【最新比較】ポケットWiFi・モバイルルーターおすすめ人気ランキング|WiMAX編

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

wimax

みなさん、WiMAX(ワイマックス)という言葉を聞いたことはありますか?

今回はモバイルルーターやポケットWi-Fiのおすすめを、ランキング形式でご紹介します。

モバイルルーターやポケットWi-Fiは、WiMAXやワイモバイルなどが人気ですが、今回はWiMAX編ということで、使うと快適にポケモンGOができる便利なWiMAXについて徹底的にご紹介していきますね!

初心者の方向け!契約するだけで簡単、かつ、すぐに使えるWiMAX

WiMAX

WiMAX(ワイマックス)とは

今人気のWiMAX(ワイマックス)とは、KDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスを提供している無線のインターネットで、簡単に言うと、サービス提供エリア内の日本全国で使える持ち出せるWi-Fiです。

2017年7月2日に、UQコミュニケーションズから「WiMAX全国人口カバー率90%達成のお知らせ」というニュースリリースも発表されています。

参考 WiMAX全国人口カバー率90%達成のお知らせ

WiMAXを便利に使えるサービスエリアマップは、こちらから確認できます。

参考 WiMAX および UQ mobileのサービスエリア

WiMAXは都市部に強い「WiMAX 2+」と、山間部などに強い「au 4G LTE」の2種類の回線を使うことができます。

「WiMAX 2+」は電波をしっかり拾えれば新幹線や高速道路移動中の車内で使用することもできますが、トンネルや提供エリアとして弱いエリアなどを通過する際は電波が途切れがちになります。

新幹線での高速移動中は、新幹線車内で提供される公衆無線LANサービスを利用する方法もあります。

契約している事業者によって、公衆無線LANを利用するための「UQ Wi-Fiプレミアム」というオプションサービスが無料提供・有料提供、または提供されていないという違いがありますので、公衆無線LANサービスをよく利用する方は事前に確認しておくといいです。

参考 よくあるご質問

どの事業者のWiMAXも、下り最大440Mbpsの高速データ通信で、面倒な工事不要でポケットWi-Fi端末が届いたら簡単設定ですぐに使えます。

WiMAXは“回線全体を管理している大元であるUQコミュニケーションズが提供する回線”と、“UQコミュニケーションズから回線を借りてサービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)の回線”があります。

モバイルルーターとは

モバイルルーターとは、スマートフォンやパソコンなどでデータ通信(インターネット通信)を行うための小さい端末です

モバイルルーターは、ポケットWi-Fiと呼ばれることもあります。

モバイルルーターはポケットに入る大きさで、持ち運びに便利なサイズです。

WiMAXを使うメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

工事不要で契約するだけで、簡単にインターネットが使えるようになります。

また、通信無制限の契約なら通信制限を気にすることなく、おうちでも外でも携帯を使えます

お盆休み中に開催された横浜のイベント「ポケモンGOパークイベント」では、たくさんの人が集まりすぎて通信エラーとなり、ポケモンが出現してもタップができなくて捕獲画面にならないという現象が多発しました。

これは一つの場所に多くの人が集まり、アクセスが集中したため起こった現象だと考えられます。

横浜のイベントでは、ドコモやソフトバンクの基地局が来てもエラーが解消されることはなかったところ、モバイルルーターを持っていた人はエラーになることなく、ポケモンを捕獲できた方が多かったようです。

この横浜イベントに参加したポケマピ調査員は、モバイルルーターを持っていたためエラーになることなく、ポケモンGOプラスとタップの併用でプレイすることができました。

デメリット

今自宅などでお使いのWi-Fiの契約にプラスして、WiMAXの通信契約をする形の場合はコスト増になります。

しかし使い方によっては、コスト増をする価値があるくらいメリット面が上回ります。

また、既存回線との入れ替えでWiMAXを導入する場合はコスト増にならないことが多く、デメリットはほぼないでしょう。

WiMAXを取り扱う事業者がたくさんありすぎてよくわからないから、大元に聞いてみたよ

オペレーター

WiMAXを取り扱う事業者がたくさんありすぎて、初心者の方だとどこの事業者を選べばいいかわからない方が多いです。

そこで回線全体を管理している大元であるUQコミュニケーションズに「大元であるUQコミュニケーションズの回線」と「UQから回線を借りてサービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)が貸し出す回線」の違いについて質問をしてみたので、その内容を詳しくご紹介します!

WiMAXを提供する本体であるUQコミュニケーションズに「WiMAXを取り扱う事業者がたくさんあって月額料金などに差があるようですが、提供される回線サービスに差はありませんか?」と問い合わせてみました。


ポケマピ
「WiMAXの契約を検討しています」

オペレーター
「ありがとうございます」
ポケマピ
サイトに『UQコミュニケーションズは、WiMAXネットワークをMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)に開放しています。そのため、様々なサービス事業者が多彩なWiMAXサービスを提供しています。
それぞれのサービス内容、ご利用いただける製品等については、各サービス事業者にお問い合わせください。』と書いてあります。
各社のサイトをみると、月額料金などに差があるようですが、提供されているサービスに差はありませんか?
オペレーター
使用する回線は全て同じものになりますので、提供サービスに差はございません
ポケマピ
「そうすると、各社ごとに月額料金やキャンペーンに差はあるものの、契約後はまったく同じものを使用することになる、という理解でよろしいですか?」
オペレーター
「おっしゃるとおりでございます。各社ごとに月額料金の設定、提供するキャンペーン・オプションの差がございますが、契約後の提供サービスに差はございません」

ポケマピ
「であれば、各社のサイトをみて、自分に一番合う月額料金やキャンペーン・オプションを選んで決めたら良いということでしょうか?
オペレーター
「そのとおりでございます」
ポケマピ
「ありがとうございます。最後に、現在私はau携帯の契約者ではありませんが、WiMAXを契約すると『スマートバリューマイン』というau携帯料金の割引サービスの適用を受けることができるとありました。au携帯料金割引の適用は、WiMAX契約後、au側から事後的に受けることができるのでしょうか?」
オペレーター
事後的に受けることが可能でございます。WiMAXの端末機・ルーターごとに固有の番号がございまして、その番号をau様にお伝えいただくことで割引サービスが適用されます」
ポケマピ
「わかりました。ありがとうございます」
オペレーター
「とんでもないです。ご検討、どうぞよろしくお願い申し上げます」


このような感じでした。

念のために、人を変えて同じような質問をしてみました。


ポケマピ
「UQコミュニケーションズ大元と、回線を貸し出される側であるMVNOさんとに差はありますか?」
別オペレーター
「UQコミュニケーションズ大元のほうは、全てを管理しておりますので、何かあった場合のサポートサービスには差が出るものと思われます」
ポケマピ
「何かあった場合のサポートサービスとは?」
別オペレーター
「MVNO様は情報が不足する場合がございますので、対応ができない場合がございます。サポートの信頼度という点で違いがございます
ポケマピ
「何もなかった場合において、提供される回線やサービスに差が出ることはありますか?大元は回線の割り当て量が多い、MVNOさんは回線の割り当ての量が少ないとか、ありますか?」
別オペレーター
そういった違いはございません。同じでございます
ポケマピ
「ありがとうございました」


まとめると、各社ごとに月額料金の設定や、提供されるキャンペーン・オプションの差はあっても、提供されるWiMAXの回線に差はないため、各社を比べて自分に最も合う月額料金やキャンペーン、オプションを選ぶことが必要です。

それでは次の見出しから、初心者の方向けに、契約するだけで簡単、かつ、すぐに使えるようになるおすすめプロバイダの月額料金やキャンペーン、オプションの特長を紹介していきますね!

UQ WiMAX(回線全体を管理する大元という安心感重視)


UQ WiMAX

初心者の方で「WiMAX大元の安心感がほしい!」という方であれば、UQ WiMAXがイチオシです!

UQコミュニケーションズが全体を管理するUQ WiMAXは、契約数2,000万以上であり、RBB TODAYモバイルアワード2016において、キャリア「総合」部門 総合満足度No.1を受賞していて評価が高いです。

参考 UQ WiMAXサービスの累計契約数が2,000万件を突破

そんなWiMAX回線を大元との直接の契約で利用をしたい、という方にはUQコミュニケーションズが取り扱うUQ WiMAXがおすすめです。

UQコミュニケーションズが取り扱うUQ WiMAXの特徴

  • 料金プランは月額3,696円(税抜)か月額4,380円(税抜)
  • 端末代金は2,800円(税抜)~
  • 商品券3,000円分もらえるキャンペーンあり(※)
  • お客様満足度No.1を受賞している
  • WiMAX契約時にauスマホ以外の契約者でも、契約後にauスマホに乗り換えた場合「スマートバリューマイン」というauの携帯料金の割引サービスを事後的に適用可能
  • (※)下記リンクからの契約のみの、期間限定キャンペーンのため終了している可能性があります。

問い合わせたところ、WiMAXを契約をする時に、auスマホ以外のキャリア(ドコモ・ソフトバンク)の契約者でも、契約後にauスマホに乗り換えた場合「スマートバリューマイン」というau携帯料金の割引サービスを事後的にau側から適用してもらうことができるとのことでした。

参考 auスマートバリュー mine

実際に以下の条件で契約した場合、3年間(36ヶ月間)支払う総額と実質の月額料金を検証してみました。

契約例については、実際に支払うことになる料金を想定して消費税8%込みの金額でご紹介していきます。

<契約例>
スマホ使用中で、一番人気のW04端末を、月間データ容量制限なしのツープラスギガ放題で契約し、3年間(36ヶ月間)契約した場合に支払う総額(※価格は全て税込です)

初期費用・・・3,240円(登録手数料)+3,024円(機種代金)+日割りの月額料金

1ヶ月~3ヶ月・・・月額3,995円(ユニバーサル使用量3円/月含む)×3ヶ月=1万1,985円

4ヶ月~36ヶ月・・・月額4,733円×33ヶ月=15万1,456円

初期費用+1ヶ月~36ヶ月の月額料金=17万1,414円

合計17万1,414円で、月額およそ4,762円となります。

※キャンペーンなどの変更で料金が変更している場合があります。

次に、契約期間の途中で解約した場合の違約金は以下の通りです。

2年契約で、契約期間の途中で解約した場合の違約金

1ヶ月目~13ヶ月目・・・1万9,000円(税抜)

14ヶ月目~25ヶ月目・・・1万4,000円(税抜)

26ヶ月目・・・契約更新月のため無料

27ヶ月目~2年後の更新月まで・・・9,500円(税抜)

3年契約で、契約期間の途中で解約した場合の違約金

1ヶ月目~13ヶ月目・・・1万9,000円(税抜)

14ヶ月目~25ヶ月目・・・1万4,000円(税抜)

26ヶ月目~37ヶ月目・・・9,500円(税抜)

37ヶ月目・・・契約更新月のため無料

38ヶ月目~3年後の更新月まで・・・9,500円(税抜)

まとめると、他の事業者が端末代金0円なのに対して、端末代金が2,800円(税抜)~かかるという点や、キャンペーンが他の事業者よりも少なめな点月額料金が高めな点がデメリットですが、UQコミュニケーションズが取り扱うUQ WiMAXは回線全体を管理する大元の安心感がありますので、大元の安心感を重視したい方向けでしょう。

Broad WiMAX(キャッシュバックのもらい忘れ防止&月額料金の安さ重視)


Broad WiMAX

端末は最短即日発送で全国送料無料、かつ、業界最安級の月額2,726円(税抜)でギガ放題プランを利用できるので、「月額料金の安さを重視したい!」という方にはおすすめです。

最大3ヶ月間月額2,726円(税抜)で、ギガ放題プランが使えます。

3ヶ月目以降は月額3,411円(税抜)になります。

問い合わせたところ、他社だと、平均的に2日~3日はかかる端末の発送もBroad WiMAXなら、最短即日発送で端末を発送してもらえる点がBroad WiMAXの強みとのことでした。

日本全国送料無料で、離島にお住まいの方ももちろん無料で端末を届けてもらえます。

Broad WiMAXの特徴

  • 業界最安級の月額2,726円(税抜)で利用できる
  • 端末は最短即日発送で全国送料無料
  • 全ての端末代金が0円
  • 初期費用無料キャンペーン(18,857円割引)で契約時にかかる初期費用を抑えての契約が可能

Broad WiMAXのWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込み、指定オプションサービスに初回加入すると18,857円割引適用されます

この初期費用無料キャンペーン(18,857円割引)は、24ヶ月間の割引分の保証金とのことで、支払い方法が口座振替の場合は初期費用等が発生してしまいます。

また、業界最安級の月額料金で利用できる理由を問い合わせたところ、Broad WiMAXは店舗展開を行っていないので、人件費や土地代を抑えたためこのように格安でサービスを提供できているとのことでした。

3年契約プランで4G LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードを使用すると、月々1,004円が無料になりますが、これは自動更新となっているので、解約しない限りはずっと無料で使えます。

UQ WiMAXでできたような、契約前はauスマホ以外のキャリア(ドコモ・ソフトバンク)を使っていても、契約後にauスマホに乗り換えた場合に「スマートバリューマイン」というau携帯料金の割引サービスを事後的にau側で適用してもらうことは、Broad WiMAXではできないです。

Broad WiMAXの場合は、現在、auスマホを契約しているという方が「事前に」手続きをした場合に限りますが「auスマートバリューmine」に加入してauスマホ割プランが適用されると、auの月額料金が最大934円(税抜)割引きされます。

しかしこの“auスマホ割プラン”と“初期費用のかかる月額最安プラン”の併用ができないので、注意が必要とのことでした。

UQ WiMAXと同条件で料金を比較するため、実際に以下の条件で契約した場合として、3年間(36ヶ月間)支払う総額と実質の月額料金を検証してみました。

契約例については、実際に支払うことになる料金を想定して消費税8%込みの金額でご紹介していきます。
<契約例>
スマホ使用中で、一番人気のW04端末を、月間データ量制限なしの月額最安プラン・ギガ放題で、初期費用無料キャンペーンを使って契約し、3年間(36ヶ月間)契約した場合に支払う総額(※価格は全て税込です)

初回費用・・・3,240円(事務手数料)+550円(安心サポートプラス)+日割りの月額料金

1ヶ月~3ヶ月・・・月額2,944円×3ヶ月=8,832円

4ヶ月~24ヶ月・・・月額3,684円×21ヶ月=7万7,364円

25ヶ月~36ヶ月・・・月額4,332円×12ヶ月=5万1,984円

初回費用+8,832円+7万7,364円+5万1,984円=13万8,180円

合計13万8,180円で、月額およそ3,838円となります。

※キャンペーンなどの変更で料金が変更している場合があります。

次に、契約期間の途中で解約した場合の違約金は以下の通りです。

2年契約で、契約期間の途中で解約した場合の違約金

0ヶ月目~12ヶ月目・・・1万9,000円(税抜)

13ヶ月目~24ヶ月目・・・1万4,000円(税抜)

25ヶ月目・・・契約更新月のため無料

26ヶ月目~2年後の更新月まで・・・9,500円(税抜)

3年契約で、契約期間の途中で解約した場合の違約金

0ヶ月目~12ヶ月目・・・1万9,000円(税抜)

13ヶ月目~24ヶ月目・・・1万4,000円(税抜)

25ヶ月目~36ヶ月目・・・9,500円(税抜)

37ヶ月目・・・契約更新月のため無料

38ヶ月目~3年後の更新月まで・・・9,500円(税抜)

次に紹介するGMO WiMAX2+と比べると、2年以内の解約手数料がGMO WiMAX2+よりもBroad WiMAXの方が安く、キャッシュバックが月額利用料金の割引という形で受け取れるので、キャッシュバックのもらい忘れを防止できます

まとめると、Broad WiMAXはキャッシュバックを月額料金に割り当てる形で他社に比べて月額料金が安いので、キャッシュバックのもらい忘れを防止しながら月額料金の安さを重視したい方向けですね。

GMO WiMAX2+(特典重視)


GMO WiMAX2+

最大3万2,100円のキャッシュバックの特典があり「特典を重視したい!」という方におすすめです。

東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しています。

GMO WiMAX2+の特徴

  • 月額3,609円(税抜)~利用できる
  • 端末代金が0円
  • 端末は最短即日発送で全国送料無料
  • 最大3万2,100円のキャッシュバック特典あり
  • 月々割引あり
  • 毎月プラン変更可能で、たくさん使う月と少ない月でプランの使い分けができる

先に紹介したBroad WiMAXと同様に、GMO WiMAX2+も端末が最短即日発送で、全国送料無料です。

離島にお住まいの方も送料無料なので、心配はないですね。

GMO WiMAXの受付が完了したら申込時に申請した「配送状況連絡先メールアドレス」へメールでお知らせが届くので、安心です。

届くメールから、配送状況を自分でインターネット上で調べることができるため、とても便利な仕組みとなっています。

問い合わせたところ、GMO WiMAX2+は、他社に比べて最大3万2,100円とキャッシュバックされる金額が大きく、月々割引がある点がGMO WiMAX2+の強みとのことでした。

キャッシュバックされるタイミングは、端末発送月を含む11ヶ月目に登録してあるメールアドレスにキャッシュバックの案内が届いて、そこから口座登録した翌月末に現金が直接口座に振り込まれます。

キャッシュバックを受けるには、1年ほどかかり、手続きが必要になるので、キャッシュバックをもらい忘れないようにしましょう

キャッシュバック特典の中には、WiMAXを自宅で充電しながら無線LANルーターとして使うのに便利なクレードルが無料でついてくるプランがあって、一般的にクレードルは3,000円~4,000円ほどするので、これが無料でついてくるのに加えて現金キャッシュバックもあるのでかなりお得ですね!

月々割引は、ギガ放題プランで1ヶ月目~2ヶ月目が月額3,609円(税抜)、3ヶ月目~24ヶ月目が月額4,263円(税抜)です。

ライトプラン(データ通信量月間7GB)は1ヶ月目~ずっと月額3,609円(税抜)です。

GMO WiMAX2+に「月額料金・キャンペーン・オプション以外で、ここがメリットというポイントはありますか?」と問い合わせたところ、他社と変わりはないとのことでした。

UQ WiMAXでできたような、契約前はauスマホ以外のキャリア(ドコモ・ソフトバンク)を使っていても、契約後にauスマホに乗り換えた場合に「スマートバリューマイン」というau携帯料金の割引サービスを事後的にau側で適用してもらうことが、GMO WiMAX2+でも可能です。

適用された場合には、auの月額料金が最大934円(税抜)割引きされます。

UQ WiMAXやBroad WiMAXと同条件で料金を比較するため、実際に以下の条件で契約した場合、3年間(36ヶ月間)支払う総額と実質の月額料金を検証してみました。

契約例については、実際に支払うことになる料金を想定して消費税8%込みの金額でご紹介していきます。
<契約例>
スマホ使用中で、一番人気のW04端末を、月間データ量制限なしのギガ放題プランで契約し、3年間(36ヶ月間)契約した場合に支払う総額(※価格は全て税込です)

初期費用・・・3,240円(WiMAX事務手数料)+日割りの月額料金+3,898円(翌月分の月額料金)

初期費用+3ヶ月~36ヶ月の月額料金=13万6,773円

合計13万6,773円で、月額およそ3,799円となります。

※キャンペーンなどの変更で料金が変更している場合があります。

次に、契約期間の途中で解約した場合の違約金は以下の通りです。

2年契約で、契約期間の途中で解約した場合の違約金

1ヶ月目~24ヶ月目・・・2万4,800円(税抜)

25ヶ月目・・・9,500円(税抜)

26ヶ月目・・・契約更新月のため無料

27ヶ月目~2年後の更新月まで・・・9,500円(税抜)

3年契約(端末W04,L01のみ3年契約可)で、契約期間の途中で解約した場合の違約金

1ヶ月目~24ヶ月目・・・2万4,800円(税抜)

25ヶ月目・・・9,500円(税抜)

26ヶ月目~36ヶ月目・・・9,500円(税抜)

37ヶ月目・・・契約更新月のため無料

38ヶ月目~3年後の更新月まで・・・9,500円(税抜)

まとめると、GMO WiMAX2+は他社に比べて最大3万2,100円とキャッシュバックされる金額が大きいため、キャッシュバック特典を重視したい方向けですね。

WiMAXを扱う3社比較

今回紹介した3社を同条件(auスマホ使用中・W04端末で月間データ量制限なしのプランで3年間契約)で契約したときに支払う総額や実質の月額料金、特典を比較すると以下の通りです。

総額(税込) 月額(税込) 特典
UQコミュニケーションズのUQ WiMAXUQ WiMAX(回線全体を管理する大元という安心感重視) 17万1,414円 約4,762円 キャンペーンで商品券3,000円分
Broad WiMAX(キャッシュバックのもらい忘れ防止&月額料金の安さ重視) 13万8,180円 約3,838円 初期費用無料キャンペーン(18,857円割引)
GMO WiMAX2+(特典重視) 13万6,773円 約3,799円 最大3万2,100円キャッシュバック

このような結果となり、値段だけで比較すると、GMO WiMAX2+が最も安いということがわかりました。

Broad WiMAXもほとんど値段は変わりません。

WiMAXを扱う3社比較まとめ

比較まとめ

今回の比較結果をまとめると、回線全体を管理する大元の安心感を重視する方であれば、UQコミュニケーションズが取り扱うUQ WiMAXがおすすめです。

キャッシュバック手続きが面倒な方であれば、月額料金が安くなるBroad WiMAXがおすすめです。

最後に、キャッシュバックをもらい忘れない自信がある方であれば、GMO WiMAX2+が最安となりおすすめです。


今回、ご紹介したWiMAXは、契約するだけで簡単にモバイルルーターを使えるようになるものばかりです。

どの業者のWiMAXでも提供される回線に差はなく、各社ごとに月額料金や、キャンペーン・オプションの差がありますので、値段・大元の安心感・特典などどれを重視するか考えていただいて、自分に最も合う業者で申込みましょう。

今後開催されるイベントで、横浜でのイベントで多発したような通信エラーが起こっても影響を受けないように、モバイルルーターで対策をしておくと安心ですね

まだモバイルルーターを持っていないという方は、一つ持っておくと、動画などをどれだけ見ても通信速度制限を気にすることなく、より快適にインターネットがが使えるようになるのでオススメです!

※キャンペーンは、2017年9月現在のもので、変更されている場合があります。
トップへ