【ポケモンGO】天気が実装されたらどうなる?新機能を予想!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

天気が実装されたらどうなる?新機能を予想!

ポケモンGO天気

原作ポケモンシリーズにあった「天気」の要素が、ポケモンGOにも実装されるとしたらどのようになるのでしょうか?

ポケモンGOでの「天気」はどうなるか、海外サイトが細かく予想していたので、内容を要約してご紹介します!

天気によって変わること(予想)

予想されている「天気」の種類は4種類で、それぞれ下記のような影響があります。

天気「あめ」

  • 「みずタイプ」の技の攻撃力が上がる
  • 「ほのおタイプ」の攻撃力が下がる

「くさタイプ」は「みずタイプ」の技に耐性を持っているので、「あめ」のときは「くさタイプ」のポケモンをジムに配置すると良さそうです。

天気「ひざしがつよい」

  • 「ほのおタイプ」の技の攻撃力が上がる
  • 「みずタイプ」の技の攻撃力が下がる
  • 「ソーラービーム」のチャージが不要となり、発動速度が速くなる

「みずタイプ」の技の攻撃力が弱くなるので、とくにサイドンやゴローニャのような「いわ・じめんタイプ」のポケモンは、「みずタイプ」の技から受けるダメージが少なくなります。

天気「あられ」

  • ポケモンのHPの1%がターン毎に減る
  • 「こおりタイプ」のポケモンはダメージを受けなくなる
  • 「ソーラービーム」の攻撃力が半分になる

天気「すなあらし」

  • ポケモンのHPの1%がターン毎に減る
  • 「いわタイプ」、「じめんタイプ」、「はがねタイプ」のポケモンはダメージを受けなくなる
  • 「いわタイプ」のポケモンの防御力が強くなる
  • 「ソーラービーム」の攻撃力が半分になる

4つの「天気」に関係するポケモンの「特性」

原作ポケモンシリーズでは、ポケモンに「特性(とくせい)」というものが、種族ごとに設定されています。

ポケモンGOにも「天気」が実装されるとしたら、同時にポケモンの「特性」も実装されるかもしれませんね。

今回ご紹介した上記の4つの「天気」には、それぞれに関係するこのような「特性」があります。

特性「あめふらし」

効果:天気を「あめ」にする
この特性を持つポケモン
ニョロトノ

ニョロトノ

ペリッパー

ペリッパー

カイオーガ

カイオーガ

※ペリッパー、カイオーガは、ポケモンGO未実装です。

特性「ひでり」

効果:天気を「ひざしがつよい」にする
この特性を持つポケモン
ロコン

ロコン

キュウコン

キュウコン

コータス

コータス

グラードン

グラードン

※コータス、グラードンは、ポケモンGO未実装です。

特性「ゆきふらし」

効果:天気を「あられ」にする
この特性を持つポケモン
ユキカブリ

ユキカブリ

ユキノオー

ユキノオー

バイバニラ

バイバニラ

アマルス

アマルス

アマルルガ

アマルルガ

※すべて、ポケモンGO未実装です。

特性「すなおこし」

効果:天気を「すなあらし」にする
この特性を持つポケモン
バンギラス

バンギラス

ヒポポタス

ヒポポタス

カバルドン

カバルドン

ギガイアス

ギガイアス

※ヒポポタス、カバルドン、ギガイアスは、ポケモンGO未実装です。


ポケモンGOでは、このような「特性」を持つポケモンを使ってジム戦をすると「天気」を変えることができ、バトルでの攻撃力や技の発動速度などを変えることができるのかもしれません。

天気「すなあらし」を引き起こす特性「すなおこし」を持つポケモンには、現在ポケモンGOに実装されているポケモンのうち最大CPが第1位のバンギラスがいます。

ポケモンGOでもバンギラスが「すなおこし」の特性を持つことができたら…、

天気が「すなあらし」になると「いわタイプ」のポケモンの防御力が強くなるので、これまで以上にジム戦でのバンギラスが強力になるかもしれませんね。

その他の「特性」と「天気」の関係は?

特性「かんそうはだ」は「あめ」のときポケモンのHPを回復させる

ポケモンが持つ「特性」にはたくさんの種類があります。

例えばですが、「かんそうはだ」の特性を持つポケモンは、天気が「あめ」のときに自分のHPを回復させることができ、「みずタイプ」の技で攻撃されてもダメージを受けないで済みます。

反対に、天気が「ひざしがつよい」のときはHPが減り、「ほのおタイプ」の攻撃によって受けるダメージが多くなります。

現在ポケモンGOに実装されているポケモンだと、パラスパラセクトルージュラがこの特性を持つことができます。

特性「かんそうはだ」を持つポケモン
パラス

パラス

パラセクト

パラセクト

ルージュラ

ルージュラ

また「あめうけざら」にも、「かんそうはだ」と同じように天気が「あめ」のときにポケモンのHPを回復させる効果がありますが、デメリットはありません。

天気が「あめ」のときには、特性「あめうけざら」を持つポケモンも活躍できそうです。

特性「あめうけざら」を持つポケモン
ゼニガメ

ゼニガメ

カメール

カメール

カメックス

カメックス

メノクラゲ

メノクラゲ

ドククラゲ

ドククラゲ

参考元 Weather (and even more abilities) in Pokémon GO


このように、原作ポケモンでの「天気」から考えると、ポケモンGOにも「天気」や「特性」が実装された場合、ジム戦や配置されるポケモンなどに大きな変化が起こりそうですね。

現在のジムでは、バンギラスカイリューハピナスなどが多くのジムを防衛している状態が続いているので、ここにも動きが出たら今とはまた違ったジムを見ることができるのではないでしょうか。

原作ポケモンでの「天気」とは?

原作ポケモンシリーズでは、「天気」によって主にこのような影響がありましたが、ポケモンGOにも基本的な影響はそのまま実装される可能性があります。

あめ
  • みずタイプのわざの威力が1.5倍になる
  • ほのおタイプのわざの威力が0.5倍になる
  • わざ「かみなり」が必ず命中する
  • わざ「ソーラービーム」の威力が半分に下がる
ひざしがつよい
  • ほのおタイプのわざの威力が1.5倍になる
  • みずタイプのわざの威力が0.5倍になる
  • わざ「ソーラービーム」のチャージが不要
あられ
  • こおりタイプ以外のポケモンのHPが減少していく
  • わざ「ふぶき」が必ず命中する
  • わざ「ソーラービーム」の威力が半分に下がる
すなあらし
  • いわ、じめん、はがねタイプ以外のポケモンのHPが減少していく
  • いわタイプの耐久力が上がる
  • わざ「ソーラービーム」の威力が半分に下がる
きり
  • わざの命中率が下がる
※原作の天気には、厳密にはもっとたくさんの効果がありますが、今回はメインとなる変化をご紹介いたしました。

時間帯や天気による変化は、今後追加されるかも?

2017年3月には、こちらの記事でご紹介したように、開発中の新しい「夕方の画面」の動画が公開されていました。

【ポケモンGO】マップの新ビジュアル動画が公開!夕方(日の入り)はサンセット版画面に切り替わるよ
ゲームイベントで公開された、ポケモンGOの新マップビジュアル。そのムービー版がウェブ上にアップされ、話題を呼んでいます!夕方バージョンでは、日の入り(サンセット)の様子が反映されますよ。

また、ハンケ氏のスピーチでは「2017年内にポケモンGOの3大アップデートが予定されている」という内容の発言もありました。

ジムの大型アップデートに期待が集まっていますが、その中にゲーム画面の変更が含まれている可能性もあります。

【ポケモンGO】2017年内に3大アップデート!PvP(対人戦)やトレード、マップのアプデが来るかも
ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏が、2017年のポケモンGOに3大アップデートを予定していると発表!マップの更新、PvP(対人戦)、トレードや伝説ポケモンなど、予想が大盛り上がりです!

時間や天気によって変わる開発中のゲーム画面も公開されているので、今年中に「天気」やさらに細かい「時間」の要素が追加されるかも?しれませんね。

ポケモンGO天気

画像では左から、晴れの日、日没(夕方)、日没(と書いてありますが、朝?)、曇りの日、夜と書かれています。

画像出典 Interesting image of an early PoGO map design.

ポケモンGOにも「天気」の要素が実装されるとしたら、現実世界の天気をリンクして画面が変わったり、ジム戦での効果が変わったりするかも?しれませんね。

2017年の大型アップデートを楽しみに待ちましょう!

トップへ