【ポケモンGO】バイオームと生息地の違いって何?実際の地形やポケモンのタイプが関係

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ポケモンGOバイオーム生息地

バイオームと生息地の違いを解説するよ!

ポケモンが出現する場所を考えるときに、「バイオーム」「生息地」という言葉がありますが、厳密に言うとこれらの概念には異なる部分があります。

今回は、この2つの言葉が表すものの違いについて、海外サイトの解説内容を元にご紹介します。

以下↓は、参考元海外サイトが紹介している内容を日本語に訳したものです。

バイオームと生息地の違いって何?

ポケモンGOの「バイオーム」という言葉は、ときどき「生息地」と混同して考えられがちです。

ポケモンGOでの「バイオーム」とは、どのポケモンを出現させるかを決定するポケソースごとの設定を指す言葉です。

参照記事↓
【ポケモンGO】バイオームでポケソースから出現しやすいポケモンの種類が決まる!
ポケソースにはそれぞれ、出現しやすいポケモンが決められています。出現しやすいポケモンの種類は「バイオーム」と呼ばれ、レアポケモンの出現率を左右しているんですよ!

つまりポケモンGOでは、原作のように、あるタイプのポケモンを捕まえるためには特定の環境の場所に移動する必要がない、ということになりますね。

ただ、「生息地」は全く反対のことを意味しています。

というのも「生息地」の概念では、現実世界の場所や地理環境が非常に重要になってくるんです。

世界中のポケソースは常に特定の生息地に属していますが、そのすべてが特定のバイオームを持っているというわけではありません。

参照記事↓
【ポケモンGO】ポケモンの出やすさを決めるバイオームって何?ポケモン出現の仕組みを解説
ポケソースごとの出やすいポケモンを決めるバイオームの仕組みを解説!出現率の割合やバイオームの種類、ポケモンの巣でのバイオームの役割を理解して、色んなポケモンを捕まえよう!

簡単に言えば、もしあなたが湖や海の近くに住んでいるとしたら、エンカウントする「みずタイプ」のポケモンの数は、他のタイプのポケモンよりも格段に多くなるでしょう。

違う状況を例に出してみます。

例えばあなたが、森林地帯やジャングルの地域に住んでいたと仮定しましょう。

森林地帯の出現状況を確認したところ、たくさんの「くさタイプ」のポケモンが出現していたことを一貫して観測できました。

ちなみに森林地帯では、およそ23%~27%の「くさタイプ」のポケモンが出現し続けていました。


ポケモンの「生息地」の概念が初めて導入されたのは、原作の「ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン」でした。
※翻訳者注:生息地の概念は初代ポケットモンスター赤・緑から存在していました。

わたしたちの知るところによると、ポケモンGOでもほぼ原作と同じように、危険な場所を除いて「生息地」のシステムが導入されています。

◆ポケモンGOでのポケモンの「生息地」

  • 草原
  • 森林
  • 水辺
  • 洞窟
  • 起伏の多い地形
  • 都会
  • レア(生息地というよりはカテゴリ)

ポケモンGOバイオーム

近くのポケモンの生息地はどうやって探すの?

自分の家から近いポケモンの生息地を見つけるのは、ポケモンの出現システムを見てもわかる通り、水辺や海の生息地に住んでいればとっても簡単です。

しかし、その場所を生息地とするタイプと、そうでないけれど出現するタイプを厳密に区別するのは非常に難しいんです。

理由は2つあります。

  1. ポケモンには2つのタイプを持つポケモンが存在する
  2. 特定のタイプの出現率アップイベントがあると、生息形態に変化が起こり結果が歪む

2つのタイプを持つポケモンは単タイプのポケモンよりも多いのが、特に問題となります。

例えば、ポッポはポケモンGOでよく見かけるポケモンですが、「ひこう・ノーマル」の2つのタイプを持っています。
このことが、ポッポの生息地を作り、差別化することを難しくしているのです。

タイプごとの生息地に正確さや簡潔さが不足していることで、このような疑問点が出ています。

  • ポッポは、「草原」の生息地か「都会」の生息地に属しているのか?
  • すべての「ひこうタイプ」のポケモンが、「都会」の生息地に属しているのか?
  • そもそも「草原」の生息地はあるのか?

2つのタイプを持つポケモンがいることに加えて、特定のタイプの出現率がアップするイベントが、ポケモンの生息地がどこなのかを理解することをさらに難しくしています。

そんな、ポケモンのタイプに関係するこれまでのイベントはこちらです。

イベント 出現率アップ
対象タイプ
ハロウィンイベント* あく
ゴースト
みずイベント みず
くさイベント くさ
いわイベント いわ
ほのお&こおりイベント ほのお
こおり

※翻訳者注:ハロウィンイベント開催時には、「あくタイプ」のポケモンは未実装でした。


バイオームよりも生息地を特定することの利点は、ほとんどの生息地はある程度明白でわかりやすいということです。

もしあなたが海岸にいるならそこは「水辺」生息地で、海にいるならそこは「海」生息地です。

今後の記事では、各生息地についてまた詳しくお伝えしていきます。

参考元 Biomes vs Terrains in Pokémon GO-GO HUB

まとめ

以上の内容をまとめると、この2つの言葉にはこのような違いがあるということですね。

  • バイオームとは、
    どのポケモンを出現させるかを決定するポケソースごとの設定
  • 生息地とは、
    現実世界の場所や地理環境によって決められるポケモンの出現場所で、ポケモンのタイプも関わっている

「バイオーム」に比べると、「生息地」の方の概念の方がよりわかりやすい気もしますが、2つ以上のタイプを持つポケモンが多かったり、タイプによって出現率が変わるイベントが行われることもあり、ポケモンGOではちょっと複雑化しているようです。

参考元サイトなどで今後さらに新情報がわかりましたら、ポケマピでもお伝えしていきます!

トップへ