 ×
ZenFone 2 Laser 16GB ×
ZenFone Go ×

参照元:楽天モバイルポケモンGO対応機種

楽天モバイルのお申し込みはコチラから

rakuten-mobile

UQ mobile

UQ mobileはau系の格安スマホ会社で、通信品質の高さが人気!
通信の利用頻度が少ない方向けの3GBプランと、動画などをたくさん閲覧する方向けの無制限プランがあります。

UQ mobile
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
iPhone 5S
Zenfone 3 Ultra
AQUOS L
Zenfone 3 Laser
Alcatel IDOL 4
Zenfone 3 Deluxe
Zenfone 3
ARROWS M03
ARROWS M02
Alcatel SHINE LITE ×
P9 lite PREMIUM ×
LG X screen ×
Zenfone 2 Laser ×
Zenfone Go ×
DIGNO L ×

参照元:UQ mobileポケモンGO対応機種

UQ mobileのお申し込みはコチラから

uq-mobile

DMM mobile

DMM mobileでは、通信量が契約プランを超えて速度制限がかかってしまっても、一瞬だけ他社よりも速い通信をしてくれる「バースト機能」というものがあります。
メールチェックやテキストページを閲覧するくらいであれば、速度制限のストレスを感じにくいのが特徴です。

DMM mobile
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
Moto G4 Plus
arrows M02
arrows M03
SH-M02
P9
Liquid Z530 ×
ZenPad 7.0 ×
P9lite ×
GR5 ×
Blade V6 ×

参照元:DMM mobileポケモンGO対応機種

DMM mobileのお申し込みはコチラから

dmm-mobile

mineo

最近CMでもよく見かけるmineo(マイネオ)は、データ通信のみのシングルタイプ、通話付きのデュアルタイプに分かれています。
通話も念のためできるようにしておきたい方は、IP電話番号を基本料無料で持つことができます。

mineo
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
AQUOS SERIE SHL25
arrows M02
arrows M03
LUCE KCP01K ×
P9 lite ×
ZenFone Go ×

参照元:mineoポケモンGO対応機種

mineoのお申し込みはコチラから

moneo

BIGLOBE

BIGLOBEは、知名度が高いドコモ系のプロバイダーで、データ通信品質、安全性で人気。
「3分かけ放題オプション」で短い通話も安心です。

BIGLOBE
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
AQUOS SH-M04
ZenFone 3 Laser ZC551KL
ZenFone 3 ZE520KL
AQUOS mini SH-M03
Moto G4 Plus
arrows M03
arrows M02
ZenFone2 ZE551ML
ZenFone Selfie ZD551KL
AQUOS SH-M01
iPhone 6
iPhone 6 Plus
ZenFone Max ZC550KL ×
ZenFone2 Laser ZE500KL ×
ZenPad 8.0 Z380KL ×
P9 lite ×
MediaPad T2 7.0 Pro PLE-701L ×
Moto X Play ×

参照元:BIGLOBEポケモンGO対応機種

BIGLOBEのお申し込みはコチラから

biglobe

IIJmio

IIJmio(アイアイジェイ・ミオ)は格安スマホのシェア拡大中で、「みおふぉん」とも呼ばれています。
通信品質の高さや通信速度の速さが評価されていて、家族で通信量をシェアできるプランや、速度制限時も最初の一瞬だけ速くなる「バースト機能」なども充実しています。

IIJmio
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
arrows M02
arrows M03
ONETOUCH IDOL 3
Ascend Mate7 ×
GR5 ×
P8lite ×
P9 Lite ×

参照元:IIJmioポケモンGO対応機種

IIJmioのお申し込みはコチラから

iijmio

NifMo

NifMoは、キャンペーンによってキャッシュバックが多くあります。
3GBのプランでも月々の料金は他社とあまり変わらないので、キャッシュバックと合わせると大変お得です。

NifMo
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
ZenFone3 Laser(ZC551KL)
ZenFone3 (ZE520KL)
arrows M03
SAMURAI KIWAMI
arrows M02
ZenFone2 (ZE551ML)
P9 lite ×
ZenFone Go(ZB551KL) ×
Liquid Z530 ×
ZenFone2 Laser(ZE500KL) ×
P8lite ×
ZenFone5 (A500KL) ×

参照元:NifMoポケモンGO対応機種

NifMoのお申し込みはコチラから

nifmo

FREETEL

CMでも話題のFREETELは、安定のドコモ回線を利用。
2年縛りや解約金がないので、気軽に始められる点で人気上昇中です。

FREETEL
ポケモンGO対応機種 ジャイロスコープ(AR)
REI
KIWAMI
MUSASHI ×
priori3S ×
priori3 ×
MIYABI ×

参照元:FREETELポケモンGO対応機種

FREETELのお申し込みはコチラから

freetel


いかがでしたか?

話題の格安スマホでもポケモンGOをプレイできるので、ご自分の生活環境にあったスマホ契約でお得に楽しむことができそうですね。

普段あまりデータ通信や通話を使わなくて、スマホの料金を抑えたいというトレーナーの方は、ポケモンGOもできる格安スマホに切り替えてみてはいかがでしょうか?

トップへ