【ポケモンGO】ジム防衛のおすすめランキング!達磨落としに勝つ配置すべきポケモンまとめ

ボタンを押して記事タイトルとURLをコピー

ジム防衛のおすすめランキング!達磨落としに勝つ配置すべきポケモンまとめ

ジムに配置するのにオススメなポケモン

2016年11月22日のCP調整以降、ジム防衛のおすすめランキングが変動しました。

現環境で、ジム防衛のために配置すべきポケモンをご紹介します。

ジムに防衛ポケモンを配置する目的

ジムに防衛ポケモンを配置する目的ですが、この記事ではズバリ、「ポケコインとほしのすなの獲得」を第一に考えます。

現在のジム防衛環境について

トレーナーの多いエリア(いわゆる激戦区)は、ジムが安定して7レベル以上を保つことはないでしょう。

トレーナーの少ないエリアや、いわゆる田舎エリア(ポケストップやジムの数が少ないエリア)は、場合によってはジムレベル10のまま張り付いてしまっていることが多いでしょう。

この記事では、安定して「ポケコインとほしのすなの獲得」をすることを目指しますから、ジムレベル7、8、9、10のジムに配置して、長期間防衛に成功することを狙います。

ジム防衛ポケモンのおすすめランキング!

では、ジム防衛ポケモンのおすすめランキングです!

おすすめはこの5匹!

カイリュー

カイリュー

カビゴン

カビゴン

サイドン

サイドン

ギャラドス

ギャラドス

シャワーズ

シャワーズ

CP 3581 CP 3355 CP 3300 CP 3281 CP 3157

理由は、「最大CPが3000を超える」です。

ジムの達磨落としに勝つポケモンを配置しよう

現在のジム環境の中で、ジムレベル10のまま張り付きになっているジムが多いエリアでは、「達磨落とし」と呼ばれる行為が横行しています。

具体的には、

  • 同色のジムがジムレベル10で、トレーニングしても新しくポケモンを配置できない
  • 他色のトレーナーに依頼して、ジムレベル10をジムレベル9に下げる。
  • ジムレベル9をジムレベル10に上げる。
  • そのジムに、新しくポケモンを配置する。

という一連の流れを指します。

この一連の流れのうち、「他色のトレーナーに依頼して、ジムレベル10をジムレベル9に下げる。」の部分を「複数アカウント(=複垢)」を利用して、一人のトレーナーが実行することがあることから、この一連の流れ自体を「不正行為(チート)」と考える人もいますが、この一連の流れそのものは、規約内の正当行為です。

ですから、ジムレベル10からの「追い出し」や「蹴り出し」を恨むよりも、ジムレベル10からの「追い出し」や「蹴り出し」から無縁の存在になるほうがストレスが少ないです。

ジムの中層以上に配置される可能性が高い、CP3000オーバーのポケモンを育成して、配置するようにしましょう。


いかがでしょうか。

ジムのシステムに関してはいろいろ思うところがありますが、ジムの現環境から安定して「ポケコインとほしのすなの獲得」をすることを目的にして考えると、おすすめした5匹を育てるのが良さそうです。

ポケマピには、育成するときに使う「アメとほしのすなの量」を事前に調べることができる「ほしのすなとアメシミュレーター」があります。

このツールを使って、アメとほしのすなを効率的に配分してみてください。

【ポケモンGO】ほしのすなとアメシミュレーター
ポケモンの目標レベルに達するまでに、どれだけのほしのすなやアメを消費するか、どれだけのCPになるかを予め計算を行いシミュレートするツールです。
トップへ