【ポケモンGO】バッテリーセーバーでスマホのバッテリー消費を抑える方法

<スマホのバッテリーを節約>ポケモンGOのバッテリーセーバーの使い方

ポケモンGOは、電池の消耗が激しいため、下記の設定変更をおすすめします。

  1. モンスターボールのアイコンをタップ
  2. 右上の設定をタップ
  3. バッテリーセーバーにチェックをつける

バッテリーセーバー機能をONにすることによって、スマホを上下逆さまに持ったときに、画面が暗くなり、バッテリーの消費を抑えることができます。

バッテリーセーバーONの間は、ポケモンの出現を振動で知らせてくれる

同じ「設定」の中の「振動」にもチェックがついていれば、画面が暗くなっている状態でも、近くにポケモンが現われたときには、スマホが振動して知らせてくれるので、画面を見続けながら歩く必要もなくなります。

バッテリーセーバー中でも卵を孵化させるための移動距離はカウントされる

バッテリーセーバーをONにしておくと、画面が真っ暗になるため、ポケモンのタマゴを孵化させられないのでは?と思われがちですが、その心配はありません。
しっかりと、距離を稼ぐことができますよ。

バッテリーセーバーは、どのくらい効果があるの?

結論から言うと、劇的な効果があるわけではありません。
この機能は、何もせずにスマホを下に向けているときだけなので、もし途中でポケモンを捕まえたり、ポケストップに立ち寄ったりしていると、あまり意味がないのです。
ただ、少しの違いであっても、電池の消費を抑えるためには、設定しておいた方がよさそうです。

8/8のアップデートでバッテリーセーバーの「暗くならない」「効かない」というバグが改善されたはずですが…

アプリの配信開始以来、「バッテリーセーバーをONにしても、画面が暗くならない」「バッテリーセーバーが効かない」という声が多くありました。
2016年8月8日のアップデートによって、それらのバグが修正されたはずですが、まだまだ問題は尽きません。

不具合が解消されたものの…バッテリーセーバーは、フリーズに注意!

バッテリーセーバー機能をONにすると、バッテリーを長持ちさせることはできますが、まだまだポケモンGOのアプリがフリーズする可能性がゼロではありません。
レアポケモンが出没して、捕獲画面に移ったときに、スマホの画面が固まってしまい、せっかくの捕獲チャンスを逃すということも、少なくないのです。
そういった事態を避けたいという方には、バッテリーセーバー機能は使わない方がよいでしょう。

では、他にどんなバッテリー節約方法があるの? スマホ本体の低電力モードをオンにするのが有効です

「いざというときにフリーズするのが嫌だからバッテリーバセーバーは使いたくない。でも、すぐにバッテリーが減って困っている」という方には、スマホ本体の低電力モードをオンにするのが有効です。

iPhoneの場合
設定アプリ>「バッテリー」>低電力モードをON

また、Androidの場合は、端末によって機能などが異なるため、一度、ご自身のスマホをチェックしてみてください。

バッテリー不足にお悩みの方は、充電しながらプレイできるモバイルバッテリーの持ち歩きが便利ですよ!

トップへ