【ポケモンGO】トレード(交換機能)の実装はいつ?海外の最新アップデートのコード解析で延期されることが判明?

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

最新アップデートで交換実装が延期?海外の解析でトレードに関するコードの削除

金・銀ポケモンの実装など、わくわくする機能が増えた最新アップデートですが、その裏で、海外で「交換に関するコードが削除された」という解析情報が噂になっています。

ポケモン交換機能の実装が延期?

今まで実装されていていた交換に関するコードが削除された

これまでアプリに入っていたポケモン交換に関するコードが、最新アップデートのバージョン0.57.2で削除されたことが判明しました。

削除されたコードの内容は以下の3つです。

  1. Polling for trade request
  2. Polling for trade response
  3. Support for trading offers

参照元Trading beta code completely removed in 0.57.2! | Pokemon GO Hub

日本語訳

  1. 交換希望の処理
  2. 交換応答の処理
  3. 交換申請の処理

交換機能に関するコードが今回削除されてしまいましたが、交換機能が実装されなくなったというわけではありません。

「簡略化された状態でいくつかの新機能を実装する」とインタビューで発言

海外のインタビューで、ポケモンGOの開発元であるナイアンティックのCEOが今後実装される機能について答えていました。

インタビューでCEOのジョン・ハンケ氏はリリース当初、毎月5000万人のアクティブユーザーを想定していたと語っており、実際にはリリースから30日で1億回のダウンロードされ、予想以上に多くの人がプレイしていました。

リリース当初の2016年の夏、多くの人がポケモンを捕まえるためにサーバーに大きな負荷がかかっていました。
そのため、色々な機能を実装せず、最初の数ヶ月はバグ修正をしていたので、ポケモン交換機能やトレーナー同士のバトルの機能の作業が遅れていた、とジョン・ハンケ氏は語っています。

そして、これらの機能の実装について、以下のような明言がありました。

“It’s going to be done soon,” he says.”It is what it is.I’ll take the massive wave of hysteria we enjoyed, and just deal with the fact that it’s caused us to take a bit longer to get the rest of the features up.We’re really happy to make our users happy.”

参照元Success and Server Distress: Discussing ‘Pokémon Go’ with Niantic’s John Hanke – Waypoint

日本語訳
彼はこう答えました。
「実装はもうすぐだと思うよ。
つまりこういうことだ。
私は私たちが熱中してきたものに、大きな波を起こす。
ただ、残りの機能を実装するには、もう少し時間がかかるんだ。
ユーザーが楽しんでくれるのが、本当にうれしいよ。」

他にも、ジョン・ハンケ氏はインタビューで「世界規模のイベントをしたい」「いくつかの機能は『簡略化』した状態で開始していきたい」と語っています。

ポケモンGOのアプリのリリース当初から、ポケモンの交換機能やプレイヤー同士のバトルは実装されると言われていましたが、インタビューで実装時期について答えているという事は、もしかしたら間もなく実装されるかも知れませんね。

トップへ