【ポケモンGO】ポケストップのちかくにいるポケモン機能には弱点が…。レアポケモンを逃さないように注意!

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ポケモンGOポケストップのちかくにいるポケモン

2017年4月21日、新機能「ポケストップのちかくにいるポケモン」が実装されました。

【ポケモンGO】サーチ機能「ポケストップのちかくにいるポケモン(ニアバイ)」が実装!使い方を教えるよ!
遂に「ポケストップのちかくにいるポケモン」ニアバイが実装されました!どのポケモンがどの辺にいるか明確に分かる、便利な新機能になっています。

この機能は、以前から海外で一部実装されているもので、自分の周りにあるポケストップの近くに出現しているポケモンを教えてくれ、それがどこのポケストップなのかも知ることができます。

一見とても素晴らしい機能のようですが、この機能には弱点や注意したいことがあるのでお伝えしていきます!

ポケストップのちかくにいるポケモン機能の弱点

① 自分の近くにレアポケモンがいても表示されない

簡単にお伝えすると、例えば「ポケストップのちかくにいるポケモン」でポケストップの近くにオタチやイトマルがいるという情報は見ることはできても、自分の近くにカビゴンがいるという情報を見ることができなくなりました。

ポケモンGOをプレイしていて感じている方も多いかと思いますが、ポケストップの近くに出現しないレアポケモンも多くいます。

例えばカビゴンは、ポケストップからは遠く離れた場所に出現することがほとんどです。

ポケモンGOカビゴン

自分の近くにレアポケモンが出現していたとしても、「ポケストップのちかくにいるポケモン」では知ることができないので注意が必要です。

実際に、近くにミニリュウがいても表示されず困っているトレーナーもいるようです…。

② 「かくれているポケモン」には自分で切り替えできない

「自分で「かくれているポケモン」にも切り替えができるようになってほしい!」と、この機能を体験済みの海外トレーナーからNiantic(ナイアンティック)への要望が多くあったようですが、その点が改善されずのまま日本にやってきました。

これまでの「かくれているポケモン」に表示されていたのは、自分から半径200mの範囲に出現しているポケモンで、ポケストップにかかわらず、出現していたら教えてくれるというものでした。

一方今回実装された「ポケストップのちかくにいるポケモン」に表示されるのは、自分から半径500mの範囲にあるポケストップの近くにいるポケモンなので、「かくれているポケモン」よりも広い範囲が検出されます。

この検出範囲の違いも、自分の近くにレアポケモンがいても「ポケストップのちかくにいるポケモン」では知ることができずレアポケモンを逃す要因となっています。

ポケストップがない・少ない場所だと「かくれているポケモン」も表示される

自分で「かくれているポケモン」へ切り替えることはできませんが、ポケストップが自分の周りにない場合は、従来の「かくれているポケモン」に自動で切り替わるようです。

また、ポケストップが自分の周りに少ない場合は、「ポケストップのちかくにいるポケモン」と「かくれているポケモン」が両方表示されるようです。


新機能「ポケストップのちかくにいるポケモン」の弱点・注意したいことについてご紹介しました!

ポケモンが出現しているポケストップの場所が詳しくわかるのはうれしいですが、実際に自分の近くにいるレアポケモンに気付くのが難しい点では注意が必要ですね。

リアルタイムマップなども活用して、レアポケモンを逃さないようにしていきましょう!

リアルタイムマップ
全国のポケモンの巣情報が地図上で確認できます。全国の巣をチェックしてみてください。

コメント

  1. 名無しのポケモントレーナー より:

    へーー

  2. 名無しのポケモントレーナー より:

    ぶっちゃけ新しい機能はいらないと思った

  3. 名無しのポケモントレーナー より:

    伊藤園の自販機発見器になってるよ

  4. バカンス? より:

    台湾でサニーゴ発見。
    ラッキー。新しい機能ありがとうw
    日本に戻ったら必要ないけど。

  5. 名無しのポケモントレーナー より:

    「弱点に注意!」って、、、注意しようがないから酷いって話だよね?

  6. 名無しのポケモントレーナー より:

    海外では使えるんじゃない?

トップへ