【ポケモンGO】公式サーチレーダーが実装予定!新しいニアバイでポケモンの出現位置がわかるようになるよ!

ポケモンGOに公式サーチレーダー「新しいニアバイ」が実装予定です! アメリカの一部地域で試験運用が開始される模様

ポケモンGOの海外掲示板で、ポケモンGOに公式サーチレーダー「NEW “NEARBY”」(新しいニアバイ)が実装されることが伝えられました。

ポケモンGOに新しいニアバイ実装

以前にポケマピでもお伝えした、「ニアバイ」の試験運用を経て、より実戦的な仕様にパワーアップしたようです!

※前回お伝えした「ニアバイ」の記事はこちらです。

【ポケモンGO最新情報】「足跡」に変わる新機能!?近くにいるポケモンの詳しい位置と追跡ができる「Nearby(ニアバイ)」が一部ユーザーに解禁!
ポケモンGOの最新アップデートによって、近くにいるポケモンの詳細位置を割り出し追跡できる機能が一部ユーザー限定で公開された、とイギリスのイン...

海外掲示板で伝えられた内容を要約すると、新しいニアバイは次のような形で試験運用されるようです。

  • 2016年8月9日頃に始まった「ニアバイ」の試験開始から3ヶ月を経て、「新しいニアバイ」の試験が開始されることになった。
  • 実装地域は、アメリカのアリゾナ州の一部、ワシントン州のシアトルエリア、サンフランシスコ(ベイエリア)。
  • 実装地域はエリアで囲われていて、トレーナーが囲われた地域内でポケモンGOを起動すると特別なアップデートの必要なしに、「新しいニアバイ」のスキャナ機能が起動する。

「新しいニアバイ」はどんな仕様なの?

新しいニアバイの仕様は?

「新しいニアバイ」は、次のような形で動くようです。

  • 「新しいニアバイ」が機能していても、現在の「かくれているポケモン」も同時に表示される。
  • トレーナーは、ポケモンをみつける方法を「新しいニアバイ」と「かくれているポケモン」の2つから選ぶことができる。
  • 従来の「かくれているポケモン」は、どんな種類のポケモンがあなたの周りの半径200m円内にいるのかを単に示すだけ。
  • 「新しいニアバイ」は、探索エリアを半径500m円内に拡大した上で、ポケストップをトレーナーのための「レーダーセンター」として機能させる。
  • 「新しいニアバイ」で、トレーナーがポケモンを軽くタップすると、ポケモンはピンクの円で選択されて、ハイライトされる(1枚目の画像参照)。その後、マップがズームアウトして画面全体が「新しいニアバイ」の地図表示になり、選択したポケモンがいる場所に「3つの足跡マーク」が表示されて、地図上のどこに選択したポケモンがいるのかを確認できるようになる(2枚目の画像参照)
  • 「かくれているポケモン」も「新しいニアバイ」も、ポケモンがいる半径70mの範囲内に到達すると、画面上にポケモンが出現して、トレーナーはポケモンを捕まえることができる。


「新しいニアバイ」は、ポケモンの探索範囲が半径500m円内に拡大された上で、画面に表示されたポケモンが地図上のどこにいるのかがハッキリ表示される機能のようです!

500mの距離を、歩く速度を時速4km/hとして計算すると目的地までにかかる時間は7分30秒。
ポケモンの出現時間がおよそ15分間とすると、ゆっくり歩いても十分間に合う感じです。

日本での実装が楽しみですね!

出典:The New Nearby Tracker Rollout (Finally) Expands!| The Silph Road

コメント

  1. 名無し より:

    大阪の天保山のポケレアの11月の最新が中々、無い8月9月の情報は当てにならない。やっぱり8月9月のマナーの悪さでポケレアの出現状況が変わってしまったのかなぁ。残念だよ。ポケモンgoをする時はマナーを守ってするのが常識でこのままだとマナーの悪さの性で・・・

    • ポケマピ ポケマピ より:

      コメントありがとうございます。
      大阪の天保山は、現在確認できている情報によるとレアポケモンが出現するエリアとは呼べない状態ですね。
      ただ、巣から除外された公園や緑地が、期間を空けて再びポケモンの巣に設定されることはよくあることですので、引き続き注目のエリアだと思います。

      ポケマピも、ポケモンの巣が更新されるごとに現在の状況を確認してまいりますので、引き続き、ポケマピの更新情報をご確認いただければと思います。
      よろしくお願いいたします。

トップへ